CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年04月 | Main | 2012年06月»
傾聴を学んでみませんか [2012年05月31日(Thu)]
こんにちは。
スタッフのなかつです。

5月最後の日。
今日の多賀城は五月晴れ。気持ちのよい青空がひろがっています。
たがさぽの敷地の中の木々もこの1ヵ月でもりもりと茂りました。


今日の朝イチのご相談は、多賀城「支え合いの会」の向坂さんでした。

多賀城に支え合いの活動を創り出そうと活動を続けている団体です。

今日は6月に実施する「傾聴ボランティア基礎講座」の準備で来館されました。

震災後も傾聴活動が注目され続けています。
ボランティア活動でも、普段の生活でも役立つ「傾聴」という考え方。
今回は仙台傾聴の会代表の森山英子さんを講師に傾聴の基礎を学ぶそうです。
現在申込受付中とのことです。
チラシはたがさぽでも手に入れることができます。

2012053110340000.jpg


傾聴ボランティア基礎講座

日時:6月24日(日)10〜12時
講師:仙台傾聴の会 代表 森山英子さん
会場:多賀城市市民活動サポートセンター
定員:25名(申込順)
会費:500円
主催:多賀城「支え合いの会」
問い合わせ・申込:022−367−4071
音楽とLOVEでこの空をいっぱいにする日 [2012年05月29日(Tue)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


昨日は雷雨だった多賀城も今日は朝から晴天です。


さてまもなく6月ですが、市内ではさまざまなイベントが予定されています。

今回はその中のひとつ『FUKUOKA&MIYAGI MUSIC COLLABORATION LOVE AIR』です。

主催は、多賀城の復興に向けてさまざまな活動を行う団体LOVE tagajoさん。

友好都市でもある大宰府の団体と協力しての震災復興コンサートです。

すばらしい演奏を通して市民に「元気」と「笑顔」を届けます。


IMG_9716.jpg
チラシはたがさぽにもあります。


f0214847_1283718.jpg


「遠く離れた福岡と宮城 1600kmは空でつながっている 音楽とLOVEでこの空をいっぱいにする日」FUKUOKA & MIYAGI MUSIC COLLABORATION

日にち:2012年6月9日(土)

出演 : 安武玄晃、Gui&Pi西田勇、Esprit(YoshihiroKoseki & Naoharu Sato)

会場:多賀城市文化センター小ホール

開場15:00  開演15:30

入場料 1,000円(全席自由)

主催:LOVE tagajo、CLOVERS MUSIC

チケット販売 ○多賀城文化センター ○Atelier Poran

お問合せ先:アトリエプルプル(さとう)090-7563-6261 AtelierPoran(しょうじ)090-3647-7028

E-mail(アトリエプルプル): sados@abelia.ocn.ne.jp


NPO・NGOの事務所として使用できます [2012年05月28日(Mon)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


今日は雨の多賀城です。

先ほどまでは雷でしたね。



さて

多賀城市は、現在仮説店舗・事務所の入居者を募集しています。
NPONGOなどの利用も可能です。
場所は多賀城市町前三丁目です。


○仮設店舗・事務所の入居者再募集○

現在空きがありますので入居事業者を再募集します。


対象事業者
東日本大震災により被災し、営業を再開されていない事業者
(現在は、被災されていない事業者やNPO、NGOも対象としています)


店舗
建築面積:約30平方メートル
募集数:8店舗

事務所
建築面積:約40平方メートル
募集数:6事務所

装備
電源・上排水:1区画当たり1箇所
電話:電話回線引き込み口設置(回線契約は入居者に行っていただきます。)
トイレ:施設全体で1箇所の共同水洗トイレ

使用料
無料(ただし改装費用及び水道・光熱費等は入居者に負担していただきます。)

使用期間
約2年

入居等
入居申請は市町村が審査して許可します。

施設設置位置
多賀城市町前三丁目地内(町前市民農園南側)


申し込み方法など詳しくは多賀城市市民経済部商工観光課商工係までお問い合わせください。

問い合わせ
市民経済部商工観光課商工係
022-368-1141 内線471〜473
みさと地域活動サポートセンター オープン! [2012年05月27日(Sun)]
スタッフのなかつです。

