CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【開館10周年記念イベント】住民が気軽に参加できる場をつくる | Main | 「tag」67号発行しました!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
TAGAJO Future Labo 4th seasonはじまりました! [2018年07月19日(Thu)]

こんにちは、スタッフの川口です。
  71日(日)より、全6回の連続講座

TAGAJO Future Labo4th season スタートです!
 
今回は、第1回の様子をご報告します。

その前に
TAGAJO Future Laboについて、簡単にご説明します。

例えば、『何かをしたい!』
と思っているけど、その何かが見つからない
例えば、『自分の特技を地域に活かしたい!』
けど、どうやれば活かせるだろう
例えば、『したいことはある』
でも、なかなか行動までたどり着けない

そんな、ちょっとモヤモヤした想いを取り払い、一歩踏出す・動き始めるキッカケを、様々なプログラムや仲間とのディスカッションを通し整理する場と時間を提供するのが『TAGAJO Future Labo(以下、TFL)です。タイトル.JPG

71()にスタートし、約半年間の講座プログラムを実施します。

TFLは今年で4回目を迎えます。10人の方の申込みでスタートしました。


その半年間、受講生にアドバイスをしてくれるのが

プログラムアドバイザーの津川登昭さん(一般社団法人チガノウラカゼコミュニティ)です!


はじめに、プログラムアドバイザーより、活動事例や「コミュニティ」についての考え方についてご紹介いただきました。

津川.JPG


プログラムアドバイザーの津川さん




津川さんからはこれまでの活動経験から学んだことを受講生へ伝えて頂きました。




「コミュニティ」は人を巻き込むということであり、テーマコミュニティは同じ旗印に向かってみんな対等に取り組んでいくという構図が必要になります。


人を巻き込むには、人に伝える手法が重要になってくるということです。


(それには企画書・プレゼン・名刺・笑顔が大切!)


そして、自分は


◎どうしてやりたいのか。


◎なぜあきらめないのか。


◎自分がよろこびを感じるか。


ここが大切になってくるそうです。




お話を聞いた後はワークショップを通して、
自分自身をふりかえり、やりたいことを整理していきます。


1回は、講座を行う上で重要になる
【想いを描くワークショップとディスカッション】でした。


会場.JPG


自分自身のこれまでをふりかえるシートに取り組み、グループで質問などしながら深めていきます。


最後はワークシートの内容をもとに受講者全員で共有するディスカッションを行いました。自分の生い立ちから今やってみたいこと、考えていることなどを発表します。


受講生同士、質問やアドバイスをして、最後にプログラムアドバイザーからのコメントをいただきました!

ワーク.JPG



受講者のアンケートには、


「何かをやろうと考えている氷魚が多いということが心強かった」


「他の人の考え方・知識などを聞くことがよい刺激になりました」


「かたくならずにしんけんに」という言葉も印象に残りました」




などなど、感想をいただきました。これからこの講座を通して、受講生のみなさんがどのように変化していくのか楽しみです。



 次回の模様もブログでお知らせいたします!

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1375883