CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 施設利用ご案内 | Main | たがさぽ日記»
心に残る広報のコツを学ぶ!「伝わる広報」参加者募集! [2017年08月19日(Sat)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
今回は、当センターで開催する講座のご案内です!


伝わる広報

tsutawarukoho.jpg

↑画像をクリックするとpdfデータが開きます



多賀城市市民活動サポートセンターでは、地域や社会のために活動する市民活動団体のみなさんや、地域の魅力や課題を多くの人に伝えたいと考えている方に向けて、情報発信・広報活動の課題解決の一助としていただくため、講座を開催いたします。

「自分たちの活動のことや地域の魅力を多くの人に伝えたい!でもどうやって……?」

こんな悩み、解決します!

この講座では
だれに
なにを
どのように

伝えるかをあらためて考え、そのうえで多くの人たちの心に残る広報のコツを学びます。



<開催概要>

伝わる広報 ※全3回連続講座
○会 場:多賀城市市民活動サポートセンター
○対 象:地域や社会のための活動をしている方、地域の魅力や課題を発信したいと考えている方
※営利活動へ生かしたいとお考えの方の参加はご遠慮ください。
○注 意:
・この講座は3回連続の講座となっています。いずれかのみの参加も可能ですが、全てに参加される方優先となります。団体として参加を希望される方は、各回で人が変わっても構いません。
・3回目の「SNS活用講座」はすでにSNSを利用されている方向けの内容です。これから利用予定の方は、事前に使い方を調べておくことをおすすめいたします。

@心に残る文章を考える
日 時:929日(金) 18:30〜21:00
内 容:座 学/広報に役立つ!文章術
    ワーク/団体・活動紹介文を作ってみよう!
講 師:大泉 浩一 氏(一般社団法人メディアデザイン代表/ライター、編集者)

Aたくさんのチラシの中から
あなたのチラシを見つけてもらう方法

日 時:106日(金) 18:30〜21:00
内 容:座 学/チラシデザインの考え方
    ワーク/チラシを作ってみよう!
講 師:菅原 孝行 氏(checkmate design代表/グラフィックデザイナー)

Bみんなはどうしてる?
SNS活用方法シェア会

日 時:1013日(金) 18:30〜20:30
内 容:座 学/ゲスト直伝!SNS活用術
    ワーク/活用術をシェアしよう!
ゲスト:大津 知士 氏(stos design株式会社代表/tohoku365クリエイティブディレクター)
小泉 勝志郎 氏(株式会社テセラクト代表取締役社長/一般社団法人CODE for JAPAN理事)


○申し込み方法
申込締め切り:928日(木)
・電話(022-368-7745)
・多賀城市市民活動サポートセンター 窓口
・申込みフォーム
 → ★★


○お問い合わせ
 多賀城市市民活動サポートセンター
 〒985-0873 多賀城市中央2-25-3
 TEL:022-368-7745
 開館時間:9:00~21:30(日祝:〜17:00)
 ※水曜休館


<講師・ゲスト陣 紹介!>
大泉 浩一(一般社団法人メディアデザイン代表/ライター、編集者)
1960年岩手県生まれ。宮城教育大学卒業。出版社、編集プロダクション勤務を経て、フリーのライター・編集者。2004年に「メディアデザイン」を立ち上げ、市民の情報発信を支援する活動を行ってきた。大学・専門学校で、作文や印刷メディア作りの指導にもあたっている。著書に『教育の冒険―林竹二と宮城教育大学の1970年代』『杜の都のポールパーク』など。

菅原 孝行(checkmate design代表/グラフィックデザイナー)
1980年宮城県栗原市生まれ。仙台市在住のイラストレーター・グラフィックデザイナー。
イラストでは雑誌、広告、Web、TV-CM、アニメーション原画等で活動。デザインでは学校パンフレット、コーポレートアイデンティティ・お店や会社のロゴデザイン、ポスター等、主に紙媒体のデザインとディレクションを主なフィールドとしている。暇があれば山登りとキャンプに勤しむ日々。ますます東北が好きになってきました。

