CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年11月 | Main | 2017年01月»
【お知らせ】年末年始休館日&TAGAJO Future Labo 2nd seasonマイプローチ発表会 [2016年12月27日(Tue)]
こんにちは!スタッフの小橋です。

いつもご覧いただきありがとうございます。
平成28年、最後のブログ更新です。

たがさぽの年末年始の休館日のお知らせです。

多賀城市市民活動サポートセンターは

平成28年1228日(水)〜平成29年14日(水)

の期間を休館日とさせていただきます。


休館期間中、ご不便をおかけすることとなりますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


前回ご報告いたしました、TAGAJO Future Labo 2nd season第4回

いよいよこれまでの集大成となる、受講者の皆さんが作り上げたプランを発表する第5回目が、2017年1月21日(土)に開催されます!こちらは公開講座となりますので、どなたでもご参加できます。


\\みんなに発信!//
TAGAJO Future Labo 2nd season
マイアプローチ発表会

TAGAJO Future Labo 2nd season発表会チラシ.jpg


■日 時:2017年121日(土) 13:00〜16:00
■会 場:多賀城市市民活動サポートセンター 3F大会議室
■参加費:無料(要事前申込)
※申し込みはこちらから → ★★
■定 員:30名
■内 容:受講者のマイアプローチ発表、ゲストトーク、交流会

今回、ゲストとして株式会社season代表取締役の渡邉 晃さんをお招きし、ゲストトークを行います!

●渡邉 晃さん
尊敬する祖父の介護がきっかけで福祉分野にて起業。NPO法人から株式会社を経て、2016年3月には多賀城市で福祉施設と保育園が一緒の複合施設『さくらビレッジ』をオープン。

ここでおさらいです。
《TAGAJO Future Labo》とは
●例えば、『何かをしたい!』
と思っているけど、その“何か”が見つからない…
●例えば、『自分の特技を地域に活かしたい!』
けど、どうやれば活かせるんだろう…
●例えば、『したいことはある』
でも、なかなか行動までたどり着けない…

そんなちょっとモヤモヤした想いを取り払い、一歩踏出す・動き始めるキッカケを、様々なプログラムや仲間とのディスカッションを通し整理する場です。

これまで、TAGAJO Future Laboでは、キッカケづくりのため、エクスカーション(体験型見学)、ワークショップなどを2016年7月から4回にわたり開催してきました。

これまでの開催報告ブログはこちらから
第1回 → ★★
第2回 → ☆☆
第3回 → ★★
第4回 → ☆★


受講者のプラン発表、渡邉さんによるトークのあとは、会場にいらっしゃる皆さんでお話をする時間もございます!この機会に是非、ご参加ください!お待ちしております。
糸魚川市駅北大火 支援情報 [2016年12月26日(Mon)]
こんにちは。
スタッフのなかつです。

12月22日(木)新潟県糸魚川市で大規模火災が発生しました。
被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

被害にあわれた方々に「何かできることはないか」とお考えになる方もいらっしゃると思います。
この記事では、ボランティアセンターや義援金・支援金受付の状況などの情報を掲載いたします。
なお、被災した地域の状況は常に変化しています。行動を起こす前に必ず自治体や社会福祉協議会などの公式ウェブサイトをご確認いただくようお願いいたします。


2016年12月27日(火)現在

【募金】

○YAHOO!ネット募金 「糸魚川市駅北大火」緊急支援募金

○糸魚川市 被災者支援義援金

○糸魚川市 ふるさと糸魚川応援寄付金(ふるさと納税)

○新潟県共同募金会

○中央共同募金会


【ボランティアセンター】

○糸魚川市社会福祉協議会

○新潟県社会福祉協議会


情報は随時更新します。
Posted by nakatsu at 21:30 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
TAGAJO Future Labo 2nd season  4回目開催しました! [2016年12月26日(Mon)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
本日は12月17日(土)に開催された

TAGAJO Future Labo 2nd season

のご報告です!

