CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
毎日の生活空間を楽しく豊かに過ごしながら、
地球環境についての“気づき”を綴り、
“環”が広がることを願う♪

« セミナー | Main | 料理 »

<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
環境問題
京都の約束を守るために! (03/21)
環☆
秋桜日和 (01/11)
sono
秋桜日和 (01/09)
蜂蜜シュガー
11/23 もう一つの‘感謝の日’ (12/05)
カテゴリアーカイブ
プロフィール

さんの画像
環☆ (waiwai改め)
プロフィール
ブログ
リンク集
秋桜日和[2007年11月26日(Mon)]
2007年11月23日 15時40分

新宿区役所の宿直室に提出受理される。




まず、愛媛のお母様と彼とのご縁を頂いた方へ電話にてご報告。




そして、氏神様に花園神社へご報告。

なんと酉の市で大賑わい!そして七五三が大勢!!

混雑のため境内での御祓いは出来ず、一般の行列に並び、参拝へ

少し気持ち大目に千円を賽銭し(汗)。。。

二人揃って『二礼二拍手一礼』



エンゲージリング&マリッジリングの彼へのお返しに「トレンチコート」を・・・と思い、

伊勢丹men's館へ・・・がしかし、「ゴルフクラブ」となる。。。




    ちなみに、エンゲージリングは出来上がっておらず。
    (まだ用意されていない方へ、一ヶ月以上かかりますよー)
    12月5日出来上がる予定!

    マリッジリングは、12月15日に出来上がる予定!!



そして、私の両親に報告に行く。

手土産は、伊勢丹で購入した苺と花園神社の商売繁盛の熊手。



クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

■新宿区役所 地域文化部戸籍住民課 TEL:03-3209-1111
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/260300kumin/koseki.html
土曜日・日曜日・祝祭休日等
区役所本庁舎地下1階宿直窓口


■婚姻届 サンプル
http://www.moj.go.jp/ONLINE/FAMILYREGISTER/5-2-1.html



■婚約届けの書き方
http://www.tetuzuki.net/life/marriagereport.html#_02


■神社でのお参りの正しい方法
http://www.omairibiyori.com/OpenPage.php?openurl=SiteNews/know01.html&pagetype=SITENEWS&Id=


■花園神社 大酉祭
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/page/a3.html


■伊勢丹men's館
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/mens/index.jsp


■ゴルフ5
http://www.alpen-group.jp/shop/shop_list3.html?g5


■エンゲージリング&マリッジリング(ご参考までに)
http://www.engage-marriage.com/



■その他 エトワール海渡
http://www.etoile.co.jp/
   〃     マリエ館
http://www.etoile.co.jp/service/shop/showroom.html

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー



24日は、夕飯の支度(蓮根茶碗蒸し&海老芋揚げなど)
両親とのんびり過ごす


25日は、久しぶりに、のんびり一人自宅にて過ごす。


   この日は、ベランダの「秋桜(コスモス)」が
   穏やかで優しげな陽射しに照らされ輝くばかりに可憐で美しく。。。

   思わず、小さい頃に好きだった「山口百恵さんの歌」が耳元に揺れていた。


   本当に、小春日和の温かな一日をゆったりとした優しい気持ちに導いてくれた。


   あ〜、きっと、これが幸せの一瞬なのだろうなぁーと実感していました!



   そんな日を過ごせたのも、見守ってくれた両親や友人・・・

   「いつの日も一人でなかった」と心より有難い気持ちで一杯です☆


    ありがとうございます!!!



↓こちらに「山口百恵の名曲:秋桜」の歌詞があります!

   



続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:35 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(2)

11/23 もう一つの‘感謝の日’[2007年11月22日(Thu)]

1123日。

「国民が働くことを尊び

その生産祝い

感謝する日」。


クローバー


戦前の新嘗祭(にいなめさい; しんじょうさい)の日付を

そのまま「勤労感謝の日」に改めたものである。



新嘗祭(にいなめのまつり、にいなめさい、しんじょうさい)とは、

11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、

また、自らもこれを食して、その年の収穫感謝する祭儀。

宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。


新穀を供えてを祭る稲作儀礼である。


クローバー


つまり、成長して、

成熟した感謝するという

収穫祭」となるのでしょうか。




クローバー



そんな一年の節目の日に・・・



クローバー



キラキラキラキラキラキラ私たち“入籍”を致します!!!キラキラキラキラキラキラ




「お互い元気で働けることを尊び、

そのお陰で得る喜びや楽しみを感謝し、

これからも敬い、支えあえるように確かめあう日」

としましょう♪

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 23:33 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(18)

