CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年06月 | Main | 2013年08月»
たがサポ文庫 平成25年度(2013年度) 新着図書のご紹介 そのM [2013年07月30日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

そろそろ7月が終わり、8月のスタートが見えてきましたが、多賀城では天気の方は梅雨空が続いています。「晴れていれば外出したのに…」といった時は読書などいかがでしょうか?

火曜日のブックレビューでは、平成25年度たがサポ文庫新着図書のちょっと詳しいご紹介をシリーズでお届けしています。
今回ご紹介するジャンルはVの“ビデオ・CDソフト”に加わったソフトを紹介します。

○社会イノベーター公志園2012
〜自分たちの手で世界と未来を作る挑戦〜


本ソフトでは、公志園の案内から始まり、イノベーターとして参加した方々の紹介と、その人達が取り組む社会問題と、その解決に挑戦する過程が収録されています。

なおソフトの紹介文では

『社会イノベーター公志園』は、日本や世界を取り巻く課題に真正面から対峙し、従来にない発想やアプローチで、事業的な手法を活用し、課題解決に挑戦する“公(おおやけ)の志”あふれる社会イノベーター達を全国規模で発掘し、支援する、リーダー育成・教育啓発・社会変革のイニシアティブです。

とあります。

詳しくは『社会イノベーター公志園』のホームページがありますのでご覧ください →

今回で平成25年度(2013年度)新着図書の紹介は終了です。次回からはスタッフがオススメする本を引き続きご案内していきますので、ご期待ください。

新着図書のタイトル一覧はコチラ →
安定した財政基盤をつくるための助成金 [2013年07月29日(Mon)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

月曜日は団体の資金調達の参考となる情報をお届けします。


市民活動団体の資金源は、
 @会費・寄付金
 A自主事業収入
 B助成金・補助金
 C受託事業収入

の大きくは4つがあります。

それぞれ、金額が比較的小さい・大きい、使い道の自由度が高い・低いなどの特徴があります。

活動をするときの資金で「助成金」をあげる団体も多いのですが、助成金は単年度のものが多く、安定した財源にはなりにくい財源といえます。

反対に安定した財源となるのが「会費・寄付金」「自主事業収入」です。
市民活動団体はこの2つを財源の基盤にすることが理想なのですが、団体の趣旨に賛同してもらう仕掛けが必要なため、なかなか取り組めないという団体も多いようです。

今日ご紹介するのは、安定的な財政基盤づくりを応援する助成金です。



チャリティ・プラットフォーム
ファンドレイズ事業助成プログラム


募集要項(PDF)はこちら
http://www.charity-platform.com/to-npo/data/02-2.pdf


非営利の団体であれば、現在活動している団体だけでなく、これから活動を始める団体も応募が可能で、通年で募集しています。

例えば
 ◎会員を集めるための広報ツールづくり
 ◎寄付を集めるための仕組みづくり
 ◎安定した収入が得られる事業開発
 ◎売り上げの一部が寄付となる商品を開発する

に活用できます。

助成が決まった団体は、チャリティをしたい個人・企業・団体と活動をしている団体とをつなぐ取り組みをしているチャリティ・プラットフォームからさまざまな支援を受けられるのもこのプログラムの特徴です。

チャリティ・プラットフォーム
http://www.charity-platform.com/
cp-bn150-50.gif


日々の活動をしていると後回しになりがちな資金のこと。
助成金への応募をきっかけに取り組むことは、継続的に、安定した活動につながる第一歩にもなります。
Posted by nakatsu at 20:18 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
夏祭り巡りをしました [2013年07月28日(Sun)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
今回の日曜ブログは、多賀城市内の夏祭りの様子をお届けします。

7月27日(土)、多賀城はあいにくの雨雨模様でした。予定通り開催したところもあれば、延期や集会所に場所を移して規模を縮小して開催したところもあったようです。

まずは、7月26日(金)のブログに掲載した城南仮設夏祭り
DSCN2594.JPG

アイドルグループカラオケ「アイリス24学園」も東京から駆けつけました。
DSCN2592.JPG

仙台のNPO法人みんな一書道による書道パフォーマンス・・・の準備です。私の時間がなくてパフォーマンスが見られなかったのが残念。
DSCN2604.JPG

城南仮設住宅の夏祭りは、市外の団体とのつながりを生かし、さまざまなメニューで来場者を楽しませてくれます。


こちらも、7月26日(金)のブログに掲載した下馬商店会によるサマーフェスティバル。
雨が降っていたため、唄や踊りは屋内で実施。ちょっと遠いですが、写真は地元アーティストのヨシヒデさん。
DSCN2674.JPG

