CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「支援金」と「義援金」の違い [2019年10月19日(Sat)]
※10/20 16:00 公益財団法人地域創造基金さなぶり、Yahoo!ネット募金の情報を追記。

こんばんは。スタッフの渡辺です。
毎週土曜日は、市民活動お役立ち情報をお届けしています。

先日受けた質問に、次のようなものがありました。
「今回の台風の被害からの復興に力を貸したいと思って、寄付をしたいと考えているのだが、『寄付』『募金』『義援金』などいろいろな言い方があって、何が違うんでしょうか?」

お答えします。

まず、「寄付」と「募金」について。
「たがさぽ文庫」に入っている「岩波国語辞典 第七版」によると、
・「寄付」…公のことや事業のため、金銭や品物を贈ること。
・「募金」…寄付金などを広く一般からつのること。
と記載されています。行動の主体が、送る側か、いただく側かの違いですね。

そして、「支援金」と「義援金」、寄付をするという点では同じですが、その使われ方が違います。
・「支援金」
 被災地でさまざまな分野の支援活動・ボランティア活動を行う団体(NPO・NGOなど)が活動を行うために使われるお金です。団体の活動によって、間接的に被災された方への支援にもつながります。また、早く団体にお金が届き、活用されるのも特徴。
・「義援金」
 被災された方に直接、生活再建のために渡されるお金です。ただ、被災された方に平等に渡すために、渡されるまで時間がかかります。

詳しくは、こちらもご覧ください。
日本財団ウェブページ「支援金と義援金の違い」

なので、「自分は何のために寄付を行うのか」を考えた上で寄付を行う必要があります。
支援活動を行う団体を支援したい方は「支援金」を、被災された方を直接援助したい方は「義援金」を選択することになります。


各地で復興に向けた取り組みが始まっています。支援のかたちはボランティア、被災地でつくられたものを購入するなどさまざまありますが、「寄付」という行動も選択肢のひとつとして考えていただければと思います。

【支援金】
・日本財団 
 <ご寄付のお願い>台風19号の被災地における活動支援にご協力をお願いします
・中央共同募金会
 台風19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金
・公益財団法人地域創造基金さなぶり 10/20追記
 台風19号・みやぎ水害支援プロジェクト

【義援金】
・中央共同募金会
 令和元年台風19号 災害義援金の募集について
・宮城県共同募金会
 【災害義援金】台風第19号災害義援金の募集受付をおこないます
・日本赤十字社 令和元年台風第19号災害義援金
・宮城県 令和元年台風第19号災害義援金について
・Yahoo!ネット募金 10/20追記
 令和元年台風19号緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

【ふるさと納税による自治体支援】
・ふるさとチョイス 災害支援 令和元年台風19号
・ふるさと納税サイト「さとふる」 令和元年台風19号被害 緊急支援募金
・ふるさと納税サイト ふるなび [緊急]令和元年台風19号 災害支援


その他の寄付情報や被災地支援の情報全般については、こちらもご覧ください。
・全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
・東京ボランティア・市民活動センター ボラ市民ウェブ
| 次へ