CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 市民活動お役立ち情報 | Main | スタッフブックレビュー»
「たがさぽのクリスマス雑貨市」出展団体のご紹介!(その3) [2017年11月20日(Mon)]

こんにちは!スタッフの川口です!


たがさぽのクリスマス雑貨市まで、あと20日!

出展団体のご紹介、3回目です。


 00_zakkaichi.jpg


チラシのダウンロードはこちら(PDF形式)


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


NPO法人アートワークショップすんぷちょ 


◆雑貨市での出展内容◆

ペットボトルで作る楽器ワークショップ/手作り雑貨の販売

21462623_1234395489998563_6838875307814842297_n.jpg

「すんぷちょおすすめの被り物シリーズのかぼちゃのぼうし」


○団体の活動目的・内容

「すべての人にアートを」をスローガンに年齢や障がいの有無を問わず、多様な人が芸術に触れ、交流することを目的に活動しています。(誰でも参加できるダンスワークショップ「オドリノタネ」や、)舞台公演を見据えた「パフォーマンスクラス」などの自主事業の他、出張アートワークショップも。


○雑貨市での売り上げの使い道

オドリノタネという年齢や障がいの有無を問わず、誰でも参加できるダンスワークショップの経費になります。


○おすすめの一品を教えてください!

すんぷちょ被り物シリーズ第二弾!かぼちゃとトマト!


●詳しくはこちらもご覧ください。

HP→ http://www.sun-pucho.com/

Facebook→ https://www.facebook.com/Sunpdayo/


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


NEW さをりひろば 余暇よか


◆雑貨市での出展内容◆

ワークショップ実施内容:さをり織り体験(30分〜1時間) 

雑貨販売商品:さをり布で作ったストラップなどの小物から服など


商品例.JPG

「さをり布で作った小物も販売されます」


○団体の活動目的・内容

年齢や障がいの有無に関係なく、一人ひとりの個性が表れるさをり作品を目にしたことがきっかけで活動を始めました。さをり織りをすると新しい色や工夫が生まれます。織って、多くの人に作る楽しさを満喫してもらい、自己表現できる場をつくるために活動しています。


○雑貨市での売り上げの使い道

次のワークショップのための糸の購入になります。雑貨販売の収益は作者の活動資金になります(例えば、ガソリン代や糸代)


〇みなさんへひとこと

さをり織りを見て「へ〜!」

体験して「面白い!」

もっと織ると「すごい!」

出来上がると「やった!」「うれしい」


●詳しくはこちらもご覧ください。

Tag43号 → http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1804

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


多賀城将棋ラボ


◆雑貨市での出展内容◆

WS/@将棋、どうぶつしょうぎ体験 Aパステルアート体験

販売/おおきな森のどうぶつしょうぎ、どうぶつしょうぎ、缶バッチ、将棋駒


おおきな森のどうぶつしょうぎ3240円.JPG

どうぶつしょうぎの体験もできます


○団体の活動目的・内容

将棋でまちを盛り上げよう!と、多賀城市で将棋教室や将棋大会を実施しています。他にも震災復興支援で七ヶ浜町、女川町、南三陸町でも活動しています。


○雑貨市での売り上げの使い道

将棋の普及活動費になります。


○おすすめの一品を教えてください!

大きな森のどうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎから将棋へのステップアップとしておススメです!!


●詳しくはこちらもご覧ください。

ブログ→ http://tagasho.blogspot.jp/


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


日はここまで。次回は1124日(金)にご紹介します。


00_zakkaichi.jpg



「たがさぽのクリスマス雑貨市」は1210日(日)開催です。


みなさんのお越し、お待ちしてます!


