CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年08月 | Main | 2018年10月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
2018年9月 全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2018年09月29日(Sat)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!
今週の土曜日は、全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数をお知らせします。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。
したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、NPO法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります

★NPO法人の数★
全  国:51,770法人
     ※2018年8月31日現在
     ※前々回の記事時点と比較して:−4
宮城県内:817法人
     ※2018年8月31日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−1
     ○このうち、仙台市は409法人(±0)
多賀城市:8法人
     ※2018年7月31日現在
     ※前回の記事時点と比較して:±0

※前回の記事は こちら をご参照ください。


☆多賀城市内のNPO法人一覧☆
 (多賀城市内に主たる事務所を有する団体)
多賀城市民スポーツクラブ
season(現在、seasonの活動は株式会社へ移行しています)
愛護福祉環境対策研究所
地球の楽好
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
ドラムカフェ



☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
Posted by わたなべ at 10:00 | NPO法人の数 | この記事のURL | トラックバック(0)
NPOきっかけ塾「ひろってハッピー!ごみひろいできれいなまちを」開催します! [2018年09月28日(Fri)]
こんにちは。スタッフの小林です。

中秋の名月が過ぎ、日ごとに秋めいてきました。

多賀城では史都多賀城万葉まつりをはじめ、10月はイベントが盛りだくさんです。


さて、本日は10月11日(木)に当センターで開催される講座


NPOきっかけ塾 

 「ひろってハッピー!

    
 ごみひろいできれいなまちを」

のご案内です。


2018kikakke2.jpg





みなさん、身近に落ちているゴミが気になったことはありませんか?

自分の住んでいるまちをより住みよいまち、自慢できるまちにするために何を始めたらいいか悩んでいるあなた。気軽に出来る「ごみひろい」を通してできることをみんなで一緒に探してみませんか?



地域の活動に興味のある方、どなたでも参加いただけます。

まちや自身の取り組みに熱い情熱と誇りを持って活動している、ゲストの久保田さんのお

話を聞きに来ませんか?


NPOきっかけ塾 「ひろってハッピー!ごみひろいできれいなまちを」

日  時:2018年10月11日(木)19:00〜21:00

内  容:

ゲストトーク

被災したビーチのイメージを変えるため地域の学校も巻き込みビーチクリーン活動に取り組むゲストからお話を伺います。

新しいことに一歩踏み出すヒントや仲間のつくり方など、参考になることが満載です!


ワーク

もっと魅力的な地域をつくるためのアイディアを出すワークショップです。


ゲスト久保田靖朗さん(SEVEN BEACH PROJECT実行委員長)

学生時代より国際NGO活動や音楽活動を行う。2010年青年海外協力隊としてモザンビーク共和国に派遣され、帰国後2012年より七ヶ浜町に移住。

「ガレキからビキニへ」をテーマに、被災した菖蒲田ビーチのイメージ転換を図る音楽とビーチスポーツのイベント『SEVEN BEACH FESTIVAL』を地元の若者と立ち上げ実行。

6回目となる2018年からは『My Home Beach』をテーマに、地域のカルチャーや景色を作ることを目的に通年のプロジェクトとして始動。

2018年7月には地域の学校も巻き込み、1015人の参加者とともに町の公式イベントとして『1000人ビーチクリーン』を開催。 地域のカルチャーや景色を作るべく挑戦を続けている。  


会  場:多賀城市市民活動サポートセンター 301会議室

定  員:15名(先着順/要事前申込)

参 加 費:無料

お申し込み:10月9日(火)までに、電話、窓口、メールフォームで受付


★申込み・問合せ先

@下記のお申込フォームから



A当センター窓口、電話、FAX、メールから

〒985-0873 多賀城市中央2-25-3(多賀城市文化センター北隣)

TEL :022-368-7745

FAX :022-309-3706

メ−ル:tagajo★sapo-sen.jp (★を半角の@に変えて送信)



ご参加お待ちしています!!