家族の「経営理念」[2007年11月07日(Wed)]


企業にとって、『企業理念』が必須であり、

それにより、会社カラー(=魅力)となり、経営方針に繋がり、

資産運用の指針、経営戦略により社員も活動し、資産を増やしていくのでしょう。





そして、大切な資産である「人的資産」である個々のお財布も潤うことにより、

自信へと繋がり、より自分を表現すべく、身なりも洗練されていくことでしょう。


そんな自分の欲求を満たすべく、「衣」「食」「住」に対しての対価を払い、

社会にも貢献していくことにより、社会全体が循環していくベストな縮図なのでしょう。




このような「win-winな関係」の構図こそ、理想的なのでしょうが、

なかなか上手く丸く循環しないところが、「人間社会の宿命」でもあるような気が致します。



今日は、いま、バイトしている会社が今年できたてホヤホウヤのため、

社員各自(50名ほど)6チームのタスクチームに分かれて社長の前でプレゼンをした。



私は、12月末までと短期であるため、ボーと聞いていて、

自分のことについて、重ね合わせてみた。



そう、今のこの会社も母体は大きいけど50名の出来たてホヤホヤ。

その前の会社は、もっともっと・・・小さかった(5人)。



バイト的な冷静な目でみているからでしょうが・・・

僭越ですが、両方ともHPに「経営理念」が書かれていない。

たぶん現時点では書けないと推測されますが・・・

とても、残念なことに在席していてもまったく「企業理念」が見えてこない!



「オーケストラ」でいうと、バイオリニスト・ピアニストうという技術的にも択一された

人的財産は溢れていると伺えるものの、

「指揮者」である経営側の指針が揺れてぶれて見えないため、

各「音色」が不安となり、いい「ハーモニー」が生まれてこないようです。



私は短期でのアルバイトであるため、何も発言する立場でもないし、

発言するつもりも、批判するつもりもなく・・・


ただただ、自分のことに置きかけみているだけです。




そして、自分自身のことを振り返り、何がピンときたかといくと・・・


家族も「一つの企業体」であると思うのです!



家族=会社

世帯主=社長:経営責任者

配偶者&子供=共同経営者&人的資産

家=物的資産

家族の方向性=経営方針

家族の目標=企業イメージ(カラー

貯蓄(老後資産)=資産運用

お小遣い=利益向上




そう、そして、企業とは利益&質の向上をしていくもの!

家族もそうなんじゃないのかなぁーと・・・。


だから、社長(お父さん)さん、共同体(家族)にわかりやすく、

「利益向上と家族環境向上を目指した経営戦略」を

プレゼンして、いいリーダーシップを円滑に図ってほしいです!



昔の日本のお父さんは偉かった!

座る席は、もちろん! お風呂も先! 



でも、現代では何故か、夫婦共働きしないと

食べられない(生活できない)世の中となってしまいました。


男性は、外で働き、女性は、内を守る。という縮図は崩れていく中ですが、

あえて、やはり男性は働き、家族を守ってほしいですね。


この時代に「いい歳の男性」が事件を起こすのは、

このKeyPointが崩れたせいだと思うのです。



リーダーの指揮なしでは、部下もアンバランスで動けないのでーす。




Posted by 環☆ (waiwai改め) at 13:24 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(0)

真心の伝え方[2007年11月01日(Thu)]
人は、誰かの支えがあってこそ、生かされる。



仕事や家族でも、パートナー、仲間があってこそ、

気遣ってくれる存在がいてこそ、輝けるのでしょう。




相手を思いやり、尊重すること。





それには、「距離」と「時間」も必要であるのでしょう。



相手のことを思って発するコトバ。






でも、あまりにも思い込み強く接することはマイナスな気がします。



それは、相手に自分の考えを押し付けることは、

「親切の押し売り」となり、「思いあがり」といなり、

「差し出がましいこと」という下品の極みとなってしまう。

本当に、難しいところですね。




自分のことばかり話す人限って、大して経験もないのに、知ったかぶりな感を受けます。

なんで、そんな自信をもって相手にぶつけるのだろうか。


ほんと・・・不思議です。




おそらく、自分に自信のない人は、

話したがりな気がするのは私だけでしょうか。






せっかく、相手を本気で思いやっての行動でも・・・(?!)

