CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 資金調達 | Main | その他»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
企業のフードドライブの取り組み×団体のフードバンク活動 [2019年03月01日(Fri)]
こんにちは、スタッフの武内です。

2019年2月22日(金)
多賀城市内で、フードドライブの取り組みを行っている企業から、フードバンク活動を行っている団体へ食料の寄贈が行われました。
今回のブログではその模様をお届けします。

ところで
『フードドライブ』『フードバンク』という言葉を、たまに見聞きしませんか?
似ている言葉ですが、それぞれ以下のような意味になっています。

●フードドライブとは
家庭で余っている食べ物を持ち寄り、それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動。

●フードバンクとは
まだ食べられるにもかかわらず、廃棄されてしまう食品(例えば、食品企業の製造工程で発生する規格外品)などを引き取り、福祉施設などへ無料で提供する活動。

ざっくり言うと
フードドライブが食べ物を持ち寄り、寄付をする。
フードバンクは食べ物を寄付や引き取りなどで集め、支援が必要なところへ届ける。
ということになります。

今回、フードドライブを行い、寄付をするのはCurves(カーブス)です。
ちなみに、宮城県内にあるCurves(カーブス)のうち、多賀城市市内の城南と笠神含めた14店舗は(株)井上でフランチャイズ展開をしています。
その(株)井上は2018年3月に行ったTagajo Sustainable Relationship会議Vol.1で、カーブス店舗でのフードドライブや、地域・社会貢献活動の取り組みをお話していただきました。
たがさぽPressの『「企業×地域」持続可能な関係を!Tagajo Sustainable Relationship@ 活苡縺@カーブスの会員とともに取り組むフードドライブ』で紹介していますので、ぜひご覧ください!

そして今回、カーブスから寄付を受けるのは、特定非営利活動法人いのちのパンです。
いのちのパンは多賀城を拠点にフードバンク活動をしています。
団体としては、東日本大震災後に被災者支援活動を行う任意団体「ホープみやぎ」から始まっています。被災者支援の際、特に困窮している方に食料を届ける活動に力をそそぐなか、被災者の支援に留まらず、生活困窮者をはじめ、必要のある方々に食料品を届けることの重要性を感じ、フードバンク活動を行うNPO法人いのちのパンを2014年に設立しました。
団体の主な活動地域は、多賀城市、東松島市、仙台市若林区、宮城野区、亘理町、南三陸町などです。
下記に団体のfacebookページのリンクをご用意しましたので、興味のある方はぜひご覧ください。
※NPO法人いのちのパン→★★★(団体のfacebookページのリンク)

NPO法人いのちのパンは設立当初から、食料を集めるやり方などの相談にたがさぽへお越しいただいていました。
そして
Curves(カーブス)を運営されている(株)井上はTagajo Sustainable Relationship会議Vol.1の紹介記事にもありますが、フードドライブ活動の課題として『個人から集めた食料はロットが揃わず、受け入れ先で活用が難しい場合もあるので、本当に必要としているところに届けたい』という思いがありました。

そこで、たがさぽが仲立ちするかたちで、両者の現状や想いをお伝えしたところ、互いのニーズが見事にマッチし、今回の寄贈につながりました。

今回、寄付される食料品はCurves(カーブス)の城南、笠神で集められたものがほとんどです。
2019022-01.JPG
こちらは寄付された食料品の一部です。

2019022-02.JPG
Curves(カーブス)では梱包された内容が分かるようにされていました。

2019022-03.JPG
今回寄付されたのはこのぐらいの量になります。中にはお米などもありました。

2019022-04.JPG
NPO法人いのちのパン(右側)とCurves(カーブス)(左側)による、贈呈の一コマです。

企業の貢献活動の取り組みが、市民活動団体の支援につながった一例のご紹介でした。

たがさぽは、今後も多賀城で様々なセクターがお互いの困りごとや不足している部分を補うように連携していくためのコーディネート役となれるよう、引き続き邁進していきます。

地域づくりや社会貢献などでお悩みや困りごとがありましたら、市民活動団体に関わらず、ぜひたがさぽへご相談ください。

一人でも多くの人の命を救うために [2019年01月24日(Thu)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!