地域が支え合うきっかけを学ぶ講座 [2017年11月04日(Sat)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。
本日は地域の中で自然に支え合う関係を築くきっかけとなる講座をご紹介します。

私たちにもできる
地域の支えあい実践塾
キーワードは「今のうちから」「お宝さがし」「世代間交流」
sasaeai.jpg

地域の支えあいは、若い方、年配の方、子ども、子育て中の方、引っ越してきたばかりの方・・・いろんな方に必要です。ただ、新しくお茶っこサロンだったり、イベントだったりを立ち上げるのも大変です。
今回は、地域の中で自然に肩ひじを張ることなく生まれた支えあい事例を学び、地域に活かしていく講座です。

日にち:平成29年11月24日(金)
時 間:多賀城市役所6階601会議室
参加費:無料

講 師:酒井保さん
(ご近所クリエイション主宰/ご近所福祉クリエーター)
内 容
地域の自然な支え合いの取り組み事例
身近な支えあいの取り組みを発見しよう

申 込:不要
問合せ
多賀城市保健福祉部介護福祉課
022-368-1141(内線665または666)

主催
多賀城市保健福祉部介護福祉課
NPO法人全国コミュニティライフサポートセンター
地元の食文化をおいしく食べて知ろう!「多賀城食文化まつり」 [2017年10月21日(Sat)]
こんばんは。スタッフの小橋です。
毎週土曜日は市内外のイベントをご紹介しています。


秋ですね。芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋……。
みなさんはどの秋がお好きですか? 私は断然、食欲の秋です!
この食欲の秋に、多賀城のグルメブランド「しろのむらさき」をはじめ、地元食材を使ったなべが一堂に会するイベントが開催されます!



多賀城食文化まつり
SKM_C45817102118570.jpg
多賀城古代米「しろのむらさき」お披露目会

○日 時 2017年113日(金・祝) 11:00〜15:30
○場 所 JR仙石線多賀城駅前公園
○主 催 多賀城市観光協会
○共 催 多賀城市、多賀城市教育委員会
○後 援 塩竈市観光物産協会、松島観光協会、利府町観光協会、七ヶ浜町観光協会、多賀城・七ヶ浜商工会、東日本旅客鉄道椛ス賀城駅、仙台農業協同組合多賀城支店、ゲートシティ多賀城、TAP多賀城、多賀城フェスティバル
○問合せ 多賀城市観光協会 TEL022-364-5901


*多賀城グルメブランド「しろのむらさき」商品が勢揃い!
 各先着50名様分の試食をご用意!※なくなり次第終了
*地元食材のなべが勢揃い!
*古代米日本酒「おもわく姫」試飲コーナー
 ポリフェノール入り!ワインのような日本酒をお楽しみください!

*ステージイベント
 多賀城太鼓、多賀城鹿踊、YOSAKOI、たがもんダンス、多賀城元気モリモリ体操
 などなど

*同時開催
 東大寺展プレパネル展


11月3日は文化の日。多賀城の食文化をご家族やお友達とおいしく堪能してみませんか?


多賀城市観光協会ホームページ
多賀城市観光協会Facebook



また、現在たがさぽでは「○○な秋」をテーマに、毎月発行している情報誌「tag」を、1Fロビーにて配架展示しています。ぜひお越しいただき、あなたのお好きな秋をお持ち帰りください。
DSCN0786.JPG



第19回 史都多賀城万葉まつり開催! [2017年09月16日(Sat)]
こんにちは。初めまして、スタッフの佐々木です。今後、随時ブログに参加させて頂く形になります。よろしくお願いいたします。

さて今回は、多賀城市では秋の恒例イベントであります「第19回史都多賀城万葉まつり」のご案内をさせて頂きたいと思います!