相手の状態を思いやる、「心の余裕」がないと

かえって、相手に不快感を抱かせてしまうし、負担になるのでしょう。



それは、残念なことに、「心配のふり」をしたいだけ・・・と誤解を受けることもあると思うのです。




相手のプライドや立場を「尊重しようとする配慮」や

誠意謙虚さ」という物差しを上手く持ち合わせた人は、

自分の話ばかりしない気が致しませんか。




そんな上品でいてい、気働きのきく、「相手を活かせる人」は、

目立たなくても、信頼される存在となり、他人を引き寄せる力がある!




とっても、「聞き上手」な印象を受けます!




そんな上品でいてい、気働きのきく、「相手を活かせる人」は、

目立たなくても、信頼される存在となり、他人を引き寄せる力がある!












上品な振る舞いは、


人を惹き付け、自分も活かす。





まさに、



(ヒト)



「ノ」&「\」



「支えあうこと」



「一人では生きていない」



自分は自分と思あがってしまっては、お終いですね。



私も、年をとるとガンコになるというので、気をつけます!





でも、パートナーへは、本音でぶつかります!

変な距離感は、すれ違いの原因となると思うのでねっ。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:29 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(5)

money,money,money[2007年10月23日(Tue)]
「さてさて・・・どうする。どうする?!」



生活を豊かに・・・気持ちも余裕を持つことができれば・・・

きっと、楽しい友人達や家族に囲まれて笑顔でいられるのでしょう。



でも、心の余裕ができなければ・・・

「生活の余裕」 = 「お金の余裕」なのかなっ。。。



でも、今更、無理っ!!



日常の生活は、身の丈にあった質素にしたとしても、

いくらお金持ちであっても、何か満たされていないと幸福とはいえないのでしょう。



くもの」 = 「働くもの」


「生きていく」 = 「食べること」



食を口にするためには、働かなくてはならない




あーーー、でも働くって大変なことであり、在り難いことである。



そう、少し、働き方について悩んでいるのよねっ。

一生、続けれる仕事。遣り甲斐のある仕事。win-winな仕事。




でも、自分の好きなことを仕事にできる人って、ごく僅かなのだと思う。

どこか、「割り切り」が必要なんだなっ。て強く思う!!



ただ、どこ自分との折り合いをつけるか。。。

という自分との戦いなんじゃないかなって。。。


この頃、自分自身に問いかけている今日この頃。





去年3月末、14年以上勤めた会社を辞めたとき、

「一生懸命仕事するのがバカらしくなった」



だから、自分にもプラスになり、お小遣い程度稼ぐ仕事を探した。

見つけた!エコ関係が面白いと思い飛び込んだ。

でも・・・思ったとおりにならず、断念せざるを得なくなった。。。(涙)



今はアルバイト(短期のハケン)をしているけど・・・


このままでいいのであろうかと不安になる。



なんだか、振り出しに戻っているように思う。

やっぱ14年続けた仕事と同じようなことをしているのだ。

もしかして、一番あっているのかも。とも思うけど・・・。



ん〜〜〜〜〜〜〜



やっぱ「天職」ってないのかなぁー。。。


早く、私の“居場所”が欲しい!!



今日、一日、私の頭のステレオは、

アバの「money,money,money」だった。。。

もう直ぐ、寝る時間だけど、頭の中のステレオが煩くて寝れない!



♪♪money,money,money・・・♪♪


Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:22 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(8)

主婦が地球を救う![2007年10月21日(Sun)]
「さぁ〜、どうする?」



と、私自信に問いかけている今日この頃。。。




やっと、これからが私の人生の本番がやって来る!   

 





以前からブログにも書いていたことですが、

結局、どんなに大企業やお上、セレブ・・・が「地球温暖化防止・・・」を訴えても、

私たちの生活の主役の“主婦”が選択・行動しないと達成できないのですよねっ。



だって、未来の子供達への教育や毎日の献立の買い物洗濯掃除貯蓄・・・等々、

いろいろな生活の選択権のある大きな存在であるのが主婦。


だから、そんだけ影響力のある“主婦”に憧れていた私。

やっと、その存在に近づけるわけだっ!


