CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年08月 | Main | 2012年10月»
『こどもたちを守るために〜あの時のママ・こども達の声〜in塩釜』発行 [2012年09月30日(Sun)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


今日で9月も終わりですね。

沖縄・九州地方では台風での被害が発生しています。

東北地方にも接近していますのでお気をつけください。


さてお隣の塩釜市で震災の記録を残そうと活動している「しおクローバー」さんが、震災冊子【002】『こどもたちを守るために〜あの時のママ・こども達の声〜in塩釜』を発行しました。

s-top.jpg

購入希望の方はこちらをご覧ください。
http://mamanote2011.blog.fc2.com/blog-entry-175.html

しおクローバー
http://mamanote2011.blog.fc2.com/



東日本大震災から1年半以上が経過しています。

これまでの体験をきちんと記録に残そうという動きが徐々に広まってきています。

記録に関して興味関心のある方はこちらをおススメします。→



NPO復興いちから塾の特設コーナーつくりました [2012年09月28日(Fri)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


こちらのブログで何度かご紹介していますが、10月18日(木)はNPO復興いちから塾が開催されます。

今回はNPO法人20世紀アーカイブ仙台副理事長の佐藤正実さんをお迎えしてNPOの活動実践者としてこれまでどのような取り組みを行ってきたのか、そして、今後どのような取り組みを行っていくのかを伺います。

特に佐藤さんが中心となって編集した市民が撮った震災記録『3.11キヲクのキロク』は各マスコミでも紹介されています。(たがさぽ文庫でも扱っています)

開催に伴いたがさぽ展示スペースに特設コーナーもつくりました。

DSCN1724.JPG

オレンジ色のチラシが目印です


「震災の記録を後世に残していきたい」
「あのときのことを風化させたくない」
とお考えの方は参考になる話が必ず聞けるはずです。

まだ、定員に余裕がありますのでぜひこの機会にご参加ください。


申込はこちらをごらんください。
↓↓↓
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/685




10月よりブログの更新体制が変わります [2012年09月27日(Thu)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


いつもたがさぽPressをご覧いただきありがとうございます。

今回はお知らせが一つあります。


2012年10月1日(月)からブログの更新体制が変更になります。

無題.jpg


曜日ごとに「助成金情報」「たがさぽ文庫紹介」「市民活動・町内会活動ノウハウ情報」などテーマを設定し担当スタッフが更新します。

これまで以上に市民活動に役立つ情報を発信していきます。

合わせてたがさぽの事業などについでも随時お知らせいたします。

今後ともご覧いただければ幸いです。
ねぇねぇしってたぁ?-被災地より、未来の子供達の未来の為に [2012年09月25日(Tue)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


震災を記録しようと活動を続けている石巻市の三陸こざかなネットから震災記録漫画第1弾『ねぇねぇしってたぁ?』(2012年9月15日)が発行されました。

『ねぇねぇしってたぁ?』は代表の中山奈保子さんが震災・津波があった当日から残していた記録の中から印象的な記事をピックアップした家族で乗り越えた震災復興の記録集です。

ところどころで漫画をはさみながら津波の様子や中山さんの家族のことが丁寧に記録されています。

ご覧になりたい方はこちらから注文となります。
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/access.html

三陸こざかなネット
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/index.html


☆震災記録について知りたいという方はNPO復興いちから塾をおすすめします。☆
詳しくはこちら。
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/685

今でも役立つ「た+す+と」バックナンバー [2012年09月23日(Sun)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


たがさぽの入口を入って正面のスペースに「た+す+と」のバックナンバーを設置しています。

IMG_3891.jpg

カラフルなので目立ちます


「た+す+と」はたがさぽが隔月で多賀城市内の市民活動の情報を発信していた情報誌です。

震災後はしばらく休止となっていますが、多賀城市内でどのような団体が地域で活動しているかがわかります。

今読んでも役立つ情報もたくさんあります。

IMG_0008.jpg

たがさぽちゃんもおススメしています


在庫限りですのでぜひお持ちください。

ご来館お待ちしております。

もちろん「えん+じん」のバックナンバーもあります。

桜木仮設住宅(岩手県釜石市)のホームページ [2012年09月22日(Sat)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


以前このブログで自治会のHPやブログをご紹介しましたが、今回は他県の事例をご紹介します。

岩手県釜石市にある桜木仮設住宅のホームページです。

無題.jpg


こちらの仮設住宅団地は昨年の10月31日に自治会が発足しました。

これまでに自治会の活動を中心に仮設住宅内やその周辺で行われたイベントや支援に関する情報を丁寧に紹介しています。

写真もたくさん取り入れていて活動の様子がとてもよく伝わるページになっています。

自治会・町内会でホームページの作成などをお考えの地域は参考にしてみてはいかがでしょうか。


桜木仮設住宅(岩手県釜石市)
http://sakuragi-k.com/


TEDxTohoku 多賀城にて開催 [2012年09月21日(Fri)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


