CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
ブックレビュー「超福祉 SUPER WELFARE」インクルーシブ・デザインの現場 [2019年06月18日(Tue)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週火曜日は市民活動のお役立ち情報の紹介や、スタッフのブックレビューをお届けしています。

今週はたがさぽ文庫から、1冊ご紹介します。

『超福祉 SUPER WELFARE
インクルーシブ・デザインの現場』


監修:NPO法人 ピープルデザイン研究所
発行:日経BP社
2018年9月19日 発行

NPO法人 ピープルデザイン研究所HPはこちら


東京・渋谷で2014年から始まった「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」をご存知でしょうか?
紹介する本は、これまでの取り組みをまとめた一冊になっています。

超福祉展をふり返ってみますと・・・
障害のある人をはじめとするマイノリティとマジョリティの間にある“心のバリア”をクリエイティブに壊すことを目指しているイベントです。
福祉の枠を超えた幅広い分野のプレゼンターが登壇するシンポジウム、最新のモビリティ体験や超人スポーツ体験といったものを通し、従来の福祉が持つイメージを超えて、福祉を日常化させるための展示会のことです。

これまで実施した超福祉展は・・・
2014年 「カッコイイ、モノを見せる」モビリティを中心とした展示
2015年 「街への展開」 シンポジウムが中心
2016年 「ちがいを楽しむ一週間」
     プロセスを見せる企画展の開始 街にサテライトが展開
2017年 「ちがいを探しに、街へ出よう」
セッションを見せる企画展 ヒトとヒトとが交わる

これまで4回開催されたのは東京・渋谷。一見福祉とは縁遠く思える街での開催。渋谷という街がさまざまなファッションやポップカルチャーの発祥地であり、今後の日本を担う若者たちが集う街だからこそ「超福祉」を発信していくのにふさわしいのではないでしょうか?

2020年は東京オリンピック、パラリンピックが開催されます。いよいよあと1年後となりました。
障がいのある方も、そうでない方も「心のバリアフリー」な街や、その取り組みを考える機会にしてみませんか?

図書をご覧になりたい方は是非「たがさぽ」へおいでください。貸し出しもできます。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


心のバリアフリーを目指して、たがさぽでも企画しています!
参加者募集中です!

「みんなにやさしい ユニバーサルまちあるきツアーズ」

2019-06-16_30.jpg


【みんなにやさしいユニバーサルまちあるきツアーズ Vol.2】
『車いすでバスに乗って菖蒲田浜へ行くツアー』
〜車イス、公共交通機関を使って海に行けるのかツアー〜
●日  程:2019年6月30日(日) 10:00〜15:30 ※雨天中止
●集合場所:JR仙石線多賀城駅北口(多賀城市立図書館側)
●定  員:車イスユーザー3人、ほか10人程度
●参 加 費:無 料(実費として交通費等が掛かります)
●申込締切:2019年6月24日(月)まで

お申し込みはこちらからもできます 



| 次へ