CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
毎日の生活空間を楽しく豊かに過ごしながら、
地球環境についての“気づき”を綴り、
“環”が広がることを願う♪

« 11/4(日) 木場公園へGo!Go!! | Main | 家族の「経営理念」 »

<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
環境問題
京都の約束を守るために! (03/21)
環☆
秋桜日和 (01/11)
sono
秋桜日和 (01/09)
蜂蜜シュガー
11/23 もう一つの‘感謝の日’ (12/05)
カテゴリアーカイブ
プロフィール

さんの画像
環☆ (waiwai改め)
プロフィール
ブログ
リンク集
真心の伝え方[2007年11月01日(Thu)]
人は、誰かの支えがあってこそ、生かされる。



仕事や家族でも、パートナー、仲間があってこそ、

気遣ってくれる存在がいてこそ、輝けるのでしょう。




相手を思いやり、尊重すること。





それには、「距離」と「時間」も必要であるのでしょう。



相手のことを思って発するコトバ。






でも、あまりにも思い込み強く接することはマイナスな気がします。



それは、相手に自分の考えを押し付けることは、

「親切の押し売り」となり、「思いあがり」といなり、

「差し出がましいこと」という下品の極みとなってしまう。

本当に、難しいところですね。




自分のことばかり話す人限って、大して経験もないのに、知ったかぶりな感を受けます。

なんで、そんな自信をもって相手にぶつけるのだろうか。


ほんと・・・不思議です。




おそらく、自分に自信のない人は、

話したがりな気がするのは私だけでしょうか。






せっかく、相手を本気で思いやっての行動でも・・・(?!)

相手の状態を思いやる、「心の余裕」がないと

かえって、相手に不快感を抱かせてしまうし、負担になるのでしょう。



それは、残念なことに、「心配のふり」をしたいだけ・・・と誤解を受けることもあると思うのです。




相手のプライドや立場を「尊重しようとする配慮」や

誠意謙虚さ」という物差しを上手く持ち合わせた人は、

自分の話ばかりしない気が致しませんか。




そんな上品でいてい、気働きのきく、「相手を活かせる人」は、

目立たなくても、信頼される存在となり、他人を引き寄せる力がある!




とっても、「聞き上手」な印象を受けます!




そんな上品でいてい、気働きのきく、「相手を活かせる人」は、

目立たなくても、信頼される存在となり、他人を引き寄せる力がある!












上品な振る舞いは、


人を惹き付け、自分も活かす。





まさに、



(ヒト)



「ノ」&「\」



「支えあうこと」



「一人では生きていない」



自分は自分と思あがってしまっては、お終いですね。



私も、年をとるとガンコになるというので、気をつけます!





でも、パートナーへは、本音でぶつかります!

変な距離感は、すれ違いの原因となると思うのでねっ。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:29 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(5)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/tamae0829/archive/238

コメントする
コメント
☆リックさん

あっ、自分で自分の文章みて、
何か、抑えて書いているつもりが、
感情むき出しになっている文章に思えてしまったのです。

そう、いろいろな思いやりの形があるよね。

ある人の思いやりの形が自分勝手にしか見えなくて、
所謂、犠牲にした人へ自分を正当化するために見せてるだけの
優しさなにししか見えないと、ハタから見ていて腹立たしく思ってしまったの。

でも、それも、私の思い込みかもしれないなっと、
自分の文章をみて思い返したの。

何か正しいとかなくて、人それぞれ考え方感じ方が違うのだから、
一概には解釈することはできず、それこそ自分のが思いあがりかなっと思ったのよ。

でも、彼とはキチンと正面から正直でいたいです!

お互い、頑張りましょう♪

Posted by:環☆  at 2007年11月04日(Sun) 22:23

今回の日記とは観点が違うコメントになってごめんね。

Posted by:リック  at 2007年11月03日(Sat) 12:08

環☆さんの言いたい事はよくわかりますよ。
私のコメントが変だったかも?
自分の事しか話しない人、昔勤めていた会社に多かったよね?

人それぞれ、一人一人、接し方も思いやりの形も違ってもいいのかな?と思います。
ただパートーナーには環☆さんのいうとおり、いつも本音で接していないと、いつかすれ違いが来てしまうような気もします。
嘘は嘘を呼ぶって言いますしね。

それが彼に対しての思いやりのつもりだったとしても、逆にそれは裏切りに繋がってしまう事だって
あると思います。

環☆さんの言っている事は正しいと思いますよ。
私もまだまだですが、素敵な家庭を作って下さいね!

Posted by:リック  at 2007年11月03日(Sat) 12:06

☆リックさん

なんだか、読み返したら変な文章でした。。。とほっ。。。

「ヒトのフリ見てわが身を・・・」ということで、
とても、よくない行動だなっと思い、自分はそうしないように・・・と、
日記に残そうと思ったのですが・・・。少し恥かしいです!


そう、彼とは何でも話し合いたいと思っています。
「たぶん、きっと・・・」と慮りすぎると、
いつか間違いが起こる気がして・・・。

一生、添い遂げるためには、
少しの我慢も必要なんだと思いますし、
あまりにも頼り過ぎるのもいけない気もします。

わからないことだらけですが、
リック先輩、いろいろと教えてくださいねっ^-^

Posted by:環☆  at 2007年11月02日(Fri) 23:15

そうですね。人間一人では生きていけないのかもしれませんね。

パートナーへはもちろん本音で!
でも相手を思いやる気持ちは忘れずにね!
きっと環☆さんならいい奥様になれそうですね。
いい家庭を作るには何も惜しまない事だと思います。

Posted by:リック  at 2007年11月02日(Fri) 19:53