CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
毎日の生活空間を楽しく豊かに過ごしながら、
地球環境についての“気づき”を綴り、
“環”が広がることを願う♪

« 音楽 | Main | 友人 »

<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
環境問題
京都の約束を守るために! (03/21)
環☆
秋桜日和 (01/11)
sono
秋桜日和 (01/09)
蜂蜜シュガー
11/23 もう一つの‘感謝の日’ (12/05)
カテゴリアーカイブ
プロフィール

さんの画像
環☆ (waiwai改め)
プロフィール
ブログ
リンク集
老舗のプライド『白木屋中村伝兵衛商店』[2006年09月28日(Thu)]
日本文化の良識と先見性を確認できるもの
代表取締役 七代目 中村 悟 氏は・・・
 
『日本には日本独特の非常に優れた文化があります。

「自然を大切にし、自然の素材をそのまま使用する」
「不必要なゴミは一切出さない」

今でこそ当たり前のコンセプトですが、ちょっと前まではゴミの分別も当たり前ではありませんでした。
今我々が次世代の子供達にしてあげられる最も大切なことは、文明の拡大ではなく、なるべく良い地球環境を手渡してあげる事です。
私達はこの見地にたってもう一度「生活様式全般」を見直さなければいけません
将来出てくるであろう商品とともに、過去の製品の中からもベストのものを選ぶ眼が必要です。

「環境に一番やさしい掃除方法とはどんなものか」
「掃除とは本来どうあるべきなのか」

そして「大切な家族と家屋をどうしたらクリーンで良好な状態で維持できるのか」

弊社は江戸箒という商品を通じて社会貢献をしていきたいと考えています。
江戸箒を使い込んで行く時、あなたの前には、より豊かな、より清潔な生活が待っています。
頭では解っていても掃除は掃除機に、と限定してしまう方、自然を大切にし、自然と同化する日本文化の真髄である江戸箒をぜひ一度御体験下さい。』

また、職人の高木清一氏は・・・『「江戸箒」を「芸術品」として扱うことには抵抗がある、という。「使われてナンボ」・「消耗品だから」とあくまで「生活に根ざした道具(モノ)だから」とも主張する。「だからといって粗末に扱ってほしくない。丁寧に扱ってほしい。長持ちもするしね」と穏やかな、けれども毅然とした表情で語る高木の言葉は、職人としての「誇り」と、一人の人間としての「高木清一」を示すものとして、大きな説得力をもっている。』

・・・と『白木屋中村伝兵衛商店』
HPのご挨拶文にあり、とても、自信と誇りを持った力強いメッセージと思い、そのままお載せいたしました。

で、私のひとり言は、この力強いお言葉と違い、あまりにもおバカ丸出しなんで・・・見ないでいいですっ。

続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 21:27 | 日本・下町文化 | この記事のURL | コメント(4)

銭湯ブギウギ♪ A[2006年09月23日(Sat)]
ご無沙汰の「銭湯ブギウギ♪@」の続き。。。

この日の出湯の下駄箱を見るたびにノスタルジックで可愛ぃらしさっくって、何だか「ホッ」としちゃうのですっ私ラブ

この家のお風呂の修理中に、もう一軒違う銭湯に行きましたが・・・、この日の出湯の温かい雰囲気とは違い、戻ってきちゃいました。

・・・と、私がブログ更新をしていない間に、昨日目出度く(?!)家のお風呂は直りましたが・・・、この「日の出湯」にはたまに寄らせて戴こぉうと思ってます。

何といっても一番の魅力は看板娘の・・・

続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 13:17 | 日本・下町文化 | この記事のURL | コメント(4)

銭湯ブギウギ♪ @[2006年09月16日(Sat)]

とうとう家のお風呂が故障し、近所の銭湯に内心ウキウキしながら行ってきまし!

小さいときに、同級生が毎日銭湯に行っている話を聞いて、「何で家は銭湯に行っちゃいけないのっ?」と母を困らせ、近所のおばちゃんに連れてってもらった記憶があります(笑)

家の中にお風呂があるのが当たり前と思っていたのに・・・いざ入れないとなると結構厄介ですよね。それも、部品取り寄せに時間かかるということなので・・・直るまでに時間がかかる様子(悲)
ん〜、面倒っと思ったけど・・・こういう時は気分転換で楽しもぉ〜♪と思い、今日からは近所の銭湯廻りでもしちゃうことにしましたっ〜山

続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 21:58 | 日本・下町文化 | この記事のURL | コメント(0)

商店街の灯火[2006年09月14日(Thu)]
現在、物凄い加速度で郊外に大型ショッピングセンターが増え続けています。
それは、私たち消費者へのサービスを追及した結果、品揃え豊富な生活用品を取り揃え、その上アミューズメント要素のある施設(one-stop shopping)です。
確かに便利でありますよね。

でも、その一方で日本の街の文化であり、安心感と安らぎ感を与えていた商店街の灯りが消えていますよね。

日本の未来の子供たちに残すべき、日本人としての文化や風景は果たして存在していけるのでしょうか。

続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 21:43 | 日本・下町文化 | この記事のURL | コメント(4)

「おすそわけ」[2006年09月10日(Sun)]
ご近所さん、お隣さん、親しい友人同士の「おすそ分け」って、
皆さんの周りでは続いているのでしょうか。

30年前くらいまでの私の住む下町では、ドアの鍵もかけず、
お隣さんのお子さんが急に遊びにきたり、ご飯を食べさせてもらったり・・・
また、沢山つくった惣菜はお隣同士でわかあったりする「おすそわけ」という交流。
今、思うと「心の豊かな時代」だったと思います!

今は、お隣さんの顔さえも知らない生活となっています。

でも、最近・・・

続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:50 | 日本・下町文化 | この記事のURL | コメント(4)