CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【開催報告】うれしい・たのしいから見つける未来のカギ「たがさぽの七夕雑貨市」レポート! | Main | 「本=人(ヒューマン)」偏見をなくす図書館»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
データで見る多賀城 〜多賀城の民営事業所数の推移〜 [2018年08月07日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

8月に入り35℃以上の厳しい猛暑がきた!
と思いきや、24℃ぐらいの涼しい日もあるなど、気温が目まぐるしく変動していますね。

さて、今回の多賀城のデータは、タイトルにある通り多賀城の民営事業所の数に注目したグラフです。

グラフの作成にあたっては、総務省統計局が公開されている経済センサスを活用しました。
元のデータに興味がある方は下記リンク先をご覧ください。
 → 総務省統計局 経済センサス
 → 経済センサス 基礎調査
 → 経済センサス 活動調査

多賀城市の民営事業所の推移
tagajo-mineijigyousyo.jpg

グラフの縦軸は事業所数です。
震災前のデータは2009年までですが、この時点では事業所数は2,500に迫っています。

そして、震災後の最初のデータは2012年なのですが、この時の事業所数は2,000を切っています。
特に2012年は個人の事業所数も(法人)会社の事業所数もそれぞれ1,000を下回っています。

その後は事業所数が2,000を超えています。
内訳を見てみると、(法人)会社の事業所数が1,000を超え震災前の水準に戻ってきています。
ただ、個人の事業所数は震災後の状況からあまり変わらずといった状況であることが分かります。
震災の影響がこうした形で刻まれているのが読み取れるかと思います。

今回ご紹介したデータは多賀城の会社や企業の数と言えます。
たがさぽは市民活動を応援する場所ですが、地域のことを考えるのであれば、会社や企業は欠かすことができません。また、地域の課題や困りごとを解決するには、今後、市民活動団体のみではなく、様々な主体…自治会・町内会、行政、学校、企業や会社…の連携が必要になってきます。
それぞれの主体が現在どのような状況であるかを知ることも、連携のための第一歩だと考えています。

今後も、多賀城に関するデータをご紹介していきます。
お楽しみに!

※お願い※
本ブログに掲載している表に関するお問い合せは、多賀城市市民活動サポートセンターにご連絡ください。
・TEL:022-368-7745
・eメール:tagajo@sapo-sen.jp

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1380873