CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【ブックレビュー】『目の見えない人は世界をどうみているのか』 | Main | 5/25(土) つるがやじどうかん 第45回こどもまつり»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
ふるさとのシンボルにみんなで感謝の気持ちを伝えよう [2019年05月09日(Thu)]
こんばんは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

5月12日(日)は母の日。お花屋さんやギフトコーナーが華やかに彩られていますね。みなさんは日頃お世話になっているお母さんにどのように感謝の気持ちを伝えるのでしょうか?

本日紹介する団体は

「マザーレイクにありがとう実行委員会」

です。

mizuumi3.png

この団体は、滋賀県や市民団体、事業者、研究者などで構成されている「マザーレイクフォーラム運営委員会」の有志が主体となって設立しました。
2018年度より、「母の日・父の日・びわ湖の日プロジェクト」と「記念日ギフトプロジェクト」を始動しました。

「母の日・父の日・びわ湖の日プロジェクト」ではびわ湖や水源の森の保全や再生をさらに進めるため、次のようなコンセプトを掲げています。

「母の日は、マザーレイクにありがとう。」
→びわ湖がたたえる水は滋賀県民の生活を支える母なる水です。
「父の日は、ファザーフォレストにありがとう。」
→びわ湖の水源の森がびわ湖の水をはぐくんでいます。
「びわ湖の日は、びわ湖をまもるすべての人にありがとう。」
→毎年7月1日前後には、びわ湖の日一斉清掃活動などのボランティア活動が行われています。(なんとこの日にボランティア活動を行う滋賀県民の割合は34%で日本一だそうです!)

○主な活動内容は次の通りです。(団体HPより引用)
1.【新たなつながりを創ります】
業種の異なる事業者同士、または事業者と地域、市民団体などをつなぐことで、新たな価値を生み出し、単独では訴求し得なかった層にアプローチします。

2.【こだわりの生産者を応援します】
Made in Shigaの素晴らしい商品、またびわ湖によい商品が積極的に選ばれるよう、その魅力や生産者のこだわり、商品が生まれた物語などを伝えます。

3.【びわ湖ファンを増やします】
「びわ湖を守る」というと敷居が高く感じるけれど、滋賀県の「本当によいもの」を「選ぶ」ことの先に、ちょっとびわ湖が感じられる、そんなことを入口にして、びわ湖と関わる人の裾野を広げます。

滋賀県のシンボルが「びわ湖」であるならば、私たちのふるさと「多賀城」のシンボルは何でしょう?それを大事にするとともに、普段は気付かないけれど私たちをはぐくんでいる身近なものに感謝を伝えてみませんか?


★団体HPはこちらから ☆★☆


団体の詳しい活動を知りたい方はこちらから
フェイスブック  ★★★
Posted by 小林 at 20:29 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1449857