昨日の休館日を利用して、たがさぽでは防災訓練を行いました。
開館時間中の火災発生を想定しての避難誘導やケガ人の移送の方法、AEDの使い方などを確認しました。
DSCN5202.JPG

ちなみに、たがさぽのAEDは、窓口の近くにあります。
DSCN5204.JPG

AED(自動体外式除細動器)とは、突然の心停止を起こして倒れた人の心電図を測定し、状況に応じて電気ショックを与えて正しい心臓のリズムに戻す装置です。
使い方の講習や説明を受けたことがあっても、実際の場面では「どうやって使うの?」「どこにあるの?」という方も多いのでないでしょうか。


本日は、AEDの普及や、一人でも多くの命を助けるための取り組みを紹介します。


★AEDの使い方を知るために…
AEDサスペンスドラマゲーム
「心止村(しんどむら)湯けむり事件簿」

一般財団法人日本AED財団
いつでも、誰にでも起こりうる突然の心停止に対して意識を高め、多くの方に心肺蘇生とAEDの使い方を学ぶことを目的につくられました。
ドラマ仕立て、またクイズ形式で楽しみながら知ることができます。


★AEDの設置場所を知るために…
全国AEDマップ一般財団法人日本救急医療財団
AEDが使われる機会を増やし、救命率を向上させることを目的に、設置者及び設置管理者の協力のもとつくられています。場所だけでなく、設置時期も分かるようになっています。

AED N@VI一般財団法人日本AED財団
「自分の周りにAEDがどこにあるのか知りたい」「設置したAEDをもっと使用してもらいたい」という声にこたえ、AEDをより活用してもらうためにつくられました。今年の1月に運用を開始しています。
AEDサポーター(個人・団体)が、自分の身近にあるAEDの設置情報(場所、使用可能曜日・時間など)を投稿して共有できるしくみです。集められた情報は公開されて、誰でも見ることができるようになります。

その他、自治体によっては独自にAEDマップを作成しているところもあります。


AEDを使う時は、一刻一秒を争う時。そんな時に一人でも多くの人を救うために、ぜひ普段から使い方や設置場所を確認したり、マップづくりに協力してみませんか。
島の復興と社会的弱者の雇用・自立を応援 「浦戸の花物語プロジェクト」 [2018年12月13日(Thu)]

こんばんは。


スタッフの川口です。


木曜日は市内外の団体や取り組みを紹介しています。



 本日紹介するのは、「浦戸の花物語プロジェクト」です。urato.jpg


塩竈市の浦戸諸島には、風光明媚な4つの島があります。震災では津波による甚大な被害を受けましたが、NPOが遊休農地を利用してハーブなどを植栽し、美しい島に戻りつつあります。


耳の聞こえないパン職人の羽生裕二さんが発起人となって取り組んでいる「浦戸の花物語プロジェクト」は、島の名産である花を使ったオリジナルのパンなどを開発して、ビジネスの力で島の復興を応援するプロジェクトです。




「浦戸の花物語プロジェクト」が目指すビジョンは2つ。


1.島おこしを推進し、復興を加速させる


2.社会的弱者の雇用を創出し自立を援助する



羽生さんは、先天性の聴覚障がいがありながらも、障がいがあることがやりたいことを諦める理由にならないことを証明したいとの想いでこのプロジェクトを立ち上げたそうです。


野々島のラベンダー、寒風沢島のオリーブ、桂島の椿、朴島の菜の花などを使った商品づくりに取り組んでいる「浦戸の花物語プロジェクト」。自家製酵母で作る無添加パンやスイーツも魅力的です。


詳しくはFacebook「浦戸の花物語プロジェクト」



  塩竈市の本塩釜駅近くにあるカフェ「花薫る喫茶処 蕾(つぼみ)」では、このプロジェクトでつくられたパンやスイーツ、ドリンクを楽しむことができます。羽生さんに会うこともできますので、プロジェクトを応援したい方はぜひ足を運んでみてください!

