CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«まちづくりの専門家が活動をサポート | Main | 「tag」70号発行しました!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
ミュージアムを身近な存在に [2018年10月11日(Thu)]
こんばんは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

秋です。食欲、スポーツ、そして芸術の秋です。最近個人的に芸術の分野に興味が出てきました。美術館に足を運ぶ機会が増えてきた今日この頃です。

さて今日紹介する団体は

「NPO法人 ミュージアム研究会」
です。

博物館.png

平成18年4月、福岡県で任意団体チルドレンズミュージアム研究会が設立され、国内外の子どもに関わる仕事をもつ人、子ども博物館で働く人々をつなぐ研究会としてスタートしました。平成21年2月にNPO法人ミュージアム研究会となり、現在に至っています。

主な活動内容として、次の3つがあります。

1.ミュージアムという機能を活用した教育・研究活動
2.自然環境保全・自然との共生・文化に関する教育・研究活動
3.それらに関連する普及・啓発および情報提供

毎年、5月18日の「国際博物館の日」には、「国際博物館の日新聞」として、日本・世界各地のミュージアムの訪問記、紹介をNPOメンバーほか様々な分野から寄稿してもらい、新聞記事としてまとめたものを発行しています。平成21年からはHPにも新聞を掲載し、世界に配信しています。

そのほかの面白い取り組みにサイエンスカフェの運用があります。特に平成24年から実施している「カフェ・なんしよーと」はサイエンスだけでなく、福岡の文化・歴史に着目したテーマを語り合い、発信しているものです。ちなみに「なんしよーと」は博多弁で「今、何してる?」、「何をやってるの?」という意味だそうです。

講演会などとは異なる取組みとしてこれまでサイエンスコミュニケーションの実施や、食にまつわるもの、「クジラ」、「ジュニアサイエンスカフェ」など環境、社会に関するテーマでも開催してきました。また、日本科学未来館や沖縄など日本各地でもサイエンスカフェを運営してきました。


ここ歴史ある多賀城でも文化・歴史をテーマに語り合う場、多賀城の魅力を発信していく場を設けてみるのもいいですね!


NPO法人ミュージアム研究会について、詳しくはこちらをご覧ください。
ホームページ Facebookページ
Posted by わたなべ at 17:55 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1396385