《TAGAJO Future Labo》とは
●例えば、『何かをしたい!』
と思っているけど、その“何か”が見つからない…
●例えば、『自分の特技を地域に活かしたい!』
けど、どうやれば活かせるんだろう…
●例えば、『したいことはある』
でも、なかなか行動までたどり着けない…

そんなちょっとモヤモヤした想いを取り払い、一歩踏出す・動き始めるキッカケを、様々なプログラムや仲間とのディスカッションを通し整理する場です。


4回目となる今回は多賀城で活躍する先駆者から話を聞くエクスカーションと、参加者の皆さんのプランを発表し合うディスカッションの2本立てでした。

エクスカーションに訪れたのは、JR東北本線陸前山王駅前にある

「コミュニティカフェ タガの柵(き)」

代表の松村正子
さんです。


@.JPG

午前中から集まり、タガの柵で行われている多賀城史跡ツアーの体験をさせていただきました。

A.JPG

今回は1時間のお試しコースだったので、外郭南門跡〜多賀城碑(壺の碑)、政庁跡を簡単に案内していただきました。
受講者の皆さんからは
「何度も来ている場所なのに知らなかった!」
「説明がわかりやすい!また参加したい」

という声がありました。



春にはお花見ツアーも開催するとのことです。ぜひご参加ください!


史跡ツアーを終えた後は、タガの柵でお昼をはさんで、本講座のスタートです!

はじめに松村正子さんのお話を聞きました。

B.JPG

松村さんが経営する「コミュニティカフェ タガの柵(き)」は2014年8月にオープンしました。松村さんはもともと途上国支援をしたいと考えていて、大学でも国際関係の勉強をされていて、大学卒業後は関東で就職しましたが、2011年の東日本大震災をきっかけに多賀城に戻ってきたそうです。

多賀城へ戻ると、さまざまな人との出会いがあったといいます。松村さんは人との出会いをその場限りにせず、付き合いを続けました。そんな中で、迷った時は相談したり、相手の熱い想いを感じて鼓舞し合っていたのかもしれません。

お店をオープンさせてからも人との出会いは絶えず、新たなつながりも生まれたといいます。多賀城の新ブランド「多賀城しろのむらさき」の商品にもなっているお店の看板メニュー「古代米茶」「阿久玉御膳」は、今まで出会った方々からのアドバイスが大きなヒントになったそうです。
ちなみに今回、受講者の皆さんに古代米茶をふるまっていただきました。これからは古代米茶のパッケージ化を目指し、試行錯誤しているそうです。とても楽しみですね。

受講者の方からは
「逃してはいけない波を逃さず、エネルギッシュに動かれていてすごい」
というようなお話がありました。
受講者の皆さんは松村さんのお話に、引き込まれるように聴き入っていました。

後半はいよいよ参加者の皆さんのプランを聞き、ディスカッションをする時間です。

C.JPG

D.JPG

E.JPG

自分がやりたいと思っていることを先駆的にやっている人に会いに行ったり、まずは名刺を作ってみたり、単発でイベントを控えていたり、来年度からの動きを固めたり……。
受講者の皆さんは今回の講座以外の時間でも積極的に行動されていました。

受講者同士でアイデアを提供する姿やプラスの感想を話す姿も見受けられ、刺激し合っている様子がうかがえました。
プログラムアドバイザーの久保田さんからは少し専門的な考え方やテクニックを教えていただき、皆さん熱心にメモを取ったり、質問したりしていました。
松村さんからも、「このメンバーで何かできそう。タガの柵を使うのも大歓迎です」とお話していました。ご自身の史跡ツアーとも関連付けてお話を聞いていたようです。


皆さん、確実にプランを仕上げつつ、すでに行動されている様子がわかりました。回を重ねるごとに先へ先へと進む皆さんはとてもキラキラしているように見えました。

次回はいよいよTAGAJO Future Labo 2nd season最後の発表会です!どんなお話が聞けるのか、とても楽しみですね!今後も皆さんの動きに注目です!!

「tag」48号発行しました! [2016年12月25日(Sun)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
今日はクリスマスクリスマスですが…、あなたのところにサンタクロースは来ましたか?
ちなみにたがさぽには、少し早かったのですが雑貨市の時に来ていました。

DSCN7531.JPG


さて、「tag」48号発行のお知らせです。

DSCN7801.JPG

ダウンロードはこちらから
tag48号(PDF形式)

【表】「親子でふれあい 笑顔いっぱい」
親子が笑顔になれるよう、ベビーマッサージや赤ちゃんヨガなどの活動に取り組んでいる「まんどろスマイル」。主宰の佐藤真紀子さんに、活動を始めたきっかけや活動の様子についてお聞きしました。
「まんどろスマイル」にはブログやFacebookページもありますので、興味を持った方はこちらもご覧ください。
ブログ  Facebookページ


【裏】「若者の視点を多賀城に。Truss」
「Truss(トラス)」は、多賀城にある東北学院大学工学部の学生たちが立ち上げたボランティアサークル。これまでもさまざまなことに取り組んで来ましたが、今後の活動につなげるために、あらためてアイディア出しワークショップを行いました。さてどんなアイディアが出てきたでしょうか?


