CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「こどもまつり」に「NPOの絵本展」が登場! | Main | 食べ物を残すのはもったいない»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
データで見る多賀城 〜外国人の人数の推移〜 [2019年05月28日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。
今回の多賀城に関するデータは、多賀城に住む外国人の人数を取り上げます。

日本では近年、外国の方の旅行先として日本を選んでもらうために力を入れたり、外国人材の受け入れを拡大したり、といった動きがあります。
こうしたなか、外国人の旅行先では日本の主要な都市部ではなく、地方への観光にスポットが当たることや、地方の企業も外国人材の受け入れを積極的に行う流れができつつあります。

そこで、今回は多賀城市の外国人の人数の移り変わりを調べ、日本全体の傾向が多賀城市にも関係しているのかを見てみます。

【多賀城市の外国人の人数】
tagajo-intern_01.jpg
(上の画像をクリックで多少拡大されて表示されます。)

2004年(平成16年)から2019年(平成31年)までの15年分をまとめてみました。
元となる資料は画像にも記載していますが、多賀城市の統計書や人口集計表、法務省の在留外国人統計を使用しています。
なお、2004年〜2018年まではその年の12月末日時点の人数ですが、2019年は4月末日の人数を活用しています。

そして、表をもとに作成したグラフです。
【多賀城市の外国人の人数(グラフ)】
tagajo-intern_02.jpg
(上の画像をクリックでグラフデータ(.pdf)がダウンロードできます)

グラフにすると、表以上に視覚的に情報が見て取れます。
傾向としては、外国人の人数は増加していることが分かります。
増加のタイミングとしては、ポイントになっている年があり、2009年と2015年〜2016年が挙げられます。それぞれは、2年前〜当年に出入国の管理や難民認定に関する法律の改正があり、その結果が多賀城においても反映されていると考えられます。
ちなみに、2018年にも出入国の管理や難民認定に関する法律の改正が決まり、2019年4月に施行されています。これにより2019年〜2020年にかけて、さらに増加していくことが予想できます。
なお、2019年時点で、外国人の数が多賀城でも増加傾向であることはうかがえますが、多賀城市全体の人口で見てみるとまだ1%に達していないことも事実です。

【多賀城市の外国人の人数と総人口】
tagajo-intern_03.jpg
(上の画像をクリックでグラフデータ(.pdf)がダウンロードできます)

多賀城の人口は2004年(平成16年)〜2010年(平成22年)まで62,000人台で推移し、東日本大震災発災の2011年(平成23年)とその翌年に61,000人台まで減少しました。この動きと同じように外国人の人数も一時減少しました。しかしその後、人口がもとの62,000人に回復するなかで、外国人の人数も増え、2019年では震災前よりも多くなっていることが分かります。
このことから、強烈な自然災害があった場合はさすがに減少傾向を示すものの、多賀城の人口の増減に左右されず外国人の人数が増えているとも言えます。
外国人の人数が多賀城市の人口の1%を超える日も遠くはないと思います。


これから多賀城でも、観光のみならず、技能習得のため多賀城で暮らす外国の方が増えることが予想されます。
こうした多賀城の姿を踏まえて
『誰もがお互いの人格や個性を尊重して、多様な在り方を認め合い支え合える全員参加型の地域』を考えるツアーをたがさぽで実施します!

みんなにやさしいユニバーサルまちあるきツアーズ
2019-06-16_30.jpg
(上の画像をクリックでブログの案内ページに移動します)


多賀城のお祭り『あやめまつり』を外国人は楽しめるか?を掲げ、外国の方と目的地であるあやめ園まで行き、まつりを通して日本文化を一緒に体験します。
ツアーを楽しみながら、まちのバリア(障壁)や心のバリア(障壁)が少ない「誰にでもやさしいまち」をみんなで考えます。
ツアーが、誰にでもやさしい“ステキなまち多賀城”への第一歩を踏み出すキッカケになればと思います。
お申込みをお待ちしています。


※ご注意※
今回ご紹介した表やグラフは、以下のデータを元に作成しています。
・多賀城市統計書
・法務省の在留外国人統計 
・多賀城市人口集計表:住民基本台帳人口集計表(移動別)

 
※お願い※
本ブログの画像データの記載内容に関するお問い合せは、多賀城市市民活動サポートセンターにご連絡ください。
・TEL:022-368-7745
・eメール:tagajo@sapo-sen.jp
 
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました