CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«TAGAJO Future Labo 5thの4回目開催報告 | Main | 「多賀城食文化まつり」開催!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
NPOの絵本展in山王公民館まつり 行ってきました! [2019年10月22日(Tue)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。

10月6日(日)に行われた山王地区公民館まつりに、たがさぽもNPOの絵本展とたがさぽゲームセンターを出展しました。


IMG_9327.jpg

NPOの絵本展は、地域や社会の問題を広めていくためにNPOが発行に携わった絵本を集めた展示です。環境問題、防災、児童労働、障がい者の権利などさまざまな分野がそろっています。
詳しくはこちらをご覧ください。

点字や絵に凹凸がついたユニバーサルデザイン絵本が特に小さい子どもたちに人気。
また、今回は子どもに携わる方が「わたしのココロはわたしのもの」に関心を寄せていただきました。


IMG_9329.jpg

たがさぽのゲームセンターは、まだ数は少ないのですが、手話を使ったカルタ、視覚に頼らず手と声で楽しむゲームなどがあります。

親子でゲームに参加。出題者が石の形から連想したものを当てるゲームなのですが、石は目で見ることはできません。どんな形なのか目隠しをして指先で確認します。
「ダッタカモ文明の謎」というゲームで、視覚障がいのある人も一緒に楽しめるよう開発されました。
今回参加してくれた方たちも、日常生活ではなかなか体験しない、耳よ指だけの感覚を楽しんでくれたようでした。

他にも「しゅわっとかーど」というゲームも大人気でした。これは手話のカルタで、カルタ札に手話が書かれています。手話が分からなくても、言葉から手話を想像しながら楽しめます。
照れながらも手話をしてくれた子どもたちがいたり、「家に帰って手話を家族に教えてあげる」という感想をくれた子どももいました。


今回は友達と一緒に来た子どもたちや親子連れが多く、あわせて84名が来てくれました。
たくさんの方にNPOのことを知ってもらうとともに、手話でのコミュニケーション、視覚を使わないゲーム体験をしてもらえました。

実行委員会のみなさん、山王地区公民館のみなさん、遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました!



P.S.
あまり他の出し物におじゃまできなかったのですが、体育館での演奏は聴けました。

IMG_9332.jpg

楽しい仲間が集まった多賀城の音楽隊「コトリズム」さんです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました