CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年06月 | Main | 2018年08月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
町内会の夏祭りに行ってきました2018 顔が見える地域編 [2018年07月31日(Tue)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。

さて、夏祭りのシーズンがやってきました。多賀城でも多くの町内会で夏祭りが行われます。
今回はお役立ち情報の特別版として、町内会の夏祭りの様子をレポートします。ぜひみなさんの地域での企画の参考としてご活用ください。

こちらは桜木南区町内会

桜木南A.jpg

桜木南区名物流しそうめんです。
残念ながら、私が行った時には終わっていたのですが、同じく遅れてきた子どもが「え〜、流しそうめん終わっちゃったの?」と言っており、子どもたちも楽しみにしていることが伺えます。
本物の竹を使っており、なかなか体験する機会がないので、夏祭りにたくさんの人に来てもらえる目玉企画としても良いですね。
SNS映えならぬ、絵日記映えもするのでは?


桜木南C.jpg

「ウキウキライフ シニアファッションショー」地域のオシャレな人が登場しファッションショーです。他にあまり見ないアイディア企画ですね。食べて飲んでもちろんですが、こうした住民参加型企画も面白いです。地域の人の顔がもっと良く見えてきますね。


桜木南D.jpg

手品サークル「いきいきマジシャン」も登場です。桜木南区の方もメンバーにおり、日頃の成果を披露。地域の人が特技を活かすことができるのも夏祭りの楽しさですね。「え!?お隣のおばあちゃん、すごい!」と普段見せない一面が見えます。



次は高橋4区町内会です。

高橋C.jpg

高橋ふれあい通り商店会との共催なので、お店の屋台も出店です。
高橋にある4つの地区(東一区、東二区、南区、北区)が合同で行うのでたくさんの人で賑わいます。子どもが多い地区、ご年配が多い地区、お店が多い地区とさまざまです。お隣の地区と協力することで、お互いの強みを活かせますね。


高橋H.jpg

仙台育英学園の留学生や先生も来ていました。写真の向かって右側にいる3人は、パプワニューギニアからの留学生(高橋にある寮で暮らしているそう)と地域のお母さん・お子さんです。この夏祭りで初めてお話しし、仲良くなったそうです。
こうした地域で暮らす人たちの交流が生まれるのも夏祭りの良さですね。


高橋㉒.jpg

そして、夏祭りといえば盆踊り!みなさん、多賀城音頭、踊れますか?ビシッと踊れるとかっこいいですよ。盆踊りもみんなで参加することで、参加者同士の一体感が生まれますね。


まだ今年夏祭りをやっていない地区もありますので、ぜひみなさんも夏祭りに行ってみてください!新たな地域の一面が見えるかもしれませんよ。
また、夏祭りを運営したり、手伝ったりする方はぜひ他の地区の取り組みも参考にしてみてください。より人が集まったり、地域の交流につながると思います。
若い世代が地域や社会に関心を持つには?プチ展示企画やってます [2018年07月30日(Mon)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。

8月5日(日)は多賀城市長選挙および市議会議員補欠選挙の投開票日です。また、7月29日(日)が告示日となっております。
詳しくは多賀城市のウェブサイトでもお知らせされますのでご覧ください。

さて、選挙に関連して、たがさぽでもプチ展示を行っています。

Be TAGAJO CREATER
〜多賀城キャンパス跡地編〜


DSCN3540.JPG

企画したのはNPO法人ドットジェイピーの学生インターンのみなさん。
ドットジェイピーは、「若者と政治を結ぶ」をキーワードに、議員等へのインターンシップやフォーラム・セミナーの開催などを通して、主に大学生を中心とした若い世代に地域や社会のことに関心を持ってもらい、議員選挙の投票率向上を図ることを目的としています。

今回の展示は、多賀城市長選挙および市議会議員補欠選挙にあわせ、多賀城の若い世代に地域や社会のこと、政治に興味を持ってもらうためのものです。

7月28日(土)の日中、多賀城駅にて通った人に「(東北学院大学工学部)移転跡地に何欲しい?」をテーマに、フリップにそれぞれの案を書いてもらいました。

IMG_7911.jpg

IMG_7914.jpg

DSCN3541.JPG

複合スポーツ施設や遊園地なんかが多い意見でした。スポーツ施設は、特に学生は友達と遊ぶ場所がほしいというニーズ、子育て中の方は駅の近くに子どもと遊ぶ場所がほしいというニーズから出た意見のようです。
他にはアイドルショップやコロッセオなんてレア意見も。

