CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年04月 | Main | 2015年06月»
仙台国際ハーフマラソン大会でボランティア。 [2015年05月31日(Sun)]
こんにちは!スタッフのわたなべです。
毎週日曜日は、たがさぽの日常風景や市内外イベントイベントの様子などをお届けしています。

さて、5月10日(日)に開催された「第25回仙台国際ハーフマラソン大会」くつに、私もボランティアとして参加してきました。
昨年に続き2度目の参加なのですが、「なんとなく面白そう〜」というのが最初の動機だったような気がします。今回一緒に活動した方に聞くと、私と同じような理由の方もいれば、「(選手として)応募したけど当選しなかったので…」という方もいました。

当日は朝7時に集合、打ち合わせ後さっそく活動開始です。今回私は選手控え所にて、前半は「スタートドリンク」、後半は「エコステーション」を担当しました。

★「スタートドリンク」
選手が朝に会場入りしてスタートモータースポーツ待機場所に移動するまでの間、スポーツドリンクや水を提供します。中身の入った紙コップを持っていってもらうのですが、何といっても選手は1万人以上!どんどん減っていきます。後ろで紙コップに注ぐ人、前の机に運ぶ人、机の上に並べる人、と分担して乗り切りました。

10時前に選手の移動が完了すると、休憩を取ったり後半の準備をしたりと少しのんびりした時間が流れます。そして12時前ごろから、私のいた控え所には続々と選手が帰ってきます。

★「エコステーション」
後半は、ゴミの分別回収を担当。スポーツイベントということもあり、ペットボトルのゴミがとても多く出ました。ペットボトルは、本体、ラベル、キャップを分けての回収。さらにかさばる本体をつぶしながらの作業でした。選手の中にも要領が分かっていて、分別にご協力いただいた方も多くいました。

そして位置情報ゴール位置情報制限時刻が過ぎてほどなく、後片づけを行い活動は終了となりました。

ボランティアとして、1万人以上が参加する大きなイベントの運営の一翼を担えたことによる充実感もありましたが…。それよりも、朝、ボランティアから選手への「頑張って〜」の一言や、ドリンクを渡した時の選手からの「ありがとう!」の声。そのような選手の皆さんとのちょっとした交流手(パー)が楽しかったです。
来年のハーフマラソンでは、ぜひ皆さんもボランティアしてみませんか。


なお、今回私が参加したボランティアのコーディネートを担当した「市民スポーツボランティアSV2004」については、以前たがさぽPressでも取り上げました。
スポーツイベントを支える、縁の下の力持ち。

また、大会翌日の河北新報でもボランティアの活動が取り上げられましたのであわせてご覧ください。
「<仙台ハーフ>ボランティア 支える笑顔」(「河北新報オンラインニュース」2015年5月11日(月)掲載)
みんなで神社に木を植えよう [2015年05月30日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
毎週土曜日は市内外のイベント(第3土曜日のみ宮城県内・多賀城市内のNPO法人数)を掲載しています。

みんなの鎮守の森 植樹祭

shokuju.jpg

日時:2015年6月14日(日)13:00〜15:30
会場:八幡神社
参加費:無料
持ち物・備考
○汚れてもかまわない服装で参加ください。
○スコップ・軍手は主催者で用意します。
○雨具・帽子・水筒などご用意ください。
○小学生以下の方は保護者同伴でお願いします。

内容
6000本の植樹
多賀城鹿踊保存会による鹿踊りの奉納

主催:八幡神社 共催日本財団
協力一般社団法人日本文化興隆財団
チラシダウンロードはこちら

申込
○インターネット
こちらのサイトよりお申込ください。
○FAX
チラシ裏面に必要事項を記入の上、下記までお送りください。
03-3475-5805(日本文化興隆財団)
022-365-5530(志波彦神社鹽竈神社)
○電話
03-5775-1145(日本文化興隆財団)
022-367-1611(志波彦神社鹽竈神社)

鎮守の森というのは、神社を囲うように存在する森のことで、神様が鎮座しているといわれています。昔から神社というのはその地域と切り離せないもので、神社や鎮守の森は住民の憩いの場、お祭りの会場などコミュニティの中心でもあります。

東日本大震災により多くの鎮守の森が失われました。多賀城市宮内にある八幡神社もその一つ。
この植樹祭は、津波による被害を受けた八幡神社の鎮守の森を取り戻すとともに、地域のコミュニティを再生していこうというイベント。地域にみなさんの心を癒し、人々をつなげてくれる神社にみなさんの手で樹を植えませんか?
もしものために「今からできる防災〜災害を乗り越える力が身につく!〜」開催 [2015年05月29日(Fri)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
本日はたがさぽ主催講座をお知らせいたします。

3月に実施された国連防災世界会議にて、多賀城市は「レジリエントシティ(災害に強い都市)」として国連に承認されました。また、来年度は多賀城高校に災害科学科が設立され、昨年度から来年度にかけては住居機能の他に防災拠点としても活用される災害公営住宅も次々と完成していきます。
このように制度や設備面での取り組みも進んでいますが、住民一人一人が防災・減災に取り組んでいくことも大切です。

さて、今回ご紹介するのは「自分の身を守る」「まわりの人を守る」ためにできることを学べる講座です。

今からできる防災
〜災害を乗り越える力が身につく!〜

bousai.jpg

日時:2015年6月20日(土)14:00〜16:30
場所:多賀城市市民活動サポートセンター 3F 301会議室
参加費:500円(資料代)
定員:15名

ゲスト:
一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター
防災・減災教育プログラム担当 笹田優さん
埼玉県出身。学生時代に東日本大震災が発生し、災害ボランティアとして関東から東北各地(気仙沼市、南三陸町、陸前高田市など)へ通う。就職後、大阪の学習塾勤務を経て、石巻市にボランティアとして1年間滞在。その間、2013年7月に起きた山口県豪雨災害への支援にも参加する。その後、災害ボランティアや防災・減災をもっと広めたいと思い、2014年よりピースボート災害ボランティアセンター東京事務局に勤務。広島市の土砂災害支援や、防災・減災教育プログラムを担当。

プログラム
●自分と身近な人を守りたい!
防災グッズの選び方、家族や身近な人の守り方を学びます。
●みんなで災害を乗り越えるには
周囲の人と協力して災害を乗り越える方法を学びます。
・災害対応カードゲーム「クロスロードゲーム」
・避難所での過ごし方

申込:電話または下記のQRコードから6月19日(金)までにお申込ください。
防災フォームメーラーQRコード.jpg

申込・連絡先
多賀城市市民活動サポートセンター
電話:022-368-7745
開館時間:9:00〜21:30(日・祝は17:00まで)
休館日:水曜日

チラシのダウンロードはコチラ


「東日本大震災の時、どうこうどうすればいいのか分からなかった」
「町内会でも防災のノウハウが必要だと感じた」
「まわりの人と一緒に災害に備えたい」
そんな想いを持った方はぜひご参加ください。
「あったらいいな」を実現する地域サロン [2015年05月28日(Thu)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
毎週木曜日は、市内外のおもしろい取り組みや団体のご紹介をしています。

みなさんは「地域の中でこんなことができたらいいな」「地域にこんなものがあったらいいな」というのはありますか?

子どもたちが親の帰りを安心して待っていられる場所があったらいいな
自分の趣味を地域のために活かせたらいいな
住民同士の顔が見える関係を築きたいな
地域の高齢者を見守る仕組みがあったらいいな


そんな住民たちの「あったらいいな・できたらいいな」を実現する場づくりに取り組む自治会があります。

湘南八景自治会
コミュニティ・サロン「ほっこり」
湘南八景自治会コミュニティサロン「ほっこり」

神奈川県横浜市にある「湘南八景自治会」では、「独居の高齢者が多く、民生委員だけでは見守りきれない」「趣味のサークルはたくさんあるが、まちづくりの担い手とはならない」といった課題がありました。

こうした課題を解決しようと地域の有志で、高齢者の見守り・買い物支援を行う「お助けマン」を結成し、地域をもっと住みよくしていこうという活動の核となりました。
その後、「地域の課題を解決したり、想いを実現できる場所があるといいね」ということでコミュニティサロン「ほっこり」が立ち上がりました。

「ほっこり」は地域の人が誰でも気軽に立ち寄れる場。サークル活動や話し合いで利用できる他、お酒を飲みながら住民が交流できる「宵の口サロン」などの企画も実施しています。
そして、「ほっこり」の特徴は住民交流だけの場ではないこと。他にもさまざまな取り組みを行っています。

ほっこり塾
小学1年生〜3年生の子どもたちのための、働いている保護者が家に帰ってくるまでの居場所。子どもたちのめんどうを見るのも子どもが好きな地域住民です。

見守り相談員
「新聞や郵便が溜まっている」「暗くなっても電気がつかない」といったちょっと気になる地域の高齢者の情報を受け、安否確認や見守り訪問などを行っています。

お助けマン
高齢者、障がいのある方、子育て中の方、家族の介護をしている方などのお手伝いをしている地域のボランティアです。見守り訪問や家事の手伝い、通院介助などを行っています。

カルチャー教室
教わるだけでなく、教えるのも地域の人たちです。住民が自分の特技を活かして地域のつながりをつくったり、高齢者のいきがいをつくったりしています。


地域にはいろいろな困りごとを抱える人がいます。しかし、それを解決していく力や想いを持った人たちもたくさんいます。そんな地域の中の支えあいを進めていくための拠点が「ほっこり」です。すぐに地域の課題を解決する場所をつくるのは難しいとは思いますが、まずは「あったらいいな」を地域の中で話し合ってみるのはいかがでしょうか。

地域での話し合いはこちらもご参考ください。
たがさぽPress:新しい地域づくりの4つのステップ「地域づくりお役立ちガイド」ができました
【ブックレビュー】ちいさなジェンダー [2015年05月26日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回の火曜ブログはブックレビューをお届けします。
ご紹介するのは、今年度、新しくたがさぽ文庫に加わった本になります。

ちいさなジェンダー
著 者 :段 丹映子(だん・たえこ)
出版社: 鬼灯書籍

『ジェンダー』とは“社会的・文化的な性のありよう(男・女の性別役割)”と訳されるようです。
そのため、様々な本や講演会などのタイトルでは“○○ジェンダーについて”“ジェンダー○○を考える”などになっています。こうした内容の根本に「男らしく〜」「女らしく〜」といった固定的な見かた・考えがあるかと思います。

本書は「○○らしさ」からくる日常で見過ごされやすい小さいジェンダーの問題などを取り上げています。たとえば、男の子は青色、女の子は赤色といった固定観念など、当たり前だと思っていたことが、この本を読むことで考えさせられる機会になります。

何より大きな特徴は、四コマ漫画で活字が苦手な方でもとても読みやすく、分かり易い作りになっています。読んでみると思い当たる光景や言葉が結構あるかと思いますので、ジェンダーに興味がない、あるいは漫画だから、と思わずにぜひ手に取ってみてください。

■たがさぽ文庫
・平成27年度の新着図書はコチラ →  
・平成27年4月現在の一覧はコチラ →
tag29号発行しました! [2015年05月25日(Mon)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

「tag」29号発行のお知らせです。
今回は、町内会の広報紙にまつわる特集です。

tag29.JPG
こちらからダウンロードできます
↓ ↓ ↓
tag29.pdf


表紙は、町内会・自治会から発行する広報紙から、いろんな地域情報が取り出せるというお話。
たがさぽでも広報紙をチラシラックや書棚などに配架・保管し、自由に閲覧したり持って行けたりできるようにしています。

今日現在、たがさぽに置いてある広報紙は…
・「高橋東二区町内会新聞」(高橋東二区町内会)
・「すみだ」(隅田会)
・「ふれあい」(大代地区コミュニティ推進協議会)

他の町内会でも、広報紙など出していましたら、ぜひたがさぽまでお持ちください。


裏面は、広報紙の発行について、北海道の事例をご紹介。
一般社団法人北海道町内会連合会では、各町内会の情報発信力の強化のため、4年に一度「町内会・自治会広報紙コンクール」を開催しています。今回は、連合会の職員の方と、平成26年度に最優秀賞を獲得した町内会の会長さんからコメントをいただきました。広報紙の発行にあたり、大事と考えていることとは…?

平成26年度開催のコンクールの最優秀作・優秀作は、一般社団法人北海道町内会連合会のホームページで見ることができます。
※【ホーム】→下の方の「事業の取り組み」から【広報紙の発行、調査の実施】をクリック→一番下の「平成26年度受賞作品紹介」横の【GO】をクリック→受賞作の紹介と講評のページに行きます

「tag」はたがさぽや市内公共施設に配架しているほか、市内スーパーマーケット、コンビニなどにも配架しています。ぜひご覧ください。
Posted by こんどう at 18:50 | ニューズレター | この記事のURL | トラックバック(0)
日曜ブログ-たがさぽでアヤメ咲き始めました [2015年05月24日(Sun)]
こんにちは、スタッフの佐藤(順)です。
毎週日曜日はたがさぽの日常や市内イベントのようすをお届けしています。
今週は、多賀城のアヤメ情報3本立てです。

5月13日付け地元紙河北新報に、「多賀城・アヤメ見頃」の見出しで多賀城政庁跡の南斜面に本アヤメが咲き始めたと掲載されていました。「NPOゲートシティ多賀城」(代表 宮城順さん)が史跡を生かしたまちづくりの一環として草を刈るなどして育てているものです。まだ五分咲きですが紫色の優雅な花びらが緑の丘陵に映えていました。
また、県道をはさんだ「多賀城跡あやめ園」(多賀城市市川)では、今年6月24日から7月5日までの期間に「あやめまつり」が例年どおり開催されます。

情報はこちらから(多賀城市観光協会)

約2万1千uに及ぶ広い敷地内で、500種300万本もの「あやめ」や「かきつばた」、「花菖蒲」を楽しむことができます。期間中の土・日曜日には、ステージイベントや野点、押し花、切り絵などの体験イベントが行われますので、ご家族やご友人とお誘い合わせてご観覧されてはいかがでしょうか。

1.JPG
アヤメ園の1シーン(昨年)
雨の園内、タガレンジャーが和装の紳士淑女を先導しています。

付け加えの情報ですが、当センター玄関脇の園庭でも例年よりやや早めにアヤメが咲き始めています。

2.JPG
梅雨入り前、慎ましやかに咲き始めたアヤメ
翌日には開花か(5月14日撮影)

3.JPG
同  上  早咲きの一輪

たがさぽ園庭の周りでは季節毎に、樹木や花・草花の彩りを楽しむことができます。このひと月のうちにも、うす桃色のサクラから、赤・黄色のチューリップ、淡い緑から濃緑色へなど鮮やかな移り変わりを目にすることができました。物言わぬ植物ですが来館者のなごみに一役買っています。

さて、市民活動団体、自治会・町内会では総会など春の行事を終えて今年度の活動が本格的に始まる時期になっています。たがさぽは団体が活発に明るい彩りで事業にとりくみ成果を上げられるようお手伝いすることが仕事です。ご遠慮なく窓口にお越しください。

おまけの一枚は、一斉に咲き始めた華やかな「ツツジ」

4.JPG
同じく園庭にて 5月14日撮影

もう一つのたがさぽの彩りです。
ママがつくるママたちの文化祭「ママリンピック多賀城2015」開催! [2015年05月23日(Sat)]
こんにちは、スタッフの佐藤(加)です。

毎週土曜日は市内外のイベント(第3土曜日のみ宮城県内・多賀城市内のNPO法人数)を掲載しています。

今回は、地球の楽好(がっこう)さんが主催する、ママとママがつながる「こそだてイベント」をご紹介します。

ママの楽好祭
ママリンピック2015

〜つながるこそだて〜

ママリンピック.jpg
【チラシ】ママの楽好祭ママリンピック2015〜つながるこそだて〜.pdf


日にち:2015年610日(水)
時 間:10:00〜15:00
場 所:多賀城市文化センター
入場料:無料 ※駐車場、授乳・休憩室、キッズスペース有り
主 催:一般社団法人地球の楽好AMC事業部 ママリンピック多賀城実行委員会
お問い合わせ:mamatagajo@gmail.com (担当:山本)

<イベント内容>

■小ホール
ママによるハンドメイドショップや様々なママの趣味・特技を生かした様々なショップ

■ホワイエ
パンや菓子の販売、カフェコーナー

■和室1
授乳・休憩室

■和室2
お下がり交換会(10:00〜14:00まで。当日、不要になったけれどまだ使用できる、おもちゃ・本・衣類・雑貨等を5点持参いただき、引換券を受け取って、ほしいものを8点持ち帰りいただけます)

■和室3
午前…お茶席 午後…ママ講師による催し(当日申込み受付)

「ママとして」「女性として」「社会人として」地域とつながり、それぞれのシーンで悩みや喜びを経験しているママたちの想いがたくさんつまったブースが出展します。
「頑張っているママとママがつながることで、これからの子育てをもっと楽しくしていきたい!」、そんな想いでつくられているイベントです。

