CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 事業のご案内/ご報告 | Main | スペシャル・リポート»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
10月19日(土)開催の『多賀城のはたらく外国人』に参加しました。 [2019年10月28日(Mon)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回のブログは
10月19日(土)に開催された多賀城市国際交流協会さん主催の市民公開講座『多賀城のはたらく外国人 〜外国人技能実習生について知ろう〜』の内容をお届けします。
こちのらの講座の開催にあたっては、たがさぽもご協力をさせていただきました。

さて
講座は、はじめに多賀城市国際交流協会会長のあいさつからスタートし、続いて「外国人技能実習制度について」のお話がありました。

2019-10-19-01.JPG
こちらは共催の宮城県国際化協会(MIA)より、統括マネージャーの大泉さんがご担当され、制度の移り変わりと現在の状況、宮城県や多賀城市内の外国人技能実習生の人数、技能実習の受け入れなどの内容でした。

なかでも、地域での受け入れについては、他の地域での色々な取り組みとして、実習生が観光PRに協力したり、小学校を訪問して実習生の自国の文化を紹介したりなどの例を挙げていました。


ミニ講座の次は、多賀城の企業での先進事例紹介です。
今回、ご登壇されたのは3社です。

●ユニベール株式会社 ソーイング事業部 仙台工場(カーテン縫製)
2019-10-19-02.JPG

●株式会社 武蔵野 仙台工場(食品)
2019-10-19-03.JPG

●株式会社 斎藤工務店(建設業)
2019-10-19-04.JPG

それぞれの企業ではミャンマーやベトナムの方を技能実習生として受け入れているそうです。
お話のなかでは、技能実習生の方々の仕事内容や、企業側の受け入れ態勢についてのお話のほか、実習生のトラブル事例なども、ざっくばらんにお話しされていました。

ちなみに、トラブルの例としてはゴミの出し方を挙げていて、ゴミ出しに関するルール(指定の袋や分別など)が実習生の立場からすると覚える事が多く難しいようです。

その他にも、外国人技能実習生の受け入れについて、企業の皆さんから、今回講座に参加されている地域の皆さんにお伝えしたいことなどのお話もありました。武蔵野さんや斎藤工務店さんからは、「実習生の方は日常会話の声が大きく、日本人がその声を聴くと『実習生同士で何かトラブルが起きたのかな?』『何か騒いでいるのかな?』というぐらいの声量ですが、楽しく語らっているだけなのでご理解をいただきたい」との話がありました。


次は『技能実習生の日常をきいてみよう!』ということで
ユニベール株式会社からミャンマーの技能実習生2名、株式会社武蔵野からはベトナムの技能実習生3名の方にご登壇いただきました。
2019-10-19-05.JPG

このコーナーでは多賀城でグローバル人材の育成を目指し、英語の学習支援や異文化に触れる機会を作るための学び場を提供する市民活動団体『多賀城イングリッシュサポーターズ(TES)』のスタッフの方が進行役として協力されていました。

実習生の方々には、出身国のことや、普段のお仕事や生活などのお話と、参加者からの質問コーナーなどに答えていただいていました。
質問コーナーでは「日本でやってみたいことは?」という質問が参加者からありました。実習生の皆さんからは「ディズニーランドや東京タワー、富士山などに行ってみたい」との回答があり、会場も和やかな雰囲気でした。


最後は登壇者と参加者を含めた交流会です。
2019-10-19-06.JPG
交流会では、ベトナムの蓮茶やミャンマーのミルクティーが用意され、皆さんがお茶を飲みながら楽しくお話をされていました。

今回の講座では多賀城だけではなく、日本の多くの地域で受け入れが増えていると思われる外国人技能実習生について“知る・考える”よいきっかけになりました。
こうした機会が今後も継続されることが、だれもが暮らしやすい地域になることにつながっていくのだと感じました。
 
 
 
『多賀城のはたらく外国人』にちなんだ展示をしています! [2019年10月15日(Tue)]
このたびの台風19号で被害に遭われました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

当ブログでも、台風19号被害・支援に役立つ情報を掲載しています。
情報をお求めの方は下記のリンク先をご覧ください
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/2609

