CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント情報 | Main | 3.11大震災»
シビックプライドとその事例がわかる本 [2017年01月31日(Tue)]
スタッフの近藤です。

本日はたがさぽ文庫にあるオススメ1冊をご紹介します。

シビックプライド2【国内編】
都市と市民のかかわりをデザインする


監 修 :伊藤香織 + 紫牟田伸子
編 著 :シビックプライド研究会
企画協力:読売広告社 都市生活研究所
出版社 :叶體`会議



シビックプライドとは?
「市民一人ひとりが都市(市区町村、商店街、沿線、など)に対してもつ自負、愛着、誇り」のことです。育った地域に愛着を持つ郷土愛とは異なり、市民が当事者意識をもって、自発的・積極的に関わっていくことです。
また、ここでいう「市民」とは、「ここで生まれ育った」「住民票を持っている」「選挙権を持っている」というような枠で規定されるものではありません。
この考え方は、地域活性の切り札として脚光を浴び、最近は行政や立法の場でも取り上げられることが増えてきました。

長野県松本市の事例
本書で紹介されている長野県松本市は工芸のまちとして有名で、1985年から「クラフトフェアまつもと」が開催されています。市内にも多くの工芸関係のギャラリーがあり、松本は工芸とのかかわりが濃い都市です。
しかし、「クラフトフェアまつもと」は来場者が急速に増え、駐車場不足による慢性的な交通渋滞がおこるネガティブなイメージがとして、市民や行政に認知されてしまいます。「クラフトフェアまつもと」だけでは発信できない多様な工芸を紹介する機会も背景に、クラフトフェアを超える企画が模索されました。そこで2007年に「工芸の五月」が開催され、地元の市民有志、行政、学生が集まり、官民協働で「工芸のまち松本」をポジティブな方向でとらえる企画が始まります。

「工芸の五月」は、「暮らしの中で工芸が楽しめるまち」「工芸を通したコミュニケーションが広がるまち」「工芸を通して五感が刺激され、人々の感性が育つまち」「松本・日本・世界に対して工芸に関する情報の収集・発信ができるまち」「工芸の担い手が集い成長するまち」「工芸を体験できるまち」「工芸を通した産業・商業が育つまち」の7つの要素で行われています。

このように、松本にある「工芸のまち」というコミュニケーションツールをブラッシュアップすることで、松本で生きることに誇りや愛着を感じれる都市創造につながっています。


「こんなにかわいい雑貨本」の紹介 [2016年11月22日(Tue)]
スタッフの近藤です。

たがさぽのX'mas雑貨市まで、あと12日!
たがさぽプレスでも、連日、雑貨市のことを紹介しています。
今回のブックレビューでは、雑貨市のコンセプトにも関係する図書をご紹介します。


福祉施設発!こんなにかわいい雑貨本

編著者:伊藤幸子/太田明日香  発行所:西日本出版社


この本に紹介されているのは、全国の福祉施設でつくられた雑貨品です。
バッグやポーチ、ペンケースやノート、ポストカード、食器など、手に取ってみたくなる様々な小物たちが紹介されています。
障がいのある人たちは、福祉施設で仕事や訓練、余暇活動として、さまざまなものづくりやアート活動をしています。その中には、「福祉」や「障がい者」という枠を越えた作品もあり、彼らの固定観念にとらわれない想像力や、いきいきとした感性が感じられます。

福祉施設で障がい者に支払われる賃金のことを「工賃」と呼んでいます。
平成22年度の月額平均工賃は13,079円と、とても安い金額です。その理由に一般企業で働くことが難しかったり、福祉施設の利益が上げられない場合があると言われています。
今回紹介されている雑貨品は、購入することで彼らの工賃アップにつながります。しかし、販路がなく、つくったものをなかなか利益につなげにくいという施設も多いようですが、最近ではエイブルアート・カンパニーなど、施設と企業をマッチングさせたり、販路につながる支援する取り組みも増えてきました。

たがさぽの雑貨市も、福祉施設でつくったお菓子も販売します。
もちろん、買うことで施設の障がい者の工賃アップにつながるんです。

今回紹介した図書はたがさぽ文庫で借りることができます。
そして、12月4日(日)はたがさぽのX'mas雑貨市の日ですので、ぜひお買い求めください。
町内会のことなら「この本で」! [2016年09月27日(Tue)]
スタッフの近藤です。