「国境なきこどもたち」のために 友情の5円玉キャンペーンに参加しよう! [2018年09月27日(Thu)]

こんにちは。スタッフの川口です。

木曜日は市内外の団体や取り組みを紹介しています。


今日紹介するのは、「国境なき子どもたち(KnK)」です。


1997年に日本で設立された国際協力NGOです。これまで15ヵ国(地域)において8万人以上の子どもたちに教育の機会を提供し、自立を支援してきました。


「国境を越えてすべての子どもに教育と友情を」をビジョンとし、様々な取り組みを行っています。 → http://knk.or.jp/


 さて、私たちに何ができるのでしょうか。

子どもたちに何を伝えるべきでしょうか。世界の現状を知った時、自分の無力さを感じることってあります。


KnKのミッションのひとつに「日本の子どもたちが、世界の子どもたちの抱える現状を知り、多様な価値観を学び、互いに支え合える次世代を育成します」というものがあります。辛い現実からも目を背けることなく、一緒に取り組んで行くことが大切ですね。


 そこで、子どもたちと一緒にKnK「友情の5円玉キャンペーン」へ参加してみてはいかがでしょうか。


5円は大きな金額ではないですが、5円を通じて世界へ手を差し伸べることができるのです。


  例えば・・・


  • 5円玉が 7枚あれば ひとりの子どもの被服費になります
  • 5円玉が10枚あれば ひとりの子どもが一日職業訓練を受けられます
  • 5円玉が12枚あれば ひとりの子どもが一日学校に通えます
  • 5円玉が34枚あれば ひとりの子どもの一日の食費になります

KnKの活動地の概算)


参加方法はこちらから→ http://knk.or.jp/kids/5yen/


 20016月〜20163月末までに、全国で910の学校や団体、個人の方がこのキャンペーンに参加しています。東北からの参加はまだまだ少ないのが現状です。


KnKからのサポートもあるので、団体や学校、個人でも取り組みをはじめてみるのもよいかもしれません。このキャンペーンは930日が今年度の前半の締め切りで、後半は115日からはじまります。


 ぜひ、この機会に参加してみてはいかがでしょうか。


続きを読む・・・
Posted by 川口 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
エレベーターに乗っている30秒で活動を知ってもらう [2018年09月25日(Tue)]
こんばんは、櫛田です。
毎週火曜日は市民活動お役立ち情報をお送りしています。

今日はエレベーターに乗っている時間をつかって自分の団体や活動をプレゼンする「エレベーターピッチ」についてご紹介です。

たとえば、NPOのみなさんだと「講座やイベントに参加したのだけどお目当ての人たちになかなか自分の活動のことをPRできない」「自己紹介の機会に想いをたくさん話したけど結局何が言いたいのか分からなくなってしまった」といった経験はありませんか?
あるいは逆に聞き手側に立った時も「想いはあるのだろうけど何がしたいのかよくわからなかった」「話題がいろいろ飛んでいて時間だけが過ぎてしまった」といった経験もあるかもしれません。

「エレベーターピッチ」というのは、起業家が忙しい投資家に対してエレベーターに乗っている数十秒の中で自分を売り込みチャンスをつかむための手法です。もともとはビジネスの手法ですが、NPOでも通ずるものがあると思います。

「エレベーターピッチ」に大事なのは短時間でいかにシンプルに分かりやすく伝えるかということです。



まず必要なことはメモをつくること。ここでつくるメモをGTCメモと言います。NPOで起こりそうなことを例に説明します。

G・・・ゴール 今回のプレゼンによってどんな結果が生じるかです。
たとえば「団体の会員を増やしたい」とします。

T・・・ターゲット 相手が求めているものです。(ターゲット設定とターゲットのニーズをある程度把握していることが前提です)
たとえば「時間があるので何かしたい」「知識を蓄えたい」「特技を活かしたい」とします。

C・・・コネクト ゴールとターゲットをつなぐものです。
たとえば「団体の会員になって活動に参加すればこんなやりがいがある」「会員向けに知識を提供する講座をやっている」「特技を活かせるボランティア活動がある」などです。



GTCメモができたら次はいよいよ話す内容を考えます。フック→ポイント→クロージングの流れとなります。

フック・・・相手の興味を引く一言です。
「人に感謝される充実した時間を過ごしませんか?」などです。主にGTCのターゲットが関係します。

ポイント・・・相手に訴えかけるポイントです。
「活動に参加した会員の90%が活動にやりがいを感じていると答えています」「毎週2時間の活動で充実した人生を送れます」「〇〇な人との出会いもあり、視野が広がります」といったように相手の心が動くようなポイントを複数考えておくとよいです。

