CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 資金調達 | Main | 改修工事について»
「全国高校生MY PROJECT AWARD 2016 全国Summit」に行ってきました! [2017年03月30日(Thu)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
木曜日は、多賀城市内外の取り組みや団体の紹介をしています。

さて、以前このコーナーで、高校生が取り組む「マイプロジェクト」をご紹介し、その中で「MY PROJECT AWARD」についても少し触れました。
高校生が、社会課題の解決にチャレンジ!(2017年1月12日掲載)

「MY PROJECT AWARD」とは、
「地域やコミュニティなど身の回りの課題に対して自ら考え行動した高校生が、自分のプロジェクトを発表したり、フィードバックをもらったり、同じ想いを持つ全国の同世代と出会う、『学びの祭典』」のことです。(「 」内、パンフレットより引用)

3月25日(土)、26日(日)の2日間にわたって「全国Summit」が開催され、私も発表を聞いてきました。

全国高校生
MY PROJECT AWARD 2016
全国Summit


DSC_0097.JPG



2013年度に12のプロジェクトが参加して始まった「全国高校生MY PROJECT AWARD」。
4回目となった今回は、東京・関西・北九州・東北・オンラインの5大会に計222のプロジェクトが参加。その中から32のプロジェクトが「All Star Team」に選出され、早春の東京で開催の「全国Summit」に集結しました。

1日目の25日(土)は開会式のあと、全32プロジェクトが4会場・16ブースに分かれての発表。そして26日(日)は1日目の審査で選ばれた、以下の8プロジェクトが代表で発表を行ないました。
○学校部門
・「市松COSMOS」半径5km内の地域貢献活動(千葉県/松戸市立松戸高等学校)
・被災地に緑を!〜全国の高校生と挑戦した環境保護活動〜(静岡県/県立富岳館高等学校)
・Kamakura English Tour(神奈川県/鎌倉学園高等学校)
・堂上蜂屋柿ActivationPro〜美濃加茂市から世界へ発信!!〜(岐阜県/県立加茂農林高等学校)
○個人・グループ部門
・高校生で街に彩を(岩手県)
・AEDi(和歌山県)
・高1が届けるクマモトの声(熊本県)
・ホヤの魅力を全国へ(宮城県)

DSC_0098.JPG



2日間で延べ16プロジェクトの発表を聞きましたが、まず驚いたのは、プロジェクトが始まるきっかけと言える、課題の発見力。着目点はさまざまですが、普段の何気ない生活や情報の中から「これは、何とかしなきゃ!」というものをしっかり見つけ出し、自分ごとにして取り組んでいると感じました。

そしてその想いを、実行しながらかたちにしていること。どのプロジェクトも順調に進んだわけではなく、イベントに人が集まらない、周りの理解が得られないなど、失敗やうまくいかないこともたくさんあった、というお話がありました。しかし、うまくいかないから止める、ではなく失敗やうまくいかない理由を考えて修正や再構築をしていったことで、プロジェクトが進んだり、携わる高校生のみなさんの成長につながったのだと思います。

最後に、いくつか印象に残ったコメントをご紹介します。
「何かの賞というよりは、自分のプロジェクトの目的達成に向けて動き続けることが大事」
「この場は、ゴールでもスタートでもなく、1つの通過点」
(以上、高校生のコメントから)
「(ロゴを見て)『全国高校生』の文字が一番小さいのはなぜかと思っていました。マイプロジェクトは高校生だけでなく、誰でも取り組めるものなんですね」(審査員の方の講評から)

このような「自分で課題を見つけ、考え、取り組んでいく」力は、今の社会では大いに必要です。今回いろんなプロジェクトの発表を聞いてあらためて、高校生のうちからこのような経験を積むことはとても意義のあることだと感じました。さらに高校生以外でも、身の回りで何らかの課題が見つかった時、その人にとってのプロジェクトが始まるのだと思います。

「マイプロジェクト」、はじめてみませんか。


「全国高校生MY PROJECT AWARD」について詳しくは、こちらもご覧ください。
全国高校生マイプロジェクト(Facebookページ)


★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜


そして多賀城でも、1つのプロジェクトが一歩を踏み出します。テーマは「多賀城」ですが、市外からの参加も大歓迎とのことです(もちろん、市内に住んでいる方も大歓迎)。若い世代のみなさんのご参加、お待ちしています!