=====================================

こんにちは、スタッフの武内です。
 
たがさぽの1階ロビーの一角では、たがさぽの講座やイベント、多賀城に関する情報などを展示しています。
 
今は10月19日()に開催される『多賀城のはたらく外国人 〜外国人技能実習生について知ろう〜』に関連した展示をしています。
2019-10-15_00.JPG
 
 
講座の内容やお申込みについては下記のブログ記事をご覧ください。
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/2601
 
 
展示では
2019年6月にたがさぽが企画・実施した「みんなにやさしいまちあるきツアーズ 外国人と一緒にあやめまつりへ行こう」の様子をまとめたものや
2019-10-15_02.JPG
 
 
外国人を含む多様性を考えるたがさぽ文庫所蔵の本の紹介
2019-10-15_03.JPG
 
 
国際交流の支援している団体の発行物や、たがさぽのニューズレター「tag」で国際交流に関連したテーマを取り上げた回をピックアップし、市民の皆さんにご覧いただけるようにしています。
2019-10-15_04.JPG

国際交流や外国人支援に興味・関心がある方はぜひ足を運んでみてください。
 

ちなみに
10月19日(土)に開催される『多賀城のはたらく外国人 〜外国人技能実習生について知ろう〜』では参加者を引き続き募集しています。当日は技能実習生の方との交流タイムもありますので、気になる方はぜひご参加ください。
2019-10-15_01.JPG

 ●申込フォーム→★★★
 
 
 
第17回 クリーンキャンペーンに参加してきました! [2019年08月04日(Sun)]
こんにちは
スタッフの武内です。

7月末の梅雨明けちょっと前ぐらいから毎日暑い日が続き、梅雨明け宣言後は太陽も一段と元気を増して、まさに『夏本番!』といった気候が続いています。

そんな夏といえば
学生なら夏休み!
社会人ならお盆休み!
といった長期のお休みがありますね!!

特に、お盆の休みには故郷への帰省を考えている方も少なくないと思います。
その中には多賀城が故郷という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうした多賀城に帰ってくる方々を「きれいな多賀城駅前で迎えたい」という想いから始まったのがクリーンキャンペーンです。
今年は8月2日(金)に実施されました。

cp2019-08-02_01.JPG

主催しているのは多賀城市建設災害防止協議会さんです。
団体は多賀城市に事業所を置く土木・建設・水道・電気・造園に携わる企業が集まり1989年に設立され、工事現場の事故防止の他、地域の健全な発展を目的に掲げて約50社が参加しています。
2001年には多賀城市と「災害時における応援協力に関する協定」を結び、東日本大震災では重機による車の片付けやブロック塀の撤去など復旧に尽力しました。
その他にも多賀城市の総合防災訓練での協力や、大雨など災害のおそれがある時は自前の土のうを大代や山王の公民館へ配置し市民に提供しています。

クリーンキャンペーンは多賀城市建設災害防止協議会さんが地域や社会への貢献を考えたときに、前述の想いが活動の出発点です。
そして、2002年から始まったこの取り組みは、今回で17回目を迎えています。


cp2019-08-02_02.JPG
こちらはJR仙石線多賀城駅前の路上に貼り付いた"ガム"を剥がしています。


cp2019-08-02_03.JPG
こちらはJR仙石線多賀城駅周辺の街路樹の周りに生えた草を取り除いています。


cp2019-08-02_04.JPG
駅から見える砂押川の防潮堤の植え込み周辺の草を取り除いています。


ちなみに、たがさぽスタッフは前回の16回目にも参加させていただきました。
その時の様子はたがさぽが発行するニューズレターtagのVol.71に掲載していますのでこちらもぜひ、ご覧ください。


暑いなかでのキャンペーンでしたが
cp2019-08-02_05.JPG
このように、多賀城に帰ってくる人たちをお迎えする準備が今年も整いました。


たがさぽPressの曜日テーマの変更について [2019年08月01日(Thu)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!
ようやく宮城も梅雨があけ、毎日暑いですね。