クロージング・・・行動につながる締めの言葉です。
「ぜひ関心ありましたらご連絡ください」といった言葉でもよいのですが、「〜日までに会員になればこんな特典があります」「〇時から〇時なら私もいますので詳しくご説明しますよ」といった相手の意欲や安心感を高めるお話も出来るとよいですね。



エレベーターピッチを使うタイミングがなかったとしても簡潔に伝える技術は大切です。日頃から練習しておくといざという時にしっかり相手に伝えられます。ぜひ今回の記事をヒントとしてご活用ください。

楽しんで 身体動かす 秋の一日 〜スポーツフェスティバル〜 [2018年09月22日(Sat)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!

毎週土曜日は多賀城周辺のイベント情報をお送りしています。
今週は「スポーツの秋」にちなんだイベントをご紹介!

スポーツフェスティバル
20181008.jpg
チラシのダウンロード(PDF)はこちらから

1964年10月10日の東京オリンピック開幕を記念して祝日となった「体育の日」。現在は、ハッピーマンデーとなったので年によって日が違いますが、「スポーツフェスティバル」は毎年体育の日に開催されています。
運動が好きな方も、ちょっと苦手な方も、また家族でも楽しめる、たくさんのプログラムがありますのでぜひご参加ください!

【イベント概要】
○日 時:10月8日(月・祝)10:00〜15:30(一部、9:30開始のプログラムあり)
○会 場:多賀城市総合体育館
○参加費:無料
○持ち物:上靴

○プログラム
 ●家族で楽しめるコーナー
  ・アスレチック広場    ・消防コーナー
  ・武道コーナー      ・シールラリー
  ★走り方教室       ★体操体験教室
  ・ニュースポーツ体験   ・卓球コーナー
 ●大人向けのコーナー
  ★健康・スポーツ相談室  ★トレーニング講習会
  ・骨密度測定       ・健康測定コーナー
 ●その他
  ・多賀モリ体操      ・レクダンス
  ・Green Life Coffee Roasterの出店

 ※★印は、定員制で事前申込みが必要なコーナーです。
 ※詳細は、チラシをご覧ください。

○申込み:事前申込みが必要なプログラムについては、
     ・チラシ裏面の申込書にご記入の上、多賀城市民スポーツクラブへ
     ・こちらからもお申し込みできます。
     ・締め切り:9月30日(日) 

○主 催:多賀城市教育委員会
○主 管:特定非営利活動法人多賀城市民スポーツクラブ
     webページ   Facebookページ
Posted by わたなべ at 09:46 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
「たがさぽのクリスマス雑貨市」12/8(土)・9(日)のボランティア募集! [2018年09月21日(Fri)]
こんにちは。スタッフのさいじょうです。
いつの間にか9月も後半…まだまだ秋ではありますが、

12月のお知らせを!毎年恒例のっ!

ぴかぴか(新しい)「たがさぽのクリスマス雑貨市ぴかぴか(新しい)

12月9日(日)開催します!

今回も、当日の会場案内や出展団体の補助、前日の会場の飾り付けなどを
お手伝いいただくボランティアを募集します!

当日は、雑貨好きな方はもちろんですが、小さなお子さんも
おじいちゃんおばあちゃんも、たくさんの方々が来場し賑わいます。

雑貨が好き!人と話すことが好き!イベントが好き!
ボランティアやってみようかな?
思っている方、一緒に雑貨市を盛り上げませんか?