町内会ではなく商店会主催ということで、地元住民と地元商店をつなぐイベントとなっています。


こちらは高橋地区(東一・東二・南・北の4区合同)夏祭り。
DSCN2628.JPG
DSCN2632.JPG

高橋地区は若い世代が多く住んでいるためか、来場者も売り子も若い世代が目立ちました。中にはカップル揺れるハートで訪れる姿も・・・。そして、ご覧の通り、人が多くにぎわっていました。


この日は、他にもたくさんの地区で夏祭りが実施されました。
7月〜8月の土・日曜日は、多くの町内会で夏祭りが開催されます。ぜひ、みなさんもお近くのお祭りに足を運んでみてはいかがでしょうか。

tag7号にも夏祭りの記事が載っています!
tagvol.7.pdf
お祭り・イベントグルメの新しい楽しみ方!? [2013年07月27日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週土曜日は市外・県外のユニークな取り組みを紹介しています。


学校は夏休みに入り、町内会のお祭りや各地でイベントが行われています。

地域のお祭りをまわろうと、たがさぽスタッフも意気込んでいる今日この頃。


今日ご紹介するのは、お祭りやイベントの楽しみのひとつである、おいしい食べ物・飲み物に関わることです。


お祭りやイベントの楽しみのひとつは、会場で味わう食べ物・飲み物。

お祭りの屋台の定番のものから、そこでしか味わえないもの、いつも食べたり飲んだりしているものもお祭りだとおいしさが格別だったりします。

その一方で、発生する紙コップや割り箸、プラスチックの容器などのゴミ。
ゴミ箱からゴミがあふれている状況を見かけることも多いのではないでしょうか。


ゴミ箱からゴミがあふれないために、ゴミを出さないようにみんなで取り組もうと呼びかけているのが、

マイ食器・マイボトルを持ってフェスに行こう!
http://www.gomizero.org/mydish_mybottle/index.html

other3.jpg

このホームページでは、マイ食器・マイボトルを使うことでどんな効果があるの数字で示してしたり、マイ食器・マイボトルの選び方や使い方がわかりやすくまとまっています。

「使ったあとの食器はどうしたらいいの?」という疑問にも答えてくれたり、イベント以外でもバーベキューや運動会、オフィスといった普段の暮らしの中での活用方法もあって、取り組むきっかけになりそうな情報がいっぱいです。


まずは自分から、
地域や団体、学校などでイベントを企画するときに、
マイ食器・マイボトルを取り入れてみる。

それは、楽しい、おいしいを、
もっと楽しく、おいしくにつなげる取り組みかもしれません。
夏祭りシーズン到来! [2013年07月26日(Fri)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。
毎週金曜日は、NPO・市民活動団体によるイベント・サービス・相談窓口をご紹介します。

今回ご紹介するのは、多賀城で行われる夏祭りです。
いよいよ夏祭りシーズンがやってきました。多賀城でもさまざまな場所で夏祭りが開催されます。

まずは、こちら

jonan.JPG
仮設住宅住民によるお祭りです。住民だけでなくどなたでも参加できます。

日時:平成25年7月27日(土) 午前11時〜午後6時
雨天:7月28日(日)午前10時〜午後3時
場所:国府多賀城駅南地区仮設住宅駐車場
内容:屋台、書道パフォーマンス、ダーツ、よさこい踊り、ビンゴ大会など。詳しくはチラシをご覧ください。
チラシ:こちらからダウンロードできます
主催:チーム城南


つづいてはこちら
26
下馬商店会サマー晴れフェスティバル演劇

gebasummer.JPG
下馬でお店を開いている人たちが中心となって開催するお祭りです。大抽選会では豪華な景品も!?

日時:平成25年7月27日(土)午後5時〜
場所:西ノ入公園
内容:大抽選会、チビッコゲーム大会、地元の方の歌・踊り、屋台など。詳しくはチラシをご覧ください。
チラシ:こちらからダウンロードできます
主催:下馬商店街サマーフェスティバル2013実行委員会


そしてこちら
21
サマー晴れフェスティバルカラオケカラオケ大会

summerfes.JPG
毎年恒例の駅前カラオケ大会。豪華賞品も用意されています。

日時:平成25年8月2日(金)午後5時〜午後9時
雨天:小雨決行
場所:JR多賀城駅前広場
内容:カラオケ大会、縁日など。地域密着シンガーソングライター アサノ・タケフミさんもゲスト出演。
チラシ:こちらからダウンロードできます
主催:多賀城市中央商店振興会


