CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
平成29年九州北部豪雨に関する被災地支援情報(2017.7.9) [2017年07月09日(Sun)]
こんにちは。スタッフの渡辺です。
この度の九州北部豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

本記事では、ボランティアセンターや義援金・支援金受付の状況などの情報を掲載いたします。
被災地の状況は常に変化しています。行動を起こす前に必ず被災地の各自治体や社会福祉協議会、ボランティアセンターなどの公式ウェブサイトをご確認いただくようお願いいたします。


【災害ボランティアセンター開設などに関する情報】

全社協「被災地支援・災害ボランティア情報」
東京ボランティア・市民活動センター「ボラ市民ウェブ」
(福岡県)
福岡県社会福祉協議会
福岡県社会福祉協議会 災害救援本部Facebookページ
朝倉市社会福祉協議会
朝倉市災害ボランティアセンターFacebookページ
(大分県)
大分県社会福祉協議会
大分県のボランティア・市民活動情報サイト「ぼらのたねっと」
日田市社会福祉協議会
○日田市災害ボランティアセンター(FacebookHP
○中津市社会福祉協議会(FacebookHP) 


【義援金・支援金など】

日本赤十字社
 ※受付期間:平成29年7月7日(金)から平成29年8月31日(木)まで
平成29年7月九州北部大雨災害緊急支援募金(Yahoo!基金)
ふるさと納税サイト「さとふる」平成29年7月5日からの大雨による災害 緊急支援募金(福岡県朝倉市、添田町)
「ふるさとチョイス 災害支援」平成29年九州豪雨(福岡県朝倉市、大分県日田市、長崎県壱岐市)※ふるさと納税

情報は随時更新していきます。
Posted by nakatsu at 16:08 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
今年も開催!多賀城ビアサミット2017 [2017年07月08日(Sat)]
こんばんは、スタッフの櫛田です。
土曜日は市内外のイベントや講座、NPOの法人数の情報をお届けしています。

暑い日が続いていますが、そんな中さらに多賀城を熱く盛り上げるイベントが開催されます。

多賀城ビアサミット
beersummit.jpg
チラシはこちら

日時:
7月14日(金)17:00〜20:00
7月15日(土)11:00〜20:00
7月16日(日)11:00〜20:00
※ラストオーダー19:45

会場:
JR仙石線多賀城駅前公園

入場料:無料

お得な前売りチケット情報!
チケット代:2000円
チケット2,000円に含まれる内容
・ビール1杯600円×2
・おつまみプレート一皿
・多賀城ビアサミットオリジナル スタジアム クッション
※ソフトドリンクへの変更も同額まで対応します!
 (ソフトドリンクは\150なので最大で8杯まで可能です。)
※例:ビール1杯&ソフトドリンク4杯、またはソフトドリンクのみ8杯、という組合せは可能です。一杯でもソフトドリンクと交換された後はその分をビールへ戻す事は出来ません。
販売場所:史都多賀城観光案内所(JR仙石線多賀城駅構内)

主催:TAP多賀城
共催:多賀城市

問合せ先:
・TAP多賀城(詳しくはFacebookなどで)
・史都多賀城観光案内所 JR多賀城駅内 TEL:022-364-5901
・多賀城市市民経済部商工観光課 TEL:022-368-1141(内線471-473)


主催は多賀城を盛り上げるために活動するTAP多賀城。ビアサミットは2015年よりスタートし今年で3回目となります。ただビールを飲むというだけでなく駅前の活性化、そして来場した人たち同士の交流も進む企画です。暑い夏、みなさんも多賀城駅前でビールやドリンクを味わってみては?

たがさぽスタッフも昨年行ってきたのでその様子もどうぞ
多賀城駅前でカンパーイ!多賀城ビアサミット
あやめまつりで「NPOの絵本展」とiRISのフリーペーパー配布を行いました。 [2017年07月07日(Fri)]
こんばんは、スタッフの櫛田です。

6月17日(土)〜7月1日(土)の期間、多賀城跡あやめ園にて第29回多賀城跡あやめまつりが開催されました。
浴衣コンテストやペンギンとのふれあい、おいしい食べ物や楽しいワークショップなどさまざまな企画があり、とても盛り上がりました。もちろん主役のあやめもキレイに咲いていましたよ〜

AYAME.jpg


HERO.JPG
二市三町のヒーローが勢ぞろい。アサノタケフミさんがヒーローたちの歌をメドレーで披露。大興奮でした!