第19回 史都多賀城万葉まつり

manyou.jpg
チラシのダウンロードはこちら

日 時:2017年10月8日(日)
場 所:東北歴史博物館ほか
主 催:多賀城市万葉まつり実行委員会
共 催:多賀城市・多賀城市教育委員会・東北歴史博物館
生涯学習100年構想実践委員会・公益社団法人塩釜青年会議室・七ヶ浜町


内 容
万葉衣装時代行列

万葉ステージ
 琴演奏 笙演奏 巫女おどり 曲水の宴
 古代横笛 短歌詠唱 万葉の踊り 和歌読み上げ
 和歌朗詠 射的

一般参加ステージ
 舞踊他

茶席・販売・体験コーナー



祭りの内容としては、日本最古の歌集「万葉集」の編者であった大伴家持をしのぶ祭りで、万葉衣装を身につけての万葉行列をはじめ、ステージでは笙の演奏や万葉踊りの披露、古代横笛の演奏、家持の歌の朗詠など行います。

さて、今回で19回目を迎える「史都多賀城万葉まつり」ですが、「史都」ってあまり聞かない言葉だと思います。簡単な意味としては「歴史上の古跡の多い都市」という意味ですが、その中で3代史跡と呼ばれているのが奈良市の「平城京」・太宰府市の「太宰府跡」そして多賀城市の「多賀城」です。

いまから1300年前に多賀城には日本の政治や軍治を行う国府が存在し、その跡地として多賀城市市川地区に政庁跡が残っています。史跡のある都として、多賀城のことを「史都」と呼んだりします。かつての先人、先祖の文化を偲ぶと共に現在の多賀城の繁栄を願うお祭りです。是非とも皆さんお出かけになっては如何でしょうか!
環境に興味ある方へ!身近なことから環境を考える「MELONフェスタ」 [2017年09月09日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
本日2度目の更新です。
毎週土曜日はイベント情報をお届けしています。

今回は、環境について考えるきっかけとなるイベントです。

MELONフェスタ

melonfes.jpg
チラシのダウンロードはこちら

日時:9月23日(土)13:30〜16:00
会場:仙台市シルバーセンター 7F
参加費:無料

内容
MELONの活動が分かる部会・プロジェクトや会員企業・団体、学生サークルのブースが大集合!
詳しくはチラシをご覧ください。

主催公益財団法人みやぎ・環境とくらしネットワーク(MELON)

連絡・問合せ先
電話:022-276-5118
FAX:022-219-5713
E-mail:melon@miyagi.jpn.org

宮城県で環境について考え、地球を守るために活動しているMELONさんによる恒例のイベント。普段の生活の中で環境について考えることができる企画が盛りだくさんです。
おいしいスイーツとおしゃべりを楽しもう!9/24(日)開催「週末ママカフェ」のご案内 [2017年09月03日(Sun)]
こんにちは。スタッフの阿部です。

本日は、9月24日(日)に開催する
「週末ママカフェ」のご案内です。

ママカフェ画像.png

こちらのイベントは、昨年10月に当センターで開催した事業「Happy Mama Salon〜私の子育てから地域の子育てへ」(当日の様子はこちら→)の参加者のみなさんが中心となり考えた企画です。企画を考えたのは、主に未就学児のお子さんを持つママ達です。子育てをしている中で、どんな時間を過ごしたいかを話し合う中で、「おいしいお菓子を食べながら、おしゃべりがしたい」という声から生まれました。平日に働いている方も来やすいように、開催日を週末にしました。

子育ての合間にほっと一息つきたい方、おいしいスイーツを食べて、楽しくお話しして癒されたい方、お気軽にご参加ください。

日 時:2017年 9月24日(日) 10:00〜12:00
会 場: 多賀城市市民活動サポートセンター 2F 第1和室
対 象: 子育て中の方(市内、市外は問いません)
参加費: 実費分(お茶、お菓子代として。300〜500 円以内)
申込: 下記申込みフォームからお申込みください。
「お申込みフォーム」https://ssl.form-mailer.jp/fms/75becb1a501822
申込期限: 2017年9月 20 日(水)

* 託児はありませんが、お子さまと一緒にご参加いただけます。お子さまがお好きなおもちゃなど、各自ご準備をお願いします。
* お子さまの食べられるものはご家庭によって異なると思いますので、提供するスイーツは基本的に大人分のみとさせていただきます。
(同伴されるお子さま分のオヤツが必要な場合は、各自ご持参をお願いします。)
「Tagajo Teen’s Talk!」ふたたび [2017年08月05日(Sat)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
毎週土曜日は、イベント情報をお届けしています。