大津 知士(stos design株式会社代表/tohoku365クリエイティブディレクター)
宮城県仙台市生まれ、35歳。
宮城県工業高校(インテリア科)→千葉工業大学(工業デザイン学科)と建築デザインを専攻しながら、情報デザインや環境デザインなどの新しい分野のデザインに興味を持つ。
大学卒業後に建築業界(東京)へ進むも、情報デザインへの興味が捨てきれずに帰仙。
自らの目的を見直し、必要なスキルを研ぎ澄まし、1年半後に25歳でstos design crew(個人事業)を地元仙台で開業。
独立後最初に訪れたチャンスを勝ち取り、後の6年で約1,000件のホームページ制作に携わる。

現在は、ホームページの制作以外にも様々なことにチャレンジ中!
▼tohoku365 Project
▼Vote for Sendai

小泉 勝志郎(株式会社テセラクト代表取締役社長/一般社団法人CODE for JAPAN理事)
東北IT界の先導役的存在。コミュニティ活動で東北でも有数のイベント主催数を誇る。震災における地域復興活動も多く、最近では「渚の妖精ぎばさちゃん」を生み出し、人気上昇中。
WWDC2017で大きく話題となった史上最高齢アプリ開発者の仕掛け人でもある。
大学や企業での講師等のITの教育を始め、アプリ制作、そしてITを介して多業種連携、そしてグルメ、音楽・映画など得意分野は幅広い。
NPOについて楽しく学ぼう!「NPOいちから塾」開催しました。 [2017年07月30日(Sun)]
こんにちは。スタッフの小林です。

今年、宮城では「みやぎ総文2017」が開催されます。高校生最大の芸術文化の祭典ですね。ここ、たがさぽの隣にある、多賀城市文化センターは吹奏楽と日本音楽の会場となっており、たくさんの高校生が訪れます。今日もその準備のため、たがさぽにもたくさんの高校生が来館しています。明日7月31日(月)には宮城野通りでパレードが開催されます。当日は沿道でパレードを見ることができます。お出かけになってみてはいかがでしょうか?


画像@.JPG

「たがさぽちゃんがお出迎え」



さて、本日は7月23日(日)に開催したNPOいちから塾のご報告です。
今回は7名の方に参加していただきました。

初めにNPOについての講義を行いました。


身近なNPOの紹介を交えながら、
NPOとは?
NPOとボランティアの違いは?
NPO法人を立ち上げることのメリットは?

などのさまざまな疑問にお答えしました。

参加者の方の「一歩踏み出したい」「退職後を見据えて何か始めたい」など、それぞれの想いにお答えできていれば嬉しく思います。

講義が終わった後は、たがさぽとはどんな施設?たがさぽのことがよくわかる「館内ガイドツアー」です。

画像A.JPG

「NPOの成り立ちと事例紹介」



画像B.JPG

「たがさぽはたくさんの情報があります」


画像C.JPG

「こんな使い方もあるのね!」


ワークで使うチラシを選ぶのに皆さんどれを選ぼうか悩んでいた様子でした。
みなさん熱心に説明を聞いていました。

ガイドツアー終了後は参加者同士での交流タイム。選んだチラシをテーマに、参加者それぞれの市民活動に対する想いなどを出し合い、話し合いが活発に行われました。

画像D.JPG

「2班に分かれてワークをしました」


今回の講座では、「次の行動につながる一歩を踏み出せそうです」という声が上がっていました。そして、参加者同士で興味関心のある話題で話が弾んでいました。
参加者のみなさま、今回の「NPOいちから塾」へのご参加、ありがとうございました。
今後の活動の一助としていただければ嬉しい限りです。

★活動を始めるきっかけ作りの講座も開催を予定しています。決まり次第当センターブログ「たがさぽPress 」でお知らせいたします!お楽しみに!

★たがさぽでは「出前いちから塾」も承っております。
職場や町内会などご要望あがりましたらスタッフを派遣します。お気軽にお問い合わせください。

TAGAJO Future Labo 3rd seasonスタートです! [2017年07月17日(Mon)]
こんにちは、スタッフの武内です。

 
 7月15日(土)、たがさぽがお届けする連続講座

『TAGAJO Future Labo』3nd season
 
  がいよいよ始まりました!


