CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年4月街人の会活動報告 [2019年04月30日(Tue)]
4月16日(火)、17日(水)東京から2名
コースは
16日は上ノ太子駅から壷井八幡宮、通法寺源氏三代墓、敏達天皇陵、西方院、叡福寺、上ノ太子駅へ。
18日は上ノ太子駅から用明天皇陵、竹内街道、孝徳天皇陵、旧山本家住宅、竹内街道歴史資料館、科長神社、小野妹子墓、二子塚古墳、推古天皇陵、仏陀寺、上ノ太子駅へ。
東京から来られたご夫婦お二人です。1日だけの申し込みでしたがご要望により2日間のご案内となりました。
旅行好きのご夫婦で、特に奥様は歴史好きの方でした。
源氏三代のガイドは久しぶりでしたので、2度ほど道を間違えましたが、2日間無事ガイドをすることができました。
19.04.17a-2 - コピー.JPG
源氏三代の源頼信の墓前で

4月19日(金)池田市から37名
コースは上ノ太子駅から叡福寺、西方院、妙見寺、上ノ太子駅へ。
自然総研のイベントでお越しになられた方々で13:00には全員が揃い、簡単に太子町の紹介をして叡福寺に向けて出発しました。参加者37名と多く、歩行速度も異なる為、先頭と最後尾では予想以上の時間的な差が出来てしまいました。叡福寺の簡単な説明をした後、本堂内で近藤住職の説明を聞き宝物館も拝観した時点で大きく時間がずれ込みました。二班に分かれてガイドを行いましたが最後まで時間が遅れてしまい用明天皇陵には行けず主催者と参加者の方にも迷惑を懸けてしまい申し訳ありませんでした。
19.04.19b.jpg
西方院前での案内

4月21日(日)松原市などから80名
コースは叡福寺から西方院、和みの広場へ。
松原市などからお越しの地域の方々を案内しました。
叡福寺前の駐車場で待ち合わせしました。小さい子から75歳の方までおられ、3グループに分かれ、案内しました。叡福寺では飛鳥、奈良時代に建立されたものの、信長の兵火にかかり、焼かれたのに驚かれていました。西方院では法要が行われていたため、本堂内は見ることは出来ませんでしたが、観音堂と三尼公墓所をしっかり見ていただきました。その後、和みの広場に集合し、ガイドは終了しました。この後は和みの広場で、食事され、レクレーションを楽しむそうです。
【(カテゴリなし)の最新記事】
Posted by 太子街人の会 at 12:34 | この記事のURL
お知らせ [2019年04月01日(Mon)]
叡福寺の大乗会式
4月11日(木)、12日(金)に叡福寺で聖徳太子の命日にちなんで「大乗会式」が行われます。両日は聖霊殿、金堂などが開扉され、ご本尊像などが公開されます。
両日とも街人の会による叡福寺の無料ガイドがありますので街人の会テントまでお気軽にお越しください。
(参考)太子町観光・まちづくり協会WEBサイトの叡福寺大乗会式の紹介ページ
http://www.taishi-kankou.jp/event/detail.cgi?id=278
19.03.31.JPG
叡福寺の桜は、まだチラホラです。会式では満開かな?(平成31年3月31日撮影)

太子聖燈会(たいししょうとうえ)
4月20日(土))の午後6時から9時まで叡福寺、西方院、太子和みの広場など聖徳太子が眠る地を、1万燈のあかりが彩ります。
(参考)太子町観光・まちづくり協会WEBサイトの太子聖燈会の紹介ページ
http://www.taishi-kankou.jp/event/detail.cgi?id=268