なお、今回の聞き取りの様子は、「河北新報」でも取り上げられました。こちらをご覧ください。
河北新報オンラインニュース(2018年7月29日掲載)
『<多賀城市長選>若者も関心持って!NPOの学生ら、大学跡地利用案を街頭調査』


展示では、みなさんの意見をインスタントカメラで撮って貼った模造紙の他、情報誌tag(学生さんが活躍してる号!)、政治と市民活動に関する図書も展示しています。ぜひご覧ください。

期間2018年7月28日(土)〜8月5日(日)
※水曜日は休館日です。
場所:多賀城市市民活動サポートセンター1階エントランス
企画:NPO法人ドットジェイピー 宮城支部、多賀城市市民活動サポートセンター
多賀城中学校美術部作品展 開催中です! [2018年07月29日(Sun)]
こんにちは。スタッフの小林です。
本日2回目の更新です。

7月ももうすぐ終わり。学生のみなさんはすでに夏休みを迎えていますね。今年の夏は暑くなりそうです。体調には十分気を付けましょう。

さて、先日たがさぽでは開館10周年イベントが開催されました。フリースペースでは七夕雑貨市の飾りで華やかに彩られていました。現在そのフリースペースをにぎやかに飾っているのは、多賀城中学校美術部の生徒さんによる作品です。

ttb201807-02.jpg

美術部の生徒さんたちの活動の成果をぜひご覧ください。個性あふれる作品がずらりと並んでいます。どの作品も取り組んだ生徒さんの工夫が感じられます。

会場には感想ノートが用意されていますので気軽にコメントをお寄せください。アンケートへのご協力もお願いします!
ご来場お待ちしております!!
ttb201807-01.jpg

多賀城中学校美術部作品展
*期 間:〜7月31日(火)まで
*時 間:月〜土:9:00〜21:30、日・祝:9:00〜17:00
 ※最終日の7月31日のみ15:00頃まで
*場 所:多賀城市市民活動サポートセンター 2,3階フリースペース


たがさぽのフリースペースを使ってみたい!という方はどうぞお気軽にスタッフにお問い合わせください。

多賀城市市民活動サポートセンター
TEL:022-368-7745
 
 
【開催報告】うれしい・たのしいから見つける未来のカギ「トークイベント」レポート! [2018年07月29日(Sun)]

こんにちは。スタッフの阿部です。


7月22日(日)、たがさぽ開館10周年記念イベント


うれしい・たのしいから見つける

未来のカギ


を開催いたしました。


当日の最高気温は36度と、とても暑い日だったにも関わらず、多くの方にご協力・ご来館いただきました。本当にありがとうございました。


本日は、10周年記念イベントの中から、トークイベントの様子をご報告いたします。


はじめは、ゲストトーク【ゆるーくたのしく「あそび」と「つながり」を生み出す〜ヤキイモで出来た大人になってからの友達〜】です。


DSCN2547.JPG

ゲストの西川正さん(コミュニティワーカー/認定特定非営利活動法人ハンズオン埼玉理事)から、人とゆるやかにつながるうれしさ、地域の人と一緒に取り組むたのしさを感じられるまちにしていくためのヒント・コツを学びました。


西川さんは「遊び」を通して、市民参加型のまちづくりを行っています。西川さんの行う様々な「人と人とが交わるしかけ」について伺いました。


代表的な取り組みである「おとうさんのヤキイモタイム」では、焼き芋を通して、地域の人とお父さんの接点が生まれました。公園で行う「路上あそび」では、小学生とおじいさんが将棋の対局をする姿も。中学生とママ(赤ちゃん)が出会う機会をつくると、生まれて初めて赤ちゃんに触れた中学生は貴重な経験をし、一緒の時間を過ごしたママも嬉しそうな表情になるそうです。


大切なことは、自分でやりすぎず、そこに集まった人にちょっと何かをお願いすること。支援するだけではなく、「ありがとう」と言える機会をつくることが、人とまちを元気にする秘訣のようです。


次はワークショップ【トークフォークダンス】です。まるでフォークダンスのように、二重の輪をつくってお題にそって話をしました。


work.jpg

「昨日何をしていましたか?」からはじまり、「あなたの尊敬する人は?」「あなたの宝物は?」などの様々な質問がありました。


西川さんからは「まちづくりは、そこにいる人たちと何かをつくっていくことです。答えは一つではありません。このワークで、ひとつの問いでいろんな答えが出るおもしろさを感じてもらえたら。」とのお話がありました。参加者のみなさんも、時に真剣に、時に笑い合いながらお話されていました。