さて今日は、
「たがさぽPress」の曜日テーマの変更
についてのお知らせです。
8月から、以下のような曜日テーマ及び内容で、記事を掲載していきます。

○月曜日…たがさぽの講座・イベントなどの告知や報告
     たがさぽの日常、たがさぽの役割・機能の紹介
     ※日・火曜日に掲載の場合もあり

○木曜日…市民活動団体の紹介、各地の取り組み・プロジェクトの紹介
     市民活動団体・地域団体のイベント紹介

○土曜日…市民活動お役立ち情報、資金調達・助成金、ブックレビュー
     データから分かる多賀城、NPO基礎知識
     NPO法人数の紹介(※月曜日に掲載の場合もあり)

●日曜日・金曜日…たがさぽからのお知らせや
         「○○に行ってきました」などを随時掲載(不定期)

今後とも、たがさぽPressをよろしくお願いいたします!
Posted by わたなべ at 09:00 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
本日より開館 今年もよろしくお願いいたします [2019年01月05日(Sat)]
あけましておめでとうございます。

本日1月5日(土)9:00より、多賀城市市民活動サポートセンターの2019年が始まりました。

みなさんはどんなお正月をお過ごしでしたか。
たがさぽスタッフはお休みをいただき、力を蓄え、気持ちも新たに、今日の日を迎えました。

本年も「多賀城のまちをもっと元気にしたい」という想いを応援してまいります。
地域で活動する団体や開催されるイベント情報の収集に、講座に参加したり、相談したり、打ち合わせの場所として、たがさぽをご活用ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


スタッフ一同
2018年のおわりに [2018年12月27日(Thu)]
みなさん、こんばんは。

2018年の開館は、本日が最終日となります。

一年間、たがさぽをご利用いただき、まことにありがとうございました。
たがさぽが10周年を迎えた2018年。今年も多くの方にご利用いただき、新たな活動やつながりを生み出すことができました。

2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。

DSCN5004.JPG


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


★年末年始の休館日について

たがさぽは、明日12月28日(金)〜2019年1月4日(金)の期間を、年末年始の休館日とさせていただきます。
2019年は、1月5日(土)9時より開館いたします。
休館期間中、ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどお願いいたします。

詳しくは、下の画像もご覧ください(クリックで拡大します)。

20181228.jpg

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


★現在参加者募集中のイベント

○TAGAJO Sustainable Relationship(TSR会議) Vol.2
多賀城発、ローカル版CSRで新たな地域連携モデルを!今回は「障害者×企業×地域」にスポットをあてます。

●日時:2019年1月22日(火)14:00〜17:00
●会場:PUBLIC HOUSE 多賀城(蔦屋書店・多賀城市立図書館 内 3F)
●プログラム:
 ・ゲストトーク「多様性をみとめるまちづくり」
   NPO法人ピープルデザイン研究所 ディレクター 田中真宏氏
 ・シンポジウム
  全員参加型会議「だれも取り残さない社会を目指して」
●お申し込み:こちらのフォームからお願いします。
 

○たがさぽカフェ
お茶やお菓子をいただきながら、おしゃべりしませんか。あわせて、たがさぽについて知ることのできるコーナーも設けます。

●日時:2019年1月14日(月・祝)10:00〜11:00、14:00〜15:00
    2019年2月14日(木)11:00〜14:00

    ※3月も企画中です。
●会場:たがさぽのフリースペース
●お申し込み:不要。直接会場にお越しください。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


それでは、良いお年を、お過ごしください。
Posted by わたなべ at 21:30 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
最近の1階ロビーの様子 [2018年08月24日(Fri)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
今日は台風の影響か、風が多少強く雨も降っているたがさぽです。外出の際は、お気をつけください。

さて、たがさぽ入り口の自動ドアの横に、お知らせや展示があるのを見たことがある方も多いと思います。
(来館時よりも、帰る時の方がよく見えると思います)

先日までは、NPO法人ドットジェイピー宮城支部とたがさぽのコラボ展示を行っていました。
詳しくはこちらをご覧ください↓
○たがさぽPress『若い世代が地域や社会に関心を持つには?プチ展示企画やってます』(2018年7月30日掲載)


そして…、今はこんな感じになっています。
DSCN3776.JPG


右側では、9月2日(日)に開催するたがさぽ講座の告知を兼ねて、ゲスト関連の書籍を紹介しています。
DSCN3778.JPG
ちなみに今回ゲストとしてお迎えする尾野寛明さんは、以下のような取り組みをしています。
・学生時代に古書店を起業(東京で起業し、のちに会社を島根県に移転)
・過疎地で、障がいのある方の就労支援に取り組み、地域のさまざまな仕事を障がい者が担うしくみづくり
・全国各地で行っている「地域づくり実践塾」を通して、誰もが持っている想いやできることを地域で活かす後押しを行い、活動をはじめるきっかけづくり

講座「新・地域づくりの方程式」は、現在も参加者募集中ですので、地域で活動中の方、これから何かしたいと考えている方、起業に興味がある方、ゲストの尾野さんの取り組みに興味のある方などなど、ぜひご参加ください!

