CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

竹の都・明和

竹粉末で環境活動。竹パウダーは糖分やミネラルが豊富、生ごみを入れると醗酵・分解して生ごみがなくなる工程を実験しています。
放置竹林の竹利用、生ごみ削減、有機野菜との資源循環の仕組みを地域に再現中。

活力ある地域を目指し、地域の後継者となる若者を募る。
−バイオ、微生物の研究支援に力をおかしください−
 

竹取物語?竹林・清々とした摩訶不思議な世界、動物の
屍骸何時までも朽ちることがない、臭わない、不思議な世界//
竹の力を信じ、効能を探求研究グループ


 (人と人、人と地域、人と自然の絆の再生に向けて)
    「竹の都・明和」地域再生活性化パートナーグループ

2012フォトコンテスト

[2012年09月16日(Sun)]
「美し国おこし・三重」フォトコンテスト
「美し国おこし・三重」フォトコンテスト
フォトコンテストとイベントGOGO!ラルーテーマプロジェクトのイベントに3つ参加

「地域の誇り・地域の夢」物語おこし
伊勢市 古地図からみる町家ぶらり探求
菰野町 東海民話フォーラム
紀北町 引本ひもときプロジェクト
御浜町 「尾呂志の歳時記」づくりプロジェクト
鈴鹿市「美し国・三重」の物語おこし

「つむぐ想い・つながる心」人と人の絆の場づくり
四日市市 「三重子育てITフォーラム2012」
四日市市 太陽の宴2012開催事業
四日市市 答志島奈佐の浜海岸清掃とシンポジウム等開催
鈴鹿市  子ども防災サミット
松阪市  キャンドル・イルミネーションーTAKETOYA−in松阪
津市   M際!2012 
     第21回全国ボランティアフェスティバルみえ
応募期間 2013年1月25日金まで
「美し国おこし・三重」のテーマプロジェクトなど
県内の地域づくり活動の様子を写真に
とってご応募ください。
審査委員長 浅田政志さん(三重県出身の写真家)
「絆」・「笑顔」・「みんなで動くとこんなにすごい!」

詳しい情報はhttp://www.umashikuni-24.jp

竹燈夜−TAKETOYAーバナー開設

[2012年09月12日(Wed)]
竹燈夜ホームページ開設
リンク先『みやがわ森選組』

http//www.sinsengumi.info/taketoya.html

20120906 003.jpg

詳細については、リンク先『みやがわ森選組』ホームページ上

TAKETOYAバナーをクリックしてみてください。

竹燈夜イベント告知ページにジャンプします。
ご覧ください。
主催「竹の都・明和」農業生産研究会


乳酸発酵有機堆肥(竹粉)栽培米の収穫

[2012年09月11日(Tue)]
2条式コンバイン順調に収穫15:30
4月29日定植、8月30日刈りいれ

収穫開始から1時間
刈りいれ開始から1時間

籾摺り籾殻の排出
天候局所にて雨模様。
田も緩むが快調に収穫後の乾燥に入る。
薫炭づくり3日目
ほっとするひと時

籾摺り後のもみ殻。最後の薫炭づくり。3日目に入る。ほっと一息




竹燈夜イベントチラシ投稿

[2012年09月11日(Tue)]
イベント「竹燈夜」ーTAKETOYA−

「竹燈夜」−TAKETOYA−キャンドルナイト&イルミネーション

[2012年09月10日(Mon)]
イベントのお知らせ

「美し国おこし・三重」実行委員会のテーマプロジェクトの委託事業として実施いたします。

「竹燈夜」−TAKETOYA−キャンドルナイト&イルミネーション

●廃食油のリサイクル(バイオ燃料・キャンドルつくり)や間伐竹の活用し
温暖化効果ガス(CO2)の削減、CO2排出ゼロのイベントを目指し
環境保護・地産地消・物の大切さ、地元の食の有難さ、美味しさを実感。
老若男女が集い、環境保護、安心安全の食のイベントを併用実感することで
地域のすばらしさと大切さを伝え、人と人のきずなの場つくりにつなげる。

イベント開催

平成24年10月28日(日曜日)10:00〜19:00

場 所 松阪中部台公園

公共の交通機関を利用しておこしください。地域の使用者に迷惑をかけることは謹んでください。

主催 「パートナーグループ「竹の都・明和」農業生産研究会
協賛 三重県地域活性化協議会 NPO法人みやがわ森選組
   学校法人 古川学園中部ライテクビジネス専門学校



いじめ撲滅

[2012年07月19日(Thu)]
大津いじめ自殺事件で、自殺問題を長年取材してきた豊田 充氏に話を聞きました。
滋賀・大津市で自殺した中学生がいじめを受けていた事件で生徒へのアンケートで発覚した。「葬式ごっこ」。


1989年、中学2年生の男の子が自ら命を絶った東京・中野富士見中学のいじめ自殺。
この言葉に社会が衝撃を受けたのは今回が初めてではない。
教育関係者なら今回、誰もが思い起こしたであろう悲痛な想い。
26年を獲てなぜ、いじめは繰り返されるのだろうか。