Tagajo Teen’s Talk!
日 時:4月3日(月)13:00〜15:30
場 所:多賀城市市民活動サポートセンター 3F交流サロン
費 用:無料
対 象:中〜高校生
定 員:15名
主 催:iRIS
詳しくは、iRISのブログをご覧ください。
青い光で自閉症への理解を〜Light It Up Blue〜 [2017年03月23日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しております。

4月2日は国連で定められた「世界自閉症啓発デー」です。また、4月2日〜8日は自閉症を含む「発達障害啓発週間」となっています。こちらに先立って、今回はこちらをご紹介します。

Light It Up Blue

(ライト・イット・アップ・ブルー)


自閉症の社会への啓発を目的としたもので、世界的に毎年行われています。有名な観光地、施設などが4月2日の夜、青く光ります。自閉症の方でも刺激のない青色が使われているそうです。

宮城県では青葉城址跡の伊達正宗公騎馬像や、石巻市の石ノ森萬画館がライトアップされます。


このキャンペーンを行うのはNPO法人あっとオーディズムです。自閉症啓発、支援を目的にイベントを開催したり、学習支援やセミナーなども開いています。


自閉症と言っても、人によって特徴はさまざまあります。まずは知ることから。
みなさんもこの機会に発達障害や自閉症に歩み寄る気持ちでライトアップを見に行ってみてはいかがでしょうか。

多賀城では、発達に凸凹を抱える子どもとその家族を支援する活動をしている団体や、障がいの有無に関わらずココロに困りごとを抱えている人たちがリラックスできるような場づくりを行う団体があります。こちらもチェックしてみてください。
ハッピーピース
ココロのびのびプラネット
ママ達による手作りマップ「けせんぬま子育てMAP」 [2017年03月16日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。
毎週木曜日は市内外の取り組みや団体についてご紹介しています。

本日は、
けせんぬま子育てMAP#1

(テーマ:食べる)

マップ ⇒


のご紹介です。


こちらのマップには、気仙沼で子育てをするママが子どもと一緒に入りやすい飲食店が掲載されています。地図には、キッズスペース・キッズメニュー・小上がり・個室・オムツ替えスペース・子ども用食器・駐車場の有無、大人数可能かが記されています。

マップを制作したのは、「気仙沼のママの“〜したい”を形にすることで、気仙沼を子育てしやすいまちにしたい」という想いで立ち上がった団体「Kesennumama'S(ケセンヌママズ)」です。ママ達が実際に足を運びチェックをした上で、子連れで行きやすい42店舗を選びました。

制作のきっかけは、気仙沼の子育て環境についての話し合いでした。話し合いを通し、気仙沼は人が寛容なまちだけれど、市外から来たママは、ママ友や行き慣れた場所ができるまで、孤独感を感じながら子育てをしていることが分かりました。

そんなママ達を孤独な子育てから救うために作ったのが、こちらのマップです。子連れでも行きやすい場所を明記することで、気軽に地域に出るきっかけを作ろうと考えました。外に出て、人のやさしさに触れながら、また子どもとの時間を穏やかに過ごしてほしい。そして、このマップを広めていくことで、地域の方にも子育てに目を向けてもらい、今以上に子育てしやすいまちに変化していけばという願いが込められています。

マップは昨年12月に2000部発行しましたが、追加の発注が殺到し、わずか2カ月足らずでほぼ在庫がなくなったそうです。ママ達がこのような情報を必要としていたことが分かります。今後は、遊ぶ場所や子育て支援団体、地域の方を紹介したマップも構想中です。みなさんの地域でも、参考にしてみてはいかがでしょうか?

〇Kesennumama'S
 ホームページ ⇒
 facebook ⇒
子どもがよりよく生きる未来をつくるために [2017年03月14日(Tue)]
こんにちは、スタッフの佐藤です。

少しずつあたたかく晴れた日も続き、いよいよ、卒業・入学のシーズンですね。

これからの未来を担う、子どもたち。
しかし実は今の社会において、家庭の事情などによって子どもの将来が左右されてしまう「貧困の連鎖」が存在し、課題として取り上げられてきています。

これは宮城県内でも例外ではない状況だといわれています。
そんな「貧困の連鎖」を解決しようと活動する団体の取り組みを支援する動きがはじまりました。


子どものたより場
応援プロジェクト2017

ホームページ ⇒


「子どもの貧困支援に取り組む活動団体=子どものたより場」を応援することで、宮城県内の子どもたちを支援するプロジェクトです。
県内の子どもの貧困や困難な状況と、子どもたちを支える活動団体の取り組みを紙面やウェブを通してお伝えすることで、未来を担う子どもたちをみんなでどのように支えられるのか、一緒に取り組んでいこうという取り組みです。