竹内歴史街道資料館スポット展 
3月5日(土)〜4月21日(日)「十一尊仏枕屏風」
聖徳太子御廟前の中大道町会から寄贈された文化財の「十一尊仏枕屏風」が展示されます。
この屏風には阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩など十一体の奏楽観音が描かれており、融通念仏宗特有の来迎図です。
Posted by 太子街人の会 at 13:45 | この記事のURL
2019年3月街人の会活動報告 [2019年03月31日(Sun)]
3月6日(水)桜井市などから11名
コースは、竹内街道歴史資料館から旧大道山本家住宅、孝徳天皇陵、仏陀寺古墳、用明天皇陵、西方院、叡福寺、妙見寺、上ノ太子駅へ。
橿原市で観光ボランティアガイドをされている方々を案内しました。
奈良の磐城駅から竹内街道を歩いて峠越えし、竹内街道歴史資料館で待ち合わせました。餅屋橋から案内を始めましたが道標に記されている岩屋の石窟寺院の中将姫伝説を話すと、間違いではないかとのことでしたが“言い伝えと”言う事で納得して頂きました。
西方院と妙見寺では事前に拝観依頼したところ、当日は住職が待っていて下さり便宜を図って頂きました。西方院では猫が描かれた珍しい釈迦涅槃図を見せて頂き、庭も拝見出来ました。妙見寺では住職の説明で仏像を拝観出来、蘇我馬子の位牌まで拝観出来ました。
ガイドに携わる方々ですので太子町に伝わる遺跡に関しての説明には皆さんが質問されてメモを取られていました。
19.03.06b-1.jpg
太子廟の横にある廟窟偈碑の前で。

3月28日(木)大和郡山市などから14名
コースは六枚橋バス停から推古天皇陵、二子塚古墳、旧山本家住宅、竹内街道歴史資料館、孝徳天皇陵、竹内街道、キッチンあかり(昼食)、六枚橋、用明天皇陵、西方院、叡福寺、和みの広場、太子前バス停へ。
大和郡山市からお越しの史蹟散歩とグルメの会の方々を案内しました。
六枚橋バス停をスタートして推古天皇陵、二子塚を案内し、油伊を通り竹内街道に出て、餅屋橋、旧山本家住宅を案内しました。孝徳天皇陵では数名の方が坂がきついので下で待機されていました。竹内街道歴史資料館では、JAF割引を利用し、入館しました。竹内街道を下り、昼食場所のキッチンあかりまで行き、昼からは六枚橋、角屋を案内して用明天皇陵に向かいました。用明陵では歴史に詳しい方から色々な質問がありました。叡福寺では聖霊殿の豊臣秀吉の銘が入った擬宝珠をじっくり見られていました。又、資料館で説明があった融通念仏宗の良忍上人の御廟所も案内しました。帰りのバス時間まで和みの広場を案内し、太子前バス停でお別れしました。午前中は暖かく、午後からは少し涼しい曇り空でしたが、太子町の史蹟を楽しんでいただけたと思います。
19.03.28a-1.JPG
用明天皇陵の前で。
Posted by 太子街人の会 at 13:24 | この記事のURL
お知らせ [2019年03月01日(Fri)]
叡福寺の無料ガイド
3月17日(日)に和みの広場(叡福寺の東側です)で行われる、たいし聖徳市(10:00〜15:00)で街人の会による叡福寺の無料ガイドがあります。
たいし聖徳市の街人の会テントまでお気軽にお越しください。

竹内街道歴史資料館の「十一尊仏枕屏風」スポット展
3月5日(火)〜4月21日(日)
聖徳太子御廟前の中大道町会から寄贈された文化財の「十一尊仏枕屏風」が展示されます。
この屏風には阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩など十一体の奏楽観音が描かれており、融通念仏宗特有の来迎図です。
Posted by 太子街人の会 at 11:46 | この記事のURL
2019年1月街人の会活動報告 [2019年01月31日(Thu)]
1月18日(金)箕面市から1名
コースは上ノ太子駅から壷井八幡宮、通法寺、源氏三代の墓、叡福寺、和みの広場(昼食)、西方院、用明天皇陵、推古天皇陵、小野妹子墓、科長神社、旧山本家住宅、竹内街道歴史資料館、孝徳天皇陵、竹内街道、観光交流センター、六枚橋バス停へ。
箕面市からお越しの観光ボランティアの会の方で、2月に会の方々を案内するため、お越しになられました。
上ノ太子駅で待ち合わせ、スマホで歩いた道を記録して2月に案内できるよう準備されていました。壷井八幡宮に向かい、八幡宮前の壷井水を写真に収め、八幡宮では樹齢千年の楠に驚かれていました。通法寺では源氏始郷と書かれた山門も写真に収められていました。次に急な小道を上り、源氏三代の墓を案内しました。叡福寺では叡福寺の冊子の仏像を紹介して、身近に感じていただけたと思います。和みの広場で昼食後、西方院、用明陵、推古陵、二子塚を案内した後、小野妹子墓、科長神社も案内し、帰りは喜志駅前の小野妹子墓の案内石碑を見て帰ると言われていました。次に、竹内街道に出て、旧山本家住宅、孝徳天皇陵を案内し、竹内街道を下り、観光センターまで行き、太子町の案内パンフレットとマンホールカードを入手して六枚橋バス停から喜志駅に向かわれました。
曇り空で寒い一日でしたが、2月の案内にお役に立てたと思います。
NEC_0071.JPG
源氏三代、源頼信の墓の前で。

