CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
月別の記事一覧
日別の記事一覧
話題の分類
林先生の痛快!生き様大辞典 [2015年03月24日(Tue)]

 人気番組『林先生の痛快!生き様大辞典』がいよいよ最終回ですが、なんとテーマには、幕末の長岡藩家老の河井継之助!

IMG_0363.jpg


 林修先生は、先日には河井継之助記念館友の会の記念講演で、〜今伝えたい、ラストサムライの生き様〜と題してお話しされたばかり。
 500名を超える来場者に向けて、林先生の締めの台詞は、「常在戦場とは、つまり“いつやるの?いまでしょ!”ですね」と。そう言われれば、なるほど、常に時代に対応して動るよう備え、いざとなれば即行動と言えるかもしれませんね〜。

IMG_0366.jpg


 林修先生と継之助との出会いは、小学生の時。「別冊太陽」の、明治維新の100人で「顔付き」に惚れたそうです。曰く、「イケメンかどうかの顔立ちはどうにもできないが、顔つきは内面から変えることができる」と。
 そして後に、今出来ることには最善を尽くすべきと、河井継之助に学んだそうです。

IMG_0367.jpg


 「歴史認識は自己認識」というのが、林修先生の歴史との関わり方であり、今への活かし方。
 自分に似た人物を探し、それに学ぶことだと。ご自身の激しい性格は、継之助に共通するそうです。
 河井継之助記念館の稲川明雄館長は、郷土の先人に共感しながら学ぶとも話されるので、これは共通点ですね。

IMG_0466.jpg


 郷土の先人の人物像に思いを馳せ、自分なりのヒントを得ることは、長谷川泰を語る会の活動でも繰り返されて来たことです。これは、学問的な歴史とはまた別に、特に子どもたちの共感には必要なことだと改めて実感しました。
 本日は、地元新組小学校の卒業式。今年も卒業生には御当地伝記マンガ「長谷川泰ものがたり」が贈呈されました。河井継之助も登場しますよ!

演劇【最後のサムライ】 [2015年03月15日(Sun)]

 俳優・市原隼人さんの初主演舞台演劇「最後のサムライ」が千秋楽を迎えました。

IMG_0281.jpg


 ブログ管理人も長岡から上京して観劇しましたが、幕が上がると序盤から「五間梯子」が舞い踊る熱気。あっという間に、幕末の長岡の世界に惹き入れられてしまいました。

IMG_0278.jpg


 日頃は、長岡でしか聴かないような人物名、お国言葉が飛び交う舞台は刺激的でした。

 長岡の河井継之助記念館を訪ねて綿密に取材されるなどされたそうで、物語の筋はとても太いものでした。
 それでいて演劇の表現には、解釈を広げる自由さが許される。(たとえば、長岡目線で観ても山縣有朋を応援したくなるような!)
 これは漫画にも同じことが言えると思いますが、歴史と先人に対する想いを伝えるにしても、表現による演出、感動による共感は強く作用します。
 大胆な演出の中にも、真摯なメッセージが感じられる「最後のサムライ」には、地元長岡の継之助ファンとしてもとても感動しました!

「河井継之助記念館 公式サイト」〜市原隼人さん来館


 ・・・・長岡講演もあるといいですね〜!!

「最後のサムライ」公式ブログ
命日の墓参 [2015年03月11日(Wed)]

 3月11日は長谷川泰先生の命日にあたります。
 今年は折からの寒の戻りで、時折は強く吹雪くなどの天候でしたが、合間を縫って見附市の曹洞宗智徳寺にある墓所に参拝しました。

IMG_0353.jpg


 手を合わせて近況をご報告していると、境内の山裾から鐘の音が。
 東日本大震災が起こった時刻に撞かれる、追悼の金でした。
八十里越物語展 [2014年02月03日(Mon)]

長岡、加茂、三条、三市に渡って開催された「八十里越物語展」の報告です。
長谷川泰を語る会も、実行委員会として企画から参加しました。
北越戦争で敗れた、長岡藩苦難の道のり「八十里越」にまつわる先人たちを紹介。もちろん、長谷川泰と外山脩造も欠かせません。

