CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年02月 | Main | 2013年04月»
たがサポブログ日曜版−のびのび感謝祭 [2013年03月31日(Sun)]

こんにちは、日曜版担当の佐藤です。

毎週日曜日はたがさぽの日常風景をお届けしています。
今週は、3月30日(土)に当センターで開催された「アフタースクールのびのびクラブ感謝祭」の報告です。

「3階の貸室(大会議室を含め3室)全部貸して下さい。」と団体から申込があったのが1月下旬。実行委員会を立ち上げてからの2ヶ月間は、メンバー協力者の方々が会場の下見や打合せで頻繁に来館されていました。

何度か当センターともお話をするうち、たがさぽスタッフ数名もいつの間にか出店者リストにノミネート。ゴムてっぽうのワークや小物展示などスタッフの意外な素顔がちょっぴり紹介されることになりました。

30日の開催当日は、楽しい羊毛小物やさおり織のワークショップ、手づくり品など10数店のお店のほか無料の食材コーナー、写真・イラストの展示などがフロアいっぱいに繰り出しました。


DSC03063.JPG
会場正面に掲げられた「のびのびの木」、たくさんのメッセージがはられていました。


DSC03053.JPG
賑わう会場


DSC03027.JPG
展示品を見て回る来館者


DSC03024.JPG
人気の食材コーナー「白玉のデザート」


DSC03055.JPG
ブログ担当者が購入した販売小物、ランチョンマット

また、ワークショップやイベントにもお年寄りから子供までたくさんの人が参加して楽しみました。


DSC03009.JPG
初めてのさおり織り体験


DSC03044.JPG
本の読み聞かせのイベント思わずし〜んとなったりどっと笑ったり。

事務局の人に今日の「入れ込み人数」をお尋ねしたところ、「5千人」と一声!と、
みそ玉やデザートのはけ具合から100人以上の方が来場されたようです。
会場入り口には多賀城市周辺のフリーペーパーコーナーも設けられ、人と情報の交流場所になっていました。


DSC03115.JPG
これまでの支援に対しての感謝と今後の活動の抱負を述べる
実行委員の土生さん(右)と阿部さん(左)

今回の感謝祭には、多賀城市地域活動支援センター「コスモスホール」、ディサービス「なべさん家」も出店してくれました。会長の土生さんから最後に「一年間の活動でこんなにもつながりが出来た。とてもうれしい。」と感謝の言葉。ジャズ調のBGMが流れる中、たがさぽは一日中華やいだ雰囲気につつまれていました。

アフタースクールのびのびクラブは、困りごと(発達障がいや不登校など)を抱えている子どもたちを対象に、毎週木曜日にお話しやくつろぎの場を設けて「あなたらしく幸せに生きる!」よう約一年間にわたって応援して来ました。
感謝祭を区切りにして、4月からは「ココロのびのび★ぷらねっと」と組織体制を変えてカフェ、ワークショップのほか講師を招いての勉強会など新たな活動に取り組むそうです。これまで以上に応援してくださいね。

※ココロのびのび★ぷらねっと
(代表 土生さん)の連絡先
 Habukuma3@i.softbank.jp


壁新聞はじめました。 [2013年03月30日(Sat)]
こんにちは。

スタッフのなかつです。

毎週土曜日は、市外・県外のユニークな取り組みをご紹介しています。


ホームページにブログ、ツイッターやフェイスブック。
スマートフォンやタブレット端末を持つ人が増え、私たちはいつでもどこでも気軽にたくさんの情報にアクセスができるようになりました。

わからないことがあったらインターネットで検索すれば簡単に情報が得られ、
「フェイスブック始めました」というお知らせをたくさん目にするようになりました。


そんな中、今年1月に壁新聞が発刊したというのです。

壁新聞といえば、小学生の時にクラスの出来事をまとめて作ったことがあるような…。
なつかしさすら感じる壁新聞。

その名も『おおらかべ新聞』

olakabesinbun-550x239.jpg


おおらかさが持ち味だった大阪のまちが最近ギスギスしていると感じ、大阪(OSAKA)の「S」サイズな心を「L」に変えたらOLAKA(おおらか)。
「おおらかだなー」と思える記事を、老若男女が楽しめるように漫画にしているそうです。