本日2度目の更新です。


昨日5月26日(土)、宮城県内で12番目となる市民活動支援施設「みさと地域活動サポートセンター」の開所式があり出席してきました。

2012052609560000.jpg

先日視察研修で美里のみなさんがいらっしゃいましたが、その後準備を進め、いよいよオープンされたのです。
*視察研修のようす
 http://blog.canpan.info/tagasapo/daily/201205/08


場所はJR小牛田駅から歩いて10分弱。
駅東地域交流センター1階のスペースです。

1.jpg

NPO・ボランティアが行う市民活動や自治会・町内会が行う地域活動を応援するセンターです。

2.jpg

チラシやニューズレターといった情報を収集・発信できるスペースやちょっとした打合せに使えるスペースも。

3.jpg

6月からは活動に役立つ講座や交流会も企画しているそうです。


「今まで大崎市のサポートセンターに行っていたけど、近くに拠点となる場所はできるのはうれしい。」とお話している方もいらっしゃいました。

近くにお住まいの方はぜひご利用ください。


みさと地域活動サポートセンター

●〒987-0038 遠田郡美里町駅東二丁目17番地4
●TEL
 当面の間:0229−32−2940
 6月より:0229−33−3715
●地図はこちら
 http://yahoo.jp/ymRIRR
本日13時より 多賀城駅前でライブを聴こう [2012年05月27日(Sun)]
みなさん、おはようございます。
スタッフのなかつです。

今日は朝からよいお天気ですね。
五月晴れとはこういう天気のことを言うのでしょうね。


気持ちのよい青空のしたで音楽を楽しめるイベントが今日27日(日)多賀城駅前であります。

たがさぽをご利用いただいているTAP多賀城さん、ライブを聴こうin多賀城実行委員会さんの企画。

今日はジャズ、ポップス、懐メロなどさまざまなジャンルのライブが楽しめるようです。
ぜひおでかけください。


ライブin多賀城

●日時:5月27日(日)13:00〜16:30
●場所:JR仙石線多賀城駅前広場
●入場無料
●主催:TAP多賀城 ライブを聴こうin多賀城実行委員会
みみよりな情報『みみサポかわら版』 [2012年05月26日(Sat)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


たがさぽには毎日のように各地からNPOのパンフレットやイベントチラシやニューズレターなどが送られてきます。

今日はみやぎ被災聴覚障害者情報支援センター(みみサポみやぎ)さんからニューズレター『みみサポかわら版』が届きました。

DSCN0989.JPG
A4に情報がまとめられた『みみサポかわら版』

みみサポみやぎさんは東日本大震災により被災した聴覚障害者(ろう者、中途失聴者や難聴者など)の生活再建に向けた、相談支援や情報の発信を行っています。


HPでもイベント情報や設置手話通訳者窓口、手話通訳・要約筆記派遣窓口、手話サークル・要約筆記サークルなど情報が充実しています。

気になる方はHPをご覧ください。

みやぎ被災聴覚障害者情報支援センター
http://www.mimisuppo-miyagi.org/index.html


おもちゃの一日病院?! [2012年05月25日(Fri)]

おはようございます。

スタッフの桃生(ものう)です。


すこし先のお話になりますが、たがさぽにて『おもちゃの一日病院』が開催されます。

気に入っていたのに壊れて動かなくなってしまったおもちゃをボランティアグループおもちゃドクターピノキオさんが修理してくれます。

日 時:2012年6月24日(日)10:00〜15:00
場 所:多賀城市市民活動サポートセンター
修理代:無料(部品は実費)
予約制(必ず事前にお電話ください)
申し込み先:090-3984-0872(小田)
※電話受付時間 20:00〜21:00
主催:おもちゃドクターピノキオ

チラシはこちらからダウンロードください。↓
http://www.tagasapo.org/wp-content/uploads/eventchirashi/oib2012-06-24.pdf




ニューズレターで活動の成果を報告 [2012年05月22日(Tue)]

こんばんは。

スタッフの桃生(ものう)です。


今日の多賀城は午後から雨模様です。

昨日に比べると気温もぐっと下がりましたね。

温度調節が難しく着る服に困ってしまいます。


さて

そんな中、本日元気に来館されたのは一般社団法人復興応援団の橋本さんです。

復興応援団は主に多賀城や南三陸、気仙沼など被災地でのコミュニティづくりをサポートしています。

(詳しくはHPをご覧ください。)