「tag」はたがさぽや市内公共施設に配架しているほか、市内スーパーマーケットなどにも配架しています。ぜひご覧ください。

【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】
現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
2016年12月 宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2016年12月24日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
本日はNPO法人数をお知らせします。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、NPO法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります。


★2016年12月10日(全国のみ10月31日)時点でのNPO法人数★
全国のNPO法人数 51,343法人
宮城県内法人数 808法人(前月比±0)
*上記の内、仙台市内法人数 415法人(前月比±0)
多賀城市法人数 7法人(前月比+1)

多賀城市内のNPO法人は以下の通り
多賀城市民スポーツクラブ
地球の楽好
season
(現在、Seasonの活動は株式会社へ移行しています)
愛護福祉環境対策研究所
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
みやぎ生涯学習指導・支援センター

新しく、みやぎ生涯学習指導・支援センターが多賀城市に拠点を置く団体となりました。といっても、最近設立された団体ではなく、任意団体(法人格のない団体)の頃を含めると20年以上活動されています。
宮城県内で生涯学習活動に貢献していくことを目的に掲げ、みやぎ県民大学の講座運営図書館支援事業などを行っています。

たがさぽの事務用ブースに入居している団体でもあるので、今後ともぜひよろしくお願いします!

☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
サンタになって子ども達に夢を届けるボランティア [2016年12月22日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

12月も残すところあと10日足らず。昨日は「冬至」。冬至かぼちゃを食べてゆず風呂に入るのが我が家では定番となっています。皆さんは「冬至」はどのように過ごしましたか?

さて、もうすぐクリスマス!街はイルミネーションにいろどられ、ショーケースにはおいしそうなケーキ、チキン・・・。楽しみな行事の一つですね。そこで今日ご紹介するのは

サンタのイラスト.pngプレゼントと子ども.png


NPO法人チャリティーサンタ


世界中の子ども達が笑顔になれる社会をつくる。「誰かのために何かしたい」が行動できる人を増やす。「サンタクロースのような想いやりのある人」を世の中に増やし、想いやりがつながる社会を目指している団体です。

「チャリティーサンタ活動」とは、ボランティアがサンタクロースに扮して行うチャリティー活動と、それによって集まった収益金で、世界中の子どもたちを対象に支援を行う活動です。主な活動の内容は、クリスマスイブの夜に、サンタクロースになったボランティアが日本の子どもに“プレゼント”と“夢”を届けること。そして、各家庭から寄付として頂くチャリティーで、世界中の困難な状況にある子どもに”支援と未来”を届けることです。

サンタボランティア体験者の声→

「誰かを笑顔にしたい」という気持ちがあれば、あなたもサンタさんになれます。
サンタになって、サンタを待っている子ども達を笑顔にしてみませんか?そして頂いた寄付が世界のどこかの子ども達を笑顔にしている・・・と思うとサンタも思わず笑顔になりますねベル

サンタNPO法人チャリティーサンタ→

サンタサンタになってみたい人はこちら→
【東田中南区】書道教室同好会の活動 [2016年12月20日(Tue)]
スタッフの近藤です。

たがさぽでは、多賀城各区の集会所で行われている町内会の行事や住民の活動を取材しています。
今回は、東田中南区の活動をご紹介します。
小さな活動から住民が参加できる活動に変わっていった、おもしろい事例です。地域で活動の広めるヒントになるかもしれません。


第7回 書道教室同好会 文化祭
(東田中南区)


8月11日、東田中南区の集会所であるロジュマンコミュニティセンターで行われた書道教室同好会の文化祭の様子です。

東田中南区1.JPG
会場には約30名以上の子ども・親御さんが書道を楽しんでいました


東田中南区2.JPG
力強く書かれた字で、見ごたえがありました


東田中南区3.JPG
会場には小学生に字を指導するお兄さん・お姉さんの姿も


東田中南区4.JPG
やさしく指導している姿が印象的でしたわーい(嬉しい顔)



