CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

 

« うらら多磨 | Main
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

多摩同胞会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tamadohokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tamadohokai/index2_0.xml
運命の出会い [2019年05月27日(Mon)]

ブログかがやきプラザ(写真)20190527.JPGあと2時間もすれば日付が変わるという頃、自宅の最寄り駅の近くの交差点に差しかかったところ、80代くらいの小柄な女性が若いカップルに道を尋ねていました。
「駅はどっち?」
その年配の女性は明らかに季節に合わない服装、裸足にぶかぶかのサンダル…
買い物した牛乳とお米が重たくて仕方なかったのですが、その女性が気になって気になって仕方なくて動向を見守っていると、駅前までたどり着いたにもかかわらず、うろうろとしてから、駅前の交番に入ったのです。
「良かった、これで、安心して帰れる」と思った矢先、婦警さんが指をさして道を教えている様子…
その女性は交番を出て、また歩き出したのです。
「えぇっ!?嘘でしょ!?婦警さん、もっと話を聞いてあげてよ〜」と思いながら、再度、見守り態勢に入りました。
ふたつ先の信号を渡ったところで立ち止まり、また、キョロキョロとしています。
ふたつ信号を渡るまでに、「どうにか声をかけたい」「でも、この方の立場になったら、
どのように声をかけようか」と散々悩みました。

勇気を出して、目の前の女性に「どこか探していますか?」と声をかけたところ、穏やかな反応で、「○○まで行きたいんです。そこまで行けば、帰れるんです」と答えが返ってきました。
「それなら、私も近くを通るので送っていきます」と、牛乳とお米の重みに耐えながら、
ゆっくりと歩みを揃えました。
「隣の駅の近くに住んでいる友達のところへ行っていた」「ひとり暮らし」「たまに、息子が顔を出してくれる」など話をうかがいましたが、どこまで本当の話かは定かではありません。
途中、「あ、わかった!ここまできたら、思い出した。もう大丈夫です」と言われましたが、
「夜道が心配ですから」と本人がおっしゃる自宅前までお送りし、その女性が、家の中に入るまで確認してから、その場をあとにしました。

その後、管轄の地域包括支援センターに情報提供したのですが…
ふだん、「認知症サポーター養成講座」で受講者の皆さんには「困っているようすが見えたら、『なにかお手伝いすることがありますか』と声をかけてくださいね」などと簡単に話していましたが、いざ、自分がその場面に出くわすと、なんと勇気のいることでしょうか!!
高齢者とかかわる場面に慣れている私ならたやすいことと思っていましたが、実際の場面では「どう声をかけたら、その方が傷つかないか、怪しまれないか」など考えたら、なかなか接触しづらかったです。
ですので、ふだん、高齢者の方々に慣れていない方はもっと難しいと思いました。
あの日出会った女性のおかげで、そんな貴重な経験をさせていただき、運命の出会いだったかもしれません。
次回、「認知症サポーター養成講座」を担当することになったら、そんな体験談も受講者の皆さんに伝えて、「勇気を出してくださいね」と話したいと思います。

(かがやきプラザ mint)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
特殊詐欺からあなたを守る強い味方!! [2019年04月29日(Mon)]

かがやきプラザブログ写真.jpgオレオレ詐欺から始まるいわゆる「特殊詐欺」。
連日のように報道を賑わしていますが、警察がいくら対策を講じても、新たな手段を考え出す犯人グループとのいたちごっこは止まるところを知りません。
そこで今回は、特殊詐欺から守る強い見方をご紹介します。
その名は「自動通話録音機」。
千代田区の福祉サービスのひとつで、区内で65歳以上の方がお住まいの世帯に無料で設置してもらえます。
かかってきた電話に対し、呼び出し音が鳴る前に、「犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」という主旨の警告音声が流れ、実際に会話した内容が自動的に録音されるものです。犯人は会話が録音されることを嫌います。
千代田区のみなさん、ぜひこれを活用して、安心生活を守りましょう。

(かがやきプラザ かがやく明日)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
ファシリテーターはつらいよ。 [2019年03月05日(Tue)]