昨年、東北大学の萩ホールで第1回が開催された『TEDxTohoku』が、今年、多賀城にある東北歴史博物館で開催されます。

無題.jpg


TEDとは 「よいアイデアを広めよう(Ideas Worth Spreading)」を理念とする非営利団体です。
TEDでは、世界の先頭を行く思想家や実行家たちが、自分の人生・体験、世界を変えるアイデアについての講演を18分で行うことが求められます。

この活動を世界各地で独自に行うイベントが『TEDx』です。

東北での開催は今年で2回目になります。

会場はJR国府多賀城駅からすぐの東北歴史博物館です。


昨年のプレゼンの様子


HPにはまだ詳細が記載されていませんが、11月25日(日)に開催することが決まっています。

ゲストなどもこれから発表になると思いますので気になる方はHPをこまめにチェックしてみてください。


TEDxTohoku
http://tedxtohoku.com/

TED
http://www.ted.com/

東北歴史博物館
http://www.thm.pref.miyagi.jp/enter_top.html
講座のゲストが河北新報一面に [2012年09月20日(Thu)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


昨日(9月19日)の河北新報一面にNPO法人20世紀アーカイブ仙台佐藤正実さんが写真付きで紹介されていました。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

※記事はこちらからご覧いただけます。→


その佐藤さんをゲストに迎え、10月に『NPO復興いちから塾』を開催します。

佐藤さんに取り組みについていろいろお話を伺う予定です。

募集を開始したばかりですので定員に達する前にお早めにお申し込みください。

詳しくは以下をご覧ください。


NPO復興いちから塾
10月18日(木)18:30開講


■講座内容■
@NPOってなに?(ミニ基礎講座)
Aゲストの話を聴いてみよう 
Bゲストと交流しよう(質問コーナー)

日 時:2012年10月18日(木)18:30〜20:00(受付開始18:00)
会 場:大代地区公民館2階 視聴覚室(多賀城市大代5丁目1−46)      

ゲスト:NPO法人20世紀アーカイブ仙台 副理事長 佐藤正実さん

プロフィール:1964年生まれ、仙台市出身。2009年NPO法人20世紀アーカイブ仙台を設立。仙台の昭和時代を映す8ミリフィルムや写真の収集を開始し、上映展示会、昭和時代を語る会などを開催。震災後は、市民が撮った震災記録『3.11キヲクのキロク』の編集と全国パネル展を開催。現在、宮城県内3.11定点観測プロジェクトに取り組む。
ホームページ:http://www.20thcas.or.jp/

費 用:500円(資料代・当日精算)
定 員:10名(先着順)
申 込:申し込み用紙に必要事項を記入の上、FAXまたは、たがさぽ窓口にて申し込みください。
ホームページ、電話でも受け付けています。

◆申し込み用紙はこちら
第2回復興いちから塾【参加申込書】.doc


◆申し込みフォームはこちら(インターネットからお申込みできます)
【復興いちから塾(第2回) 申込受付】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a5d0df60212902


ちなみに佐藤さんが中心となってつくった市民が撮った震災記録『3.11キヲクのキロク』は、たがさぽでも閲覧できます。


<申し込み・問い合わせ>
多賀城市市民活動サポートセンター
TEL:022-368-7745
FAX:022-309-3706
復興支援活動をみんなで応援しよう [2012年09月18日(Tue)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。

昨日に引き続き強風の多賀城です。


さて今回は東北1000プロジェクトのご紹介です。

無題.jpg


東北1000プロジェクトは、復興支援の活動情報を掲載するポータルサイトです。復興活動中の企業・団体の広報活動を継続的に支援しています。

サイトにはすでに100以上のプロジェクトが掲載されています。

大きなメディアではなかなか取り上げられないけど、着実に復興に向けて歩みを進めている活動もたくさん紹介されています。

活動を知って共感した方は「応援する!」「広める!」「参加する!」などで関わることができます。


詳しくはホームページをご覧ください。

東北1000プロジェクト
http://www.tohoku1000.jp/

「自分たちの活動も掲載してほしい!」という場合はこちらをご覧ください
http://www.wakatsuku.jp/tohoku1000project


イクジイ? [2012年09月17日(Mon)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


外は午前中から強風が続いています。

外出の際はお気をつけください。


さて本日は敬老の日。

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日です。

市内でも町内会主催による敬老会などの催しも開催されているようですね。


一方で「イクジイ」と呼ばれる孫育てに積極的に関わるおじいちゃんが増えているそうです。

NPO法人ファザーリングジャパンは『イクジイプロジェクト‐笑っているおじいちゃんが社会を救う』に取り組んでいます。


無題.jpg



このプロジェクトは、積極的に孫育てや地域、学校に関わるおじいちゃんを増やそうという取り組みです。

HPではイクジイになるための講座や読み聞かせ用のおすすめ絵本、先輩イクジイ(スーパーイクジイ)の紹介などが掲載されています。

定年退職後、なかなか地域との接点を持てない方、まずは孫育てからはじめてみてはいかがでしょうか。

イクジイプロジェクト
http://www.fathering.jp/ikujii/

NPO法人ファザーリングジャパン
http://www.fathering.jp/



| 次へ