長年富士見中学の自殺問題を取材してきた、ジャーナリスト・豊田 充氏の談話。
今度の大津での葬式ごっこの内容が、まだくわしく報道されていませんけれど、「自殺の練習をしろ」って言ったっていう報道がありましたが、あれと関係があるんじゃないかと思うけどね、本当にドキッとする話ですよね。

それから、報道された体育祭のときに、縛って口に粘着テープ、先生が見たわけでしょう。それがそのままになっているっていう。
いじめっていうのは、見ようと思わなければ見えないんですよ。
みんな見ようとしない、先生。
で、教育長かなんかの弁明に「見かけなかった」と言って。
見ようと目を開けてしっかり見りゃ、見えるんです。
それを見ようとしない。

だから、葬式ごっことアンケートにあっても、そのまま目をつぶっちゃうわけだな、先生方が。

警察をあてにする前に自分で調べようともしない、見ようともしないことがこういう悲劇を次々に生んでいる一番の根幹の原因です。












今度の大津の事件での葬式ごっこの内容が、まだくわしく報道されていませんけど、「自殺の練習をしろ」って言ったていう報道がありましたよね。
あれとかんけ

こんか

Posted by 米沢正郎 at 09:04 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

木の原料はなんでしょうか。

[2012年06月19日(Tue)]
有機物をどう使いこなすか。有機物の構成物は、セルロール、ヘミセルロール、リグニン、たんぱく質が主であり、そのほか糖質、でん粉、アミノ酸など。これらを分解することで、炭酸ガス、水、無機化合物に。

有機物成分の分解ステップと生成物。
まず、@でん粉、糖質、アミノ酸が炭酸ガス、水とアンモニアに。
次にヘミセルロール、セルロールが炭酸ガスと水。たんぱく質がアミノ酸に
アミノ酸がアンモニアに。リグニンは微生物による分解が不向きであること

植物は、自分自身の体をつくるために、空気中の炭酸ガス(CO2)と地中から
吸い上げた水を原料にして、ブドウ糖を合成します。ブドウ糖を合成する工場にあたるのが葉緑素という緑色の色素がつまった葉緑体です。

この葉緑体の動力源が太陽からふり注いでくる光のエネルギーであり、この工場の働きが「光合成」であります。

化石資源の原料のひとつに木質資源のリグニンなどが含まれることから、太古の森が化石資源・石油の起源のひとつであることは確かなようです。

木質資源の原料は炭酸ガスと水であり、炭酸ガスと水に始まり、炭酸ガスと水に終わる。これが緑のループといえるのではないでしょうか。

夢のような循環活用のお話

[2012年06月19日(Tue)]
大変ご無沙汰いたしましております。
ブログ投稿画面に入ることができずに困っておりました。

今私が興味を抱いていることへの警鐘。
地球温暖化防止対策(紙のリサイクル、ゴミの減量・分別
私たちは生ゴミ堆肥化啓発活動、省エネ(買換え、無駄つかい)
低燃費車・・・など)としてさまざまな分野での意識改革がなされています。

化石資源が発見されてから石油化学工場から、あらゆるハイテク資源が
開発されておる、かたわら温暖化問題が社会情勢を大きく揺るがす状況に
あります。

生物が創り出す最大の構造物としての樹木。樹木によって構成される森林。
多様な生物が命をはぐくむすばらしい「地球」の環境を形成する基礎とな
る森林資源です。樹木として生命を終えた後、材木として使用され、さら
に長い年月をえて石炭、石油としての化石資源であります。

今日の社会情勢において森林は、地球環境のルーツであり、われわれ生物のルーツであり、さまざまな有機資源のルーツでもあります。

必要なことは、自然を理解することです。環境の基礎を構築するのは森林であり、すべての物質は物質循環システムの中に存在しています。そのような
自然界のシステムの中にもう一度、人間活動の仕組みを組み込む環境づくり
が21世紀を生きるための重要課題なのです。・・・・・

このようなみだしで始まる「夢ある未来の鍵は木・分子レベルのリサイクル」森の風プロジェクト 編集書 

夢のような循環活用システムのお話にです。

今後とも「竹の都」ブログにおいて、提供できればと思っております。
「竹の都・明和」農業生産研究会 米沢






夜空の電飾報告2

[2011年12月27日(Tue)]
竹灯篭幻想的な世界へ「平和の和」を再現。大きすぎて
カメラのアングルから飛び出し。4年生の力作です。




明和行政ニュースの録画撮り



「がんばろう日本」銀河を表現しました。

夜空の電飾報告

[2011年12月27日(Tue)]
2011修正小学校エコ・イルミネーション点灯式報告
2011・12・16明和町立修正小学校の校舎にホワイトクリスマス
エコ・イルミネーション点灯。児童会演出点灯式に多くの方が参加
有難う。点灯式風景写真を掲載しました。






「がんばろう。日本」メリークリスマス

| 次へ
プロフィール

竹の都・明和農業生産研究会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/takemm_blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/takemm_blog/index2_0.xml