かがやき.JPG岩本町ほほえみプラザにて開催された『圏域レベル地域ケア会議』に、ファシリテーターとして参加しました。
「認知症、独居、キーパーソンなし」の高齢者の生活を支えるための、民間企業や商店など、「地域住民以外の人や団体の活用について」と、各参加者が実際の業務の中で感じる「家族支援について」、という2つのテーマでグループワークをしました。
ファシリテーターとして『司会・進行・書記・発表』という4役を担いましたが、『聞く・話す・書く・まとめる』を同時進行するのは、私にとっては至難の業。参加者からは、専門職ならではの意見やアイディアがどんどん出され、私の頭は大パニック。「グループワークの成功の鍵は、ファシリテーターしだい」という事を、とっても痛感する60分でした。
こんな私を温かい目で見てくださったグループの皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
(かがやきプラザ とーもくん)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
認知症サポーター養成講座 [2019年02月05日(Tue)]

[ホームページ]2月かがやきブログ写真 - コピー.JPG1月18日(金)、かんだ連雀1階ホールにて神田で元気にながいき教室と連雀はあとカフェ共催「認知症サポーター養成講座」が開催され、当日はボランティアを含めて30名以上の参加者が熱心に耳を傾けてくださいました。
お楽しみの寸劇タイムでは、認知症により行くあてもなく歩いている高齢者に対する対応をテーマに職員3名が白熱の演技を披露し、会場は大盛り上がりでした。講義だけでなく、DVDや寸劇を行うことで、視覚に訴えかけてより理解がしやすかったと参加者より多数声をかけられました。寸劇の練習だけでなく職員手作りの小道具を作成した甲斐があったと感じた一日でした。
(かがやきプラザ ポークビッツ)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
ちよだはあとチーム [2019年01月08日(Tue)]

[ホームページ]1月かがやきブログ写真 - コピー.jpgかがやきプラザ相談センター職員とあんしんセンター神田の職員とで「ちよだはあとチーム」についての勉強会を行いました。

「ちよだはあとチーム」とは、「認知症初期集中支援チーム」の千代田区版のものです。
あんしんセンター神田とかがやきプラザ相談センターの垣根を越えて、認知症地域支援推進員・医療職・福祉職とでチームを結成し、認知症の方の支援をしていきます。
その支援の際には、認知症サポート医とも連携していきます。複数の視点から捉えられ、チームで助け合って対応できるというメリットがあります。

認知症についての相談は、多問題が混在しているケースが少なくありません。
そのような場合に、今回の勉強会を活かし、「ちよだはあとチーム」で支援していこうと思います。
(かがやきプラザ そんぷぅ)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
冬の訪問時には… [2018年12月02日(Sun)]

[ホームページ]12月かがやきブログ写真 - コピー.JPG季節を問わず、わたしたち相談員は区内の高齢者のお宅を訪問します。
もちろん歓迎される訪問だけではありません。高齢者の方は「来てほしくない」と思っていても、支援の必要性があるのではないか、情報を届ける必要があるのではないか、と思われる方にはこちらから訪問をすることもあります。
何度か訪問しても、拒否されることもよくあることです。

夏と冬の訪問は、体感的にはつらいのですが、訪問の口実を作るには苦労しません。
夏は熱中症予防、冬はインフルエンザの予防や年末年始のごあいさつなど、訪問の理由を作っては、「閉ざされたドアが開くのは、今日かもしれない。」「今日こそは少し会って話を聞けるだろうか。」と思いながら、今日も訪問へ出かけます。

「こんにちは、かがやきプラザ相談センターです!」                    

(かがやきプラザ ボントロ)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
千代田区福祉まつり [2018年11月04日(Sun)]

[ホームページ]11月かがやきブログ写真.jpg10月20日土曜日、年に一度の「かがやく千代田 つながる心 第16回福祉まつり」が千代田区役所・かがやきプラザにて開催されました。多世代交流、地域共生社会をめざし、区民、在勤、在学の皆さん各団体でブースを出展しお祭りを盛り上げました。