TAP.JPG
多賀城の活性化を目的に活動するT・A・P多賀城さんも出店。多賀城風ミネストローネ タケヒローネを販売していました。

MAGA.JPG
こちらは勾玉づくり体験。多賀城でも出土している古代の道具ということで、史都多賀城らしいワークショップですね。


ちなみに6月25日(土)にはたがさぽも「NPOの絵本展」を出展しました。

TENTO.JPG
こんな感じです。たがさぽちゃんがお出迎え。

EHON.JPG
特に見るだけでなく触って楽しめる点字の絵本が子どもたちに人気でした。

EHON2.JPG
絵本展に並ぶ絵本は、みんなが幸せに暮らせるように、社会をよりよくしようと活動しているNPOが作ったものです。防災、環境、障がい者福祉、震災のときのことなどのジャンルがあります。
出展した絵本はこちらをご覧ください。


IRIS2.JPG
今回は多賀城の中高生によるまちづくりチームiRISさんと共同で出店しています。iRISさんは多賀城やあやめをPRするフリーペーパーの配布をしました。

DSCN9419.JPG
積極的に配布したのでほとんどなくなりました。

IRIS.JPG
あやめまつりに来た方に多賀城のこと、iRISのことをもらえました。


「NPOの絵本展」に来てくれたみなさま、出展にご協力していただいたみなさま、そして一緒に出てくれたiRISさん、ありがとうございました。

うちのイベントでもぜひ「NPOの絵本展」を出してほしいという方がいらっしゃいましたらぜひたがさぽにご相談ください。
夏祭りのネタを探している方へ。他地区ではこんなことをしています。 [2017年07月06日(Thu)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

さて、7月、8月はさまざまな場所で夏祭りが開催されます。すでに町内会や子ども会などではそのための会議やネタ出しをしているのではないでしょうか。
スタッフも取材やプライベートで町内会のお祭りにおじゃましています。本日は夏祭りのヒントとなりそうなスタッフによる過去の夏祭りレポートを改めてご紹介します。

たとえば、

cimg5140.jpg
こどもが店長を務めるフリーマーケットを開いて、よりこどもたちが夏祭りにできるようにしたり

IMG_8854.jpg
普段なかなか体験できない流しそうめんでたくさんの人たちに来てもらったり

ikiiki_magician.jpg
地域で活躍するマジシャンサークルに来ていただいたり

各地区でいろんな工夫をしていますね。
下記にこれまでたがさぽPressに掲載した夏祭りレポートのURLを載せましたので、「夏祭りに何をしたらいいんだろう」「今年の夏祭りはいつもと違うメニューにしてみたい」といった方はぜひご参考ください。

2011年7月31日掲載 高崎自治会の夏祭り
2012年8月4日掲載 大盛況の『集会所落成復興まつり』
2013年7月28日掲載 夏祭り巡りをしました
2013年8月4日掲載 夏祭り巡りをしました☆PART2
2014年8月11日掲載 おまつり巡り 2014夏
2015年7月28日掲載 夏祭りの工夫、のぞいてきました
2015年8月16日掲載 桜木南区町内会夏祭りに行ってきました!
2015年8月2日掲載 高橋4区合同夏祭りに行ってきました!
2016年8月5日掲載 地域をつなぐ「高橋4区合同夏祭り」
2016年8月12日掲載 桜木南町内会の夏祭りに行ってきました!
おとなに支えられる「こども食堂」 [2017年06月29日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

最近増えてきた「こども食堂」。多賀城にもこども食堂がいくつかありますね。

さて、今日ご紹介するのは

旭川おとな食堂
facebookはこちら

旭川おとな食堂は、地域の子どもの居場所づくりを行っている団体をつなぐ役割を担っています。こども食堂以外にも、学習支援やプレーパーク等いろいろな場を運営している人たちと議論や情報交換をしています。

こども食堂の多くはボランティアによる運営のため、安定した食材の確保が難しいものです。そこで、旭川おとな食堂は「旭川食品加工協議会(会員企業43社)」と連携して、旭川市内の各こども食堂に食材を届ける活動を行なっています。
協議会加盟の食品メーカーがいままで廃棄してきた規格外商品の中には、まだ賞味期限まで日数が残っており食べられるものが多くありました。そんな商品を子ども食堂へ寄付することで廃棄を減らし、こどものおなかも満たすことに一役買っています。しかし、こども食堂に対し食品廃棄の押し付けにならないよう、食材情報リストの中から欲しい分だけ注文してもらう仕組みをとっています。