画像01.jpg


今回は、第1回の様子をダイジェストでご報告します。

その前に
『TAGAJO Future Labo』について、簡単にご説明します。

●例えば、『何かをしたい!』
と思っているけど、その“何か”が見つからない…
●例えば、『自分の特技を地域に活かしたい!』
けど、どうやれば活かせるだろう…
●例えば、『したいことはある』
でも、なかなか行動までたどり着けない…

そんな、ちょっとモヤモヤした想いを取り払い、一歩踏出す・動き始めるキッカケを、様々なプログラムや仲間とのディスカッションを通し整理する場と時間を提供するのが『TAGAJO Future Labo』(以下、TFL)です。


7月15日(土)にスタートし、
約半年間の講座プログラムを実施していきます。
なお“3rd season”とあるように、TFLは今年で3期目を迎えます。
これまで過去の2期は全5回の連続講座でしたが、
2017年の3期は全7回講座で行います!


第1回は、これまでと同様かつ講座を行う上で重要になる
【想いを描くワークショップとディスカッション】です。

まずは、3rd seasonの

プログラムアドバイザー阿部結悟さん

より、活動事例などをご紹介いただきました。


画像02.JPG

宮城県の県南地域を中心に活動している阿部結悟さん。


阿部さんからは、ご自身の活動経験や、様々な人たちの「活動をはじめたい」
という想いの支援に関するお話をいただきました。
それを踏まえて最後に
『何をしたいのか』
『どんな活動をしたいのか』
これらを考える上で大切な事として
●“自分って何が好きなんだっけ??”…価値観の定期点検
●この場(講座)の仲間を大切に!
●(やりたいことは)変わっていって全然OK!
という3つのポイントを挙げていただきました。

お話を聞いた後はワークショップを通して、
自分自身をふりかえり、やりたいことを整理していきます。
このワークショップではTFL用に作成したワークシートに取組みます。

まずは
@自己紹介と自分自身のこれまでをふりかえるシートを記入するワーク。


Aその後はグループを作って、@で記入したシートを元にグループ内で自己紹介。

画像03.JPG



B今度はグループ内で互いに聞き合いながら、相手の興味や関心を持っていることなどを中心に話しをして、想いを引き出していきます。
 
画像04.JPG





Cそして、聞き合ったことをもとに、個人ワークで残りのワークシートを作成していきます。

ここで少し休憩をはさんで

D作成したワークシートの内容を受講者全員で共有するディスカッション。

画像05.JPG



シートに記入した自分がやってみたいことや、まだボンヤリとではあるけれど、今考えていることなどを発表します。
その後、受講者同士で情報の提供や感想を伝え、プログラムアドバイザーからもひとりひとりにコメントをいただきました。
さらに、ディスカッションでは一期生の方も駆けつけてくれました!

1回目は、真剣に自分を見つめ直しつつ、その中から自分のやりたいこと・やってみたいことを考え、更に想いや考えを言葉にしてみることが狙いです。
そんな中でもグループワークでは笑い声が響く場面もありました。

今後の講座を通して、受講者のみなさんが導き出す“やりたいこと”はどうなっていくのか、TSCとしても精一杯サポートしていきます!!
今後の講座の様子は引続きたがさぽPressでお届けします。
お楽しみに!
NPOいちから塾開催します! [2017年07月11日(Tue)]
こんにちは。スタッフの小林です。
本日2度目の更新です。

連日暑い日が続いています。水分補給をして熱中症対策を心掛けましょう!多賀城では7月14日(金)から3日間にわたってJR仙石線多賀城駅前公園で多賀城ビアサミットが開催されますね。暑さを吹き飛ばすために出かけてみてはいかがでしょうか?