「本=人(ヒューマン)」偏見をなくす図書館 [2018年08月09日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

本日は「ヒューマンライブラリー」という取り組みをご紹介します。

図書館画像.jpg


「ヒューマンライブラリー」
って何でしょうか?
生きている人たちを「本」として「貸し出し」、「読んで」もらう「図書館」です。
2000年にデンマークで始まり、日本でも2008年に初めて開催されました。現在では70カ国以上で実施されているイベントです。

「本」となるのは社会的なマイノリティの「人」たちです。その人たちを招き来場者にその人生や経験を語ってもらうというものです。日本では草分け的活動となるヒューマンライブラリーが明治大学の中野キャンパス(東京都中野区)で開かれました。国際日本学部長の横田雅弘教授のゼミ生が中心となって企画しています。

横田教授はヒューマンライブラリーの目的をこう話しています。「多様性を経験から学び取ってほしい」と。資料で学ぶだけでなく実際に経験しないとわからないことがあります。
学生たちは、これまで会ったこともない人たちを『本』としてお招きするために、戸惑いながらも自分の中にある偏見にも向き合って、この企画を遂行しているそうです。その中で、目の見えない方への配慮やLGBTの方への配慮など、いろいろな配慮に慣れていく。それは基本的なことを押さえていればできることで難しいことではありません。

マイノリティに配慮しよう、理解しましょう、と言うだけでは浸透しません。
ヒューマンライブラリーの公式サイトには、こう掲げられています。
「その『本』を表紙で判断しないで」。自分の内にある偏見を捨てるために、私たちはもっとたくさんの「本」を読もう。

あなたも今まで読んだことのない「本」と出会い、新しい世界をひろげてみませんか?

多賀城でもこの「ヒューマンライブラリー」に関してのイベントが開かれるのでご案内します。
興味がある方はのぞいてみてはいかがでしょうか?

日時:2018年8月19日(日)
HL体験 14:00〜16:00
感想共有 16:00〜17:00
会場:さくらビレッジ (駐車場あり)
   多賀城市桜木2丁目2-22
チラシはこちらをクリック→ヒューマンライブラリーチラシ.pdf
みんなで取り組む「できる」がてんこ盛り! [2018年06月14日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

今週末からいよいよ多賀城跡あやめまつりが開催されます。心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?今年は第30回を迎えるとともに、駐車場も整備されましたので、よりたくさんの方のご来場をお待ちしております
たがさぽPressでもご紹介しました → あやめまつり

さて、今日は日々の暮らしや社会をちょっと良くする活動を紹介します。

その名も「縁活」
画像@.png


2013年6月13日の大阪市にある「あべのハルカス近鉄本店タワー館」オープンと同時に、「街ステーション」を中心に本格的な活動が始まった国内百貨店初のチャレンジプログラムです。今年で5周年を迎えました。

縁活には次の10のコンセプトがあります。
1.ワクワクする場づくりをしよう
2.新しい公共サービスになろう
3.つながりを大切にしよう
4.みんながうれしい関係を作ろう
5.クオリティを重視しよう
6.社会に貢献できるプログラムをつくろう
7.多様性を活かそう
8.地域との関係を大切にしよう
9.新しい文化を育もう
10.続けること・続けられることを考えよう

このコンセプトのもと、市民活動団体による各種相談会や体験会、展示・工作や発表会などさまざまな活動が行われています。
縁活はいろいろな人と一緒に育てていくプログラムで、各種イベントを実施する市民活動団体、それをささえるボランティアチーム「CSRチーム」、縁活事務局、近鉄百貨店、地域の周辺施設、縁活を訪れるお客さんと一緒に、ここにしかない魅力的な体験を生み出していきます。
一つの団体では実現が難しいこともそれぞれの団体が持つ特徴や強みを活かし交流、刺激しあうことで新たな展開を生み出し、実現が可能になるのです。

ちなみに今年6月で5周年ということで、毎週土曜日に
「縁活 5th PARTY
が開催されています。日ごとに「アート」「学び」「家族」「健康」「遊び」の5つのテーマのもと、計50のプログラムが行われています。

たがさぽも、いろんな市民活動団体の活動や情報をキャッチするための場所としてさまざまな方が訪れています。そんな方々がつながり力を合わせることで、何かワクワクする新しいことが始まるかもしれませんね!