こども食堂の目的は貧困や個食の子どもの支援や世代間交流、地域住民との触れ合いなど様々です。
そんな食堂を支える「旭川おとな食堂」の活動。安心して安全な場や人とつながることで、こどもたちが持つ本来の生きる力を取り戻せるような子どもの居場所が広がります。

画像@.png
小規模多機能自治という考え方 〜応用編〜(地域毎の人口分布のグラフ@) [2017年06月27日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

 前回、多賀城市全体の人口分布のグラフをお届けしました。
今回は、多賀城を地域毎に分類して作成した人口分布グラフから、新田地区高橋地区の結果をお届けします。
グラフは全地区掲載予定ですが、件数がかなりありますので何度かに分けてお送りいたします。

グラフの内容については18歳未満同居世帯率
高齢者率の分布です。
使用しているデータは、2000年〜2015年までの国勢調査の結果ですので5年毎になります。
地域の分類は国勢調査の結果を用いていますので、多賀城市の47行政区ではなく住所ベースです。
そのため、例えば『多賀城市○○1丁目』といった分け方になっていることをご了承ください。


新田地区(参考:2015年の人口→4,516人)

01_niida.jpg

2000年から2015年の15年の間に18歳未満同居世帯率は5%程度減り、高齢化率は10%程度増えていることがグラフから読み取れます。
ちなみに、多賀城市全体の2015年の18歳未満同居世帯率26.6%、高齢化率22.0%であることを考えると、新田地区はほぼ平均値であるといえます。


高橋地区(参考:2015年の人口→5,319人)
【高橋一丁目】

02_takahasi_01.JPG

2000年時点では18歳未満同居世帯率が30%、高齢者率10%程度です。
その後、18歳未満同居世帯率がやや減少しますが、2015年の時点では30%近くまで戻っています。
次に高齢者率に目を向けてみると、こちらは増加を続けていて、2015年では25%近くに達しています。
結果、2015年の高橋一丁目は18歳未満同居世帯率、高齢者率ともに多賀城市の平均値より若干高くなっています。


【高橋二丁目】

03_takahasi_02.JPG

2000年〜2015年まで、かなり特徴のある動きをしています。
2015年時点で見てみると18歳未満同居世帯率、高齢者率ともに過去よりも増加したという結果になりますが、18歳未満同居世帯率は増・減を5年周期で繰り返しているのに対し、高齢者率は増加を続けていることが分かります。
なお、2015年の状態を多賀城市全体の平均と比較すると一丁目と同様に、18歳未満同居世帯率・高齢者率ともに僅かながら高いものの、ほぼ平均値であることが分かります。


【高橋三丁目】

04_takahasi_03.JPG

ご覧のように2000年〜2015年まで18歳未満同居世帯率は、ほぼ20%で続いています。
ただ、高齢者率は2000年→2015年で15%以上増加し、2015年では25%を超えています。
2015年時点を見てみると、多賀城市全体の平均値からは18歳以上同居世帯率でやや低く、高齢者率で若干高くなっています。


【高橋四丁目】

05_takahasi_04.JPG

とても独特な形のグラフになっています。
2000年→2005年に掛けて、18歳未満同居世帯率が急激に増加し約30%から45%以上まで増加します。
その後、2015年には35%程度とピークから10%以上減少しています。
この間の高齢化率は2000年から2005年に掛けて僅かながら下がり、その後、増加しますが、スピードは緩やかで、2000年〜2015年の間に5%程度の増加にとどまっています。
2015年時点の状態を多賀城市全体の平均と比べても、18歳未満同居世帯率は高く、高齢化率は平均値程度とみることができます。


【高橋五丁目】

06_takahasi_05.JPG

高橋地区一丁目〜五丁目の中で最も18歳未満同居世帯率が高く、高齢化率が低いのが五丁目です。
特に18歳未満同居世帯率は2000年では50%を超えています。2015年までに10%以上減少しましたが、それでも40%近い数字を示しています。
一方、高齢化率をみてみると、2015年時点で15%程度と、他と比べても低い値です。ただ2000年〜2010年までは2.5%程度の増加でしたが、2010年→2015年では5%以上の増加になっていることから、今後は高齢者率の増加幅がやや大きくなりそうであると予想されます。


【高橋地区の人口分布グラフ】

07_takahasi_all.JPG

最後は、高橋一丁目〜五丁目を1つのグラフにまとめて表示したものです。
これを見ると、18歳未満同居世帯率では最も高い地域と低い地域では2倍ぐらいの差が、高齢者率でも1.6倍以上の差があります。すぐ隣の地区や町内でも人口分布が均一ではなく、それぞれの状態を視覚的に捉えることができるかと思います。また、状態が違えばそれぞれの地区で実施していることや、お悩み・課題なども異なっているかと思います。
このグラフが、そうした地域のことを考えるキッカケとなれば幸いです。