かがやきプラザ相談センターはあんしんセンター神田・麹町と協働し、今回初めて認知症普及啓発と、認知症地域支援推進員のPRのため「認知症チェックリスト」を行いました。80名に及ぶ来場があり大盛況に終わりました。
(認知症地域支援推進員は、医療機関や介護サービス及び地域の支援機関の間の連携を図るための支援や、認知症の人やその家族を支援します。)
私たち以外にも様々な団体が参加しており、例えば、精神障害の就労支援を行っている珈琲店の珈琲を堪能できたり、アザラシの介護ロボット「パロ」に触れたりと、福祉まつりならではの支援団体を知る・福祉体験ができる機会でした。
地域共生社会を肌で感じた一日となりました。相談員として、地域づくりの一員であることを実感しました。
(かがやきプラザ かわうそ)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
まちのくらし雑考A [2018年10月07日(Sun)]

[ホームページ]10月かがやきブログ写真.JPG千代田区のマンション化率は数年前から80%超で全国一位。調査機関によって数字もまちまちですが、概ね人口の9割がマンション住まいといわれ、現在も増え続けています。(府中は22%)

最近のマンションは概ねオートロックが当たり前。訪問で建物に入る際、そしてお部屋に伺う際と、複数のロックを通らなければいけません。
インターホン越しに相手の顔が見えることで不要な訪問などから身を守れることは、都会の暮らしでは大変重要なことです。
ただ、ご高齢になってくると機械がうまく扱えず、緊急訪問の際に「入れない」と大騒ぎになることもしばしば。

千代田区では高齢者の緊急通報システムのサービスがあります。
利用されている方はスペアキーを警備会社に預けておられるケースもありますが、皆が皆利用されているわけではありません。結局は地域やサービスなど普段の繋がりの中での「あら?」という気づきや連携のおかげで大事に至らずに済んだというのが一番多いように感じます。

最先端の技術と、人同士の顔の見える関係とが有効につながるには?
試行錯誤の毎日です。
(ちなみにかがやきプラザはカードキー。何時何分に誰が入ったか逐次記録されます) 
(かがやきプラザ おきばりやす)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
訓練です!訓練です! [2018年09月09日(Sun)]

かがやきブログ.jpgかがやきプラザ相談センターは千代田区在宅支援課、千代田区社会福祉協議会、九段坂病院などと併設しており、私たち相談センターの職員はかがやきプラザの建物の1階で、地域の高齢者の方々の相談を日々、受け付けています。

法人内の各施設では施設内の防災区画からスプリンクラーや煙感知器、熱感知器、消火用散水栓の位置や役割など各職員が研修を受け、日頃から各職員が自衛消防の意識を持っていますが、私たち相談センターでは、普段、なにかあったら、千代田区の職員の方々で編成する自衛消防隊が主体になります。
そのせいか、ふと考えると、「この建物の中に消火器はどこにある?」「防火扉は?」などわからないことばかり…。
ですので、先日、定期的に実施される消防設備等確認訓練に参加した写真の二人は、新発見が多かったようですので、部署内のメンバーにまもなく周知徹底してくれることでしょう。

ちなみに、私たちが所有する防災用のヘルメットは折りたたみ式で場所を取りません。
防災グッズも進化していますね。
(かがやきプラザ mint)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
一連托生 [2018年08月03日(Fri)]

かがやき写真.jpgかがやきプラザのテラスから望む「皇居牛が淵」は、今年も花咲水辺のごとく蓮の見頃を迎えています。
ヒンドゥー教の神話や聖典には、泥の中から茎を伸ばして花を咲かせる蓮の様子が、清らかに生きることの象徴として、たびたび登場します。それは「清らかな心」という花言葉の由来と言われています。また、「休養」とも例えられ、それは美しく咲いた花が午後には閉じてしまう様子を表したものです。
盛夏に咲く蓮の花を眺めるしばしの余裕は、我々かがやきプラザ相談センター職員に日々の一服をもたらします。
蓮の花言葉に習い、我々も適度に心身の休息をとり、まだまだつづく猛暑のなかを元気に乗り越えていきたいと思います。                                 
(かがやきプラザ 謙)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 07:00 | 千代田区立かがやきプラザ | この記事のURL
| 次へ