最後はトークセッション【多賀城にひろげよう!「うれしい」「たのしい」人とのつながり】です。多賀城市内で活動する3名のゲストに活動について伺い、人とつながりを広げていくためのヒントを見出しました。


utiurasann.jpg

お一人目は、多賀城市国際交流協会ジュニア部部長の内浦恵美子さんです。

外国人の支援、小学生の国際感覚を養うための活動をしています。


プライバシーの都合上、外国人に直接活動の案内をすることができず、震災時は支援の必要な人のところに行くことが出来なかったそうです。そのような状況で、ネットワークを広げるポイントは、外国人にお手伝いをお願いして「ありがとう」を伝えること、「楽しい」「満足」してもらえる時間をつくること。母国の料理を教わる活動は、とても好評とのことです。


ootomosann.jpg

お二人目は、石井小児科企画室室長/高崎こども食堂らっこ広場副代表の大友みどりさんです。


一軒家を使って開催している「らっこ広場」。毎回40名以上の参加があります。大切にしていることは、こどもがそれぞれに喜びを感じた時に、そばにいる人と一緒に喜べる場をつくること、そして「体験」です。活動を通して、こどもも保護者も自分を大切にする心を育むことができたらと考えているとのことです。


kanekosann.jpg

3人目は、高橋東一区町内会会長の金子昭夫さんです。


高橋4区が合同で行っている朝食会「サンデーモーニングカフェ」をご紹介いただきました。町内会の役員だけでなく、住民さんがボランティアで準備をしてくれています。お子さん連れの人から高齢の人まで幅広い年齢の方が参加されます。新しい人が来た時には、世代の近い人のいるテーブルに案内することで、自然と会話が生まれるとのことです。



西川さんからは「どの活動でも食べていますね!」とのコメント。みんなで食事をすることは、「一緒にいて楽しい」につながる、大事な要素のひとつであることお話しいただきました。


最後は、「うれしい」「たのしい」人とのつながりをつくるカギだと感じたことを紙に書き、2人一組になって意見交換をしました。「一人ではできないことを参加者と協力することで、少しずつできることにする」「共感のきっかけをつくる」など、様々な意見がありました。


参加者の方からは、


「西川さんのお話の中で、役割を見つけられずに力を持て余している人を巻き込んでいくのがすごいと思った」

「人の話は聞く、否定をしないことの極意、コミュニケーションの取り方を学べた」

「人とのつながりをつくるきっかけは色々あることが分かった」


といった感想が寄せられました。


今回のイベントが「うれしい・たのしい」人とのつながりが多賀城に広がっていくきっかけとなれば幸いです。ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。


今後もたがさぽは、まちをもっとよくしたい!という想いを持つ人や活動を応援していきます。これからも、よろしくお願いいたします。

2018年7月 全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2018年07月28日(Sat)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!

DSCN3532.JPG

現在、たがさぽには、建物のミニチュアのようなものが展示されています。
これは、先日の開館10周年記念イベントでゲストとしてお越しいただいた西川正さんに作っていただいた「たがさぽのかぶりもの」です。さわったり、かぶったりできますので、ぜひどうぞ!
DSC_0398.JPG


さて今週土曜日は、全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数をお知らせします。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。
したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、NPO法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります

★NPO法人の数★
全  国:51,774法人
     ※2018年6月30日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−35
宮城県内:816法人
     ※2018年6月30日現在
     ※前回の記事時点と比較して:±0
     ○このうち、仙台市は410法人(±0)
多賀城市:8法人
     ※2018年6月30日現在
     ※前回の記事時点と比較して:−1

※前回の記事は こちら をご参照ください。


☆多賀城市内のNPO法人一覧☆
 (多賀城市内に主たる事務所を有する団体)
多賀城市民スポーツクラブ
season
(現在、seasonの活動は株式会社へ移行しています)
愛護福祉環境対策研究所
地球の楽好
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
ドラムカフェ


・このたび、みやぎ生涯学習指導・支援センターが、法人を解散しました。

☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
Posted by わたなべ at 09:37 | NPO法人の数 | この記事のURL | トラックバック(0)
わたしたちは たがさぽスタッフです! [2018年07月27日(Fri)]
こんにちは。スタッフの小橋です。

たがさぽ開館10周年イベントに合わせ、たがさぽ1階ロビーにて「たがさぽスタッフの紹介」をはじめました!

