CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«短い時間で相手に伝えるコツ | Main | 2019年4月 全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
犬も猫も人も笑顔で暮らせる社会を目指して [2019年04月25日(Thu)]
こんばんは。スタッフのさいじょうです。

気持ちのいいお天気が続いていますね〜。
お散歩するのにいい季節ですね。
犬好きの私はワンちゃんがお散歩しているのを見かけると、
ついつい微笑んで近づいてしまいます。

毎週木曜は市内外の団体や取り組みを紹介しています。

本日は香川県の

学生愛護団体ワンニャンピースマイル

をご紹介します。

日本では保健所で殺処分される犬猫の頭数は、年々減少傾向にありますが、
人間に抵抗のできない小さな命は、まだまだたくさん奪われています。
ワンニャンピースマイルは、そんな現状を変えたい、命の大切さを知ってほしいと
思い活動を始めました。
メンバーは香川県の小中高生で、なんと!立ち上げたときの
代表は小学6年生でした。

小学6年生で社会の問題に目を向け、行動を起こす。
私がその年齢の時には考えることができませんでした。
社会のことは大人が何とかしてくれると思っていたはずです。

ワンニャンピースマイルは香川県が、殺処分0になってほしいと願い
啓発活動をしています。
命の大切さを伝える絵本や愛護動画の制作などの他、譲渡会も行っています。
そしてさらに里親さん宅で譲渡した子たちのケアやしつけのお手伝いや
里親さんが旅行で家を空ける時にシッターとしてお手伝いもしているのです。
譲渡しただけで終わらせず、そのあとも見守っていくのですね。

pet_dog_dakko.png


このような団体の存在が、小さな大切な命を救ってくれるのだなと思いつつ、
簡単に捨てられてしまう犬や猫が増えないように、私たちが、社会が
どうしていけばいいのか一人ひとりが考えていかなければと思っています。

興味がある方はこちらを→学生団体ワンニャンピースマイル

ワンニャンピースマイルは、保護してる犬猫の為に、
ネットショップ「BASE(ベイス)」で手作りの雑貨を販売しています。

購入を通して支援をしたい方、ご興味のある方は、
ぜひこちらをご覧ください。→★★★
Posted by 西條 at 09:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1445448