さて、本日は7月23日(日)に当センターで開催される講座のご案内です。

NPOいちから塾

表いちから塾チラシ.jpg

【 講 座 内 容 】
●NPOの成り立ちやその仕組みがわかります!
NPOはどうやって生まれるの?なぜ活動しているの?
お金を稼いでもいいの?そんな素朴な疑問が解消できます。

●NPOの活動をのぞいてみよう!
あなたの身近なところで様々な取り組みをしているNPOの活動の様子をご紹介します。

●たがさぽを上手に活用しよう!
たがさぽには活動を始めるためのヒントがいっぱいあります。
今すぐ使えるたがさぽの活用の仕方を紹介します。 

【前回の講座の様子】

DSCN7176(画像@).JPG
たがさぽにはいろんな団体の情報があります。

DSCN7179(画像A).JPG
チラシを用いたワークをしました。


★日 時:2017年7月23日(日)
      10:00〜12:00  受付9:45〜
★会 場:多賀城市市民活動サポートセンター(たがさぽ)3F 302会議室
★講 師:たがさぽスタッフ
★定 員:先着10名(要事前申込)
※参加費は無料です

★申込み・問合せ先
@下記のお申込フォームから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/41ee9aaf521007

A当センター窓口、電話、FAX、メールから
〒985-0873 多賀城市中央2-25-3(多賀城市文化センター北隣)
TEL :022-368-7745
FAX :022-309-3706
メ−ル:tagajo@sapo-sen.jp


ご参加をお待ちしています!!
あやめまつりで「NPOの絵本展」とiRISのフリーペーパー配布を行いました。 [2017年07月07日(Fri)]
こんばんは、スタッフの櫛田です。

6月17日(土)〜7月1日(土)の期間、多賀城跡あやめ園にて第29回多賀城跡あやめまつりが開催されました。
浴衣コンテストやペンギンとのふれあい、おいしい食べ物や楽しいワークショップなどさまざまな企画があり、とても盛り上がりました。もちろん主役のあやめもキレイに咲いていましたよ〜

AYAME.jpg


HERO.JPG
二市三町のヒーローが勢ぞろい。アサノタケフミさんがヒーローたちの歌をメドレーで披露。大興奮でした!

TAP.JPG
多賀城の活性化を目的に活動するT・A・P多賀城さんも出店。多賀城風ミネストローネ タケヒローネを販売していました。

MAGA.JPG
こちらは勾玉づくり体験。多賀城でも出土している古代の道具ということで、史都多賀城らしいワークショップですね。


ちなみに6月25日(土)にはたがさぽも「NPOの絵本展」を出展しました。

TENTO.JPG
こんな感じです。たがさぽちゃんがお出迎え。

EHON.JPG
特に見るだけでなく触って楽しめる点字の絵本が子どもたちに人気でした。

EHON2.JPG
絵本展に並ぶ絵本は、みんなが幸せに暮らせるように、社会をよりよくしようと活動しているNPOが作ったものです。防災、環境、障がい者福祉、震災のときのことなどのジャンルがあります。
出展した絵本はこちらをご覧ください。


IRIS2.JPG
今回は多賀城の中高生によるまちづくりチームiRISさんと共同で出店しています。iRISさんは多賀城やあやめをPRするフリーペーパーの配布をしました。

DSCN9419.JPG
積極的に配布したのでほとんどなくなりました。

IRIS.JPG
あやめまつりに来た方に多賀城のこと、iRISのことをもらえました。


「NPOの絵本展」に来てくれたみなさま、出展にご協力していただいたみなさま、そして一緒に出てくれたiRISさん、ありがとうございました。

うちのイベントでもぜひ「NPOの絵本展」を出してほしいという方がいらっしゃいましたらぜひたがさぽにご相談ください。
今年も開催!「TAGAJO Future Labo」!! [2017年06月20日(Tue)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
本日2回目の更新です。

今日はたがさぽ講座「TAGAJO Future Labo 3rd season」
のご案内です。

☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜


TFL.jpg



「何かをしたい!」と思っているけど、
その“何か”が見つからない。
「自分の特技を地域に活かしたい!」けど、
どうやって“活かせば”いいかがわからない。
「したいことはある」けど、
なかなか“行動”までたどりつけない。

という想いはありませんか?
「TAGAJO Future Labo 3rd season」ではエクスカーション(体験型見学)やワークショップを行う全7回の講座を通して、一歩踏み出す・動き始めるきっかけづくりや自分の想いの整理を行なっていきます。

地域のため、社会のため、そして自分自身のために
「何かしたい」という方のご参加をお待ちしております!

☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜



TFL3.jpg


★チラシ(PDF)★


TAGAJO Future Labo 3rd season


★講座スケジュール(7回構成)
(1)2017年7月15日(土)13:00〜17:00
あなたのやりたいことはなに?思いを描くワークショップ
会場:多賀城市市民活動サポートセンター
(2)2017年8月19日(土)
OB・OGの話を聞こう
(3)2017年9月16日(土)
一歩先行く地域のパイオニアへエクスカーション
(4)2017年10月21日(土)
エクスカーション&想いの整理と確認のワークショップ
(5)2017年11月18日(土)
やりたいことをさらに深めるディスカッション
(6)2017年12月16日(土)
自分の想いをまとめて、発表会への準備
(7)2018年1月20日(土)
みんなに宣言!マイアプローチ発表会!


※2回目以降の会場・時間などの詳細は、後日お知らせします。
※受講を希望しているが、参加できない回があるという方は気軽にご相談ください。

★会場:多賀城市市民活動サポートセンターほか
★費用:無料

★プログラムアドバイザー:阿部結悟さん
一般社団法人ふらっとーほく 代表理事/山元の未来への種まき会議 副代表
1989年、山元町生まれ。東日本大震災をきっかけにUターンし、宮城県南部で人材育成事業、コミュニティ支援事業、及び計画づくり・調査事業を行う。地域資源を活用した体験プログラムやアートプロジェクトを通じ、地域内外の交流機会を創出する「オンパク」事業や、地域課題の解決に取り組むためのプランを作成する「伊達ルネッサンス塾」を立ち上げ、地域内外の学生・社会人2000人以上のネットワークづくりをサポートしてきた。また、企業と地域の対話と学習の場のコーディネート(「サントリー亘理五感塾」など)を行う。2012年「日経ビジネスが選ぶ、平成生まれの30人」に選出。

◎事前説明会の開催について
「TAGAJO Future Labo 3rd season」の開催に先立ちまして、講座内容やプログラムなどを説明する会を行ないます。講座へのご参加をお考えの方は、ぜひご参加ください。
なお、事前説明会に参加できなくとも講座には参加できますので、その際はご相談ください。
・日時:7月1日(土)13:00〜15:00
・会場:多賀城市市民活動サポートセンター

※事前にお申し込みをお願いします。

★その他詳しくは、チラシ(PDF形式)をご覧ください。

★チラシ(PDF)★
 

◎お申し込み方法
・申込フォームでのお申し込み → ★☆★

・電話でのお申し込み(022-368-7745)
・参加申込書を当センター窓口に持参されるか、
FAX(022-309-3706)でもお申込できます。
○お申し込み・お問い合わせ先
 多賀城市市民活動サポートセンター
  TEL:022-368-7745
  FAX:022-309-3706


★これまでの「TAGAJO Future Labo」
昨年度(2nd season)の様子をレポートしたブログ記事のリンクをまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。
 ・1回目←【リンク】
 ・2回目←【リンク】
 ・3回目←【リンク】
 ・4回目←【リンク】
 ・5回目/マイアプローチ発表会←【リンク】

2015年度の様子をまとめた冊子
『TAGAJO Future view』の紹介記事 →★☆★
※『TAGAJO Future view』は、たがさぽで配付しています。
6月はまちづくり月間 フリーペーパー展開催中! [2017年06月12日(Mon)]
こんにちは。スタッフの川口です。
みなさん、知っていますか?6月は国土交通省が制定した「まちづくり月間」だそうです。
地域の魅力を再発見する月間です。

そこで、たがさぽの1階スペースでは、「たがさぽスタッフが見つけた フリーペーパー展〜まちづくり編〜」を開催しています。

1.JPG

たがさぽスタッフが独自に収集しているフリーペーパーの中から、まちづくりに関するものを集めています!
 