新米主婦として、いろいろと学ぶことが増えるなんて、楽しみ♪♪






今までは、(今も)かなりな‘いい大人’ですが、

両親の保護の元で‘パラサイト’(古くて失敬)していて、

自立していなかった‘大きな大人’だったのだ!(あはっ)



やっと、開放される嬉しさと怖さもあるのだけど・・・

今のところ、マリッジブルーになっていないらしく、

早く、実家を出て“自由”にひとり立ちしたい気持ちで一杯だっ!



あっ、でも一人ではなく、“二人暮らし”となる訳だから、また、違う制約があるのでしょう。

そして、お互いのライフスタイルを認め合い、話し合い・・・生活基盤ができ、

お互いの両親や親族との関わりあい・・・

それから、家族も増えたり・・・と、自己判断して歩むことが増えるということだ!




いい年しているのだから、当たり前のことだと、皆さん、お笑いになるかと思いますが・・・



今まで、「エコ」について興味をもち、NPO団体に所属等しましたが、

どうも積極的に行動できなかったのは、どうも自分自身が一人立ちして生活していないということで、

大きな声で「エコしています」と言えた状態でなかった事実が大きいです。



だって、結局、主導権は母親が握っていたわけですからねっ。

やはり、母は偉大ですよねっ!





要するに、「エコとは、生活バランス」なんじゃないのっ!と思うのだっ!

別に、難しい問題でなく、個人個人の考えが違うなら、その家庭ごと違うのだから、

その家庭ごとのスタイルでいいんじゃないのっ。ということでもある。




そんな、主導権を握れるチャンスに恵まれたです☆



これからは、正々堂々と“家族を救う主婦”に専念しようと思います!


あはっ。。。。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:50 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(2)

平穏な暮らし[2007年08月15日(Wed)]
今日は『終戦の日』、戦没者を追悼し、平和を祈念する日。

そして、祖先の霊を祀るお盆中日でもあります。

お隣の韓国では、「光復節」、日本の支配下より開放された日であります。




どちらにしても、「生」と「死」について考える日であるのでしょう。



生きていくには、一番大切なのは「食べていくこと」であり、

それは、生活していくことりもあります。



その生活で、自分はどこを重視し、選択していくのか。


どんな素材を選んで味わい、どう調理し、どのようにして皿に盛り、

そして、どういう人と語らい、どんな時間を過ごしたいのか。



究極は、最期の瞬間の「死に際」にどういう人生であったと振り返りたいのか。



いろいろな考え方があるのでしょうが・・・。



私は・・・自分の「身の丈」にあった生活の中に、

少しの工夫で心豊かに楽しく過ごし、朗らかな平穏な日々を過ごせたら・・・と

願っております。



でも、これって、かなりの努力も必要だったりしますが、

あまりガチガチな節約生活でなく、日々の生活は質素でいて、

たまに贅沢な気分を味わえる生活のが目標です。



隣の芝生・・・と背伸びすると、きっと自分らしさを失い、

他人を蹴落としたり・・・と、「怒り」「妬み」等のマイナスな面が浮き出て、

イジメ、殺し、戦争・・・と、生きる価値を失う結果となるのでしょう。




この世の中、いろいろな考えの人たちがいる。

「悪」という存在があるからこそ、「正」という存在もあり、

お互いの存在があるからこそ、「人間」なのかもしれませんので、

誰かに、こう在るべきとは言いませんが・・・。



私の中では、議論の余地も無く、戦争なんて在り得ない、最悪の状態という考えです。

世界情勢がどう変わろうと、「平和」という当たり前の生きる価値観を守りたい。

だから、誰とも争わない。でも、正直で素直でいたい。

隠し事の出来ない要領の悪い私なので、誤解されやすいけど・・・、

ただただシンプルに・・・

私は、死ぬまで「平穏な気持ち」で過ごしていきたいと思います。




8●10 平和が消される日

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:49 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(0)