『おおらかべ新聞』は現在、大阪府内のみ貼られているとのことなので、実物を目にする機会はまだないのですが、写真を見るとなにやら楽しそうな紙面なのです。

詳しくはこちら
http://re-s.jp/news/12031


貼ってあるところに行ってはじめて情報が得られ、
貼ってあるところに人が集まり、
記事をきっかけに会話が生まれる。

情報発信の方法はさまざまありますが、そこに人の関わりが生まれる壁新聞は、どこかあたたかさを感じます。
食育NPO「おむすび」の「お魚がきっと好きになる料理教室」 [2013年03月29日(Fri)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

毎週金曜日は、NPO・市民活動団体によるイベント・サービス・相談窓口をご紹介します。

今回は、食育NPO「おむすび」主催の「お魚がきっと好きになる料理教室」のご紹介です。


お魚がきっと好きになる料理教室

SKMBT_C45213032920010.jpg

テーマ :春のめぐみをいただきます きょうはホタテの日
メニュー:ホタテカレー、ホタテサラダ、ホタテスープ、ババロア
日 時 :2013年4月27日(土)10:30〜14:00
会 場 :みやぎ生協幸町店 調理室(仙台市宮城野区大梶7-10)
参加費 :1組1,500円(1名追加につき700円プラス)
持ち物 :エプロン・三角巾・布巾・筆記用具・上靴(子ども用)
募集人数:幼稚園・小学校の親子12組(30名まで)
     ※応募者多数の時は抽選・連絡ハガキは4月19日に発送予定 
申込方法:@住所 A電話番号 B保護者氏名 Cこども氏名・学年(年齢)
     Dメンバーコード E「お魚がきっと好きになる料理教室」と明記し、
     生活文化部「食の活動事務局」まで、ハガキ・FAX・E-mailにて申込。
申込締切:4月18日(木)
チラシ :料理教室チラシ.pdf
問合せ :食育NPO「おむすび」
     E-mail/tomokoomusubi0222@yahoo.co.jp
     TEL/022-218-3880(生活文化部食の活動事務局/片方・野口)
     FAX/022-218-3663
主 催 :食育NPO「おむすび」


食育NPO「おむすび」さんは、たがさぽの委託図書販売(通称:たがさぽ文庫)でも、書籍を販売し、今回のようなイベントチラシやポスターもたがさぽに配架・掲示させていただいております。
家族で一緒に、料理を作ることを楽しさを体験できる機会です。これをきっかけに、魚に興味を持つことができます。ぜひ、ご参加ください。

下記のリンク先をクリックすると、団体情報を閲覧することができます。
http://www.tagasapo.org/?page_id=3165

Posted by こんどう at 20:01 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽ書店から成果を発信 [2013年03月28日(Thu)]
こんばんは。
スタッフのなかつです。

毎週木曜日は、活動のヒントになる事例、団体の運営に役立つ情報やノウハウなど市民活動・町内会活動に役立つ情報をご紹介します。


市民活動団体が発行する書籍をお預かりして販売する「たがさぽ書店」で取り扱いをしていた
『こどもたちを守るために 〜あの時のママ・こども達の声〜shiogama vol.2』
ですが、このたび取り扱いを終了することになりました。
*閲覧は引き続きできます。

発行しているのは、震災を受け塩釜市のママ&こども達の声を冊子残す活動をいっているしおクローバーさんです。
http://shiokuro.so-good.jp/

vol.2は残部わずかとのことですが、新しい号vol.3が発行されました。

DSCN4338 (800x600).jpg


vol.3も塩竈を中心にお母さんと子どもたちが経験した震災の記録がまとめられています。
今回は多賀城在住の方の体験記も掲載されています。

『こどもたちを守るために 〜あの時のママ・こども達の声〜shiogama』は、口コミでママの手から手へと広がっているそうです。



いよいよ今年度も残りわずかとなりました。

1年間の活動の成果をまとめる時期です。
会員や団体を応援してくれる人たちに向けて報告書を作成する団体は多いと思いますが、たがさぽ書店で取り扱っている書籍も、団体の活動の成果をまとめて発信しているものです。

活動の成果をひろげていく役割を担うたがさぽ文庫で取り扱う書籍たち。
たがさぽにご来館の際には、ぜひ手にとってご覧ください。
読んだ方も読んでない方もお待ちしております [2013年03月26日(Tue)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


まもなく3月も終わりですね。

年度末を迎える方も多いのではないでしょうか。

もちろんたがさぽも年度末、スタッフは慌ただしく業務にあたっています。


さて今回が年度末最後のブックレビューとなります。

これまでご紹介してきた本は、以下からご覧になれます。

http://blog.canpan.info/tagasapo/category_10/1

気になる本で未読の方はぜひたがさぽまで足をお運びください。

スタッフ一同お待ちしております。

また、読んだあとはぜひたがさぽスタッフに感想を聞かせてください。

おもしろかった!つまんなかった!役に立った!