本日はたがさぽ文庫にあるおススメ1冊をご紹介します。

運営からトラブル解決まで
自治会・町内会
お役立ちハンドブック


著者:水津洋子(地域再生コンサルタント)



本書では自治会・町内会の意義や役割を正しく知り、健全で活力のある自治会・町内会づくり、地域コミュニティ活性化の方法をわかりやすく解説しています。

現代の地域社会では、自治会・町内会への参加・参画が少なく、地域の関係が疎遠になっています。多賀城市には自治会・町内会が47区あり、各地区で様々な行事が行われ、地域の方が交流する機会をつくっています。町内会活動が活発に行われる一方、「参加者がいつも同じ人」「役員の担い手が少ない」など、様々な悩み・課題があるようです。

そんな悩み・課題を解決するノウハウから、そもそもの町内会の役割から成り立ちまで、この本1冊で町内会のことがよくわかります。
テーマ型で様々なところから集まって参加するコミュニティと違い、町内会は自身が生活を営むところにあるコミュニティです。
災害などの緊急時に、ご近所付き合いがあるコミュニティほど、住民が力を合わせて助け合う「共助」の活動が、震災以降注目されています。

この本から、町内会の運営について学んでみませんか?
デザイン・レイアウトを学べる図書の紹介 [2016年08月30日(Tue)]
スタッフの近藤です。

本日は台風10号の影響で、多賀城市で災害対策本部が設置されました。
台風は17時頃に多賀城に最接近するようですので、雨があまり強くなくても、今後風が強くなることと思いますので、十分お気を付けください。

●多賀城市/災害対策本部

http://www.city.tagajo.miyagi.jp/index.html

●避難所のご案内
避難所は市内の公立小中学校10校、総合体育館、文化センターの12箇所です。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください → 

台風 台風 台風 台風 台風 台風 台風 台風 台風 台風


さて、本日火曜日はたがさぽ文庫からおススメの図書をご紹介するブックレビューです。
今回、新着図書からデザインに関する本をご紹介します。


●なるほどデザイン 見て楽しむデザインの本
 著者:筒井美希  発行:潟Gムディエヌコーポレーション

●伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール
 著者:高橋佑磨・片山なつ  発行:葛Z術評論社

●デザイン入門講座 確かな力を身に付けられる学び、考え、作る授業
 著者:坂本伸二  発行:SBクリエイティブ

皆さんが作成するチラシやポスター、またはニューズレター、プレゼン資料などなど、面白い文章、情報が豊富な内容であれば、完璧だと思っていますか?
もちろん、良い文章を載せるということは重要なことですが、それだけでは相手に読んでもらうという動機や行動にはつながりにくいです。

チラシラックや掲示板には、皆さんのチラシ・ポスターだけではなく、様々なライバルのチラシ・ポスターが並びます。たがさぽのチラシラックにも、100以上のチラシやニューズレターが並んでします。

目を引くもの(アイキャッチ)とか、自分が対象となっていそうなイベント・講座には、チラシを手に取って確認しようとする利用者さんはお見掛けします。それでも、すべてのチラシに手を取って、一枚一枚内容を確認するということはされていません。
私もそうですが、チラシがたくさんある場合、短時間でチェックするには、文章よりも見出しやレイアウトに優れていて、何をやるのかが一目でわかるものにどうしても手が伸びてしまいます。
このように、チラシやポスター、ニューズレター、プレゼン資料など、何をするものなのか、だれを対象としているものなのかということを、一目で分からせなければなりません。

最も伝えたい情報を上手に伝えるのには、どうすればよいのか?
本質を分かっていても、ノウハウがなければどのようにデザイン、またはレイアウトして良いのか分からない場合があると思います。

一番おススメすることは、うまいデザインを参考に「マネる」ことが上達への道です。
本書では、図解で分かりやすく紹介していますので、具体的なイメージと照らし合わせて作成することができますので、ぜひ、たがさぽにご来館した時には手に取ってお読みください。

【ブックレビュー】防災ピクニックが子どもを守る! [2016年08月09日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回のたがさぽPress火曜日版でお届けするのはブックレビューです。
ご案内するのは、たがさぽ文庫新着図書の中から親子で楽しく取り組める防災関連の本です。