この他にも、町内会の夏祭りをはじめとしたさまざまなお祭りが開催されます。ぜひご自分の地域のお祭りに足を運んでみて下さい。今年は、7月27日(土)、28日(日)、8月3日(土)、4日(日)、24日(土)、25日(日)に開催するところが多いようです。
たがさぽブログでも、お祭りの様子をレポートしていくので、ぜひご覧ください目

tag7号にもお祭りの記事が載っています!
tagvol.7.pdf
tag7号発行しました [2013年07月25日(Thu)]
こんにちは。スタッフの渡辺です。本日3度目の更新となります。
たがさぽの情報誌「tag」7号発行のお知らせです。
tag07.jpg

表紙は、多賀城の子どもたちのお兄さん・お姉さん的存在の、ジュニアリーダー「エステバン」。地区の行事や多賀城のお祭りでも活躍しています。「エステバン」に入って活動したい、という方も必見です。

裏面は、夏祭り特集! 今年も夏祭りシーズンが到来晴れ7月下旬から8月下旬にかけての週末に各地区で開催されます。各地区とも、楽しんでもらうために工夫を凝らしていますので、ぜひご近所の夏祭りへLet’s Go!

「tag」第7号はこちらからダウンロードできます。
↓↓↓
tagvol.7.pdf

「tag」はたがさぽや市内公共施設に配架している他、市内スーパーマーケット、コンビニ コンビニ(現在のところ、山王・南宮・高橋・大代地区)にも配架しています。
ぜひご覧ください 目
今年こそ取得!認定・仮認定NPO講座(第1回)のお知らせ [2013年07月25日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。

毎週木曜日は、活動のヒントになる事例、団体の運営に役立つ情報やノウハウなど市民活動・町内会活動に役立つ情報をご紹介します。


今回は、NPO法人の方へおすすめの講座
「認定・仮認定NPO講座」
についてのご紹介です。

認定NPO法人になると、税制優遇をはじめ社会的信頼が高まるなどの様々なメリットがあります。
2012年4月からは、改正NPO法が新たに施行され、認定基準が大幅に緩和されています。

今回は、このNPO法や認定NPO法人制度の設立、改正を進めてきたNPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会と、宮城県でNPO支援を展開するNPO法人地星社のスタッフが、制度の解説&個別相談に応じます。

今回は制度の概要とメリット・デメリットなどの基礎的な内容に加え、パブリックサポートテスト(PST)クリアの前に整えておきたい「認定・仮認定」共通に求められる基準と対策を重点的にお話します。

認定・仮認定を目指すことは、結果としてNPO法や定款を見直し、会計・税務・労務などの体制を整え、自分の団体の組織体制を改善する機会にもなります。




◆開催日時
 7月31日[水]
 セミナー13:30〜16:00 (受付開始13時)
 個別相談会【A】16:00〜17:00(満員)/【B】17:00〜18:00)

◆内容
・認定NPO法人制度の概要説明(メリット・デメリットや申請・審査の流れ)
・認定/仮認定NPO取得に向けた基準の解説と改善するための対策(PST以外を中心に)
・シーズ&地星社スタッフによるマンツーマンでの個別相談(先着順最大2団体)
※個別相談会【A】16:00〜17:00はお申込みを締め切りました。

◆会場
 みやぎNPOプラザ 第2会議室
 (宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地TEL:022-256-0505)

◆定員
 約15名(事前申込制・先着順)

◆参加費
 無料(テキスト付き)

◆講師、相談担当
 関口 宏聡(シーズ常務理事)、布田 剛(地星社代表理事)

◆お持ちいただく書類
@定款/A役員名簿/B登記簿コピー/C会員の種類と会費がわかる書類/
D過去2年度分の計算書類(収支計算書、貸借対照表)
(可能な範囲で当日お持ち下さい。)

◆主催:NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
◆協力:NPO法人地星社

【お問い合わせ・お申し込み】
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
TEL:03-3221-7151
FAX:03-3221-7152
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
お申し込みは下記URLからの申し込みフォームよりお申し込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/47e1554845134
※お電話・メール・ファックス等でも申し込みが出来ます。お名前・ご所属・連絡先を記載の上、シーズまでご連絡ください。




「認定NPO法人の認定を取りたいけれど、仕組みをきちんと学びたい」
「個別相談で、不安な点を解決したい」
など、認定NPO法人取得を検討されている団体の方は、この機会に参加してみてはいかがでしょうか?