1月24日(木):宮城県から17名
コースは叡福寺から西方院、用明天皇陵、観光交流センター(昼食)、推古天皇陵、二子塚古墳、科長神社、小野妹子墓、孝徳天皇陵、竹内街道歴史資料館、道の駅「近つ飛鳥の里・太子」へ。
仙台から「奈良・大阪歴史の旅<1>河内飛鳥 葛城古道・西ノ京」ハイキングツアーで来られ、二泊三日の初日です。
ガイドブックをお渡しして内容を読まれた時に、ここ南河内が源氏三代の本拠地だと言う事が分かり驚かれていました。ただ、同時にコースに入れるには時間的に無理があると判断して断念したそうです。
観光センターの談話室も前日に連絡した事で観光・まちづくり協会の方に依って暖房が入れられており、昼食に寄った時には参加者の方から感謝の言葉がありました。
当日は寒かったですが天候も良く予定通りの時間でガイド出来ました。
Posted by 太子街人の会 at 10:32 | この記事のURL
お知らせ [2019年01月01日(Tue)]
叡福寺の無料ガイド
1月20日(日)に和みの広場(叡福寺の東側です)で行われる、たいし聖徳市(10:00〜14:00)で街人の会による叡福寺の無料ガイドがあります。
たいし聖徳市の街人の会テントまでお気軽にお越しください。

明けましておめでとうございます。
2019.01.01.JPG
平成31年元旦、良く晴れた二上山雌岳山頂(太子町)から見る初日の出です。
Posted by 太子街人の会 at 10:56 | この記事のURL
2018年12月街人の会活動報告 [2018年12月31日(Mon)]
12月1日(土)大阪市から2名
コースは叡福寺から西方院、用明天皇陵、観光交流館(昼食)、孝徳天皇陵、二子塚古墳、推古天皇陵、葉室古墳群へ。
大阪城のガイドをされ、河内周辺の歴史について勉強したいとの事でこられました。
叡福寺と五つの御陵に行きたいとのことでしたが時間内に納まらない為、敏達天皇陵を諦めて頂き、案内しました。
叡福寺も天皇陵がある事も知っておられましたが来た事は無かったそうです。
昨日は千早赤阪に行き、明日は別の史蹟に行かれるそうです。
ガイドが終わり、14時前に葉室公園の所で「近つ飛鳥博物館」に行くお二人をお見送りしました。

12月1日(土):所沢市から5名
コースは叡福寺から西方院、用明天皇陵、推古天皇陵、六枚橋バス停へ。
埼玉県からお越しの万葉集の会の方々をご案内しました。
高野山から電車で叡福寺に来られました。叡福寺では10年ほど前に来た時はもっと広かったように記憶していましたとお話しされていました。金堂や聖霊殿、浄土堂では扉の隙間から本尊をしっかりとのぞき込んでおられました。三鈷の松の前では昨日の高野山では枯葉が拾えなかったがここでは拾えるので記念に持って帰ると話されていました。西方院では本堂の阿弥陀如来像をじっくりと見られていました。次に用明天皇陵、推古天皇陵をご案内しました。六枚橋バス停ではギリギリでバスに間に合い、ここでお別れしました。暖かい師走の午後を太子町で楽しんでいただけたと思います。後日、お礼のお葉書をいただきました。
NEC_0069.JPG
       西方院の観音堂の前で