「縁活」について、詳しくはこちらをご覧ください。
 Webページ
 Facebookページ
ZINE(ジン)で発信!「まちの“楽しい”」 [2018年03月15日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
最近、若者を中心に「ZINE(ジン)」というものが流行し始めています。

「ZINE(ジン)」とは個人で作る小冊子のことで、語源はMagazine(マガジン)から来ていると言われています。「リトルプレス」という言葉をご存知の方も多いかと思いますが、区別するとすれば、ZINEの特徴はより手づくり感が強いことです。写真や絵を切って貼ったり、直接描いたり。自分の好きなことを自由に書きます。


そんなZINEを使った取り組みが、和歌山にあります。

和歌山のまち女子グループ
waccalla(ワッカラ)



waccallaが定義する「まち女子」とは「まちに関わる全ての女性」のこと。「自分たちの“まち”で、楽しく過ごす!」ために活動する女性のことを指します。
2014年に開催した「Let’s まち女子トーク」というイベントをきっかけに、有志のまち女子たちで結成されました。

そのまち女子たちが、おすすめしたい和歌山のイベントや食などについてZINEにまとめたり、イベントを開催したりしています。イベントの活動報告はwaccallaホームページ内でご覧いただけます。



みなさんも、自分たちの“まち”で楽しく過ごすために、まちの魅力に目を向けてみませんか?
そしてその“楽しい”をZINEという形で発信するのも面白いかもしれませんね。

「3.11、検索は応援になる」 [2018年03月10日(Sat)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。
毎週土曜日はイベント情報をお届けしていますが、今回は特別編です。

明日で、東日本大震災から7年。
今週はテレビや新聞などで、震災当初のことを振り返ったり、復興の現状などを取り上げている企画を多く目にしました。
「風化」という言葉もたびたび耳にしますが、今でもさまざまな団体や企業が復興支援に、また次のステップに進むための支援に携わっています。
今日は、その中からYahoo! JAPANの取り組みをご紹介します。


3.11、検索は応援になる
Search for 3.11

Yahoo! JAPANでは、「寄付」「買う」「知る」「検索」の4つの方法で、被災地域を応援しています。
この4つのうち、「検索」
今年も、3月11日に「Yahoo! JAPAN」で「3.11」と検索した人ひとりにつき10円が、Yahoo! JAPAN及び応援パートナー企業より東北の復興に携わる団体に寄付されます。まさに「検索」というアクションが、復興の応援につながるわけです。

○アクションの方法
明日、2018年3月11日0時00分から23時59分の間に、「Yahoo! JAPAN」で「3.11」というキーワードを検索します。
※この時間帯以外に行われた検索については寄付額の算出には含まれません。
※「3月11日」「3,11」など、表記が異なるキーワードについては、原則として寄付額の算出対象にはなりません。

○今年の寄付先団体
 公益財団法人 東日本大震災復興支援財団
 認定NPO法人 カタリバ
 公益社団法人 チャンス・フォー・チルドレン
 NPO法人 TEDIC
 人材育成プロジェクト ふくしま復興塾
 公益財団法人 みちのく未来基金


○ちなみに昨年は…
2017年3月11日に、「3.11」というキーワードで検索した人は4,294,532人でした。これに10円をかけた42,945,320円が、東北の復興に携わる6つの団体に等分して寄付されました。

○その他詳細は、こちらをご覧ください。
 Search for 3.11


また、Yahoo! JAPANの被災地域への応援に関する取り組みに関しては、3.11特設ページをご覧ください。
 ‐3.11企画‐ いま応援できること。
見つけた!あなたの不用なランドセルの活用方法 [2018年03月08日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

3月です。卒業シーズン、新たなステージへの旅立ちの季節ですね。
小学6年生のお子さんが6年間学校生活をともにした「ランドセル」、卒業後どのようにしていますか?