なんでもかいません。

お気軽にお声がけください。


来年度も引き続きおもしろそうな本をご紹介したいと思います。

よろしくお願いいたします。





地域福祉を支援する「わかば基金」 [2013年03月25日(Mon)]
こんばんは、スタッフの木村です。

毎週月曜日は資金調達情報についてお伝えしています。


今日ご紹介する「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を進めているグループが活動の幅を広げる支援をしています。

昨年度から「東日本大震災被災地 支援金」部門を新たに設け、被災地で地域の人々の暮らしの再生に尽力している活動も応援しています。

ホームページでは、これまでに助成した団体・活動が紹介されています。
過去の助成先の情報を確認するのは、申請への第一歩でもあります。

◎これまでの支援先
 http://www.npwo.or.jp/wakaba/support/


法人格を持っていなくても申請ができる助成金です。

地域で暮らす高齢者や障害のある人の生活支援など、さまざまなサービスを提供している団体は、ぜひチェックしてみてください。


「わかば基金」

1.jpg


【募集部門】
支援金部門(1グループにつき、最高100万円)
リサイクルリサイパソコン部門(ノートパソコン50台)
東日本大震災被災地 支援金部門

【支援対象先】 
★国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、この支援金でより活動の輪を広げたいというグループ。

【申請受付期間】
 2013年4月1日(月)〜2013年5月31日(金)必着(郵送のみ)

【申し込み・問い合わせ先】
社会福祉法人 NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
〒150−0041 東京都渋谷区神南1−4−1 第七共同ビル
TEL 03−3476−5955(平日10:00〜18:00)
http://www.npwo.or.jp/wakaba/
mail info@npo.or.jp
Posted by nakatsu at 21:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽブログ日曜版−ガレキからの救出劇! [2013年03月24日(Sun)]

こんにちは。
日曜ブログ担当の佐藤です。

毎週日曜日は、たがさぽの日常風景をお届けしています。

今週は、3月22日(金)午後、たがさぽ北側駐車場で行なわれた地域防災リーダー育成講座実地訓練(市交通防災課主催)のようすです。

DSCN4206.JPG
玄関前の消防車

DSCN4214.JPG
てこの原理で重いブロックを持ち上げる

「無理しないで!無理しないで!!」「右、右!クサビ当てて!」ときならぬかけ声。赤白黄色のヘルメット姿の5〜6人のグループが、太い鉄のバールと角材を使って600kg〜700kgのコンクリートブロックを持ち上げようとしています。

DSCN4221.JPG
足元ではブロックの下敷きになった人形が救出を待っている

玄関前には二台の消防車が横づけされて緊張感が漂う中、オレンジ色の制服を着た消防署員が安全を確かめながらテキパキと訓練を指示していました。

DSCN4234.JPG
無事救出しました!       

DSCN4249.JPG
救急救命措置のための搬送

この講座は、災害時に自主的に助けあう活動(共助)の中心になる人材を育成するためを市交通防災課が主催したもの。

市内各地区から2名ずつ、40数名の方が参加して日常的な防災の知識や被災時の対応、応急活動について三日間の講習を終了しました。

最終日のプログラム、重量コンクリート片の下敷きになった人の救出訓練は今回が初めてとのことです。

適切な対処で救える命、3/11大規模地震の経験を想い起しながらの訓練に参加者の方みなさんは真剣な表情で取り組んでいました。

災害が起こらないことを切に願うのですが、万一被災した場合には、リーダーを中心に初期の救援、救出活動にも地域の力を結集して被害を最小限にくい止めたいものです。



小学4年生に学ぶポイ捨て防止のユニークな取り組み [2013年03月23日(Sat)]

