CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 新潟県 | Main | 長谷川泰を語る会»
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
【連載】ふるさと偉人伝「近藤篤三郎」 [2013年10月26日(Sat)]

 izinden _02.JPG


 「長谷川泰ものがたり」の作者による連載。エッセイ風の偉人マンガ『ふるさと偉人伝』
 第15回は「火焔土器」の第一発見者「近藤篤三郎」です。
 祖父の代から三代に渡り、現在の関原地区、西山の丘陵地帯にある「馬高遺跡」を発掘調査。考古学を揺るがす発見であった「火焔土器」を掘り当てますが、それが評価されるのは篤三郎が亡くなった後でした。
 現在では長岡市のシンボルとして、いたるところに火焔土器のモニュメントが置かれており、その壮大なメッセージは新潟県立長岡向陵高等学校の校歌にも歌われています。
 〜西山の陵に向かえば蘇る古代の想い、縄文の焔は今も命から命へ燃える〜(谷川俊太郎作詞)

 偉人たちの功績をちょっぴりコミカルに紹介することで、郷土史の盛り上がりの一助となることを目指した「ふるさと偉人伝」は『まるごと生活情報』で連載中です。

 「まるごと生活情報」WEBサイト
 ↑PDF版のダウンロードもできます。
「八丁沖ウォーク」記念てぬぐいイラスト [2013年10月25日(Fri)]

 お問い合わせがありましたので、2013年の「八丁沖ウォーク」参加者限定で配付された記念手ぬぐいのイラストを紹介します。
 ただし、ここで紹介しましたのは細部の異なる別案のものです。

 com _03.JPG

<クリックで拡大されます>


 ガトリング砲は長岡市河井継之助記念館に展示のコルト社製。長岡郷土史の公式の見解による型です。
 銃士の持つ銃は、長岡軍採用のスナイドル銃ではなくエンフィールド2バンドという型を元にしています。これは、実用された同型の銃が八丁沖古戦場の新組地区から見つかり、北越戊辰戦争伝承館に展示されていることからです。(絵が小さいので細部は再現されず、すみません!)
 河井継之助と長岡銃士は、藩兵の証「五間梯子」の腕章を付けています。これは「昇って行く」という縁起の良い図柄です。
 河井継之助の家紋はもちろん、足元は遊学先の長崎で仕入れたブーツを履いている設定です。

 このように、可愛らしくディフォルメされたイラストの中にも、地元ならではのこだわりが反映されている、決して他には無い限定記念品なのでした!

※当ブログ関連記事
「第三回八丁沖ウォーク」
【連載】ふるさとむかしむかし「堀口大学」 [2013年10月09日(Wed)]

『ふるさとむかしむかし』
 第10回は、堀口大學(ほりぐちだいがく)です。
 祖父は戊辰戦争で亡くなった長岡藩士。父が大学在学時の子で、東京帝大の前に住んでいたのに由来する命名だそうですね。
 詩人であり、フランス文学者で「ルパン」の翻訳も多く残しています。
 大林宣彦監督の映画「この空の花」の中では、“君は原子炉に太陽を飼いならした〜”という一節が印象的な平和を願う詩「新春 人間に」が読まれました。
 
tosho_03.JPG


 掲載誌は、「としょかんくん」136号(2013年あき号)長岡市立中央図書館発行の児童向け季刊情報誌です。
 市内の図書館や公共施設で配布されています。
【FM PORT -79.0MHz】ラジオ出演! [2013年09月22日(Sun)]

FM PORTの人気番組「hiro&hiroの新潟ステキ☆プロダクション」に、長谷川泰ものがたりの作者が出演させていただきました!
なんと、あの人気パーソナリティのhiroeさん、そして、泉田裕彦新潟県知事の番組なのです!!

放送は、五月の母の日のこと。
郷土史の漫画を書いているお母さんがいる、ということで、この日の出演にお声がけをいただいたのでした。
プロのhiroeさんは勿論のこと、学生時代は放送部という泉田知事も、大変にお上手に進行してくださります。
不安もあった漫画作者ですが、これもまた進行に上手に着いて行くのには驚きました!

 com _02b.JPG


この回のテーマは「人」にあったかと思うのですが、長谷川泰をはじめ白峰駿馬や三島億二郎など、気付けば長岡郷土史の宣伝ばかりしていた漫画作者でした。大したものです。

 com _02a.JPG


泉田知事からは『歴史漫画作家』という肩書きをいただきました!
お声がけをいただいた県広報課の担当者様、FM PORT関係者の皆さんにも、ありがとございました!