フェイスブック
主 催:河北新報社、宮城県、公益財団法人地域創造基金さなぶり

●プロジェクトとしての取り組み
「子どものたより場」となっている活動団体や、団体を支える協力者の皆様を紙面やウェブでご紹介します。

●宮城県の取り組み
「貧困の連鎖」の解決に向けて、2016年3月に『宮城県子どもの貧困対策計画』を策定。子どもの教育支援や生活支援、経済的支援などに取り組んでいます。

●公益財団法人地域創造基金さなぶり
地域を大切に思い何かできないかと考えている方と、地域で困っている方々に寄り添う市民活動(NPO等)をつなぐ取り組みをしています。


今後、「子どものたより場応援基金」も設立され、基金を通して、子どもの貧困支援に取り組む活動団体への助成もおこなわれていく予定です。

このプロジェクトを通して活動・団体を知っていただいたみなさまからも、基金への寄付、ボランティア、情報発信など自分ができることに取り組んでいただくことで、子どもたちを支えて未来につなぐことにつながります。

情報は、河北新報紙面やウェブをとおしてご覧いただけます。

状況を知ること、また、自分にできることからはじめてみるきっかけとしてみてはいかがでしょうか。
社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」のご案内 [2017年03月02日(Thu)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
毎週木曜日は、市内外の団体の取り組みをご紹介しています。


社会課題解決
「みやぎチャレンジプロジェクト」


bokin_boy_girl.png


「赤い羽根」でおなじみの「赤い羽根共同募金」は、これまでも民間福祉活動の発展向上に大きな役割を果たしてきました。しかし、最近の少子高齢化や格差社会の急速な進展により、さまざまな生活課題・社会課題が出てきています。
そこで宮城県共同募金会では、すぐに取り組まねばならない社会課題の解決にあたっている団体の参加のもと、昨年度から「みやぎチャレンジプロジェクト」を実施しています。

このプロジェクトの参加団体は、社会課題を解決する必要性を広くアピールして活動資金を調達するために、赤い羽根共同募金と一緒に寄付の呼び掛けを行います。団体あてに寄せられた募金が共同募金会を通じて助成されるとともに、募金額によって下記の金額が宮城県共同募金会より加算して助成されます。

joseigaku.jpg


社会課題の解決に取り組む団体への募金、応援を、ぜひお願いします!


★寄付の方法★

下記の参加団体にお問い合わせいただき、「みやぎチャレンジプロジェクト」専用の振り込み用紙を使って振り込みをお願いします。
締め切りは、3月31日(金)です。
※共同募金には税制上の優遇措置がありますので、寄付金に係る領収書は大切に保管し、確定申告の際にご提出下さい。

☆みやぎチャレンジプロジェクト 参加団体☆

NPO法人朝市センター保育園
あじ島冒険楽校
NPO法人移動支援Rera
NPO法人きらら女川
子どものための石巻市民会議
NPO法人Synapse40
NPO法人シャロームの会
NPO法人仙台ダルク・グループ
NPO法人仙台バリアフリーツアーセンター
NPO法人せんだい杜の子ども劇場
NPO法人にじいろクレヨン
一般社団法人BIG UP石巻
一般社団法人マザー・ウイング
NPO法人まちの寄り合い所・うめばたけ
NPO法人みやぎ子ども療育支援の会
山元の未来への種まき会議
山元はじまるしぇ実行委員会
ゆくゆく輪 編集部
NPO法人わたげの会



※団体の一覧及び、現在の寄付額はこちらをご覧ください。

「みやぎチャレンジプロジェクト」


服としあわせをシェアする「物々交換」 [2017年02月23日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

今回ご紹介するのはお洋服の物々交換イベントを開催している


です。


昔気に入ってよく着ていた服や、子どもが小さい時に着せていた服など、もう着なくなった想い出の服がたんすやクローゼットの肥やしになっている方も少なくないかと思います。
そんな想い出の服をただ捨ててしまうのはもったいないですよね。

xchange「自分ではもう着ないけれど、誰かが喜んでくれるかもしれない服」を持ち寄り交換し合う社会のしくみ、「お金」にとらわれず物々交換という古くて新しい循環型の経済を提案しています。

お金にとらわれない物の交換は、人との会話やつながりを生み出します。
お洋服には「エピソードタグ」と呼ばれるタグをつけます。プライスカードをつける代わりに、服の思い出や、次のもらい手へのメッセージなどを自由に書き込みます。前の持ち主から新しい持ち主へ気持ちをつなげるための工夫です。また、今まで来ていた服と向き合うことができる大切なプロセスになります。