品格のある生き方[2007年08月03日(Fri)]
私も歳を重ねたせいなのでしょうか。

出逢う‘ヒトの顔’や‘家の空気感’で、

その人の歩んできた、個々の‘こだわり’や’心の在り方’を

感じることができるようになったような気がします。



特に、美人とか、美男とかでなくとも・・・

その人の‘心の在り方’により、「いい顔」しているなっとか、

顔だけでなく、家の中に入ると、その人や家族の‘生き様’が感じられます。




だから、何事も一生懸命に「幸福感」とともに生きていかないと、

‘醜い皺’が出来て貧相な老人になりかねません。





先週のことですが・・・、素敵にお歳を重ねた美しいご婦人にお逢いする機会がありました。



お一人は、父の手伝いで伺った御茶ノ水女子大の横に住まれている77歳のご婦人。



私は、父の配達の手伝い(駐車時の留守番)の予定でしたが・・・

その御家のご婦人は、私まで招きいれてくださり、日本茶を振舞って頂きました。


「お暑い中、遠いところから・・・」と、私たちにも腰を低く接して頂き・・・

お見送り頂いた時も、きちんとご丁寧に接してくださる心遣いには感服いたしました。




もちろん、お姿も身なりもお綺麗にされていて、

ドキッとしましたのは、とても、‘お肌がツルツルで美しく輝いて’いらっしゃるのです!



そして、御家の中も・・・古くから大切にされている調度品が埃一つないくらいに、

自然におかれておりました。マンションの外面は古く40年近いとのことでしたが・・・

しっかりした建物とお見受けいたしましたので、きっと、お家柄もいいのでしょう!




’お持て成し’するということは、我が家も賑やかなことが大好きですので、

大変なことだということは少し存じておりますが・・・


このように、‘自然な気遣い’を出来る“身のこなし美しさ=品格”は、

ある程度、年齢を重ねないと光らないような気が致しました。




あと、もう一つ、“女性としての可愛らしさ”を失ってはいけないと実感いたしました。


何に大しても、好奇心いっぱいに「楽しいわ。楽しいわ」と本心から口に出され、

「あなたは、どうお思いになりますか?」と謙虚にそして率直な意見を求めるという

決して自分勝手でない、“相手を思いやる”という行為は、

いつまでも、美しく、楽しく・・・ましてや、周りに人が集まるということですから、

絶対に老けないということですよねっ♪





話は変わりますが・・・

このところ、始めて父の仕事姿を見ることができ、何か一つでを受け継ぎたいなっと思いました。



すっかり今は廃れてしまった「呉服屋さんのお得意様へのお伺い商売」

うちの商売と似たところもありますが・・・古くからの呉服屋さんは在庫を抱えるリスクで

倒産していくところが多いようですね。


そんな「お伺い」という接客方法でなく、

こちらへ来て頂き「おもてなし」する接客方法で成功をされているきもの人のビジネスモデルを
上記のご婦人の配達の帰りがけに思い出しました。


きもの人の女将は、元大手会社の秘書をされていた「接客のプロ」ですし、

主婦業もされていた「お料理の達人」でもあったことがプラスとなり、

成功されたような気が致します。


あと、美しい人というのも勿論ですが・・・

とても、他人のお話を聞くのがお上手で、謙虚で素直さのある可愛らしさのある女性でした。



着物の知識がゼロなのに、成功されたのには、ご苦労もあったと思いますが・・・

きっと、人を惹きつける魅力とおもてなし上手なお人柄が強みなのではないかと・・・

以前にお逢いしたときに、感じました。



たぶん、造っているとうっすらと本性がわかりますよね。

だからこそ、その人それぞれの‘生きてきた品性’が美しい顔となり、

“品格のある姿”となるのでしょうね。



若くて美人な女性は多いけどっ、そんな彼女たちも歳をとれば・・・

立ち居振る舞いや品性、知性により、お顔のシワに現れるということを

やっと、理解できるようになった気が致します。



なかなか、真似の出来ることではありませんね。。。



だから、真似でなく、自分らしく在ることができるように、

毎日の小さな積み重ねが大切なのでしょうか。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 07:14 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(1)

見納め “江戸の下町の花火”[2007年08月02日(Thu)]
物思いにふける夜、我が家(マンション9F)より・・・

今日で見納めとなる「砂町花火大会」の花火をベランダより見ていました。



ちなみに、花火の下のビルは、グランドステージ住吉(あのアネハの・・・)です。



思えば、このマンションの9Fとなったころ、

「東京湾花火大会」「墨田川花火大会」「江戸川花火大会」「ディズニーランド」・・・と、

どこの花火大会も見えていたが・・・

どんどん、周りに高いマンションが建ち・・・音しか聞こえなくなってしまった。。。

私たち、家族に欠かせなかった色鮮やかな夜空の花たち。。。




花火って、パァーと明るく花開いて、スゥーと萎んで散っていく、潔さがいいですね。


だから、美しいのでしょう。 花火は美しく花開くために作られ、一瞬にして役目を果たす。。。


この晴れやさと切なさは・・・何か、人の心に 色んな形で残るから人々に愛されるのでしょう。




毎年、第一回目から晴海の「東京湾大華火祭」には、必ず、会場へ足を運んでいた!