子育て中のママはもちろん、ご家族みんなで足を運んでみてはいかがでしょうか?
Posted by こんどう at 14:44 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
大学生が商店街の買い物をエスコート [2015年05月21日(Thu)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。
毎週木曜日は、市内外の団体や面白い取り組みをご紹介します。

今回は、たくさんの人が楽しく快適に商店街で買い物できるよう活動する大学生たちです。

エスコーターズ
エスコーターズ日記

高知女子大学の学生たちによって平成13年に結成された高知市中心商店街のマスコット的チーム。商店街の清掃やガイド、駐輪自転車の整理、高齢者・障がい者の買い物介助、イベント企画、あいさつ運動など、商店街に関わるさまざまな取り組みを行っています。

「エスコーターズ」という名前の通り、商店街を盛り上げることだけが仕事ではありません。誰もが買い物しやすいようにエスコートすることも大事な役割、「安心安全な買い物」という視点にも気を配っています。たとえば、ブログを見てみると「車イスの方はおびさんロードの石畳が通りにくそうてした。人がいっぱいで自転車もたくさん停めてあったので全体的に通りにくそうでした。」といった気付きも書かれています。商店街の魅力を高めていくと同時に、いかに課題に気づくかが大事なポイントです。

そんな彼女たちの活動は無償ではなく、いわゆる有償ボランティアとして商工会議所からお金(時給800円)をもらっています。有償ボランティアとしている理由は、
学生たちは学業と同時に生活費を稼ぐ必要があること
組織として個人の都合に左右されず責任を持った活動する必要があること
単なる人手としてではなく地域活性化に参画する意識を高めてもらうこと

からだそうです。もちろん、メンバーもお金を得るためではなく、よりよい商店街をつくっていくためにはどうしたらよいか、を大事にして活動しています。

商店街のお店やお客さんの理解と協力もあり、その活動は14年続いています。地域の人たちと真摯に向き合い地道に活動していく「エスコーターズ」の活動は、地域にとって若い人たちをいかに取り組んでいくかのヒントになりますし、若い人たちにとっても社会を学び、自分たちの気づきを反映させるきっかけになりますね。

参考:エスコーターズを企画した「こうちTMO」
【6/13開催】プロから学べるチラシ・ポスター作成講座のご案内 [2015年05月19日(Tue)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

今回は、たがさぽで開催する町内会・自治会や地域活動に役立つ講座をご案内します。


プロから学べる
チラシ・ポスター
作 成 講 座

チラシ/プロから学べるチラシ・ポスター作成講座.jpg



講 師 紹 介

DSC_3652.jpg大 泉 浩 一 さん
編集者・ライター/一般社団法人メディアデザイン所属
1960年岩手県生まれ。宮城教育大学教育学部卒業。出版社、編集プロダクション勤務を経て、1986年よりフリーの編集者・ライター。「一般社団法人メディアデザイン」出版事業担当理事。大学・専門学校で、作文や印刷メディア作成の指導にもあたっている。著書に『教育の冒険−林竹二と宮城教育大学の 1970年代』『杜の都のボールパーク』など。

一般社団法人メディアデザインHP






こんな方に超オススメ

★夏の行事・イベントにもっと人をよびたい!
★はじめてチラシをつくることになった!
★手軽で効果的なチラシ作製の方法を知りたい!

など、チラシ・ポスターの作製に悩む町内会・NPOの担当者



講座時間内にチラシが完成!

@チラシに載せる情報整理
A整理した情報を紙面に配置
Bチラシ作りのポイント解説

講師からのアドバイスをもとに、実際に手を動かしながら、チラシ・ポスターの完成を目指します。


*****************************



日 時:2015年613日(土)13:30-16:00
場 所:多賀城市市民活動サポートセンター 3階 大会議室
対 象:町内会・自治会、子ども会、NPO、街づくり活動をする団体など
定 員:15名(要事前申込/先着順)
参加費:500円(当日お持ちください)

※申込締切:6月11日(木)まで

○申込・問合せ:多賀城市市民活動サポートセンター
○T E L   :022-368-7745
○F A X   :022-309-3706


◆詳しくは、チラシをご覧ください
上段のチラシ画像下のPDFをクリックすると見ることができます

◆昨年の講座の様子はコチラ
2014年11月29日(土)開催「プロが教えるチラシづくり実習講座」


ぜひ、お申し込みください!わーい(嬉しい顔)
| 次へ