この取り組みは関東圏で多く開催されていますが、xchangeは自主開催をすすめています。

xChange開催の4つのルールを守って、自分の地域でも開催することができます。

○ エピソードダクを付けること
○ オシャレにディスプレイ
○ ビジネスにしない(お金儲けを目的としない)
○ 開催概要を事務局へ知せる


開催するまでの準備の進め方や、ルールなど、詳しくはこちらからご覧になれます。
 ⇒


もうすぐ新年度、新学期がはじまります。新しい生活や引っ越しの準備などで、たんすやクローゼットの中を整理する方も多いのではないでしょうか。
お金にとらわれず、人とのつながりも生まれて、交換するお互いが嬉しくなる、そんなやりとりをこの機会に考えてみてはいかがでしょうか。
誰もが電話を使える社会に 電話リレーサービス [2017年02月16日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

本日ご紹介するのは、日本財団が試験運用を行っている

電話リレーサービス

です。


電話リレーサービスとは、聴覚障害を持つ利用者に代わり、通訳オペレーターが第三者に電話をかけて連絡を行うサービスです。
利用者が自分のコミュニケーション手段(手話・文字)などを使用して、通訳オペレーターに連絡をし、伝えたいことを第三者に連絡してもらうことができます。

病院の予約をしたい時、荷物の再配送をお願いしたい時など、日常の中で電話が便利な場面は数多くありますが、聴覚障害を持つ人は、気軽に電話を利用することができません。
家族や友人などに、自分に代わって連絡をしてもらう方も多いようですが、周りに遠慮してしまったり、相手が忙しかったりと、思うように電話がかけられないこともあるようです。

世界20カ国以上で公的なサービスとなっている電話リレーサービスですが、日本ではまだ公的なサービスではありません。過去にいくつかの事業所がサービス提供を試みましたが、利用者が通話料を自己負担するには高額であり、利用件数が伸び悩みました。結果として、撤退せざる終えない状況が続いています。

日本財団では日本に電話リレーサービスを普及・定着させるために、2013年から試験運用を実施しています。2016年3月時点での利用者数は約4000人です。

利用者からは、
「メールだと至急の用事の時に困っていた。電話リレーサービスはすごく便利」
「電車に忘れ物をした時、すぐに連絡を取れて助かった」

などの声が寄せられ、サービスの必要性が伝わってきます。


しかし現状では、24時間体制でないこともあり、より一層の使いやすさを求める声も寄せられているようです。

そこで、このような情報格差をなくすための活動を行うNPOインフォメーションギャップバスターでは、以下の内容で署名活動を行っています。総務省(電信電話事業を管轄)に対し陳情をする予定です。

・電信電話会社の電話リレーサービス提供の義務化
・地域格差解消のための既存のユニバーサルサービス制度と同様にハンディキャップによる格差解消のための制度設立


全ての人が当たり前に電話を使用できるようになるための活動です。
詳しくは下記をご覧ください。

日本財団 電話リレーサービス・モデルプロジェクト


電話リレーサービス 署名活動
高校生が、社会課題の解決にチャレンジ! [2017年01月12日(Thu)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!
今年もよろしくお願いいたします。

来週末の21日(土)には、たがさぽで

TAGAJO Future Labo
マイアプローチ発表会

が開催されます。


受講生のみなさんがこれまで深めてきた「地域のため、社会のため、そして自分自身のために『何かしたい』」という想いをもとに深めてきた考えを発表しますので、ぜひお越しください。
※詳しく知りたい方、お申し込みの方はこちらからお願いします!→

さて今回は、この「TAGAJO Future Labo」とも似ている、高校生が身のまわりの課題の解決にあたる取り組みのご紹介です。

group_student.png


マイプロジェクト


マイプロジェクトとは、高校生が地域や身の回りの課題や気になることをテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通して学んでいく課題解決型学習です。社会で求められる力が日々変化する中、高校生が自ら考え行動することで、主体性や思考力、判断力などを身につけることがねらいとなります。そのため、プロジェクトのテーマ設定に対する「主体性」と、例え小さくても実際に「アクションを起こす」ことを大切にしています。

マイプロジェクトが生まれたのは、東日本大震災後の岩手県大槌町。「支援されるだけを卒業して、支えてくれた人に恩返ししたい」「町の復興のために、私たちもできることがしたい」という高校生たちの想いがきっかけでした。
その後2013年からは、全国でマイプロジェクトに取り組む高校生が一堂に会する「全国高校生MY PROJECT AWARD」が開催され、高めあいや交流を通して高校生たちが貴重な経験を積むことができました。
今年も、3月末に「全国高校生MY PROJECT AWARD 2016」が、そして予選を兼ねた東北大会も下記の通り開催されます。

【全国高校生MY PROJECT AWARD 2016 東北大会 概要】

○日時:2017年3月4日(土)10:00〜17:00
○会場:東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館
○参加費:無料
○エントリー締め切り:1月31日(火)
○主催:マイプロジェクト実行委員会
○共催:東北学院大学 地域共生推進機構
●その他詳しくは、こちらをご覧ください。
 全国高校生MY PROJECT AWARD 2016
(下の方に東北大会の概要があります)

高校生のみなさん、この機会にこれまで取り組んできたことを発表してみませんか?

マイプロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください。
全国高校生マイプロジェクト
HP
Facebook
認定NPO法人カタリバ「マイプロジェクト」
サンタになって子ども達に夢を届けるボランティア [2016年12月22日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

12月も残すところあと10日足らず。昨日は「冬至」。冬至かぼちゃを食べてゆず風呂に入るのが我が家では定番となっています。皆さんは「冬至」はどのように過ごしましたか?

さて、もうすぐクリスマス!街はイルミネーションにいろどられ、ショーケースにはおいしそうなケーキ、チキン・・・。楽しみな行事の一つですね。そこで今日ご紹介するのは

サンタのイラスト.pngプレゼントと子ども.png


NPO法人チャリティーサンタ


世界中の子ども達が笑顔になれる社会をつくる。「誰かのために何かしたい」が行動できる人を増やす。「サンタクロースのような想いやりのある人」を世の中に増やし、想いやりがつながる社会を目指している団体です。

「チャリティーサンタ活動」とは、ボランティアがサンタクロースに扮して行うチャリティー活動と、それによって集まった収益金で、世界中の子どもたちを対象に支援を行う活動です。主な活動の内容は、クリスマスイブの夜に、サンタクロースになったボランティアが日本の子どもに“プレゼント”と“夢”を届けること。そして、各家庭から寄付として頂くチャリティーで、世界中の困難な状況にある子どもに”支援と未来”を届けることです。

サンタボランティア体験者の声→

「誰かを笑顔にしたい」という気持ちがあれば、あなたもサンタさんになれます。
サンタになって、サンタを待っている子ども達を笑顔にしてみませんか?そして頂いた寄付が世界のどこかの子ども達を笑顔にしている・・・と思うとサンタも思わず笑顔になりますねベル

サンタNPO法人チャリティーサンタ→

サンタサンタになってみたい人はこちら→
寄付の方法、さまざま [2016年12月15日(Thu)]
こんにちは!スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の取り組みや団体を紹介しています。

12月は寄付月間です。たがさぽpressでも以前にご紹介しましたね。


今回は、寄付月間にちなんだ団体のご紹介です。

特定非営利活動法人
TABLE FOR TWO International
http://jp.tablefor2.org/index.html


「TABLE FOR TWO」は、「二人の食卓」と直訳されます。
“二人”というのは「先進国の私たち」「途上国の子どもたち」を表し、この“二人”が時間や越え、食事を分かち合うというコンセプトで活動しています。


活動内容の1つ「TABLE FOR TWOプログラム」は、プログラムを実施する食堂やレストランでTABLE FOR TWOのロゴマークがついたメニューを注文したり、コンビニやインターネットで同じくロゴマークがついた商品を購入したりすると、1食につき20円の寄付金が団体を通じて途上国の子どもたちの学校給食になります。20円というのは途上国の給食1食分だそうです。私たちが1食食べると、途上国の子どもたちも給食が1食食べられるという仕組みです。


対象となるご飯が食べられる場所、商品が購入できるかはこちらをご参考下さい。
http://jp.tablefor2.org/getinvolved/individual.html#anchor-purchase

また、TABLE FOR TWOプログラムを食堂やレストランに導入することもできます。
http://jp.tablefor2.org/getinvolved/corp.html


お金やモノを直接寄付して応援する方法もありますが、私たちがご飯を食べたり、商品を購入することが、寄付や支援につながることもあります。私たちも途上国の子どもたちも嬉しい仕組みです。
あなたにはどんな寄付、支援ができるでしょうか。ぜひこの機会に考えてみませんか?



============================

さらに!たがさぽでは、1階ロビーにて
寄付月間特別展示

を行っています。


“寄付”と言えば、“募金”!ということで、思わずコインを入れたくなるようなおもしろ募金箱の実物展示や、実際に寄付できるモノの実物展示もあります。
「こんなものも寄付できるの!?」
なんて発見があるかもしれませんね。

募金箱は以前たがさぽブログでもご紹介しました。こちらもご覧ください。
→ http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/929
| 次へ