DSCN3496.JPG

総勢11名+1匹?です。

DSCN3492.JPG

スタッフの好きなものも書いてみたので、好きなものが被ったりしていたら、話しかけてみてください♪ たがさぽちゃんは多賀城のまちがだいすき。どんないいところが挙げられるでしょうか?いっしょに考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

もうひとつ、相談対応でそれぞれのスタッフができることを書いてみました。たがさぽちゃんは握手とハグができるようですね。活動に一息入れたいときは、たがさぽちゃんにぎゅーっとしてみてください。きっと癒しと元気をもらえますよ^^

具体的な活動相談はたがさぽスタッフまで(笑


個性豊かなたがさぽスタッフが、みなさんのご来館をお待ちしております!

今後ともよろしくお願いします!
きっと見つかる 心うごく仕事 NPO法人HELLO life [2018年07月26日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。
毎週木曜日は、市内外の団体の取り組みをご紹介します。

本日は、大阪市で「心うごく仕事は、できる。」をコンセプトに、就職支援を行うNPO法人HELLO lifeのご紹介です。

「仕事や、働く自分を好きになりたい」
「自分の人生と向き合って仕事をしたい」


という思いを持つ方一人ひとりに合った働き方・暮らし方をともに考えるお手伝いを行っています。

NPO法人HELLO lifeでは、働くことは辛いだけではなく、本当はもっと楽しく尊いものであること、人と笑いあったり、心震わせ、時に泣いたりできることを伝えたいといいます。

ホームページに掲載されている求人記事は、スタッフが企業に潜入して作成したものです。会社ができた背景から、社長の想いや社員の仕事のやりがいなどが掲載されています。

働く人の人となりや、仕事のやりがいを知れることで、会社との距離が身近に感じられます。「自分もここで働きたい」と、まさに「心うごく」仕事に出会える内容です。

他にも、ひとりで戦わない約1カ月の就活プログラム『ハローライフスクール』や、企業との交流就活イベント『ホンネで話せる夜の合説』など、仕事を探している人・企業のニーズに合わせたサービスを行っています。

仕事や働き方が多様化する中で、「しあわせに働くこと」について、その人なりの答えが見つかるまで一緒に考えてくれる、そんな活動です。

求人情報記事の中には、NPO法人HELLO lifeの記事も。「NPOで働くって…?」という方の選択肢を広げるような内容です。

団体の活動について、詳しくはこちらをご覧ください。

NPO法人HELLO lifeホームページ
https://hellolife.jp/
災害ボランティアのこころがまえ [2018年07月24日(Tue)]
こんばんは。スタッフの小橋です。
毎週火曜日は市民活動のお役立ち情報をご紹介しています。

今日は宮城県内、気温が下がり比較的過ごしやすい日となりましたが、22日(日)は仙台市は36度まで上がるなど、全国的にも「危険な暑さ」が続いていますね。水分補給はこまめにするなど、熱中症対策はかかせません。

この暑さではありますが、夏休みの時期。先日の大阪北部地震や、西日本の大雨の被災地の災害ボランティア活動に参加しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

災害ボランティアへの参加は、刻々と変化する現地の状況を確認したうえで参加することが大切です。
当センターのブログのトップページにも情報をまとめておりますので、ご参考ください。



もうひとつ大切なことが、服装や準備物です。泥のかき出し作業など、力がいる作業があったり、今回は暑さ対策も必須となっています。

過去の災害の教訓を活かして被災者支援や防災・減災に取り組む団体、認定特定非営利活動法人レスキューストックヤードが、災害ボランティアの予備知識をまとめています。イラストでわかりやすく解説されたパンフレットもダウンロードできます。


全国社会福祉協議会では、自己完結でのボランティア活動をお願いしています。現地の状況を確認することはもちろん、ご自分の体調管理、備品等もしっかり準備して、万全な体制で活動に臨みましょう。

【誰でも参加可です!】TAGAJO Future Labo スペシャルトークを開催します! [2018年07月23日(Mon)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

先日開講した「TAGAJO Future Labo」では、すでに地域で活動している方をお迎えしてお話を聞くプログラムがありますが、今年度は誰でも参加できてゲストのお話を聞ける回を設けることにしました。


○あの人のこと、笑顔にしたい!

○自分も何かやってみたいな〜!

○特技や経験を地域で活かしたい!

○よりよい地域にするために、自分は何ができるだろうか?

○地域の困りごと、何とかできないものか?

○地域活動に関わってくれる人、活用できるもの、どうやって探したらいいだろうか?


