CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

 

Main | 泉苑»
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

多摩同胞会さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tamadohokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tamadohokai/index2_0.xml
ポカポカな1日 [2017年12月14日(Thu)]

ブログ写真.png日曜日に泉苑としらとり合同の行事「むさこいもちつき」にお邪魔してきました。
子どもたちがお芋をアルミホイルで包んで準備をして焼き始め…焼いている間にお餅つきです。
焼き芋はお店で買うものだと思っている私の子どもは焚き火で焼かれているお芋に興味深々でした。
お餅つきも子どももご利用者も「よいしょ!よいしょ!」とみんな楽しそうでした。また、泉苑の100歳を超えるご利用者が力強くお餅をつく姿には感動しました。
焚き火で焼き芋をすること、臼と杵でお餅をつくこと、お年寄りとふれあうこと、普段なかなかできないことができたり、お汁粉・焼き芋・焼きじゃがいもを食べておなかいっぱいにもなり、幸せをたくさん感じた1日でした。
(事務局 りんご)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
会計監査人による施設往査を受けました [2017年12月04日(Mon)]

171204blog.jpg平成29年4月1日の社会福祉法の改正により、一定の事業規模を超える社会福祉法人については会計監査人による監査が義務付けられました。
多摩同胞会でも昨年度より準備を進め、今年度より会計監査人による監査が始まっています。

先日、かんだ連雀で会計監査人による施設往査を受けました。
今までは東京都による監査を受けていたわけですが、会計監査人からはどのようなことを聞かれるのか、どのような指摘を受けるのか、初めてのことなので緊張してしまいました。
内容は、請求のやり方や未収金の管理の仕方、現金の取り扱いなど経理の業務としては基本的な内容の説明で一日が終わりました。
東京都の監査では事業の内容や加算の要件など、もっと具体的に踏み込んでみてくるのでちょっと拍子抜けしたのとともに、会計監査人がこのようなことを聞いてくるということは日々の基本的な業務がいかに重要なのかということを改めて認識した一日でした。
これからも一日一日を大事に仕事にあたっていきたいと思います。
(事務局 午前中)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
昨年の今頃は [2017年11月25日(Sat)]

ブログ写真171125.JPG泉苑のまわりの木々も葉っぱが落ち、冬の訪れを感じさせる寒さとなってきました。
先日、テレビをつけていると、昨年の今頃に、東京でも雪が降ったという、昨年のニュースの映像が映し出されていました。
今年も残すところあと一ヶ月となりました。
施設では職員もインフルエンザの接種を受けたりと感染症予防対策を始めています。この冬も元気に越せるよう、冬に備えて風邪などの予防に努めていきたいと思います。
(事務局 このは)
Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
緑苑の掲示板 [2017年11月16日(Thu)]

ブログ写真2.jpg緑苑の正面玄関の前に掲示板があります。
この掲示板には、緑苑が地域の方、道行く方へお伝えしたい情報が常に掲示されています。

現在は、緑苑安心シニア塾の実施案内、ボランティアの募集、パート職員の募集、それから今月に実施する予定のご案内、映画上映会、訪問コンサート、合唱団の方が苑内で演奏を行います。

また、緑苑の玄関から中に入れば、掲示板に貼りきれないご案内、ポスター、チラシがたくさんあります。
そして地域交流スペースもありますので、お近くにお越しの際はどうぞお寄りください。
(事務局 まこ)
Posted by 多摩同胞会 事務局 at 09:00 | 事務局 | この記事のURL
スウェーデンに行ってきました [2017年11月06日(Mon)]

IMG_6964.jpg平成29年10月15日から10月22日までの8日間、法人職員5名とともに
スウェーデン、ヨーテボリ市およびストックホルムの高齢者住宅の視察研修に行って参りました。東京は雨が降り続いていたとのことですが、研修期間ずっと晴天に恵まれ、北欧の黄色一色の紅葉を楽しむことができました。

法人の海外研修は、故中城イマ理事長と故浅川春巳医師からのご寄附を研修基金として積み立ててそれを使わせていただいています。

スウェーデンの居住環境を大切にしている生活や利用者の自己決定を優先することなど、
実際にこの目で確かめることができ、貴重な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 研修報告会は、11月17日(金)18時から緑苑地域交流スペースにて開催予定です。みなさま、是非足をお運び下さいませ。

(写真は、ノーベル賞受賞祝賀晩餐会が開かれるストックホルム市庁舎です)

(事務局 かえる)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 09:00 | 事務局 | この記事のURL
パソコンが新しくなりました [2017年10月28日(Sat)]

blog1028写真.JPG毎日使っているパソコンの入替を行いました。
黒から白のパソコンになって、机の上が明るくなった感じです。
パソコンも変わりましたが、OSもwindows7からwindows10に変わっています。
今年は施設の3分の2のパソコンを入れ替えたのですが、私を含め、パソコンが苦手な職員が多いので、しばらく格闘が続くかもしれません。早く慣れて使いこなしたいと思います。
(事務局 サクラ)
Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
防災の意識を持つこと [2017年10月19日(Thu)]