◆TAGAJO Future Labo スペシャルトーク
 「新・地域づくりの方程式 自分×X(エックス)×地域=未来」
○日時:2018年9月2日(日)10:00〜12:00
○会場:山王地区公民館
○ゲスト:尾野寛明さん(有限会社エコカレッジ代表取締役)
○お申し込みはこちらからどうぞ! →
 地域づくりの方程式


そして左側には、
DSCN3777.JPG
たがさぽのかぶりものが置いてあります。先日開催したたがさぽ開館10周年記念イベントのゲスト・西川正さんにつくって持ってきていただきました
この前、将棋大会で来館していた少年たちがかわるがわるかぶっていました。
西川さんと記念イベントについては、こちらをご覧ください↓
○たがさぽPress『うれしい・たのしいから見つける未来のカギ「トークイベント」レポート!』(2018年7月29日掲載)


今後とも、このスペースを使って、いろんなお知らせや展示をしていきますので、ご来館の際には、ぜひお立ち寄りください。
Posted by わたなべ at 11:19 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
わたしたちは たがさぽスタッフです! [2018年07月27日(Fri)]
こんにちは。スタッフの小橋です。

たがさぽ開館10周年イベントに合わせ、たがさぽ1階ロビーにて「たがさぽスタッフの紹介」をはじめました!

DSCN3496.JPG

総勢11名+1匹?です。

DSCN3492.JPG

スタッフの好きなものも書いてみたので、好きなものが被ったりしていたら、話しかけてみてください♪ たがさぽちゃんは多賀城のまちがだいすき。どんないいところが挙げられるでしょうか?いっしょに考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

もうひとつ、相談対応でそれぞれのスタッフができることを書いてみました。たがさぽちゃんは握手とハグができるようですね。活動に一息入れたいときは、たがさぽちゃんにぎゅーっとしてみてください。きっと癒しと元気をもらえますよ^^

具体的な活動相談はたがさぽスタッフまで(笑


個性豊かなたがさぽスタッフが、みなさんのご来館をお待ちしております!

今後ともよろしくお願いします!
【開館10周年記念イベント】たがさぽヒストリーB・たがさぽリニューアル後〜現在・そして未来へ [2018年07月16日(Mon)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

7月22日(日)実施の
多賀城市市民活動サポートセンター開館10周年記念イベント
うれしい・たのしいから
見つける未来のカギ

に向け、たがさぽの10年を振り返ってきました。

たがさぽヒストリー@
たがさぽヒストリーA

今回はその続き(最終回)です。
2014年のたがさぽリニューアルから、2018年(現在)までのトピックスとして、以下の3点が挙げられます。

○利用者・団体の企画で、フリースペースを活用!

○「何かしたい!」という個人の想いをかたちに!
○地域に飛び出すたがさぽ!

では、ひとつずつお話します。

利用者・団体の企画で
フリースペースを活用!

たがさぽリニューアルの際に2・3階にフリースペースが設置され、少人数での打ち合わせなどでご利用いただいています。そしてさらに、「この場所をどのように活用するか?」をテーマにリニューアル半年後にたがさぽ主催で行ったワークショップで参加者がイベントを企画し、実施しました。
EFBC92-a4aa5.JPG
自分を見つめなおすイベント「拝啓、1年後の私へ」の様子

DSCN0872.JPG
フィリピンでの台風被害の報告・現地の人たちに想いを寄せる
「フィリピン絆プロジェクト」のイベントの様子


2015年度からは本格的にイベントや展示での利用を受け付けはじめ、これまで約30団体にご利用いただきました。

DSCN5984.JPG
本の交流会
DSCN6198.JPG
さをりひろば余暇よか・さをり織り展示&体験会
DSCN0038.JPG
iRIS「Tagajo Teen's Talk!」
DSCN9141.JPG
IDAHOたがじょう


フリースペースのイベント・展示利用については、随時受け付けています。
詳しくはこちらをご覧ください。
フリースペース利用


「何かしたい!」
という個人の想いをかたちに!