防災ピクニックが子どもを守る!
〜 災 害 時 に 役 立 つ サ バ イ バ ル 術 を 楽 し く 学 ぶ 〜
編・著:MAMA-PLUG

去る8月1日に誤報ではありましたが東京で震度7の緊急地震速報が発せられ、その際、たがさぽでも震度6弱の緊急地震速報が流れました。
4月の熊本地震、梅雨時期から秋にかけていつ起こるか分からない豪雨など、災害は突然やってきます。
そのためにも、防災の取り組みが大切なのは言うまでもありません。特に災害の被災地ではまさしく“身に染みて”いるかと思います。
しかし、防災のことを考え、常に備えを続けるのはなかなか難しいことでもあります。

そんな“難しい”を解決する方法の一つが本書のタイトルになっている『防災ピクニック』です。
これは「“自分の得意分野が生かせる防災”であれば続けることができる」との考えから生まれたものです。

本の編・著であるMAMA-PLUGはNPO法人であり、子育ての当事者が直面する社会問題をクリエイティブな視点から解決に向けた取り組みを行う団体です。そのため、防災ピクニックも親子視点での内容になっています。

防災ピクニックの第一歩は親子でピクニックに出かけて、お弁当の代わりに非常食を持っていくことです。こうすることで「用意した非常食を子どもは食べてくれるか?」が分かります。
この考え方をベースにして、ピクニックと防災を結び付けた様々なメニューがその狙いとともに本書に記載されています。

更に防災ピクニックがもたらす子どもの成長や、親の気づきなども編・著者の実体験を交えて描かれています。

日常の楽しいことにちょっと防災のエッセンスを加えてみることで、無理なく続けることができる。
本書を片手に、防災ピクニックをためしてみてはいかがでしょう。

【たがさぽ文庫の収蔵図書について】

■「たがサポ文庫」平成28年度の新着図書はコチラ → (.pdfファイル)
■「たがサポ文庫」(平成28年7月現在)の一覧はコチラ →
(.pdfファイル)
【ブックレビュー】認知症カフェハンドブック [2016年07月12日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回のたがさぽPress火曜日版でお届けするのはブックレビューです。
ご案内する本は2016年度のたがさぽ文庫新着図書の中からコチラの一冊

nch2016-07-12.jpg

認知症カフェハンドブック
〜きょうからはじめる認知症カフェ〜

編集・監訳:武地 一
協力:京都認知症カフェ連絡会、NPO法人オレンジコモンズ

本書でも示されていますが、高齢化率の上昇に伴い「高齢者の3〜4人に1は認知症または予備軍」といわれています。昨年(2015年)には公共放送NHKで認知症キャンペーンも行われていました。
また、認知症は日本だけでなく世界、取り分け先進国と呼ばれる国々で様々な施策が打ち出され、対策が求められています。
ちなみに、本書によると認知症は英語で“everyone’s business(誰もがかかわること)”とも言われているそうです。

そうした中、認知症に対し、地域での支援・ケア向上を目指す取り組みとして注目されているのが『認知症カフェ』です。言葉自体は様々なメディア(前述のNHKなど)で大きく取り上げられたこともあり、聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

でも実際に
・どのような場所なの?
・誰が運営しているの?
・どんなことをやっているの?

などの実態まではまだまだ伝わりきれていないかと思います。

本書では、認知症カフェのはじめ方について具体的な手引きのほか、実際に認知症カフェを利用した人の声(当事者や関わっている家族)、運営者側の声(実体験から導き出された教訓)なども掲載されています。

認知症カフェをやってみたいという方だけでなく、「認知症カフェってどんなところ?」という思いを持っている方の疑問を解消できる内容にもなっています。
ちなみに、本書の初版発行は2015年2月ですが、2015年12月には第4刷となっていることから、認知症や認知症カフェについての関心の高さがうかがえます。

認知症は先ほど本の記載から引用させていただいたように、英語では“everyone’s business(誰もがかかわること)”とも言われます。ですので、まずは本書を通して知ることからかかわってみてはどうでしょうか?