たとえば…

人差し指サイン全国のおもしろフリーペーパー
九州・四国・関東・関西・東北と全国のおもしろいと思ったフリーペーパーをはじめ、宮城県内の仙南や仙北の活動を紹介した地域のフリーペーパーものあります。
九州でいうと、多賀城の友好都市の大宰府や別府のフリペもあります。
スタッフが旅先で見つけた地域限定のものもあり、地域の姿が垣間見えてとても楽しいですよ!

2.JPG

人差し指サインマニア向けフリーペーパー
灯台好き
囲碁好き(一目では囲碁とわからない女子向け!)
銭湯好き(いろいろあります)
漁師向け星座(うお座)
糸好き
卸町の働く人向け 
など、ちょっとのぞいてみたい、知らない世界のフリペがそろってます。

人差し指サイン学生がつくるフリーペーパー
学生が自由な発想でつくるフリーペーパーはおもしろい。楽しみながらフリーペーパーをつくることって大切だなって思います。

人差し指サイン震災から生まれたフリーペーパー
地域の震災後の取り組みや、がんばっている人たちの姿、未来に伝えたいメッセージが詰まっています。ぜひ、手に取って想いを繋いでください。

などなど、もちろん近隣のフリーペーパーやまち歩きMAPなど、まだまだたくさんあります。
あわせて、たがさぽ文庫から、貸し出しできるまちづくり関連の書籍も展示中です。じっくり読んでいただくスペースもご用意していますので、お越しください!
 
◇たがさぽスタッフがみつけた フリーペーパー展〜まちづくり編〜
 と き 〜7月中
 ところ 多賀城市市民活動サポートセンター 1Fエントランス


3.JPG
※こちらのフリーペーパーは、館内資料です。お持ち帰りはできません。
たがさぽでお楽しみください!
晴天開催!NPOの絵本展inつるがやじどうかんこどもまつり [2017年05月29日(Mon)]
こんにちは!スタッフの小橋です。
5月20日(土)に鶴ケ谷児童館で「こどもまつり」が開催されました!今年で43回目だそうです。昨年に引き続き、たがさぽも「NPOの絵本展」の出展をさせていただきました!

@.jpg
元気な少年たちは、なんと去年も読み聞かせを聞いてくれた子どもたちでした!覚えていてくれてありがとう!

絵本展に並ぶ絵本は、みんなが幸せに暮らせるように、社会をよりよくしようと活動しているNPOが作ったものです。防災、環境、障がい者福祉、震災のときのことなどのジャンルがあります。
展示された絵本はこちらで紹介しています。

絵本を通して、社会のことを考えたり、絵本を作った団体やその団体の活動について知ったりするきっかけになれば幸いです。


ここからはこどもまつりの様子をご紹介します!
A.jpg


開会式ではタガレンジャー、そして夢屋多賀城店からドリィとバクリンもやってきました!子どもたちに大人気!
シャッターチャンスを逃してしまいましたが、あやめちゃんの合図で風船が青空に舞う景色は圧巻でした!

B.jpg
貞山高校のグラウンドでは体を動かす遊びがたくさん!

C.jpg
児童館の中ではマラカスづくりやお面づくりができました。

D.jpg
天気にも恵まれ、子どもたちが思い思いに楽しいでいる姿が印象的でした。

子どもたちの楽しみを支えるのは、地域の人たち。市内の老人クラブや、中高生、大学生など、さまざまな方がこどもまつりに関わっていました。鶴ケ谷児童館の館長さんは「一度きりで終わるのではなく、今後も地域の人たちとコラボレーションをしていきたい」と話していました。


最後に、昨年に引き続き出展の機会をくださった鶴ケ谷児童館のみなさま、ありがとうございました!そして、NPOの絵本展に遊びに来てくれた子どもたち、ありがとうございました!