たがさぽの窓口や講座・イベントなどの際にいろんな方にお話を聞くと、「団体に所属するほどではないけど何かやりたい!」「○○に地域で取り組みたい!」という声も出てきました。
そこで、個人の想いにスポットを当てる連続講座として、2015年度から「TAGAJO Future Labo(TFL)」がはじまりました(今年度で4年目)。過去3年で約30名の受講生がそれぞれ自分の想いを言葉にしたりプラン化していき、さまざまな実践や人のつながりを生んできました。
DSCN1939.JPG
TFL第1期(2015年度)1回目講座・受講生の想いを聞きあう
DSCN6492.JPG
TFL第2期(2016年度)2回目講座・活動者の現場を訪問
DSCN2235.JPG
TFL第3期(2017年度)7回目講座・発表会@
DSCN2270.JPG
TFL第3期(2017年度)7回目講座・発表会A


また、以前より実施していた「NPOいちから塾」や地域づくりに関わるきっかけづくりの講座でも、個人の想いに触れる場面を増やすことで、そこから新たな活動がはじまるケースも出ています。

地域に飛び出すたがさぽ!

・NPOの絵本展(2015年度〜)
NPOがつくったり、さまざまな社会課題を扱う絵本をたがさぽでは収集していて、各地のイベントに参加して絵本の展示や読み聞かせを行っています。約2年で10ヵ所以上のイベントに参加し、多くの方に絵本を読んだり触れたりしてもらいました。
・蔵書一覧はこちら → NPOの絵本たち
2017-05-20 9 22 57.jpg
鶴ヶ谷児童館こどもまつりに参加(2017年)
DSCN0720.JPG
塩釜えほん村あきまつりにて(2017年)


・町内会の活動を知る・サポートする
たがさぽの特徴のひとつである町内会の活動支援。新たな地域づくりに向けてのモデルに選ばれた高橋地区の活動支援(2014〜16年度)に携わったり、各町内会の活動や課題を知るための聞き取り(2015〜16年度)及びアンケート調査(2017年度)を実施。また、町内会の活動に関する相談を随時行ってきました。
DSCN8221.JPG
2017年3月には、「あつまれ!地域の知恵袋」を開催し、町内会の取り組みや課題について情報交換しました。


・企業と地域をつなぐきっかけづくり
これまでも企業からの地域貢献活動に関する相談はありましたが、震災後はじめて、2017年度に多賀城の企業を対象にアンケートと聞き取り調査を行いました。そのまとめとして開催したイベント「Tagajo Sustainable Relationship(TSR)」では、多くの企業の方や地域で活動する方が参加し、つながるきっかけとなりました。
DSCN1491.JPG
「Tagajo Sustainable Relationship(TSR)」の様子
(2018年3月)



今後ともスタッフ一同、より楽しい多賀城、より暮らしやすい多賀城をつくり出すための市民のみなさんの活動やチャレンジを応援していきます。ぜひ、たがさぽにいらしてください!


いよいよ来週日曜日に迫りました10周年記念イベント。
一緒に、未来の多賀城のカギを探しましょう!
スタッフ一同、お待ちしています!

多賀城市市民活動サポートセンター開館10周年記念イベント
うれしい・たのしいから
見つける未来のカギ

10th_image_small.jpg

チラシのダウンロードはこちらから(PDF)


【イベント概要】
○日 時:2018年7月22日(日)10:00〜16:30
○会 場:多賀城市市民活動サポートセンター
○参加費:無料
○プログラム:
●たがさぽの七夕雑貨市(10:00〜14:00)※出入り自由
●トークイベント(13:00〜16:30)※事前にお申し込みをお願いします。

○イベント詳細・お申し込みはこちらからどうぞ! → 
Posted by わたなべ at 13:37 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
【開館10周年記念イベント】たがさぽヒストリーA・震災後〜リニューアル記念イベント [2018年07月15日(Sun)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。