NPO法人シーズでは、認定NPO法人について、詳しく分かるページも運営しています。
また当センターでは、NPO法人シーズの発行する、認定NPO法人に関する書籍の貸し出しも行っております。

NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会ホームページ
http://www.npoweb.jp/

NPO法人地星社ホームページ
http://chiseisha.org/
7.18南陽市豪雨災害ボランティアセンターが設置されました [2013年07月25日(Thu)]

おはようございます。

スタッフの桃生です。

7月21日の豪雨で被害を受けた南陽市で災害ボランティアセンターが設置されました。日帰りの方であれば受入可能とのこと。

●正式名称
7.18南陽市豪雨災害ボランティアセンター
電話番号 080-3147-4591
受付時間 午前9時〜午後4時
 
●発足日
平成25年7月21日 

●設置場所 
南陽市立小滝小学校(山形県南陽市小滝1444番地)

●設置主体
社会福祉法人南陽市社会福祉協議会

●ボランティア募集開始
平成25年7月22日(月)午前9時から。

●活動内容
南陽市内で生活されている被災者の生活復旧のための活動をおこないます。

●活動時間
受付|午前9時〜 
活動終了|午後3時

無題.jpg

まずは南陽市豪雨災害ボランティアセンターのFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/NanyoSaigaiVC


Posted by monou at 09:06 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがサポ文庫 平成25年度(2013年度) 新着図書のご紹介 そのL [2013年07月23日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

参議院選挙が終わりました。この選挙からネットツールが解禁となりましたが、その扱いや効果については今回のデータを基に様々な角度からの意見や、それらを踏まえた改善が行われるかと思います。
こういった“データ”の重要性が注目されている現代の情報化社会ですが、今回ご案内するたがサポ文庫のジャンルR“報告書”もデータの蓄積の形の一つといえるのではないでしょうか?


○平成23年度特定非営利活動法人の実態及び認定特定非営利活動法人制度の利用状況に関する調査

○東日本大震災における避難者家庭支援報告 〜やまがた育児サークルランドの取り組み〜

○「地域への人的支援」人材育成プログラム

○復興プロセス研究会 実践研究報告書 復興プロセス研究



報告書は、報告する側にとっては自分たちの活動を広く知ってもらい、信頼得るための大切なツールの一つです。そして、読み手側は報告者の活動を知る事ができると共に、内容によっては報告者が活動する地域のニーズ把握などの参考にもできるかと思います。


次回のブックレビューはジャンルVの“ビデオ・CDソフト”に新しく加わった本をご紹介します。

新着図書のタイトル一覧はコチラ →
あなたの団体は積極的に会員の募集をしていますか? [2013年07月22日(Mon)]
こんにちは、スタッフの齋藤です。
月曜日は団体の資金調達の参考となる情報をお届けします。

安定した収入源の確保
多くの団体は活動の支援者、協力者、受益者などを募り、団体として会員制度を持っています。そして、その会員から一定額を定期的に会費として受け取り、活動資金に充てています。
会費は1口あたりの金額は高くないため、組織運営するための主たる資金源にはなりにくい面がありますが、継続的・定期的に支払われる会費は、安定した資金源のひとつであり、助成金と比べ、団体が必要に応じて自由に使うことができるという強みも持っています。


どのように会費を集める??
●目的・目標の設定
いざ、会費を集めようとしても、
・賛同者を増やしたいのに会費の金額を高く設定しすぎて、思い通りに会員が増えない
・活動資金を増やしたいのに逆に低く設定しすぎて、会員数は増えても活動資金を集めるという目的が達成できない

ということになりかねません。

会費を集める場合、「金額をどのように設定するのか?」「団体の目的に合う方法」をじっくり検討する必要があります。


●情報発信して団体をPR
また、会員を募集する努力も必要です。
ただ黙って何も団体の情報を発信せずに賛同者が増えるわけではありません。会員を増やすためには団体の活動内容を的確に伝えることが重要です。何を目的に、どんな活動を行っているのか、広く知らせる努力が支援者からの賛同を得られます。  

広報の方法には、団体のパンフレットの作成、会報やニューズレターの発行、ポスターやチラシの作成などがあります。最近は、ホームページやブログ、メールマガジン、ツイッターなど、団体情報を発信するツールがたくさんあります。

それらをうまく活用して会員の増加を図ることが、安定した団体の運営につながるのです。
もっと積極的に団体の会員募集をしましょう!


Posted by こんどう at 14:46 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