このような想いを持つ方はもちろん、地域づくりにすでに関わっている方、関心のある方におススメの講座です。


TAGAJO Future Labo スペシャルトーク
地域づくりの方程式
20180902_chirashi.jpg
チラシのダウンロードはこちらから(PDF)

◎お申し込みはこちらから → x(エックス)


★キーワードは「自分発」「無理しない」

自分の『x』〜趣味、好きなこと、得意なこと、経験、何とかしたいと思っていること〜を活かして、一歩踏み出してみませんか。そうすることで、ひとりのカリスマだけが頑張る地域づくりではなく「自分発」で取り組む人が増え、つながることで、より楽しい・素敵な地域を「無理せず」つくることができます

今回のゲストは、「自分発」「無理しない」地域づくりを提唱して、全国の多くの人の「ちょっとした『x』」を地域で活かす後押しをしている尾野寛明さん。尾野さんのトークをきっかけに、自分の『x』見つけませんか?


★講座概要

○日 時:9月2日(日)10:00〜12:00

○会 場:山王地区公民館

 ※たがさぽではありませんのでご注意を!

○参加費:無料

○定 員:50名

○ゲスト:尾野寛明さん

     (有限会社エコカレッジ 代表取締役)

○お申し込み:

 ・メールフォームにて → x(エックス)

 ・電話にて(022-368-7745)

 ・チラシの参加申込書にご記入の上、FAXにて

  (022-309-3706)

 ・たがさぽの窓口でもお申し込みできます。

○お問い合わせ:多賀城市市民活動サポートセンター

        (022-368-7745)

○その他詳細は、チラシをご覧ください。

  → チラシPDF


★ゲストプロフィール

 尾野 寛明さん
(有限会社エコカレッジ 代表取締役)
ono.jpg

1982年生まれ。学生時代に東京で起業したインターネット古書店を2006年にまるごと島根県に移転し、その後始めた障がい者雇用の部門を2014年に分社化。過疎地では珍しい就労継続支援A型事業所として認可され、高齢化で担い手不足に悩む仕事を障がい者が担う試みを進めている。そのかたわら、全国各地で「地域づくり実践塾」に参画し、子育てママや普通のサラリーマンが空き時間に無理なく地域に関わるしくみづくりを行っている。宮城県内では県南エリア「伊達ルネッサンス塾」塾長、気仙沼市「ぬま大学」メイン講師、川崎町「SPRING COLLEGE」メイン講師を務める。

「アエラ」2012年1月2・9日合併号において「日本を立て直す100人」に選出。近著に『「無理しない」地域づくりの学校「私」からはじまるコミュニティワーク』(ミネルヴァ書房、共著)。


冒頭で挙げた想いを持つ方はもちろん、ゲストの尾野さんの取り組みに興味のある方もぜひご参加ください。お待ちしています!


◎お申し込みはこちらから → x(エックス)
開館10周年記念イベント「うれしい・たのしいから見つける未来のカギ」終了しました! [2018年07月22日(Sun)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!


たがさぽ開館10周年記念イベント
うれしい・たのしいから
見つける未来のカギ


終了しました。


暑い中ご来館いただいた皆さん、雑貨市に出展いただいた団体の皆さん、トークイベントのゲストの皆さん、さまざまな面でご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!


さて、午前中のレポートに引き続き、午後のトークイベントの様子をご紹介します。


DSCN3414.JPG

ゲストの西川正さん(コミュニティワーカー/認定NPO法人ハンズオン埼玉理事)。「日本七輪党」「トークフォークダンス」などさまざまな取り組みのお話がありました。

DSCN3385.JPG

西川さんの話で出た「トークフォークダンス」を体験。

DSCN3393.JPG

会場のあちこちに、笑顔の花が咲きました。

DSCN3421.JPG

後半はトークセッション。内浦恵美子さんからは、多賀城市国際交流協会ジュニア部の活動や参加している子どもたちの様子についてのお話がありました。

DSCN3433.JPG

大友みどりさん。「高崎こども食堂らっこ広場」の取り組みについてや、さまざまな人たちが関わって場ができていることが紹介されました。

DSCN3441.JPG

金子昭夫さんからは、自分の町内会を含めた高橋地区で連携しての取り組み「サンデーモーニングカフェ」の紹介とそこから得られたことのお話がありました。

DSCN3457.JPG

最後に、参加者の皆さんそれぞれが考えた『「うれしい」「たのしい」つながりを生み出すカギ』を紹介しあいました。

DSCN3460.JPG

『カギ』の紹介には西川さんも参加しました。


詳しいレポートは後日アップしますのでお待ちください。


今後ともたがさぽでは、想いを持って活動している皆さんがたくさんの「うれしい」「たのしい」を生み出せるようにサポートしていきますので、ぜひご活用ください。よろしくお願いいたします!

| 次へ