●書道教室はじまりのきっかけ
元子ども会会長の磯島さんが、数年前、子どもたちに書道を教えたくて、知り合いから紹介された書道の先生を自宅に招き、指導してもらいました。子どもの友人も参加するようになり、多い時には8人くらいの子どもたちが自宅に集まり、スペース的にきつくなってきたため、ロジュマンコミュニティセンターを借りることで、多くの子どもたちが参加したことが「書道教室」はじまりのきっかけでした。

●広がる書道教室
当初は子ども対象の書道教室でしたが、子どもの親からも学びたいという声が上がり、クチコミで住民にも広まっていきました。そこで夕方・夜間の部として、大人たちも参加できる書道教室が生まれました。また夏休み、冬休み期間を利用して、子ども向けの書道教室を開いています。8年以上続けたこともあり、書道教室で育った子どもが高校生・大学生になり、先生のアシスタントとなって、小学生に書道を教えているようです。

磯島さんのお話を聴いて、子どもたちが書道教室を卒業しても、指導する側として教室に帰ってきていることが、とても良いことだと思いました。地域で担い手不足が課題という中、このような循環は他の地域の参考になるのではないかと思いました。

書道教室以外にも、たがさぽが東田中南自治会に取材したことが下記の地域づくり新聞/東田中南区にも紹介しています。地域活動のヒントに、ぜひご覧ください。

年末年始休館日のお知らせ [2016年12月19日(Mon)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

2016年も、残すところ2週間となりました。
みなさん、どんな1年でしたか?

さて今日は、たがさぽの年末年始休館日のお知らせです。

2016-17_年末年始休業日.jpg


多賀城市市民活動サポートセンターは、

2016年1228日(水)〜2017年14日(水)

の期間を休館日とさせていただきます。


2017年は、15日(木)から開館します。


休館期間中、ご不便をおかけすることとなりますが、ご理解とご協力よろしくお願いいたします。


※会議室の使用予約・申請について
以下の日付の会議室の予約・申請は、1月5日(木)からとなります。あらかじめご了承ください。
(窓口での申請:9時から、電話での予約:14時から)
・大会議室:6月29日(木)〜7月4日(火)
・大会議室以外の会議室・和室:3月28日(火)〜4月4日(火)
Posted by こんどう at 14:49 | 施設利用ご案内 | この記事のURL | トラックバック(0)
DVに悩む女性へ パープルカフェ [2016年12月17日(Sat)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。

本日ご紹介するのは、DV(ドメスティックバイオレンス)に悩む女性のための語り合いの場です。

DVというとなぐる・けるなどの身体的暴力をイメージするかもしれませんが、それだけではありません。

無視する・ののしる・おどす・恥をかかせるといった精神的暴力
生活費をわたさない・外ではたらくことを禁ずるといった経済的暴力
人間関係などを監視する・人付き合いを制限するといった社会的暴力
性行為の強要・避妊に協力しない・ポルノを無理に見せるといった性的暴力


これらもDVです。


なかなか周りに助けを求めることができないかもしれませんが、少しでも気持ちを分かち合い、安心感や人との信頼、つながりを取り戻す場となるのがこちらです。


DVに悩む女性のための
パープルカフェ

pcgazo.jpg
チラシはこちら

DVに悩む女性たちが、自分らしく生きることをめざす語り合いの場です。気持ちをわかち合い、語り合うことをとおして、安心感や人との信頼、つながりを取り戻してみませんか?

日にち:1月7日(土) 3月4日(土)
時 間:10:30〜12:00
参加費:無料
定 員:10名(先着順)
会 場:エル・ソーラ仙台

申 込
1月7日→12月6日(火)開始
3月4日→2月6日(月)開始
仙台市男女共同参画推進センターエル・ソーラ仙台 相談支援係
電話 022−268−8302
受付 9:00〜17:00(火曜のみ〜21:00、日曜・祝日・休館日を除く)

託 児:6か月以上小学校1年生まで(先着順、お子さん1人あたり1回300円)
※託児の締め切りは1月7日→12月26日(月)、3月4日→2月23日(木)

主 催:仙台市、公益財団法人せんだい男女共同参画財団
みなさんの気持ちがあったかい「たがさぽのX’mas雑貨市」  [2016年12月16日(Fri)]
師走ですね。
クリスマスですね。なんかいいですよね。
クリスマスって、いくつになっても楽しくなります。
スタッフの川口です。

たがさぽでは12月4日(日)に一足はやく

たがさぽのX’mas雑貨市

を開催しました。



クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス クリスマス


障がい者福祉、国際協力、子育て支援などを行う約30団体が出展し、のべ800人の皆さんにご来場いただきました。
販売、飲食、ワークショップ、展示などの多彩なプログラムのほか、地域盛り上げ隊 タガレンジャー古代忍者遮鋼の多賀城2大ヒーローも参戦!雑貨市をさらに盛り上げてくれました。


1 .jpg
今年は巨大な看板も登場!タガレンジャーとともに記念写真



2.jpg
雑貨市の舞台裏。出店団体のみなさんとはじめにミーティング!
もうすぐ販売開始です!



