CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

多摩同胞会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tamadohokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tamadohokai/index2_0.xml
七夕そうめん!! [2018年07月07日(Sat)]

ブログ20180707.JPG毎日暑い日が続いていますが、食欲は落ちていませんか?

今日のお昼は「七夕そうめん」です。
「いずみ食堂」が職員給食となっていますが、泉苑では七夕には「そうめん」がメニューに入っています。
なぜ「七夕そうめん」なのでしょうか?
食事係に質問したところ、数年前、施設の七夕の行事食として、天の川に見立てたそうめんの上に、星のようなオクラ、星形のにんじんを盛り合わせて出されたことが始まりだとか。ネーミングも定着して、泉苑ではここ数年、続いているようです。
暑い季節にきれいな盛り付けで、スルスルッといただける七夕そうめん。
今日のお昼が楽しみです。
(事務局 まんぷく)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
手をつなぐこと 〜感謝をこめて〜 [2018年07月06日(Fri)]

かがやき.jpg先日、ある80代の認知症女性の通院にご一緒させていただきました。家の中で一緒に過ごしている時間にはあまり感じていなかったのですが、家を出て道路を歩くと、さすがに足元がおぼつかなく、転んでしまう危険を感じたので、失礼とは思いつつも手をさしのべていました。
その女性も、遠慮がちに私の手をつかみ、結局、タクシーの乗り降りを含めた病院までの十数分程度の時間ですが、手をつないで行動を共にしました。
最初、遠慮がちだった手のつなぎ方も、一緒に過ごす時の流れの中で、徐々に力強くなっていきます。

失礼にあたらないかと、遠慮がちに手をさしのべる私。
人の助けは借りたくないと思いつつ、不安を隠しきれず、遠慮がちに触れてくる彼女。
不安を与えないようにと、しっかりと握り返す私。
安心したように握り返してくる彼女。

彼女の不安も安心も、葛藤をもが、手のひらと動作を通して直に伝わってきます。そして私も、握り返す力と、介助する身体全体の動きを通して、その気持ちに真摯に向き合っていることを伝えていきます。そのお互いの丁寧なやりとりを通して、心温まる時間をいただきました。
25年前、特別養護老人ホームの介護員だった頃には、毎日、朝から晩まで、高齢者の手を握り、身体を抱きかかえ、移動を介助し、常に誰かしらと体を密着させ、皮膚感覚や動作を通して、心を通わせたり、拒否されたり。それはあたりまえのやりとりだったのですが、久しぶりにその感覚を取り戻しました。そしてそれは、あらためて自分が介護員であることを幸せに感じ、誇りに思えた時間でもありました。
(かがやきプラザ ちゃん)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
七夕にむけて [2018年07月05日(Thu)]

笹.JPG今年も七夕の季節がやってまいりました。
毎年「今年は笹どうする?もらう?大きさは?」とそんな会話が
たっちでは弾みます。

たっちでは作り物の笹を購入し飾っているのですが、それとは別にひろばには本物の笹が別施設「網代ホームきずな」より毎年運ばれてきています。

なかなか本物の笹にはお目にかかれない今日この頃、作り物より本物の笹の方が願いが空に届くような気がしませんか?

もっと言うと笹を多摩川に流して願いをしっかりと叶えてもらいたいな、なんて欲張った気持ちが毎年出てきてしまいます。

(たっち バナナ)
Posted by たっち at 10:00 | たっち | この記事のURL
七夕飾り [2018年07月04日(Wed)]


七夕飾り.JPG7月7日は七夕の日です。七夕といえば、織姫と彦星が年に一度再会する日、短冊に願いを書いて星に願う日として有名です。五節句のひとつでもあり、縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」といいます。
ホーム2階では笹を飾り、利用者様一人一人にお願い事を書いて頂きました。利用者様方に少しでも季節感を感じて頂けたと思います。
(あさひ苑 ひこぼし)
Posted by あさひ苑 at 14:46 | あさひ苑 | この記事のURL
「発見!」 [2018年07月03日(Tue)]

