CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«地域福祉を支援する「わかば基金」 | Main | TSR(Tagajo Sustainable Relationship)会議報告@ ローカル版CSRで考える「障害者×企業×地域」 »
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
大切なぬいぐるみとともにつくる生きがい、そしてつながり [2019年02月07日(Thu)]
こんばんは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

みなさん、旅は好きですか?
今年のゴールデンウィークは10連休という方も多くいらっしゃることでしょう。
海外向けのツアーは軒並み満席というニュースを耳にしました。

本日紹介する団体はぬいぐるみに旅の支援をしている、

「NPO法人 日本ぬいぐるみ協会」
です。

toy_omocha_asobu_girl_oyako.png

ぬいぐるみって、小さい頃に一度は手にしたことはありませんか?
大切な話し相手や旅のお供、時には一緒に眠って安心できたり…。
そんなぬいぐるみには「セラピー効果」があるそうです。
高齢者、認知症患者、長期入院の小児患者、また心に傷を持った方たちへ効果があると注目されています。
ぬいぐるみが好きな人、写真を撮るのが好きな人、旅をするのが好きな人、人に何かを伝えるのが好きな人、ぬいぐるみを作るのが好きな人など、いろいろな人が参加することで楽しい活動が広がっていくことを目指し、2013年にNPO法人化して活動しています。

どんな活動をしているのでしょうか。

★ぬいぐるみの旅の支援
高齢の方、病床の子どもやハンディキャップのある方、またその施設、家族のみなさん、また一般の方たちを対象として、ご自身の持っているぬいぐるみを実際旅行する人に託して一緒に旅をしてもらいます。
自分自身ではなかなか旅をすることができなくても、ぬいぐるみが自分に代わって旅を経験できます。その様子をブログなどで見ることで自分が旅をした気分になり、活力ある高齢社会づくり、情操教育、豊かな心で生活していくための支援につながっています。

★ぬいぐるみを楽しむ活動の支援
 年に数回、ぬいぐるみが参加できる楽しいイベントを実施しています。持っているぬいぐるみを参加させることができ、お花見パーティーやサマーキャンプ、クリスマスパーティーなど様々なイベントがあります。
もう一つの支援として、ぬいぐるみアーティストの支援があります。
オリジナルのぬいぐるみの販売やぬいぐるみ作りを広くみなさんに知っていただくための支援を行っています。そして、ぬいぐるみを創作する方、楽しむ方のための情報交換の場を設け、創作活動を支援し、多くの方にぬいぐるみに触れる楽しさを普及させる活動を行っています。

自分の大切にしているぬいぐるみを通して旅の体験ができるなら、世界一周も夢ではないかもしれませんね!自分もぬいぐるみも一緒に楽しんで、旅先での出会いや感動も2倍になりますね。


団体の詳しい活動を知りたい方はこちらから
HP
ブログ★★

また、団体ではぬいぐるみの旅に関する必要な費用を支援してくださる方を募集しています。
寄付の方法についてはこちら→★☆★


Posted by 小林 at 19:50 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1425991