3.jpg
始まりとともに会場はたくさんのお客さま!大盛況でした。


4.jpg
今年はたがさぽ全館を使って雑貨市を行いました。
2F和室はワークショップのお部屋に!



5.jpg
「家庭文庫ちいさいおうち」
毎週水曜日に自宅の一室を開放して文庫の活動をしています。
ブースには親子がたくさん!クリスマスオーナメント作りや読み聞かせなどを行いました。



6.jpg
障がいのある人たちが作った素材や
福祉施設からでた廃材の陶器ビーズを使ったブレスレット作り!
すごくステキです。



7.jpg
多賀城ヒーロー古代忍者遮鋼も作ってます(笑)



8.jpg
多賀城で認知症カフェを行う「パープルアイリス」のみなさん。
認知症を理解し、助けが必要な時に適切な機関につながれる環境をつくっています。



9.jpg
古切手を加工して寄付するワークショップもしました!



10.jpg
こちらはタガレンジャーが古切手を切っています!



11.jpg
ワークショップもいろいろやってました!
こちらは「森のようちえん 虹の森」の玉ねぎの皮で手ぬぐいを染める草木染めワークショップ。



12.jpg
仮設住宅などで活動してきた「ハンドリフレの会」のハンドリフレの体験も!



13.jpg
毎年楽しみにしてくれている多賀城のみなさんもたくさんいます!



14.jpg
クリスマスのお菓子も販売されていました!



15.jpg
団体さんが趣向を凝らしたオリジナルグッズも!



16.jpg
2Fフリースペースはカフェスペースになりました。
団体の活動紹介の展示とおいしいコーヒーとお菓子が楽しめるお休み処でした。



17.jpg
たがさぽの講座から生まれた「たがじょう転入組」のみなさんのおすすめスポットおしえてボード。
たくさん教えていただきました!


「ようこそ!たがじょうカフェ」開催しました〜!/2016年8月1日(月)
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1805



18.jpg
今年は初の企業向け雑貨市ツアーも開催しました。
企業の方にも団体の活動について知っていただきました。



多賀城を代表するソウルフード「やかもち鍋」の登場に会場はよい香りに!前日から仕込みをしていた生涯学習100年構想実践委員会の皆さまの手間暇かけたやさしいお鍋です。


19.jpg
古代米を使ったもちもちのおもちが入ってます!



20.jpg
みなさん、おいしそうに食べてます!



21.jpg
東北学院大学工学部に通う学生サークルTruss(トラス)もお手伝いで参加。
若い世代ならではの目線で、次回多賀城のまち歩きを実施します!



22.jpg
たがさぽに来たのは何回目?の出口調査です。
シールを張ってくれた約半数の人がはじめてのご来館でした!
今後も遊びに来てくださいね。



23.jpg
多賀城市ジュニアリーダー「エステバン」とたがさぽによるクリスマスカード作りも大盛況でした!



お客様からの声をご紹介します!わーい(嬉しい顔)


「活動している方々の力になりたいと思い、初めてきました。とてもたのしいワークショップなどあり、子どもと買い物など楽しめました」

「団体ごとに特色があって、目でも楽しめました」

「作り手の顔がみえるお店はあたたかくて、安心できて、気持ちがいいなぁと思います」

「まわりながら、出店団体とコミュニケーションがとれ、超身近な雑貨市なのがうれしい!!」

「実際に足を運んでみないて、他国の品や支援方法など知らない部分が品物を通してわかったような気がします。多くの方に支援や活動を知ってもらえるように応援したいと思います」


などなど、たくさんのお言葉をいただきました。


ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!「たがさぽのX’mas雑貨市」を通して、買うことがNPO、団体の支援につながっていくことが多くの人たちにご理解していただけるとうれしいです。これからもみんなで応援していきましょう!
| 次へ