家が近いということもあり、高校生の頃から・・・

そして、前職場の何故か縁の深い男友達が仕切るテントで毎年見ていた。



そうそう、何故か、毎年、違う彼女が来ていた(汗)。。。
(・・・というか、ヤツから良く学んだ!とにかく、見境なく、身近に手をつけるヤツだった!!
あっ、でも恋愛中毒症なヤツだったけど・・・、私のことを大切にしてくれ、
私の辞める間際に色々と駆け回ってくれた男気のあるヤツでもあるなっ。)

そんなヤツの女性遍歴を見ていたけど・・・ヤツも身を固め、目出度く可愛い女の子が生まれ、

今では、甲斐甲斐しく、毎日お風呂を入れているらしい。(笑える)

昨年は、ヤツのお嫁さん(今じゃ彼女とのが仲良し)が誘ってくれたけど・・

子供がいるから、今年はお誘いないかもなぁ。。。





たくさん、花火たちが私に話しかけてくれた気がします。

その年の出逢いや別れが走馬灯のように思い出され・・・儚さに浸る夜長である。

私にとっては、大切な年中行事の夜も、残念ながら今回限りとなりそうだ。






今年は・・・どうやら、最後となるので、絶対に行きたいなぁ〜〜花火


「ありがとう」と「さよなら」を伝えないとっ!!

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 08:48 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(0)

甘〜い贈り物♪[2007年07月24日(Tue)]
ピンポーーン♪ 

・・・と、玄関のベルが鳴った。

夕飯食べて、のんびり家族でいたとき・・・

この時間に誰だろう?

・・・同じマンションの韓国人親子の可愛い笑顔があった。



子供達から「おばさん、山梨でブドウ狩りしてきましたー。食べてください」と、

綺麗でいて丁寧な日本語で、母に‘籠に入ったぶどう’を手渡してくれた。



子供達の足元を見ると、大きなカブト虫が何匹も入ったケースがあった。

明るく「山梨は31℃もあったので暑かったですが・・・楽しかったです」と答えてくれた。



そして、お母様が「急なんですが・・・明後日、祖母の具合が悪く、韓国に一時もどります」とのこと。

「とっても、私たちを可愛がってくれた大切なおばあちゃんなんですっ」と淋しそうな顔。

・・・ ・・・ ・・・。


彼らに御礼をお伝えし、お送りした後、早速、ブドウを食卓で食し、その甘さを味わいながら・・・


「韓国人は気性が激しいと思っていたけど・・・いい人たちもいるんだねっ」と

「日本人だって、いろいろいるように・・・韓国人や中国人は・・・という見方はよくないね」

「あの人たちは、『義』という“人の恩義”を大切いする人たちだから・・・

ちゃんと、心でお付き合いすれば・・・ちゃんと、理解してくれるのだねっ」と・・・。


「彼らには、いい思い出を頂いたから、今度、お別れ会でもして招待しようね」ということに。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


二日前に、美しい達筆な字が書かれた一枚の葉書が届いた。

先週、自宅で お世話になっている方への感謝を表すためにお招きしたお母様からでした。

本当に、勿体無いお言葉が感じ取れるお葉書でした!


こんな素敵な女性になりたいなっと、心から思いました!!



そして、今朝ほど、私の友人でもあり、お葉書を頂いた方のお嬢様よりメールが届いた。

いつも、面と向かってお話するときは、気さくにお話してくれる彼女ですが・・・

とても、丁寧な言葉で綴られていました。


我が家でのこと、両親のことを気に止めて頂きながら、

自らのお母様が心から喜んで頂いている様を丁寧に綴って頂いていた内容でした。


両親にも報告したところ、「やはり、心の美しい方は素晴らしいねっ」と

改めて感謝し、感激をしてしまいました。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


こうやって・・・‘縁は繋がり、深まっていく’のでしょうね。




感謝の気持ちを表す言葉に「心づくし」とあるけれど・・・

真っ直ぐな気持ちで、精一杯、どんな相手にも接していくことの大切さを感じている今日この頃です。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 20:48 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(0)

| 次へ