こんにちは。

スタッフの桃生です。


毎週土曜日は、市外・県外のユニークな取り組みをご紹介しています。

今回は新聞記事から・・・

昨日の夕刊に目を通していたら気になる記事を発見しました。

仙台・桂小4年生がポイ捨て防止啓発ソング制作 地域に配布
(2013年3月22日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130322t15031.htm

仙台市内の小学生が総合学習で地域を歩きポイ捨ての多さに心を痛めて、子どもたち自らが作曲して「ポイ捨てする人許しません」と放言を交えながら訴えているそうです。

なんとCDも40枚作成し町内会などに配っているとのこと。
その後は人形劇や4コマ漫画、小冊子、ポスターなどでポイ捨てを防止の活動が広がりを見せています。

ポイ捨て防止と聞くと捨てた人に厳しく注意したり、注意した方もあまり良い気分になりませんが、このような取り組みは自分たちが楽しみながらも地域に受け入れられやすい素晴らしいアイディアですね。

NPOの活動もついつい生真面目に「◎◎でなければならない!」とついつい力んでしまいがちですが、活動の必要性や課題について広く知ってもらうには上記のようなまずは興味・関心を持ってもらえるようなおもしろいアイディアも時には必要かもしれませんね。

今回は、小学生に学ばせてもらった記事の紹介でした。


ジャズで輝く子どもたち [2013年03月22日(Fri)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。

毎週金曜日は、NPO・市民活動団体によるイベント・サービス・相談窓口をご紹介します。
今回は多賀城市内の小学生によるジャズバンドのコンサートです。


Bright Kids CONCERT 2013

Bright_kids.JPG

日 時:2013年3月30日(土)
    午後2時〜午後3時30分(開場:午後1時30分)
場 所:多賀城市文化センター 小ホール
主 催:ブライト☆キッズ
チラシ:Bright_kids.pdf
曲 目:SING,SING,SING
    セサミストリート など

恒例の小学生ジャズバンド「ブライト☆キッズ」によるコンサート。今年は多賀城市文化センターでの開催です。震災にも負けず、多賀城に元気をくれる子どもたち。イキイキとした演奏をぜひご覧ください。

部員も募集しています。対象は多賀城市内の小学校に通う3年生〜6年生。楽器の経験がなくても大歓迎です。

問い合わせ先:090-8258-5558(佐々木)※16時以降対応
Posted by こんどう at 16:12 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
市民活動お役立ち情報5 報告書の作り方 [2013年03月20日(Wed)]
こんにちは。スタッフの阿部です。

本日3/20は水曜日ですが、祝日のため17時まで開館しております。
※明日3/21(木)は振替のため休館日となっております。ご注意ください。

毎週木曜日は、活動のヒントになる事例、団体の運営に役立つ情報やノウハウなど市民活動・町内会活動に役立つ情報をご紹介します。明日3/21(木)は休館日のため、1日早い更新です。


報告書の作り方がわかります

本日は市民活動団体のみなさんへ、報告書の作り方についてのご案内です。
年度末が近付き、報告書を作成している団体さんも多いのではないでしょうか?

そんな中で、「具体的にどんな内容を盛り込めばいいの?」「そもそも報告書は、何のために作成するの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこでオススメexclamationなのが、当センターで配架している「市民活動お役立ち情報5〜報告書の作り方」です。

写真@(報告書の作りかた).jpg


こちらには、
・なぜ報告書が必要なのか
・報告書、こんな時に役立つ!
・この項目は入れてほしい〜報告書作成のポイント

がA4用紙1枚にまとめてあります。

事業の成果などを報告書にまとめて公開することで、団体のサービスを受ける人や団体を支援したい人からの、理解や協力を得やすくする効果があります。
たとえば、どこかの団体に寄付をしようと考えた時に、情報が公開されている団体とそうでない団体があれば、公開されている団体に寄付をするのではないかと思います。
それは、寄付したお金や物品がどのような活動・取組に使われているかが、報告書を通して見えてくるからです。
情報公開は信頼につながる大切なポイントになります。

初めて報告書を作成する方も、改めて報告書の作り方を確認したい方も、参考にしていただければと思います。

※PDFはこちらでご覧いただけます。
市民活動お役立ち情報5(報告書の作り方)


報告書を作成する中でご不明な点があれば、お気軽に当センターまでご相談ください。
| 次へ