12月6日(木)桜井市などから40名
コースは叡福寺から西方院、用明天皇陵、「近つ飛鳥の里・太子」、竹内街道歴史資料館、孝徳天皇陵、大道旧山本家住宅(昼食・交流会)、竹内街道、六枚橋、太子町役場、推古天皇陵、和みの広場へ。
桜井市の観光ボランティアの方々をご案内しました。
桜井市のバス2台で和みの広場に来られ、2班に別れて叡福寺からガイドを始めました。途中から小雨が降り始め傘をさしてのガイドとなりました。浄土堂では扉の隙間から弥陀三尊像を覗き込まれていました。西方院では時間がなく本堂には入りませんでしたが、三尼公の墓ではどれが誰のお墓か?と尋ねておられました。次に用明天皇陵を案内した後、和みの広場のバスに戻りました。道の駅まで行き、竹ノ内街道を下り、竹内街道資料館、孝徳天皇陵、山本家住宅を案内しました。山本家住宅では昼食とガイド交流会を行いました。観光ボランティア同士の問題や、課題をお話しすることができました。昼食後は竹ノ内街道を案内しながら、太子町役場に行き、役場からはバスで移動して推古天皇陵、二子塚古墳を案内しました。その後、和みの広場でお別れとなりました。小雨の降る中、太子町の歴史を感じていただき、貴重な意見交流ができました。
Posted by 太子街人の会 at 16:53 | 活動報告 | この記事のURL
お知らせ [2018年12月01日(Sat)]
叡福寺の無料ガイド
12月16日(日)に和みの広場(叡福寺の東側です)で行われる、たいし聖徳市(9:00〜13:00)で街人の会による叡福寺の無料ガイドがあります。
たいし聖徳市の街人の会テントまでお気軽にお越しください。
Posted by 太子街人の会 at 13:00 | この記事のURL
お知らせ [2018年11月01日(Thu)]
叡福寺の無料ガイド
11月11日(日)に和みの広場(叡福寺の東側です)で行われる、たいし聖徳市(10:00〜15:00)で街人の会による叡福寺の無料ガイドがあります。
たいし聖徳市の街人の会テントまでお気軽にお越しください。

竹内歴史街道資料館の秋季企画展 
9月29日(土)〜12月2日(日)「竹内街道と西国巡礼の歴史」
太子町葉室の仏眼寺には「オセタ」というものが伝わっています。笈のようなもので、開くと西国三十三所の観音像のミニチュアが収められています。これはかつて仏眼寺を中心に活動をしていた三十三度行者という僧が使っていたもので、これを背負い竹内街道などを通り、西国三十三所を33度めぐるという修行を行っていました。このオセタや関連美術が展示されます。
Posted by 太子街人の会 at 11:10 | この記事のURL
2018年10月街人の会活動報告 [2018年10月31日(Wed)]
10月3日(水):高槻市などから10名
コースは叡福寺から用明天皇陵、観光交流センター(昼食)、竹内街道、竹内街道歴史資料館、竹内街道、六枚橋へ。
高槻市の老人クラブの方々で、ゆっくり散策したいとのことで、叡福寺、竹内街道を中心にガイドをしました。

10月7日(日):京都市から1名
コースは叡福寺から西方院、用明天皇陵、竹内街道観光交流館(昼食)、孝徳天皇陵、科長神社、小野妹子墓、二子塚古墳、推古天皇陵、葉室古墳群、敏達天皇陵、仏眼寺橋バス停へ。
台風の影響で1日延期となりましたが、叡福寺前でお会いしてガイドを始めました。連休の中日で他の観光客グループも叡福寺に参詣していました。
西方院では本堂で法要があり、境内の案内だけになりました。三尼公の墓、馬子塚、用明天皇陵を案内し、次に角屋の道標石から竹内街道を辿って観光交流館で昼食にしました。
昼食後、館内の展示物の説明を行い孝徳天皇陵に向かいました。次に科長神社、妹子塚、二子塚古墳、推古天皇陵、葉室古墳群、敏達天皇陵と一気にガイドを行いました。
敏達天皇陵参道では台風の影響で折れた杉の巨木の撤去整備が行われていました。