この夏は、南東北3県で「全国高等学校総合体育大会」、宮城県で「全国高等学校総合文化祭」が開催され、多くの高校生が全国から訪れました。多賀城も、バレーボール女子(総合体育大会)、日本音楽、吹奏楽、ボランティア(以上、総合文化祭)の会場となり、出場・出演・参加、そして運営ボランティアとして多くの高校生が活躍しました。

さて、多賀城で活動している中高生の団体「iRIS(アイリス)」。4月のイベント後、あやめまつりへの出展などを経て、この夏、たがさぽで再びイベントを開催します。

DSCN9448.JPG
DSCN9447.JPG
(あやめまつりへの出展の様子)


第2回

Tagajo Teen’s Talk!


自分たちも含めて若い世代がもっと多賀城について知ったり考えることで、多賀城を盛り上げたり魅力をもっと伝えられるのではないかと考えて「iRIS(アイリス)」を立ち上げたのが今年の冬。そして4月には、「多賀城ってどんなまち?」をテーマに、若者の目線で多賀城について話すイベント「Tagajo Teen’s Talk!」を開催し、和気あいあいと多賀城についていろんな話をしました。
 ※4月のイベントの様子はこちらをご覧ください。
・iRISブログ → ●○●
・たがさぽPress → ☆★☆

今回は、4月のイベントで参加者から出された多賀城のイメージや知っている「もの・こと・人・場所」を土台に、さらに多賀城について話したり、魅力などを探っていくワークショップを行います。前回同様、参加者同士楽しみながらあれこれ話すことで、多賀城について新たに知ることがあったり、これまでとは違った多賀城の魅力を発見することができるのではと思います。

内容は多賀城がメインですが、多賀城に住んでいなくても参加できますので、多くの中学生〜大学生のみなさんのご参加をお待ちしています!また、親御さんからお子さんにお声掛けいただければと思います。

イベントの概要は以下の通りです。
日時:8月12日(土)13:00〜16:30
場所:多賀城市市民活動サポートセンター 3F交流サロン
費用:無料
対象:中学生〜大学生
定員:15名
主催:iRIS
申し込み方法など詳細は、こちらをどうぞ → ○●○

iRISについては詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。
ブログ twitter
Posted by わたなべ at 11:40 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
みんなで作って盛り上げるジャズイベント [2017年07月29日(Sat)]
こんにちは。スタッフの小林です。
土曜日は市内外のイベントや講座、NPOの法人数の情報をお届けしています

さて、今日ご紹介するのは
秋の仙台の風物詩
定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台

画像@.png

1991年に実行委員会が立ち上がり、その年の9月に定禅寺通り、東一番町通り、勾当台公園で第1回を開催。以来毎年9月に開催されています。
2000年の第10回からは、9月の第2日曜日と前日の土曜日の2日間へと規模を拡大して開催しています。

ステージ提供や協賛協力をしている商店街や企業、フェスティバル当日の運営に関わるボランティア、昔からのお祭りのようにほとんど手作りでフェスティバルの準備をする実行委員。そんな多くの人々が関わり、みんなで作るフェスティバル定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台です。

今年で27年目を迎えますが、イベントを支えるボランティアの応募状況が思わしくないと先日新聞に掲載されていました。運営側としては、2日間で延べ1000人のボランティア確保を目標にしていますが、参加申込は約100人にとどまっているそうです。(7月18日(火)河北新報掲載の情報)

仙台の街を訪れる観客はもとより、演奏参加者、このお祭りを作っている実行委員やボランティアすべての人が、一体となって音楽を楽しむこのイベント。あなたも参加して、この感動を味わってみませんか?