ランドセル画像.jpg


今回は、このランドセルにちなんだ取り組みのご紹介です。

ブランド買い取り
「ブランディア」


「ブランド売るならブランディア〜♪」のフレーズでおなじみです。
みなさん一度はテレビのCMで見たことがあるのではないでしょうか?
運営しているのは「株式会社デファクトスタンダード」という企業です。宅配買取で社会貢献に取り組んでいます。

企業のCSR活動として、社員一人ひとりが「モノを大切にする気持ち」や「もったいない」気持ちを大事にし、あらゆる面で無駄を出さないシステムづくりを通して人と地球にやさしい循環型社会の構築へ貢献し続けています。
その取り組みのひとつとしてご家庭で不用になったランドセル、鍵盤ハーモニカ、野球グローブの収集活動を8回にわたって行っています。その中でも特にランドセルの回収に力を入れていて、最近の募集ではなんと1,039個集めることができました。
そのランドセルは、国際協力NGOジョイセフを通じ、鉛筆や文房具などを詰めてアフガニスタンへ寄付され、子どもたちが教育を受けることできるようになり、笑顔がいっぱいに広がりました。

ランドセルでの社会貢献の報告はこちらから → 

あなたのお子さんの使ったランドセルが、世界のどこかの子どもたちの笑顔につながるなんて素敵なことですね。
不用だからと捨ててしまう前にまだ活躍できる場所はないか、今一度考えてみませんか?

「ブランディア」の社会貢献活動についてはこちらをご覧ください。 → 
地域の大人も活躍する「校内居場所カフェ」 [2018年02月15日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜は市内外の団体や取り組みを紹介しています。


「すべての人をフレームイン!」
というキャッチフレーズのもと、若者支援などに取り組む団体とその取り組みを紹介します。




「すべての人々がフレームインできる社会を創る」というミッションを掲げ、既存のフレーム(枠組み)から外れるリスクの高い子どもや若者たちが、パノラマ写真のようにフレームインできる社会をめざしています。


その取り組みの一つに「校内居場所カフェ」があります。
「校内居場所カフェ」では、昼休みや放課後を利用して、高校の図書室をカフェスペースとして開放し、生徒や地域の大人たちがジュースやお菓子を食べながら、おしゃべりやゲームなどを楽しみます。
図書室では飲食や私語は禁止のイメージが強いですよね。この「校内居場所カフェ」では図書室だと信じられないほど、にぎやかな空間になるそうです。生徒は毎回200〜300人ほどの参加もあるとか。


しかしにぎやかな空間の中で、参加する生徒は大人たちと進路のことや自分のことについてなど、まじめな話もします。困ったことがあったり心配なことがあっても、先生をつかまえたり相談室の予約を取らなくても、大人が話を聞いてくれる場。それが「校内居場所カフェ」です。



この取り組みは、若者のひきこもりやニートが社会問題化する中で、未然に防ぐために行われています。「カフェで大人に相談してよかった」「話したら気持ちが楽になった」という経験が防止につながります。


このカフェは、地域の大人のボランティアも参加し、開催されます。参加生徒への支援のため、という一方で、地域とのネットワークも広がります。また、高校の図書室を利用するということも、学校側との信頼関係があってこそ成り立つものです。


先生や親だけでなく、地域の大人たちが協力し合い、このカフェは運営されています。地域を巻き込んだ取り組みに、人気の秘密があるのかもしれません。



★NPO法人パノラマホームページ

★soar インタビュー「教室に居場所がないなら、図書館カフェにおいで。田奈高校にある「ぴっかりカフェ」は生徒が安心できる校内の居場所」


「ソーシャルデザイン」の宝庫「greenz.jp」 [2018年01月18日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

今回ご紹介するのはNPO法人greenz(グリーンズ)です。
グリーンズがめざすのは「一人ひとりが『ほしい未来』をつくる、持続可能な社会」ウェブマガジンgreenz.jpを運営している他、イベント運営などを通して、そんな自分たちの手で『ほしい未来』をつくる活動をする人や団体を応援しています。


地域の多様な課題に対して、それを解決するためのアイデアや活動を「ソーシャルデザイン」と呼び、それを紹介するツールとしてgreenz.jpというウェブマガジンをはじめました。

greenz.jpでは「ほしい未来をつくる」人や組織、考え方を紹介しています。日本だけでなく、海外で活躍する人なども紹介しており、世界の多様なことを知ることができます。ゲストライターや寄稿も募集しており、読むだけではなく参加することもできます。

自分の持つ想いをカタチにするためのヒントや、自分の地域、生き方に役立つのヒントがあるかもしれません。


合言葉は「ほしい未来は、つくろう。」
どんな未来を見ているのか、ちょっとのぞいてみませんか?

NPO法人greenz(グリーンズ)

| 次へ