DSCN0952.JPG
左が橋本さんです。

橋本さんをはじめて復興応援団のスタッフは、多賀城で活動をするにあたりたがさぽに頻繁に情報収集や相談に来館されています。


今回は復興応援団で発行している『復興応援団だより』をたがさぽまで届けていただきました。

DSCN0966.JPG
現在2号まで発行しています。

学生スタッフが編集を担当しているそうです。

各地での取り組みについて写真つきで報告しています。

このように活動の成果をきちんと内外に示すことが、新たな共感者や支援者を得る上でとても重要ですね。

『復興応援団だより』はたがさぽでも入手できます。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


一般社団法人復興応援団
http://www.fukkou-ouendan.com/

あしたのまち・くらしづくり活動賞 [2012年05月21日(Mon)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

今朝は金環日食の話題一色でしたね。
宮城は部分日食でしたが、スタッフの中でもやはり休憩時間の話題になっていました。


さて、地域の課題を解決するために活動している市民活動団体、自治会・町内会などの地域活動団体や、震災の復興活動に取り組んでいる団体などを対象に、自分たちの活動についてレポート提出された中から、表彰と副賞を授与するというプログラムのご案内をいただきました。

たがさぽ利用団体のみなさんが挑戦できるプログラムです。
しかも、読売新聞東京本社、NHKの共催なので、受賞すると読売新聞やNHKで取り上げられるそう。
全国メディアで紹介される機会が得られるのは魅力的ではないでしょうか。


「平成24年度あしたのまち・くらしづくり活動賞 レポート募集」

地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体・企業等の活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。
本年度は震災復興のまちづくりや震災復興支援の活動の応募も期待しています。

●締め切り:6月30日(土)

●詳しくはあしたの日本を創る協会のホームページをご確認ください。
 あしたの日本を創る協会
 http://www.ashita.or.jp/prize/index.htm


なお、たがさぽ文庫ではあしたの日本を創る協会が発行している情報誌「まちむら」も閲覧することができます。

全国の地域づくりの事例が紹介されていて、活動の参考になる冊子です。
被災した芸術家・団体へ10万円 [2012年05月17日(Thu)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


一般社団法人アーツエイド東北さんが被災した芸術家・団体のためのサポートプログラムを提供しています。


===============================


1.目的

東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島を拠点とする芸術家・団体等が、その活動を継続するための支援をおこなうことを目的とします。


2.内容

10万円の支援金(10件程度を採択予定)


3.対象

これまで岩手・宮城・福島を拠点に活動しており、東日本大震災で被災した個人・団体。
表現の分野や生活・活動拠点は問いません。場やメディアの運営などもふくみます。


4.応募方法

申込用紙に必要事項を記入し、申込受付期間内に郵送にて事務局までお送りください。
email、ファックス、および事務局への持ち込みはご遠慮ください。


5.実施日程

申込受付期間 2012年6月15日(金)から22日(金)(締切日必着)
結果通知 7月1日(日)


6.審査の概要

(1)記載事項(申込用紙をお使いください)
・これまでの活動実績および今後の活動予定や目標
(作品や発表の記録などがあれば同封してください)
・同じあるいは関連する分野の推薦者2名
・応募者連絡先(氏名、住所、電話番号、メールアドレス)

(2)審査に際して重視する点
・岩手・宮城・福島を主な拠点として生活・活動していること
(ただし、被災により拠点を移している方も対象としてますので、その旨をお書きください)
・既存の助成制度では対象となりにくい活動であること

(3)審査方法
当財団役員による審査委員会を設けておこないます。
結果については応募者全員にお知らせします。
また、採択者・採択理由については当財団ウェブサイト等で公開します。

 

7.採択された方へのお願い

写真・動画・文章等で活動の報告をお願いします(こちらか取材等にうかがうこともあります)。
なお、それらは当財団ウェブサイト等で公開いたします。
支援金の使途・収支等の報告義務はありません。


8.応募先

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目1-3 LC-111
アーツエイド東北 事務局宛
※今までの応募先と異なります。ご注意ください。

 

9.備考

・お問い合わせは、
ファックス(022-268-4042)か、email(info@aat.or.jp)でお願いします。
・10月頃にも同様のプログラムを予定しています。

===============================

IMG_1646.jpg
こちらがアーツエイド東北のパンフレットです。

申請用紙や要項については、こちらからになります。→

一般社団法人アーツエイド東北
http://aat.or.jp/

 
| 次へ