只見の河井継之助記念館と会津の新撰組記念館から、今までに不出だった貴重史料も貸し出し頂き、「河井継之助の毛布」「山本帯刀の大隊旗」など、小規模ながら大変に濃厚な内容となっていました。

 iven03e.jpg

なお、長岡では「子どもたちに郷土の偉人を楽しく知ってもらう」ことをテーマに、市民協働の助成金による展示を致しました。

八十里越物語展への来場は2日間で3000人超。
子どもたちの来場は、230人ほど。郷土史の展示を子どもたちに向けて行うことは、長岡ではめったにありませんから、大成功でした!

 iven03c.jpg

「長岡維新三傑」(絵は長谷川泰物語作者)の等身大パネルで記念撮影!

 iven03b.jpg

負傷した河井継之助を運んだ戸板籠を再現。重い!先人の苦労を知りました。

 iven03a.jpg

「米百俵の精神」コーナー。米俵の重さっていったいどれくらいなの?

 iven03d.jpg

市民による寸劇も。児童語訳の米百俵の戯曲などが大盛り上がりでした!
【テレビ番組】八十里越・会津街道物語 [2014年01月13日(Mon)]

ux新潟テレビ21で「八十里越」をテーマに特番が放送されます。
ナビゲーターは「今でしょ!」の林修さん、なんと以前から河井継之助のファンだったそうです!
番組の紹介文によると、新組地区の偉人「長谷川泰先生」も登場するようです。
是非ご覧ください!

テレビ局の公式サイトでは林修さんのインタビュー動画が公開されています。

ux特別番組「八十里越・会津街道物語」
放送/2014年1月18日(土)16:30〜17:25
番組ナビゲーター:林修
http://uxtv.jp/info/hachijurigoe/tvprogram.html
【峠】河井継之助記念館友の会会報 [2013年12月06日(Fri)]

 長岡市河井継之助記念館の会報『峠』に、長谷川泰の内容が書かれました。
 館長の稲川明雄さんによる連載の中でのことです。

 幼き日の長谷川泰と、同年生まれで泰の盟友の外山脩造は、耳取の私塾「青鬣館(せいりょうかん)」で、井上五蔵に学びました。井上五蔵は庄屋の跡継ぎの農民でありながら、藩学のひとつであった「徂徠学(そらいがく)」を城下の藩校で学ぶと、農村の子らに教えた人です。

 長谷川泰(現新組地区)も、外山脩造(現栃尾地区)も、農村の生まれ育ちです。それがやがては共に河井継之助の影響を受けながら成長し、その精神を受け継いだ者とされています。
 その学びの根底には井上五蔵の教えがあったのではないかと、稲川明雄さんは書かれています。

 shiryou01.jpg


 長岡の城下町には、江戸時代より官民協働の藩風があったと言われます。
 戊辰戦争後の「ランプ会」では、士族の三島億二郎と町人の岸宇吉などが中心となり、身分を越えた街の再建が語られました。それには「町人の米百俵」という喩えもされます。

 さて、それでは、肝心の「米」を生産し、国力を支えた農民たちの活躍はどうだったのだろう?
 そう考える時、井上五蔵と二人の教え子たち、農村の偉人の姿が浮かび上がって来たのでした。
 農民の中にも志があったこと。河井継之助は農民と交流し新しい社会作りを考えたこと。
 そして継之助の理想を、二人の若者が明治時代に表したこと。
 井上家の文書は現在見附市図書館に寄贈されており、研究が待たれます。

※当ブログ関連記事
【多一と寅太】


 さて、記事には長谷川泰と河井継之助の出会いのエピソードが紹介されています。
 〜以下に引用
 『伝説によれば、晩秋の時雨どきに村の道で出会ったという。当時、長谷川泰は家業の村医者をしており、それなりのプライドがあった。平素、侍に出会えば平民は土下座をしなければならなかった。土の上に直接、据われば大切な着物が汚れる。そこで、若い泰はそのまま立ちつくしていたというのだ。そこへ、つかつかと継之助が近寄り〜略』
 
 いかにも、長谷川泰らしい振る舞いですね!
 二人の出会いは外山脩造が仲介したと泰自身が語った説もあり、御当地伝記マンガ「長谷川泰ものがたり」では、その場面を描かせていただきました。
 この記事の伝説と前後で合わせて描ければ、もっとドラマチックになりましたね。
江戸東京医学史散歩 [2013年12月05日(Thu)]