E.jpg
また近いうちに、どこかで「NPOの絵本展」を出展するかも……!?
多賀城市役所でも「tag」展を開催します! [2017年03月24日(Fri)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

たがさぽで2月16日(木)〜3月14日(火)に開催した

祝!『tag』創刊50号 メモリアル展示会

おかげさまで多くの方々に見ていただくことができました。


DSCN8196.JPG
祝!『tag』創刊50号 メモリアル展示会の様子@たがさぽ


また今回は、2月25日(土)、3月6日(月)の2回、「河北新報」で記事を掲載していただき、記事を見て来館された方もいらっしゃったようでした。
みなさん、ありがとうございました!わーい(嬉しい顔)

この期間に見ることができず残念な想いをしている方、またこのたび多賀城市に転入してきて「多賀城ってどんな所?」と思っている方のために、「tag展」が多賀城市役所に出張します。


祝!『tag』創刊50号 メモリアル展示会

@多賀城市役所


★日 程:327日(月)〜47日(金)
※3/27(月)は展示準備を行うため、夕方からご覧になれます。
※4/1(土)、2(日)も、転入・転出などの住所異動に伴う届出窓口が開設されますので、ご覧になれます。

★会 場:多賀城市役所 1階ロビー

今回は、昨年7月に開催したたがさぽ講座「ようこそ!たがじょうカフェ」の参加者有志でつくったマップ「たがじょうおすすめスポット」も展示しますので、特にこの春多賀城に転入してきた方は必見です。

年度末、年度初めは市役所に所用がある方も多いと思いますので、その際にぜひお立ち寄りください。
よろしくお願いします!!
一歩踏み出すことが大切  〜55歳からのセカンドライフについて考えました〜 [2017年03月06日(Mon)]
こんにちは。スタッフの川口です。
3月は卒業、転勤…いろいろある季節ですね。
さて、2月25日(土)に退職後に地域や社会のために活動する方法が学べる講座

「55歳からのセカンドライフ」

を開催しました。

 講座への参加動機はいろいろで、退職後に何をしようかと迷っている人や、活動をはじめたいので先輩の話を聞きたい人など、50代前半から60代までの11人の方が参加しました。

DSCN8383.JPG

はじめは、自分自身を振り返るワークをおこないました。
「今、身の回りで、地域で、社会で気になっていること、関心のあること」
「今、「得たい」と思うもの。自分にとって「必要」だと思うこと」
「自分の趣味、特技、できること、得意なこと、好きなこと、技能など」

この3つを自分で描きだすことで、自分の持っているものや、興味関心に気がつくことができます。

 次にこのワークをもとに、参加者全員で自己紹介を行いました。
参加動機や今の状況などを交えながら、自分の関心や得意なことを発表していきました。

DSCN8400.JPG

今感じていることや今の状況を自分の言葉で紹介していきます。

DSCN8402.JPG

お互い考えていること、思っていることを共有することが刺激になります。


DSCN8422.JPG

ゲストは「多賀城市家庭教育支援チームあんだんて」代表の佐々木啓通さんと
「高崎こども食堂 らっこ広場」副代表の大友みどりさん。
活動をはじめたきっかけや、どうして今の活動に至ったのかなどお話しいただきました。
佐々木さんは「ひとつ飛び込んだら、どんどん世界が広がっていった」と話していました。大友さんからは、活動の地域の人たちの巻き込み方などをお話しいただきました。

DSCN8430.JPG

シニア活動アドバイザーの小林正夫さんからは、自分との向き合い方についてお話がありました。みなさん真剣です。

DSCN8433.JPG

最後に、多賀城での市民活動やNPOの活動場所についての紹介や、町内会や地域での活動について行いました。仕事のスキルや趣味を、社会や地域への活かし方について紹介しました。
参加者からは、
「参加者や講師の方のお話を伺っているうちに、自分の中にも核ができてきたように感じました。もう少しあたためて一歩を踏み出したいと思います」
「ゲストをはじめ、参加者の体験談や現在の取り組み、考えていることが聞けただけでも非常に有意義で収穫の多い研修会でした」
「人生の折り返し、心豊かな生き方を考えるきっかけとなりました」
「一歩踏み出す勇気が必要と強く感じました。有意義な時間でした」

などなど、たくさんの感想をいただきました。
 今回参加できなかった方も、ぜひたがさぽにお越しください。活動団体の紹介や興味のある活動について相談できます!お待ちしています。
| 次へ