消火器.jpg今月22日(日)に法人統一防災訓練を実施する予定です。
普段は各施設において独自に訓練を実施していますが、年に1度、できるだけ多くの職員が参加できるような訓練を企画しています。

今年の訓練は、「22日(日)10:30に東京都立川市を震源地とするマグニチュード7.5の大きな地震が発生し、すべてのライフラインが停止」という統一したシナリオで、全施設が同時刻に訓練を開始します。

同じシナリオであっても、施設によって立地条件(地盤、建物構造等)や保有する設備が異なるため、予想される被害も施設ごとに異なります。各施設では、訓練までに部署会議を通じて、自分の施設ではどのような被害が想定されるか、どのような備えが必要か、どのように対応していくか、を職員みんなで話し合っています。

災害はいつ発生するかわかりません。日ごろから防災の意識を持って、もしもの時に慌てず対応できるようにしておきたいものです。
(事務局 オフショア)
Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
秋を楽しむ [2017年10月09日(Mon)]

ブログ写真.png10月に入り一気に秋めいた季節になりました。
日によっては、朝晩は厚めの洋服を重ね着しても良いぐらい気温が低い時もあります。
先日の仲秋の名月は残念ながら見ることが出来ませんでしたが見られた方は如何でしたでしょうか?
(私の故郷ではちょうど雲が切れてキレイに見えたとのこと)

話はかわり、あさひ苑では数日前に館内の空調を冷房から暖房へ切り換える作業を行っています。
こうやって少しずつ冬の準備をする中、久しぶりに日中の空を見上げると、空一面を覆い尽くしたうろこ雲を見ることが出来ました。
(うろこ雲は雨が近付くサインと聞いたことがありますが翌日本当に雨が降りました)

自分自身空を見上げることが少なくなってはいますが、秋は空も高く面白いかたちの雲を見つけることが出来るので好きです。

来月あたりから色付く紅葉と秋の空のコラボレーションを写真に納めるべく、日本各所を巡りたいなと考えています(…が毎年実現しません)。
(事務局 ハープスター)
Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
クルミの日 [2017年09月30日(Sat)]

170930 ブログ写真.JPG9/30が「クルミの日」というのはみなさん御存じでしょうか。
クルミの愛好家が「く(9)るみ(3)はまるい(0)」という語呂合せで制定したとか。
このクルミに含まれる栄養素は脳の記憶力低下を防ぎ、前頭葉の機能も高める効果があるためアルツハイマー病にも高い予防効果が期待されていて、別名ブレインフードとも呼ばれているそうです。
このため泉苑ではクルミを食事に大幅に取り入れて・・・などという動きは今のところありませんが、以前から「インゲンのクルミ和え」「豆腐のクルミ味噌焼き」などのメニューがあり、知ってか知らずか、皆さんの記憶力低下予防に一役買ってくれていたようです。
厨房の皆様に感謝ですね。
(事務局 CATM)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
会計監査人監査が開始しました [2017年09月21日(Thu)]

20170921.jpg社会福祉法の改正により、今年度より一定規模以上の社会福祉法人には公認会計士または監査法人による会計監査人監査が義務付けられました。対象になる社会福祉法人は今後徐々に拡大していくことになっています。

当法人では、今年度から対象になることが予測されていたため、平成27年度にプロポーザルによる選定と予備調査を行い、昨年平成28年度はアドバイザリー契約のもとで内部統制の充実や研修等の準備を行ってきました。約10年前から事務局体制となったことも功を奏して、おかげさまで予備調査とアドバイザリー契約では大きな指摘事項もなく無事に今年度の法定監査の開始を迎えることができました。

監査法人による法定監査では、まず当年度の機首残高=昨年度の決算を確認されます。通常の上場企業では上場時点からの監査報告がたとえ他の監査法人からであっても引き継がれるのに対して、社会福祉法人の場合は所轄庁(東京都)の監査報告が引き継がれるわけではないので、当年度の機首残高を確認することは法人設立以来からの会計処理の「適切さ」を確認されることになります。

自分が入職するよりう〜んと過去の根拠資料(法人創設当時の土地の価格の根拠や昭和の時代の大規模改修工事の契約書などなど)を求められ、一度資料を提出するとさらに追加の確認事項が届くという繰り返しでしたが、当時をご存知の役員や管理職のみなさまにお話を伺いながら、事務局全体で協力し取り組み、書類保管庫に何度も潜り、ようやくほぼすべての質問に回答する資料を「発掘」することができました。

法人の歴史をあらためて実感するとともに、文書管理の大切さをひしひしと感じる今日この頃です。

※写真はかつての事務長が手書きで残された武蔵台の敷地における建物の変遷図です。
(事務局 ままぃ)

Posted by 多摩同胞会 事務局 at 08:00 | 事務局 | この記事のURL
| 次へ