これからも、多賀城市内の各地域の人口分布の詳細グラフを紹介していきます。
全ての地区をご紹介するまでかなりお時間をいただくことになるかと思いますが、お待ちいただければと思います。

※掲載しているグラフはIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]発行のソシオ・マネジメントvol.3〜小規模多機能自治−総働で、人「交」密度を高める〜 に掲載の『地域の状況を定量的・相対的に共有するための6枚のスライド』内の高齢者率と18歳未満同居世帯率の分布グラフを元に作成しています。

※お願い※
本ブログの掲載データに関するお問い合せは、多賀城市市民活動サポートセンターにご連絡ください。
・TEL:022-368-7745
・eメール:tagajo@sapo-sen.jp
「tag」54号発行しました! [2017年06月25日(Sun)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
「多賀城跡あやめまつり」もいよいよ今週末までと
なりました。

今日は、たがさぽも
「NPOの絵本展」で参加していますので、
ぜひお越しください。

さて、「tag」54号発行のお知らせです。

DSCN9416.JPG

ダウンロードはこちらから
「tag」vol.54(PDF形式)




【表】
「パソコンで助太刀!チラシづくりでコラボレーション」
介護予防活動に取り組む「多賀城市多賀モリ会」と、たがさぽで活動しているパソコンのサークル「多賀城マウス同好会」がチラシづくりでコラボ!この事例から分かる、団体のメンバーだけで取り組むには難しいものを解決する手だてとは。

【裏】
「多様な『性』にYES!〜展示に込められた想い〜」
たがさぽで5月に開催した「IDAHOメッセージ展&レヅルプロジェクト」。主催した「たがじょうIDAHO実行委員会」の開催に向けての想いや展示会の様子から、多様な性について、また目指したい社会について考えます。


IDAHO」については、こちらもご覧ください。


やっぱ愛ダホ!idaho-net.
↑【リンク】



※今回のたがさぽでの展示会についても掲載されています。

「tag」はたがさぽや市内公共施設に配架しているほか、市内スーパーマーケットなどにも配架しています。ぜひご覧ください。

【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】
現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
2017年6月 宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2017年06月24日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
本日はNPO法人数をお知らせします。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。したがって、ここで紹介する法人数はあくまでNPO法人格を持っている団体の数であり、NPO法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります。


★2017年6月10日(全国のみ4月30日)時点でのNPO法人数★
全国のNPO法人数 51,508法人
宮城県内法人数 810法人(前月比+3)
*上記の内、仙台市内法人数 417法人(前月比+6)
多賀城市法人数 8法人(前月比±0)

多賀城市内のNPO法人は以下の通り
多賀城市民スポーツクラブ
地球の楽好
season
(現在、Seasonの活動は株式会社へ移行しています)
愛護福祉環境対策研究所
日本防災ネットワーク協会
いのちのパン
みやぎ生涯学習指導・支援センター
ドラムカフェ


☆参考
みやぎNPO情報ネット
宮城県公式ウェブサイト NPOのページ
内閣府NPOホームページ
「Reborn-Art Festival」を支えるボランティアサポーター「こじか隊」 [2017年06月22日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

石巻市が主な会場となっている「Reborn-Art Festival 2017」が7月22日(土)から9月10日(日)までの51日間開催されます。「アート」「音楽」「食」を楽しむお祭りで、国内外のさまざまなアーティストの作品が地元の方々の協力のもと展示されたり、さまざまなスタイルの音楽イベントが開催されたり、東北のシェフを中心としたここでしか味わえない食事をいただくことができます。震災後、東北だけでなく参加する人の再生、「Reborn」を願うお祭りです。

このお祭りをサポートするのはボランティアサポーター「こじか隊」です。
*こじか隊の活動内容*
・インフォメーションでの対応
・アート部門での作品制作のお手伝い・メンテナンス、作品受付・管理 など
・音楽部門でのエントランス対応、エコステーション、会場内でのお客様誘導 など
・食部門での物販のお手伝い など
・ローカル部門での地元行事・イベントのお手伝い、広報活動、清掃活動 など
・アートガイド、ツアーガイド


こじか隊の活動はさまざまな分野で多くのプログラムがあるので、誰もが、好きな分野見つけて活躍することができます。石巻が好き、石巻の魅力をたくさんの人に伝えたい、音楽やアートが好き、人が好き……など。こじか隊は登録制のため、一度登録をすれば活動したい日を選ぶことができます。
ボランティアをしてみたい方、「Reborn-Art Festival」の想いに共感した方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