7月22日(日)実施の
多賀城市市民活動サポートセンター開館10周年記念イベント
うれしい・たのしいから見つける未来のカギ

に向け、たがさぽの10年を振り返っていきます。

昨日のブログでは、たがさぽ開館から震災直後までをふりかえりました。

今回はその続きです。


◎震災後のたがさぽ
〜被災者への情報提供



震災による被害を受けて、たがさぽは4月10日まで臨時閉館としていましたが、4月11日に仮開館、6月2日(木)に正式開館し、被災者支援を行う団体の拠点となったり、市内外の支援のコーディネートを行ってきました。
段々と、被災者に漏れなく支援の情報が行き届いていなかったり、公的な支援から零れ落ちてしまうニーズがある現状が明らかになり、たがさぽではこうした状況に対応していくために、公的サービスだけでなく民間の支援も漏れなく市内の被災者に届けるため、情報収集・発信を行っていくこととしました。

その一つが、多賀城市震災復興応援情報誌「えん+じん」

掲載用2.JPG

多賀城市全戸に配布し、NPOによる相談窓口や支援情報、復興に取り組む団体の情報を届けました。
現在は、「えん+じん」の代わりに地域の取り組みなどを発信する「tag」を発行しています。
「えん+じん」バックナンバーはこちら

もう一つが、応急仮設住宅へのチラシラックの設置です。

E58699E79C9F.JPG

当時、市内6か所にあった仮設住宅にチラシラックを設置し、公的支援の情報の他、NPOによる支援やイベント等の情報を届けました。

また、開館当初から実施している「NPOいちから塾」も復興をテーマとしたり、被災者支援に取り組む人たちへの情報交換・研修会を開いたりしました。


◎雑貨市がスタート
〜いろんな支援のカタチ



2013年度より、今では毎年恒例となっている「たがさぽのクリスマス雑貨市」がはじまりました。NPOを立ち上げる、ボランティア活動をはじめる講座だけでなく、雑貨を通してフェアトレード、福祉、復興・・・さまざまな活動に触れ、買うことで支援につながることを知ってもらおうとはじまった企画です。

IMG_20161204_110708.jpg

7月22日(日)のたがさぽ開館10周年記念イベントでも雑貨市を開催しますのでぜひ遊びに来てくださいね。


◎たがさぽ改修工事
〜たがさぽがもっと使いやすく



2013年6月〜2014年3月、たがさぽは改修工事を行いました。

before
DSC00849.JPG

after
img_taga_c.jpg

外観を見ていただくと分かる通り、以前はエントランスにあたる部分の2階、3階がありませんでした。改修によってこの部分にエレベーターとフリースペースができたのです。
あとは補修や暖房設備の入れ替えなど、全館的にさまざまな改修を行いました。


◎リニューアル記念イベント開催
〜みんなでワクワクするまちをつくる



たがさぽのリニューアル、そして6周年を記念し、2014年5月31日、6月1日に「みんなのアイディアでまちのワクワクをつくろう」を開催しました。
多賀城かべ新聞ワークショップ、雑貨市、多賀城の鍋食べ比べ、トークイベントとさまざまな企画を実施しました。
多賀城の魅力を再発見したり、さまざまな活動にふれたり、いろんな人がアイディアを持ち寄ったり、タイトルの通りワクワクを生む2日間になりました。

21.JPG
トークイベント会場の様子

詳しくはこちらをご覧ください。


17のエピソードからこれまでのたがさぽを振り返る「たねまく」も合わせて発行しました。

thm_tamaneku.png
PDF版はこちら


・・・たがさぽヒストリーはBにつづきます。



多賀城市市民活動サポートセンター開館10周年記念イベント

うれしい・たのしいから見つける未来のカギ

10th_チラシオモテmini.jpg
★10周年記念イベントチラシ.pdf


      
○日 時:2018年7月22日(日)10:00〜16:30
○会 場:多賀城市市民活動サポートセンター
○参加費:無料
○プログラム:
 ●たがさぽの七夕雑貨市(10:00〜14:00)
 ●トークイベント(13:00〜16:30)

  トークイベントの申込受付中です。申込はこちら→

詳しくはこちらをご覧ください。
| 次へ