チラシ画像.jpg

※チラシはこちらから(PDF形式) →ボランティア募集チラシ.pdf

ちなみに…昨年の雑貨市での活動の様子です。

DSCN1753.JPG


DSCN1778.JPG


もう少し詳しく見たい!という方はこちらから→


※今年の雑貨市詳細・出展団体の紹介は、ブログでUPしますのでぜひチェックしてみてくださいね。


では、今年の募集要項です。

■ボランティア募集要項

 →「たがさぽのクリスマス雑貨市」ボランティア募集要項


■イベント概要

 日 時:2018129日(日)10301430

    ※実際の活動時間 9001700(休憩:1時間)

 場 所:多賀城市市民活動サポートセンター


■活動内容

【当日】

 @会場案内チーム(23名程度)

   …会場の案内、パンフレット・アンケート配布、アンケート記入の

  呼びかけ、来場者集計など

 A出展団体補助チーム(10名程度)

 Bトーク・体験イベントの補助チーム(23名程度)

   …会場内で開催するトーク・体験イベントの裏方補助、お客さんの

  呼び込み、ワークショップ時の補助、司会補助など

 C全体サポートチーム(12名程度)

   …ボランティア休憩時の補助、会場誘導、その他各所フォロー

【前日】

 ○前日の会場装飾のお手伝い(若干名)

 ※@〜Cとは別に、可能な方は前日の会場装飾のお手伝いを

 お願いします。

 日 時:2018128() 10001700(いつでも)

 場 所:多賀城市市民活動サポートセンター

 内 容:会場装飾、机移動 など


■事前説明会

 20181125日(日)10001200

 場 所:多賀城市市民活動サポートセンター(301302会議室)

 内 容:雑貨市概要説明、ボランティア活動内容説明、顔合わせ

 ※必ず参加をお願いします。どうしても参加できない場合は

  ご相談ください。


■待遇

 ・交通費や謝礼の支給はありませんが、イベント当日に会場で使える

  チケットを差し上げます。

 ・たがさぽで保険に加入します(活動中のケガなどに適用)ので、

  個別にボランティア保険に加入は必要ありません。



■申し込み

 *申込フォームから → ★★

  *メールから

  以下の情報を本文に入力の上、tagajo@sapo-sen.jpまで

  (件名「たがさぽのクリスマス雑貨市 ボランティア申し込み」)

   ※「tagajo@sapo-sen.jp」のドメイン許可をお願いします。

  ・氏名(ふりがな)

  ・所属(学年など)

  ・お住まいの市町村

  ・電話番号

  ・メールアドレス

  ・希望の活動チーム(第3希望まで)

  ・前日会場装飾作業への参加の可否(可の場合は活動可能時間も)


■申込締切


   1118()まで


■お問い合わせ

 多賀城市市民活動サポートセンター

 多賀城市中央2丁目25-3

 TEL022-368-7745 FAX022-309-3706 e-mailtagajo@sapo-sen.jp

 

■多賀城市市民活動サポートセンター(たがさぽ)とは?

 地域や社会のために活動する団体や人(市民活動、NPO)を応援している

 多賀城市の公共施設です。会議室・和室、印刷機などの貸し出しの他、「何かやってみたい」「ボランティア活動をしてみたい」といった方の相談や市民活動に関するさまざまな講座の企画・実施などを行っています。

 

 お申込みお待ちしています!(^-^)






1日1通の「きずなメール」が「孤育て」を防ぐ [2018年09月20日(Thu)]

こんばんは。スタッフの阿部です。

毎週木曜日は市内外の取り組みをご紹介しています。


みなさんは「孤育て」という言葉をご存知ですか?

夫や家族からの育児の協力が得られず、近くに助けてもらえる人もいない中で子育てをしている状態のことを指し、核家族化や、働いていた女性が出産、子育てで仕事を離れたことで感じる疎外感などが背景にあると言われています。


今日は、そんな「孤育て」の予防・解消、それに伴う乳幼児虐待、産後うつの予防解消を目的に活動しているNPO法人きずなメール・プロジェクト」のご紹介です。


mail_woman.png


「きずなメール」は、「妊産婦さんやそのパートナーに、健康で充実した妊娠・出産の時期を過ごしてもらいたい。前向きな気持ちで育児に向き合ってもらいたい」という想いでつくられた子育て支援メールサービスです。「家庭内の孤立を防ぐ」「地域からの孤立を防ぐ」という2つのアプローチで、孤育てを予防します。


メールは、妊娠期用と出産後用に分かれています。

〇妊娠期

妊娠期のメールは、1日1通。内容は、胎児の成長過程と妊娠生活のアドバイスです。こちらの胎児の成長過程、なんと胎児の成長を1日ごとに紹介しています。「お腹の赤ちゃんの手の指に爪が生えてくる時期です」「赤ちゃんのカラダにはうぶ毛のような体毛が生えてきます」といった内容で、自然とパートナーとの会話につながります。