 東京で医学と歴史の研究をされる堀江幸司先生のウェブサイト「江戸東京医学史散歩」で、再び長谷川泰の顕彰活動を紹介していただきました!
 大正5年、東京湯島天神に建立された銅像と、現在の生誕地の銅像を写真で比較してきただき。また、彫刻家・峰村哲也さんの紹介をしていただくなど、大変に有り難い記事となっております。
 堀江先生には、長谷川泰の銅像について「良寛」に通づるものを感じていただけたことは、大変な喜びです。
 新潟県内の皆さんも、是非ともご一読ください。

堀江幸司さんのWEBサイト
【江戸東京医学史散歩】

※当ブログ関連記事
【大正5年銅像の建立地〜湯島天神平面図】

【良寛 手毬の像 受付開始です】
【良寛 手毬の像】受付開始です [2013年11月02日(Sat)]

春に「長谷川泰翁像」を制作された彫刻家、峰村哲也さんが【良寛 手毬の像】を完成されました。
現在は鋳造に入っており、購入の申込が始まりました。
小品の中に驚くほど繊細に表現された慈愛の表情が素晴らしく、良寛さんの世界に一歩近づけるようです。

ryokan.JPG

写真は塑像の原型です(クリックで拡大)


<越後の彫刻家 峰村哲也>良寛 手毬の像〜ご購入案内

長谷川泰翁像でご一緒させて頂きましたが、峰村哲也さんは、彫刻する対象を丁寧に掘り下げて制作をされます。
素晴らしい作家に出会えたことに感謝です。

<峰村哲也氏 略歴>
日本美術家連盟会員 1956年北海道足寄町生まれ、東京藝術大学・大学院博士課程修了
『生きる』ブロンズ像_長岡市戦災資料館
『風雲・蒼龍窟』河井継之助像(ブロンズ像)_長岡市河井継之助記念館
『良寛さん、遊ぼ』_(良寛没後百八十年記念ブロンズ像)新潟市西大畑公園
『長谷川泰翁像』_(没後百周年記念銅像)長岡市大黒町(北越戊辰戦争伝承館隣接)他
【連載】ふるさと偉人伝「近藤篤三郎」 [2013年10月26日(Sat)]

 izinden _02.JPG


 「長谷川泰ものがたり」の作者による連載。エッセイ風の偉人マンガ『ふるさと偉人伝』
 第15回は「火焔土器」の第一発見者「近藤篤三郎」です。
 祖父の代から三代に渡り、現在の関原地区、西山の丘陵地帯にある「馬高遺跡」を発掘調査。考古学を揺るがす発見であった「火焔土器」を掘り当てますが、それが評価されるのは篤三郎が亡くなった後でした。
 現在では長岡市のシンボルとして、いたるところに火焔土器のモニュメントが置かれており、その壮大なメッセージは新潟県立長岡向陵高等学校の校歌にも歌われています。
 〜西山の陵に向かえば蘇る古代の想い、縄文の焔は今も命から命へ燃える〜(谷川俊太郎作詞)

 偉人たちの功績をちょっぴりコミカルに紹介することで、郷土史の盛り上がりの一助となることを目指した「ふるさと偉人伝」は『まるごと生活情報』で連載中です。

 「まるごと生活情報」WEBサイト
 ↑PDF版のダウンロードもできます。
「八丁沖ウォーク」記念てぬぐいイラスト [2013年10月25日(Fri)]

 お問い合わせがありましたので、2013年の「八丁沖ウォーク」参加者限定で配付された記念手ぬぐいのイラストを紹介します。
 ただし、ここで紹介しましたのは細部の異なる別案のものです。

 com _03.JPG

<クリックで拡大されます>


 ガトリング砲は長岡市河井継之助記念館に展示のコルト社製。長岡郷土史の公式の見解による型です。
 銃士の持つ銃は、長岡軍採用のスナイドル銃ではなくエンフィールド2バンドという型を元にしています。これは、実用された同型の銃が八丁沖古戦場の新組地区から見つかり、北越戊辰戦争伝承館に展示されていることからです。(絵が小さいので細部は再現されず、すみません!)
 河井継之助と長岡銃士は、藩兵の証「五間梯子」の腕章を付けています。これは「昇って行く」という縁起の良い図柄です。
 河井継之助の家紋はもちろん、足元は遊学先の長崎で仕入れたブーツを履いている設定です。

 このように、可愛らしくディフォルメされたイラストの中にも、地元ならではのこだわりが反映されている、決して他には無い限定記念品なのでした!

※当ブログ関連記事
「第三回八丁沖ウォーク」
| 次へ
Google

Web全体
このブログの中

ジオターゲティング
にほんブログ村 歴史ブログへ