午後のひととき「歌」.JPG岩本町ほほえみプラザのデイサービスでは、歌の活動を取り入れています。この日はご利用者のAさんにも参加して頂きました。
「Aさんは歌が好きかな?」「歌ってくれるかな?」と不安でしたが、思い切って歌の活動を行いました。曲が流れるとAさんがその曲に合わせて指揮をしていました。目を閉じながらリズムよく指揮をしているAさんをみて、職員も周りのご利用者の方たちもみんな笑顔になっていました。活動を終えるとAさんが「今日は良い歌を聞けて良かったよ。ありがとう。」と喜んでくださいました。
その言葉を聞いて歌の活動をやってみて良かったなと思ったのと同時に、またAさんや皆さまにも喜んで頂ける活動を考えていきたいと思いました。
(岩本町ほほえみプラザ タマゴ)
Posted by 岩本町ほほえみプラザ at 08:00 | 岩本町ほほえみプラザ | この記事のURL
長い間、ありがとうございました。 [2018年07月02日(Mon)]

時計.JPGしらとり2階の交流室には、10年以上利用者さんを見守ってくれている時計があります。
昔トワイライトを利用していて今は大人になった人達、昔ひろばを利用していて今は小学生になったお子さんも、「あ、あの時計ね!」と思い当ってくださるのではないでしょうか。
ここ最近、時間が遅れるようになってきました。新しい電池に入れ替えても、遅れることがわかりました。そしてこの度、引退することになりました。
長い間、2階の交流室で見守ってくれてありがとう!

(しらとり かぼすとからあげ)
Posted by しらとり at 09:00 | しらとり | この記事のURL
たなばたと紐解いて [2018年07月01日(Sun)]

7.1ブログ 大西.jpg日本では古来より先祖の霊を祭るため、機織りをして織上がった布を先祖の霊に捧げる行事があり、布を織る女性を棚機女(たなばたつめ)と呼んでいたことから、『たなばた』の呼び名が生まれたと言われている。
因みに、七夕に五色(赤・青・白・黄・黒)の短冊を吊るした笹竹を飾るようになったのは、江戸時代になってからだとか。

さて、今年もご利用者と恒例の七夕飾りや短冊に願い事を書いたりと大いに盛り上がりました。そんな中『紙縒り(こより)って今の若い子知っているかしら?』との声。
幾つくらいの年代まで紙縒りという言葉を知っているかという話になりました。

忙しい時こそ、たまには古来に心を馳せ『年中行事』を楽しむのもいいかしらと思いながら…


( 泉苑 おたふく )
Posted by 泉苑 at 10:00 | 泉苑 | この記事のURL
焼肉ジュウジュウ [2018年06月30日(Sat)]

焼肉..JPG今月の特別食は、厨房の職員が各フロアに上がり、ご利用者の目の前で作って提供するフロア調理でした。
フロアでお肉を焼いていると、おっいい匂いがするな〜とか、美味しそうだな〜と声をかけてもらいました。料理が出来上がり感想を聞くと、美味しかったよ。またよろしくねとの言葉と利用者の笑顔を頂きました。
いつもの食事と違い、目の前で調理すると、視覚・嗅覚も刺激されより楽しまれたように思います。

これからも皆様に喜ばれるよう行事食やお楽しみ食考えていきます。
(かんだ連雀 六甲おろし)
Posted by かんだ連雀 at 09:00 | かんだ連雀 | この記事のURL
なんのたまごかな?? [2018年06月29日(Fri)]

【ブログ】ツバメの卵.JPG保育室前のプランターの中に何かを発見!

そこにはなんと…!ツバメの卵がありました。
保育棟天井には巣があり毎年ヒナたちが口を開けて
母が来るのを待っている姿を思い出しました。

大きさは18oで小さい上にとても薄く、ヒナが育っていたとは
想像できないほどです。
卵の斑点は全部の卵がそれぞれ違った形の斑点をしていて
親が自分の産んだ卵を確認するためだとも言われているそうです。

小さいけれど尊い命。大切に成長を見守りたいです。

(きずな スワロー)
Posted by きずな at 10:00 | きずな | この記事のURL
緑苑から府中市自衛消防審査会に参加しました! [2018年06月28日(Thu)]

【ホームページ】ブログ画像0628.JPGあさひ苑と緑苑の合同で、男性3人のチームです。
今年は例年と異なり、救助活動などチームワークと臨機応変な
判断を求められる審査内容でした。

忙しい業務の中、緑苑の屋上や地域交流スペースで練習を重ね、
日に日に声は大きくなり、きびきびした動きに磨きをかけて
きました。

6月27日の審査会当日は、練習の成果を発揮し敢闘賞を頂きました。
今回の経験をこれからの施設の防災対策に役立てて行きたいと思っています。
(緑苑 青空)


Posted by 緑苑 at 08:00 | 緑苑 | この記事のURL