10月13日(土):広島県などから25名
コースは御陵前バス停から推古天皇陵、二子塚古墳、科長神社、小野妹子墓、竹内街道歴史資料館、旧山本家住宅(昼食)、孝徳天皇陵、竹内街道、叡福寺、西方院、太子前バス停へ。
広島県出身の方々の同窓会のメンバーで、広島県から来られた方もいました。
資料館友の会の方が幹事をされており、ガイドも時間通り進み当初の予定通り事故もなく終了しました。

10月14日(日):泉佐野市などから4名
コースは叡福寺から西方院、用明天皇陵、竹内街道、道の駅(昼食)、竹内街道、叡福寺へ。
泉佐野市観光ボランティアガイドの有志4人の方々でした。
テレビで「ten」の若一さんのコーナーで太子町が紹介され、興味を持たれて、来訪されました。

10月15日(月):泉南郡などから9名
コースは上ノ太子駅から飛鳥ワイン、叡福寺、西方院へ。
熊野街道を歩く方々を上ノ太子駅でお迎えし、ご希望により飛鳥ワインの工房に行きました。ご好意で工場内部の説明をして頂いた後、バスで叡福寺に向かいました。
予定より遅れ、なごみの広場で昼食を取り、叡福寺からガイドを始めました。質問が多く予定時間を越えた為、叡福寺と西方院だけのガイドに変更し、一時間半を掛けて叡福寺の中を隈なくガイドをしました。西方院では本堂に入る許可を頂き、三尼公と蓮誉寿正尼の説明をしました。三尼公の石塔と蘇我の馬子墓の説明を終え、予定された時間になり、太子前バス停に移動し、そこでお見送りしました。

10月28日(日):奈良県斑鳩町などから21名
コースは叡福寺から西方院、食事、用明天皇陵、推古天皇陵、二子塚古墳、旧山本家住宅、竹内街道歴史資料館、道の駅へ。
法隆寺を外国語でガイドされる方々を案内しました。
叡福寺からガイドを始めましたが、聖徳太子所縁の地でガイドをされている方を案内するのは特に緊張しました。
質問も多く、ガイド長くなってしまい昼食も遅れてしまいました。予定時間がオーバーする為、一部旧跡のガイドは了承を得て省く事になってしまいました。
法隆寺のガイドで聖徳太子について説明をする時に叡福寺、用明天皇、推古天皇の話が出るそうです。
ガイドをする時に想像するより実物を見て感じている方が話に深みが出る為、聖徳太子所縁の地に出向き研修をするそうです。

10月30日(火):奈良県王寺町などから32名
コースは和みの広場から叡福寺、西方院、推古天皇陵、二子塚古墳、敏達天皇陵、和みの広場へ。
王寺町の観光ボランティアガイドの方々をご案内しました。
バスで和みの広場に来られ、和みの広場からガイドを始め、聖徳太子墓の模型の前ではどれが誰の棺ですか?などの質問がありました。叡福寺では見真堂の扉を開けていただき、天井の絵や内部を見ることができました。また、金堂では堂内で本尊を間近に住職の説明を聞かれていました。西方院では本堂に上がり、聖徳太子が彫られたと伝わる阿弥陀如来像を間近に見た後、三尼公のお墓に案内しました。次にバスで移動し、推古天皇陵、二子塚古墳、敏達天皇陵を案内しました。和みの広場に戻り、ここでお別れしました。秋の一日、聖徳太子を身近に感じ、太子町の歴史を楽しんでいただけたと思います。
Posted by 太子街人の会 at 14:49 | 活動報告 | この記事のURL
リンク
Google

WWW を検索
太子街人の会を検索