CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2019年3月 全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 | Main | データで見る多賀城 〜多賀城の子どもの推移〜»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
【開催報告】たがさぽカフェvol.3「たがさぽゲームセンター」 [2019年03月24日(Sun)]
こんにちは。スタッフの小橋です。

3月16日(土)、たがさぽ1階で、たがさぽカフェvol.3となる、「たがさぽゲームセンター」を開催しました!


たがさぽゲームセンター_ブログ用.jpg


たがさぽゲームセンターでは、4つのアナログゲームをご用意し、16人の大人から子どもまで楽しんでいただけました。



どんなゲームがあったのか、ご紹介します!



<語ろーぐ>


かたろーぐ.jpg


好きなカタログを持ちより、相手は何が好きなのか、その順番を当てるゲームです。今回用意したカタログは、おもちゃのカタログやお寿司のメニュー、テーマパークの地図などです。


おもちゃのカタログをテーマにやってみると…

「一番好きなのはこれだー!」

「ぶぶー!こっちでした」「あーそっちだったかー!これが好きなんだね」



会話を楽しみながら、自然と相手のことがわかり、仲が深まっていきますね。自己紹介代わりにも。




<ダッタカモ文明の謎>


ダッタカモ.jpg


不思議な形をした陶器。博士役の人が、これは何の出土品なのかをイメージします。そのほかの人は生徒となって、博士が何をイメージしたのかを、視覚に頼らず触った感触だけで当てていくゲームです。


はい・いいえで答えられる質問や、自由に回答できる質問を駆使して当てていきます。

「食べ物ですか?」「いいえ!」

「たがさぽにありますか?」「はい、あります!」

「スピーカー!」「違います!」「ええ、わかんない〜」

触った感触だけで当てていくのは結構難しかったみたいです。


これは視覚に頼らずに遊ぶことで、より楽しめるゲームです。目が不自由な人も、目がよく見える人も、一緒に遊ぶことができます。




<しゅわっとレジスタードマークカード>


しゅわっとカード.jpg


手話を使ったカルタゲームです。読み札は音声ではなく、手話で伝えます。その手話が意味する言葉はどれか、より多くの札を獲得した人の勝ちです。


「これはなんでしょう?(グーにした手を頬のそばで肩におろす)」

「おはよう!(札をゲット)」「あたり!すごい、よくわかりましたね!」

「グーにした手は枕を表していて、朝、枕から顔を上げる動作を表しています」


手話が楽しく学べる、子どもから大人まで盛り上がるゲームです。耳が不自由な人も、耳がよく聞こえる人も、一緒に遊ぶことができます。




<たがさぽオリジナルゲーム〜ようせいウォッチ>


ようせいウォッチ.jpg


たがさぽ館内に3匹の妖精が放たれ、隠れてしまいました。3匹のうち本物の妖精は1匹だけ。ヒントを頼りに、本物の妖精を探します。妖精をたがさぽ館内に隠すキーパーチームと、妖精を探すハンターチームに分かれて勝負です。


「どこに隠そう?」「ここは?」「いいね、ここにしよう!」

「隠れた妖精からは、外が見えるんだって」「窓の近く?」「窓はいっぱいあるよね。質問してみよう!」


たがさぽのことも詳しくなれる、宝探し感覚のゲームです。




普段何気なく遊んでいるゲームにも、実はいろいろなバリアが生じています。会場には、バリアフリーやユニバーサルデザインのこと、国や性のあり方などの多様性をテーマに、たがさぽ文庫の蔵書や多賀城市立図書館から借りてきた図書を展示していました。気になる方は、多賀城市立図書館で探してみてくださいね。


DSCN5717.jpg



楽しみながら学べる・感じるゲームを体験していただきました。障がいのこと、多様性のこと、少しでも考える機会になっていたらうれしいです。今回取り扱いのあったゲームに興味がある方は、たがさぽまで〜!


DSCN5733.jpg



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました