CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大釜まちづくり 第4回大釜探検隊 | Main | 姥屋敷いきいき21推進委員会 自分たちの手で夏祭りステージを改修»
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
大釜まちづくり 第4回大釜探検隊 [2014年08月03日(Sun)]
 平成26年8月3日(日)、第4回を迎えた大釜探検隊は、約30名ほどの参加者が集まり、地域にある雫石河川敷の渓谷を探検しました。
 岩手大学の土井宣夫教授に講師をしていただいて、滝沢のミニグランドキャニオンを辿りました。
 教授によると、雫石川は奥羽山脈に発し、御所ダム付近で小岩井山地を横断して北上低地に入り、平野を形成しています。
 雫石川の河床勾配は、滝沢市塩の森付近で急になり、これを過ぎると再び緩やかになります。
 急になる地点は、浸食によって下流側から上流に移動し、約1600万年前の海に堆積した固い飯岡層が浸食されているため、ミニ渓谷を形成しているとのことです。
 それにしてもたった半世紀ちょっとで、河床が4〜5mも変わっているのには驚きですね!
クリップボード01.jpg

P8030054.JPG

P8030060.JPG

P8030075.JPG
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1000119

コメントする
コメント