〇どんなボランティアをするの?
・ステージ・・・バンド演奏の行われるステージでのお手伝い、インフォメーション、カンパ活動、観客誘導 など
・ブース・・・グッズ販売、公園での飲料販売、観客へのパンフレット配布、インフォメーション、カンパ活動 など
・警備・・・ストリート・ナイトステージでの観客誘導、通行止め・解除など
・エコ・・・本番当日のリサイクルステーションでのゴミの分別・回収 など

〇ボランティア経験者の声
♪演奏者、来場者の両方に楽しんでもらえ、達成感が味わえる。
♪音楽に包まれながらステージマネジメントも学べ、特に若い人にはいい経験になる。


★ボランティアをやってみようかな・・と思ったらこちら
★定禅寺ストリートジャズフェスティバルについてはこちら


お問合せ
公益社団法人 定禅寺ストリートジャズフェスティバル協会
〒980-0803
宮城県仙台市青葉区国分町3-8-3 新産業ビル304
TEL.022-722-7382
FAX.022-722-8461
10:00〜18:00 (祝祭日を除く月〜金)
多賀城中学校美術部 作品展開催中! [2017年07月28日(Fri)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
小中学生、高校生のみなさん、夏休みに入りましたね!まだ梅雨も明けておらず、不安定な天気が続きますが、夏はまだまだこれからです!素敵な夏休みになるといいですね。

夏休み、生徒のみなさんの成果発表も行われています。現在、たがさぽ2、3階のフリースペースでは、多賀城中学校美術部の生徒さんによる、作品展が開催中です!

*2階*

1.JPG

2.JPG

3.JPG


*3階*

4.JPG

5.JPG

6.JPG

感想ノートにぜひコメントをお寄せください。アンケートのご協力もお願いします!


*期 間:〜8月3日(木)※水曜は休館日
*時 間:月〜土:9:00〜21:30、日祝:9:00〜17:00
※最終日の8月3日のみ15:00頃まで

*場 所:多賀城市市民活動サポートセンター 2,3階フリースペース

ぜひお近くで生徒さんたちの日頃の成果をご覧ください。色づかい、線のタッチなど、生で見ると生徒さん一人ひとりの個性を感じることができます。


また、1階ロビーでは、【学生】や【アート】をテーマとした書籍やフリーペーパーをご紹介しております。ぜひ併せてご覧ください。

7.JPG

ご来場お待ちしております!


たがさぽのフリースペースを使ってみたい!という方はぜひ一度お問い合わせください。
多賀城市市民活動サポートセンター
TEL:022-368-7745
多賀城にも民話がたくさんあります。「民話を語る会」を聴きに行きませんか? [2017年07月15日(Sat)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。
土曜日は市内外のイベントや講座、NPOの法人数の情報をお届けしています。

先週ご紹介した「多賀城ビアサミット」。本日も開催していますのでお時間のある方、多賀城駅をご利用の方はぜひ覗いてみてくださいね。
今年も開催!多賀城ビアサミット2017

さて、本日ご紹介するのは多賀城の伝説・民話に関するイベントです。
多賀城にはたくさんの伝説が残されています。
たとえば八幡地区の末の松山には、猩々という伝説上の生き物が少女に津波のことを伝えるという「こさじ伝説」が残っています。
市川には、起こすことで疫病が流行したため伏せたままにしているという「伏石」の伝説があります。
興味のある方は多賀城市観光協会のウェブサイトをご覧ください。

そして、そんな伝説を地元の語り部によって聴くことのできるチャンスがあります。

多賀城民話の会 設立30周年記念
民話を語る会

minwa.jpg
チラシはこちら

日時:平成29年7月29日(土)13:00〜15:00
会場:東北歴史博物館講堂3F
主催:多賀城民話の会
後援:多賀城市教育委員会、東北歴史博物館

多賀城民話の会は、地元の人たちによって地元の民話・伝説を残し、伝えていくために活動する団体です。民話の中から改めて多賀城の魅力や歴史を知ることができますし、あるいは災害の教訓となっているものもあります。先人の教えを語り継ぎ、活かしていくことも大事ですね。この機会にぜひ一度多賀城の民話にふれてみてはいかがでしょうか。
| 次へ