〇出産後(子育て期)

出産後は、0歳児は、3日に1通、1歳以降は2週間に1通届きます。内容は、産後の体調管理やメンタルヘルス、赤ちゃんのお世話の仕方など。産後の不安に寄り添う内容となっています。


きずなメールは自治体・医療機関・団体との協働で配信されており、母親は無料でメールを受け取ることができます。


自治体から配信をする際には、自治体の子育て支援サービスの情報を入れることができます。孤立しがちな産前産後の女性と地域を結び付けるきっかけになっています。


お住まいの自治体や病院等で配信を行っているかどうかは、ホームページより確認することができます。また、配信されていない地域にお住まいの方には、「きずなメール全国版」(お試し版)を配信しています。


「きずなメール」により、「夫もメールを読んでいるので、体調を気遣ってくれる」「夫と話し合うきっかけになっている」など、夫婦間のコミュニケーションの促進、妊娠期から男性の育児参加の意識向上といった効果が出ているということです。


もっと前向きに子育てをしたいと考えている妊娠中・子育て中の方、導入を検討したい自治体・病院等の方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


詳しくはこちらからご覧ください。

NPO法人きずなメール・プロジェクト ホームページ
平成30年北海道胆振東部地震に関する情報(2018.9.18 9:00現在) [2018年09月18日(Tue)]
おはようございます。スタッフの渡辺です。

毎週火曜日は市民活動お役立ち情報をお届けしていますが、
本日は平成30年北海道胆振東部地震に関わる、災害ボランティアセンター開設や義援金・支援金受付の状況などに関する情報を掲載いたします。また、平成30年7月豪雨災害や大阪府北部地震などの支援に関する情報もお知らせします。
状況は日々変化していきます。行動を起こす前に必ず各自治体や社会福祉協議会、ボランティアセンターなどの公式ウェブサイトをご確認いただくようお願いいたします。(電話でのお問い合わせは復旧や支援の業務の妨げになる場合もありますのでご遠慮ください)

■全体的な情報
※災害ボランティアセンター開設に関する情報はこちらからご覧ください。
○全社協「被災地支援・災害ボランティア情報」
 平成30年北海道胆振東部地震について
○東京ボランティア・市民活動センター「ボラ市民ウェブ」
 平成30年北海道胆振東部地震に関する災害ボランティア・支援情報【2018年9月16日 10:40】(第12報)
○北海道災害ボランティアセンター
 Webページ  Facebookページ
 厚真町、安平町、むかわ町に災害ボランティアセンターが開設され、現在ボランティアを募集しています。詳細は、上のリンクから該当のページをご覧ください。

■義援金・支援金などの情報
※義援金・支援金に関する情報は上の「全体的な情報」の各リンクからもご覧いただけます。
【義援金】…被災された方々に届けられます。
○仙台市
 「平成30年北海道胆振東部地震」の被害に対する災害義援金を募集します
○日本赤十字社
 平成30年北海道胆振東部地震災害義援金
 ・多賀城市及び各市町村にも、募金箱を設置しています。
  多賀城市HPより
  宮城県HPより
○自治体への寄付
・「ふるさとチョイス 災害支援」
・ふるさと納税サイト「さとふる」平成30年北海道胆振東部地震 災害緊急支援募金
○「Yahoo!基金」平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金

【支援金】
 …現地で支援活動などに取り組む団体に届けられます。
○中央共同募金会
 ・ボラサポ(災害ボランティア・NPO活動サポート募金)の募集について
○日本財団
 ・災害復興支援特別基金・平成30年北海道胆振東部地震



●これまでに起きた災害に関する情報

○全社協「被災地支援・災害ボランティア情報」
 ページの下の方に、被災地支援に関する情報へのリンクが掲載されています。
○東京ボランティア・市民活動センター「ボラ市民ウェブ」
 平成30年7月豪雨に関する災害ボランティア・支援情報
【2018年9月16日 11:35】(第70報)

○多賀城市・災害義援金の受け付け
 ページ下部に、現在受付中の義援金・救援金の一覧が掲載されています。
○Yahoo!ネット基金
 これまで起きた災害に関する募金を受け付けています。
 

情報は随時更新していきます。
Posted by わたなべ at 09:00 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
多賀城に 音色響かせ 四十年 〜多賀城吹奏楽団 第34回定期演奏会〜 [2018年09月15日(Sat)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!