【参考記事】
多賀城市で認知症に関する市民の取り組み『あやめカフェ』の記事
★★★

『あやめカフェ』の取り組みを紹介した たがさぽの情報誌tag42号
tag42号(PDF形式)

【たがさぽ文庫の収蔵図書について】
■「たがサポ文庫」平成28年度の新着図書はコチラ→☆(PDF形式)

■「たがサポ文庫」(平成28年7月現在)の一覧はコチラ →☆(PDF形式)
加藤哲夫氏が遺したもの「続 蝸牛評伝」の紹介 [2016年06月07日(Tue)]
みなさん、こんばんわ!
スタッフの近藤です。

今回は日本のNPO草創期において、NPOの普及と促進を目的に全国を駆け回った故・加藤哲夫氏とゆかりのある人物へのインタビュー、交流地域でのシンポジウムをまとめた「続 蝸牛評伝(ぞく かぎゅうひょうでん)をご紹介します。

続 蝸牛評伝
〜加藤哲夫の遺したものと市民社会イノベーション〜

SKMBT_C45216060715590.jpg
編 集:K-PROJECT 編集委員会
発 行:特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター


「続 蝸牛評伝」は、前の「蝸牛評伝」に続く2冊目の冊子となります。
NPOの啓発・促進で日本全国を駆け巡った加藤哲夫氏の足跡を訪ねる「Kプロジェクト」は「アーカイヴキャラバン」と題し、加藤氏と交流のあった地域で氏の資料を紹介する企画展、これからの市民社会やNPOを考えるワークショップを全国各地で行っています。
また加藤氏とゆかりのある人物へのインタビューが記録されています。彼らが加藤氏に触発され、現在の活動につながっていることや、その想いについて、
今回は東北を離れ、岡山、京都など主に西日本へ取材した内容が掲載されています。


DSCN4722.JPG
DSCN4723.JPG


たがさぽに閲覧用を配架しておりますので、ぜひいらっしゃってください。
たがさぽ文庫から「阪神大震災 私たちが語る5年目」のご紹介 [2016年03月08日(Tue)]
スタッフの近藤です。

火曜日は助成金や資金調達、ブックレビュー、お役立ち情報をお届けしています。

今回、お届けするのはブックレビュー
たがさぽ文庫からオススメの一冊をご紹介します。


阪神大震災 私たちが語る5年目

編者・発行者:阪神大震災を記録しつづける会
制作・発売:神戸新聞総合出版センター
印刷:株式会社トライス  発行年:1999年


今週3月11日で、東日本大震災から5年目を迎えます。
5年目を迎えるにあたり、新聞・テレビ・ラジオなどのマスメディアが震災関連のことを取り扱ったりします。そして、私たちも3月11日が近付くにつれ、周囲の人たちとの話、あるいは自分自身で当時のことをふりかえることも少なくないと思います。「…もう5年」「…まだ5年」と、震災後のことを考える機会になると思います。

1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災では、阪神大震災を記録しつづける会が1年目、2年目と節目の年に、震災体験者の手記を発行することで後世に震災のことを伝えています。

本書は震災から5年が経つ中、震災体験者の心情や、震災直後と震災5年後の周囲の状況など、時間の経過による「変化」が読み取ることができます。
ここ東北で5年目を迎えようとしている中、本書で綴られた手記は、私たちにも共感を与えてくれるものが多い内容です。

阪神大震災を記録しつづける会が、発行する以下の手記は、当センター内のたがさぽ文庫でも貸出していますので、ぜひご覧ください。

阪神大震災 被災した私たちの記録(1995年発行)

阪神大震災 もう1年、まだ1年(1996年発行)

まだ遠い春 阪神大震災3年目の報告(1997年発行)

今、まだ、やっと… 阪神大震災それぞれの4年目(1998年発行)

阪神大震災 2000日の記録(2000年発行)

阪神大震災から10年 未来の被災者へのメッセージ(2005年発行)

下記をクリックすると、団体のホームページに移動します。
阪神大震災を記録しつづける会

ぜひ、ご覧ください。
ブックレビュー『NPOのためのマーケティング講座』のご紹介 [2016年02月23日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。
火曜日は助成金や資金調達、ブックレビュー、お役立ち情報をお届けしています。

今回、お届けするのはブックレビュー。
たがさぽ文庫からおすすめの一冊をご紹介します。


NPOのためのマーケティング講座

著 者:長浜洋二  発行所:学芸出版社


【マーケティング】という言葉ですが、今では聞き馴染みのある単語になっているかと思いますし、企業にとっては無くてはならない知識・仕組みになっているかと思います。
ただ【マーケティング】という言葉の意味を調べると『完全に当てはまる日本語訳はない』という説もあるようです。そのため、企業での『マーケティング』は「売れる仕組みづくり」と定義される事が多いようです。