FM PORT【hiro&hiroの新潟ステキ☆プロダクション】
【連載】ふるさと偉人伝「井上井月」 [2013年08月09日(Fri)]

 izinden _01.JPG


 「長谷川泰ものがたり」の作者による連載。エッセイ風の偉人マンガ『ふるさと偉人伝』
 第14回に登場したのは、放浪の俳人「井上井月(いのうえせいげつ)」です。
 幕末の長岡武士井上井月は脱藩をして長野の伊那谷を放浪し多くの俳句を遺しました。長野では北の小林一茶、南の井上井月と並び称される程だそうです!
 井月を題材にした映画「ほかいびと」では、村人と“ええじゃないか”を踊る姿が描かれますが、ええじゃないかは江戸幕府への不満が訴えられているともされます。明治維新当事の長岡は幕府側でした。井月の脱藩の真意とは、いかなるものだったのでしょう。

 偉人たちの功績をちょっぴりコミカルに紹介することで、郷土史の盛り上がりの一助となることを目指した「ふるさと偉人伝」は『まるごと生活情報』で連載中です。

 「まるごと生活情報」WEBサイト
 ↑PDF版のダウンロードもできます。
【連載】ふるさとむかしむかし「蔦都坊」 [2013年08月08日(Thu)]

『ふるさとむかしむかし』
 第9回は、蔦都坊(つたいちぼう)です。
 盲目の蔦都坊は、鍼灸を行うかたわら、農地を開墾して貧しい農民を救いました。
 与板地区に残る「蔦都」の地名は、この人の行いを讃えて遺されたものです。
 農村地帯ならではの偉人としては、長岡に「福島江」を拓いた新組地区の桑原久衛門を思い出します。

tosho_01.JPG


 掲載誌は、「としょかんくん」135号(2013年なつ号)です。
 長岡市立中央図書館発行の児童向け季刊情報誌。文書資料室の桜井菜穂子さんの文章に挿絵を描かせて頂いてきましたが、今回で担当部署を移られるそうです。
 桜井さん、長らくお世話になりました!
長谷川泰ものがたり設置店募集 [2013年07月26日(Fri)]

 com _01.JPG


御当地伝記マンガ「長谷川泰ものがたり」は、引き続き設置店を募集しております。
長谷川泰を語る会のメンバーが利用している、飲食店、理髪店などでお声がけをさせて頂いています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

写真は長岡市のラーメン屋さん「麺の風 祥気」です。
鶏塩ラーメンが自慢のお店、是非ご利用ください!
【連載】ふるさと偉人伝「三島億二郎」 [2013年06月01日(Sat)]

izinden _ 02.JPG


 「長谷川泰ものがたり」の作者による連載。エッセイ風の偉人マンガ『ふるさと偉人伝』
 第13回は作者の入魂の「三島億二郎」です。長岡維新三傑の中では『ふるさと偉人伝』のトップバッターとなりました。
 河井継之助、小林虎三郎の両名に隠れて話題が少なくなりがちな三島億二郎ですが、戊辰戦争で焼かれた長岡復興の立役者といえばこの人。災害からの復興を祈願する長岡花火「フェニックス」なども、三島億二郎の精神の先に生まれたと言って良いのではないでしょうか。
 三島億二郎、河井継之助、小林虎三郎の三人は、少年時代からの仲間であることも漫画で紹介されています。

 偉人たちの功績をちょっぴりコミカルに紹介することで、郷土史の盛り上がりの一助となることを目指した「ふるさと偉人伝」は『まるごと生活情報』で連載中です。

 「まるごと生活情報」WEBサイト
 ↑PDF版のダウンロードもできます。
【連載】ふるさとむかしむかし「良寛」 [2013年05月01日(Wed)]

『ふるさとむかしむかし』
 第8回は、いよいよ良寛さん!
 新潟県民ならば毎朝の歌声“りょうかんさん♪りょうかんさん♪ひねもす笑顔♪”で誰もが知る、優しいたたずまいのお坊さんですね。(ズームイン朝の天気予報コーナー、古かったですか?)
 県内の歴史上の人物で、これほど親しまれている人は他に居ないのではないでしょうか。
 大人になりやや難しい書物を読むと、良寛さんの辛さも分かるのですが、それを体験しているからこそ人に優しくできたのが、良寛さんの『慈愛の心』かと思います。

tosho_02.JPG


 スタジオジブリの新作「風立ちぬ」では、良寛さんの書『天上大風』が登場するそうです!
 宮崎駿監督は昔から良寛さんのファンで、長岡に来られた事もあるとか。
 どのような意味で描かれているのか、とても楽しみです。
 
リンク【風立ちぬ プロダクションノート】


 掲載誌は、「としょかんくん」134号(2013年はる号)です。
 長岡市立中央図書館発行の児童向け季刊情報誌です。市内の図書館や公共施設で配布されています。
【連載】ふるさと偉人伝「白峰駿馬」 [2013年03月01日(Fri)]

izinden_03.JPG


 「長谷川泰ものがたり」の作者による連載。エッセイ風の偉人マンガ『ふるさと偉人伝』
 第12回は「白峰駿馬」です。
 長岡藩士の中から海援隊士になった者が、というと驚きますが、この白峰駿馬と橋本久太夫という2名が居ました。
 駿馬は坂本龍馬の右腕とも言われ、龍馬暗殺の際には真っ先に駆けつけたともされます。追っ手が迫る京都の町の中、龍馬の亡骸を運び東山に弔ったのは駿馬でした。
 駿馬の兄は、長岡藩士にして幕府目付役の鵜殿団次二郎です。若き日の長谷川泰に洋学を教えた人でした。

 偉人たちの功績をちょっぴりコミカルに紹介することで、郷土史の盛り上がりの一助となることを目指した「ふるさと偉人伝」は『まるごと生活情報』で連載中です。

 「まるごと生活情報」WEBサイト
 ↑PDF版のダウンロードもできます。
| 次へ
Google

Web全体
このブログの中
http://www.pecope.com

ジオターゲティング