このこじか隊や「Reborn-Art Festival」を多くの方に知ってもらおうと、仙台の街でキャラバンを行いました。すでに3回の実施を終えていますが、6月29日(木)と7月6日(木)にも予定されているものがありますので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。くわしくはこじか隊のページでご覧いただけます → ★★
今年も開催!「TAGAJO Future Labo」!! [2017年06月20日(Tue)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
本日2回目の更新です。

今日はたがさぽ講座「TAGAJO Future Labo 3rd season」
のご案内です。

☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜


TFL.jpg



「何かをしたい!」と思っているけど、
その“何か”が見つからない。
「自分の特技を地域に活かしたい!」けど、
どうやって“活かせば”いいかがわからない。
「したいことはある」けど、
なかなか“行動”までたどりつけない。

という想いはありませんか?
「TAGAJO Future Labo 3rd season」ではエクスカーション(体験型見学)やワークショップを行う全7回の講座を通して、一歩踏み出す・動き始めるきっかけづくりや自分の想いの整理を行なっていきます。

地域のため、社会のため、そして自分自身のために
「何かしたい」という方のご参加をお待ちしております!

☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜



TFL3.jpg


★チラシ(PDF)★


TAGAJO Future Labo 3rd season


★講座スケジュール(7回構成)
(1)2017年7月15日(土)13:00〜17:00
あなたのやりたいことはなに?思いを描くワークショップ
会場:多賀城市市民活動サポートセンター
(2)2017年8月19日(土)
OB・OGの話を聞こう
(3)2017年9月16日(土)
一歩先行く地域のパイオニアへエクスカーション
(4)2017年10月21日(土)
エクスカーション&想いの整理と確認のワークショップ
(5)2017年11月18日(土)
やりたいことをさらに深めるディスカッション
(6)2017年12月16日(土)
自分の想いをまとめて、発表会への準備
(7)2018年1月20日(土)
みんなに宣言!マイアプローチ発表会!


※2回目以降の会場・時間などの詳細は、後日お知らせします。
※受講を希望しているが、参加できない回があるという方は気軽にご相談ください。

★会場:多賀城市市民活動サポートセンターほか
★費用:無料

★プログラムアドバイザー:阿部結悟さん
一般社団法人ふらっとーほく 代表理事/山元の未来への種まき会議 副代表
1989年、山元町生まれ。東日本大震災をきっかけにUターンし、宮城県南部で人材育成事業、コミュニティ支援事業、及び計画づくり・調査事業を行う。地域資源を活用した体験プログラムやアートプロジェクトを通じ、地域内外の交流機会を創出する「オンパク」事業や、地域課題の解決に取り組むためのプランを作成する「伊達ルネッサンス塾」を立ち上げ、地域内外の学生・社会人2000人以上のネットワークづくりをサポートしてきた。また、企業と地域の対話と学習の場のコーディネート(「サントリー亘理五感塾」など)を行う。2012年「日経ビジネスが選ぶ、平成生まれの30人」に選出。

◎事前説明会の開催について
「TAGAJO Future Labo 3rd season」の開催に先立ちまして、講座内容やプログラムなどを説明する会を行ないます。講座へのご参加をお考えの方は、ぜひご参加ください。
なお、事前説明会に参加できなくとも講座には参加できますので、その際はご相談ください。
・日時:7月1日(土)13:00〜15:00
・会場:多賀城市市民活動サポートセンター

※事前にお申し込みをお願いします。

★その他詳しくは、チラシ(PDF形式)をご覧ください。

★チラシ(PDF)★
 

◎お申し込み方法
・申込フォームでのお申し込み → ★☆★

・電話でのお申し込み(022-368-7745)
・参加申込書を当センター窓口に持参されるか、
FAX(022-309-3706)でもお申込できます。
○お申し込み・お問い合わせ先
 多賀城市市民活動サポートセンター
  TEL:022-368-7745
  FAX:022-309-3706


★これまでの「TAGAJO Future Labo」
昨年度(2nd season)の様子をレポートしたブログ記事のリンクをまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。
 ・1回目←【リンク】
 ・2回目←【リンク】
 ・3回目←【リンク】
 ・4回目←【リンク】
 ・5回目/マイアプローチ発表会←【リンク】

2015年度の様子をまとめた冊子
『TAGAJO Future view』の紹介記事 →★☆★
※『TAGAJO Future view』は、たがさぽで配付しています。