昼はまだ暑い日もありますが、朝晩はすっかり涼しくなってきました。
いよいよ秋ですね。

毎週土曜日は、多賀城内外のイベントをご紹介しています。
今日のテーマは「芸術の秋」

多賀城吹奏楽団
第34回定期演奏会

20181007.jpg
チラシのダウンロードはこちらから(PDF)

多賀城吹奏楽団は1981年に結成され、多賀城市民音楽祭などの各種演奏会への参加や各種施設での訪問演奏、店舗でのミニコンサートなど、多賀城市内を中心に活動しています。
今回は、年に一度の定期演奏会。これまでの活動の成果も、思う存分発揮されると思います。
音楽好きの方はもちろん、イベントなどで演奏を聞いたことがあるけどあらためてちゃんと聞いてみたい方、秋だからちょっと音楽に触れてみたい方などなど、ぜひお越しください!

♪定期演奏会概要♪
〇日時:10月7日(日)open13:30 start14:00
〇会場:多賀城市民会館大ホール(多賀城市文化センター内)
〇入場無料・全席自由
 整理券などはありませんので、お気軽にご来場ください。
〇主催:多賀城吹奏楽団

多賀城吹奏楽団については、こちらもご覧ください。
 多賀城吹奏楽団 Official Web site
Posted by わたなべ at 08:31 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
「tag」69号発行しました! [2018年09月14日(Fri)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!


「tag」69号発行のお知らせです。

tag69.jpg

PDFファイルでのダウンロードはこちらから

tag69.pdf


今号は、7月に開催した「たがさぽ開館10周年記念イベント」特集!

「うれしい・たのしいから見つける未来のカギ」と題して、いろんな「うれしい」「たのしい」や人とつながることのおもしろさを見つけることができました!


【表】買って、あそんで感じる「うれしい」「たのしい」人とのつながり

午前中から昼過ぎにかけて開催した、「たがさぽの七夕雑貨市」や「あそびブース」の様子をご紹介!

 ○詳しくはこちらを → たがさぽPressでの七夕雑貨市レポート


【裏】話して、聞いて生み出す「うれしい」「たのしい」人とのつながり

午後のトークイベントでは、西川正さんや多賀城で活動するゲストのお話、「トークフォークダンス」を通してつながりの大切さを知ったり、人とつながる瞬間を体感しました。

 ○詳しくはこちらを → たがさぽPressでのトークイベントレポート




★ たがさぽからのお知らせ ★


◆NPOきっかけ塾「ひろってハッピー! ごみひろいできれいなまちを」

○日 時:10月11日(木)19:00〜21:00

○会 場:多賀城市市民活動サポートセンター

○ゲスト:久保田靖朗さん(SEVEN BEACH PROJECT実行委員長)

○参加費:無料

○定 員:15名(先着順/要事前申し込み)

○お申込:メールフォームにて

○詳 細:こちらをご覧ください。


◆「たがさぽのクリスマス雑貨市」ボランティア募集!

○日 時:12月8日(土)=前日= 時間は10:00〜17:00の間で応相談

     12月9日(日)=当日= 9:00〜17:00

     ※どちらか1日でも可

○会 場:多賀城市民活動サポートセンター

○内 容:8日(土) 会場準備・装飾

     9日(日) 会場案内、出展団体補助、トーク・体験イベント補助など

○お申込:メールフォームにて

○詳 細:こちらをご覧ください。


ぜひご参加ください!



「tag」は、たがさぽや多賀城市内の公共施設・店舗などに配架しています。また、周辺市町にも配架していますので、ぜひご覧ください。


【「tag」アンケートのお願い】

今後のtagの誌面作成や配架先の参考にするために、アンケートを実施します。ぜひご協力ください。

こちらからお願いします →→ アンケート


【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】

現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
Posted by わたなべ at 09:00 | ニューズレター | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