CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山王地区公民館まつりでワークショップを実施しました | Main | まちづくりの専門家が活動をサポート»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
古き世に 想いを馳せつつ 今歩む 〜史都多賀城の秋を彩るイベント二題〜 [2018年10月06日(Sat)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!


この三連休、各地で多くのイベントが開催されますね(台風が心配ですが…)。

10月はイベントや講座も多く、たがさぽのチラシラックも多くの割合を占めています(下の写真は10/6撮影)。

チラシラック.jpg

さて、毎週土曜日は多賀城周辺のイベント情報をお送りしています。

今週は「文化の秋」「多賀城の歴史」にちなんだイベントを二つご紹介!




第20回史都多賀城万葉まつり

20181007.jpg


万葉集の編者の一人といわれる、大伴家持(おおとものやかもち)が生きた時代のロマンを「まつり」で再現します。


【概要】

○日時:10月7日(日)10:30〜16:00

○会場:東北歴史博物館ほか

○内容:

・万葉ステージ(水上ステージ)

 一般参加ステージ、横笛、万葉の舞、和歌朗詠、万葉うたよみ、琴演奏、射礼など

・万葉衣装時代行列

 高崎中学校正門前→ヤマザワ・ホーマック前→東北歴史博物館

・その他

 茶席、軽食・お土産販売など

○詳細やチラシのダウンロードは、こちらからどうぞ!(多賀城市ウェブページ)








第25回「壺の碑」全国俳句大会

20181014.jpg



「壺の碑(いしぶみ)」は「多賀城碑」とも呼ばれ、国の重要文化財に指定されています。江戸時代には松尾芭蕉が訪れ、対面した感激を『奥の細道』に記しました(詳しくはこちらをご覧ください)。

全国俳句大会は、芭蕉生誕350周年を記念として始まり、名称を変えながら25年を迎えました。


【概要】

○日時:10月14日(日)10:00〜16:30

○会場:多賀城市文化センター 小ホール

○内容:

・10:00〜 開会式、「壺の碑」へ吟行(無料バスを準備)

・13:30〜 講演 高橋睦郎氏「『されく・のさる・もだゆる』をめぐって」

      入選句発表・選評、表彰式

○当日参加費(投句料):一人1,000円




歴史に興味のある方、俳句に興味のある方、ぜひご参加ください。
Posted by わたなべ at 14:00 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1395196