では、NPOの【マーケティング】とはどう定義すればよいのでしょうか?
本書ではNPOのマーケティングを「社会に対する新しい価値の提供や、社会課題の解決のための仕組みづくりと定義できる」としています。

この定義設定を元に、NPOの活動分類やマーケティングの必要性説き、更にNPOマーケティングの骨格として5C(下記の英単語の頭文字)を中心に考えるべきとしています。
 
 ・Customer Value(価値)
 
 ・Cost(費用・原価)
 
 ・Comfort(快適さ)
 
 ・Communication(情報伝達・意思疎通・(心の)通じ合い)
 
 ・Convenience(利便性)



こうした考えを元に、マーケティングの実践として

 @ 課題認識
 
 A 環境分析
 
 B ターゲット設定
 
 C ポジショニング
 
 D 施策立案
 
 E 実行・改善


以上の6つの段階を示し、その内容を解説しています。
本のタイトルには「NPOのための」とありますが、非営利団体に関係する方はもちろん、社会企業家や公益活動に携わる人にとっても参考になる内容です。

特に、非営利活動を行っている際に陥る『自分達は社会が良くなる活動をしているのに応援(共感)してくれる人が少ない』などで、活動が思うように行っていないという方は本書の中に、解決の糸口を見つける事ができるのではないでしょうか。

本書はたがさぽ文庫で貸し出ししています。
【ブックレビュー】「つたえびと」3.11 100人一冊プロジェクト [2016年02月02日(Tue)]
こんにちは、スタッフの佐藤(順)です。

今週の火曜日ブログは、たがさぽ文庫内から

つたえびと 3.11

のブックレビューをお届けします。


DSCN3845.JPG
 

 著 者 : つたえびと100人一冊本プロジェクト
 発行所 : ローカルビズカフェ
 発 刊 : 2012年3月11日 
 内 容 : 160頁

2009年からローカル・ビズカフェのメンバーが中心になって、個人の思いを後世に記録としてためのアクションプランとして、「つたえびと」(既刊6巻)の出版活動をしています。

■つたえびとのユニークなシステム
出版システムは、執筆希望者が10,000円を出資することで2,000字(4頁)のスペースが割り当てられ、1,000円の本を10冊もらえるというものです。ひとりひとりが思いを伝える作家「つたえびと」となることができ、より多くの人にそれぞれの志を伝えていくことができます。
この本は、その3.11特別版に当たるものです。

■それぞれの想いを本に託す
創刊者であり今回のプロデューサー畠山茂陽さん(地方紙に勤務、NPO法人ファイブブリッジ理事長)が、3.11後に「自分のできることは何か」を自身に問い、その気づきとして「3.11で思ったこと、感じたことをみんなで一冊の本にまとめてみませんか」と呼びかけて始めたものだそうです。
それから一年、執筆者は37人、サポーター17人の計54人の想いを載せた本が出来上がりました。

ある人は、隣の県で復興活動をしているものの出身地福島県に関われないジレンマを抱えていたが、「それが仕事だから頑張る」と勤務先の福島原発に向かった弟の言葉で迷いが解消され、以後の活動がスピーディーにむしろ楽しくなったと記しています。
また、石巻市の割烹の女将さんは、震災4日目にはがれきに覆われた路上で情報交換の朝会を始めるなど、次のまちづくりのため「まちのひとたちをちょっと揺さぶる」活動をしている思いを述べています。

表紙と冊子内には廃物で創られたユーモラスなオブジェの写真。出版に協力したNPOワタノハスマイルが、被災した石巻市渡波小学校の生徒と一緒に、校庭に流れ着いたがれきを素材として作品にしたものです。子どもたちの未来への希望もこの本に込められていると感じました。

震災後5年を経過して都市部では被災地への関心が薄らいでいると言われます。3.11に被災者とそれに関わる人たちが何を思い、何をしたのか、これから何をして行こうとするのかを知りたい方にお勧めの一冊です。

●ローカル・ビズカフェとは?
地方紙社員、地域に興味がある首都圏の学生たちと社会人を構成員とするネットワークコミュニティ。

●NPO法人ファイブブリッジ
 ホームページ ⇒ 
| 次へ