CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«データで見る多賀城 〜国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の2045年予測〜 その2 | Main | 古きこと 見直しつくる 明日のまち»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
多賀城南門復元の実現を目指す市民の会 [2018年05月10日(Thu)]

こんにちは。スタッフの川口です。

新緑が気持ちのいい季節になりましたね。

みなさんはGW満喫しましたか?


 木曜日は市内外の団体や活動を紹介しています。


今日は

「多賀城南門復元の実現を目指す市民の会

をご紹介します。

多賀城市が検討中の国特別史跡・多賀城跡の南門復元計画についてみなさんは知っていますか?


多賀城創建1300年(2024年)の節目に向けて南門を復元し、「史跡のまち」と「復興」のシンボルにしようとする動きです。実は多賀城は南門復元については約30年も前から議論されていましたが、財源の不足などで懸案事項となっていました。


多賀城市は2011年に宮城県で初の歴史まちづくり法の認定を震災復興計画と連動させて受け、多賀城跡の南門復元に向けて動き出していましたが、計画が進まず「多賀城南門復元の実現を目指す市民の会」が南門の復元の早期実現に向けた要望書の署名を集め、昨年の11月に市に提出しました。


このように多賀城では、市民による多賀城の歴史的なシンボルをつくるべきか、そうでないかの議論が今おこっています。


みなさんはどのように考えますか?

まずは多賀城の歴史に興味をもって知ることが大切なのかもしれません。この機会に多賀城について、じっくり考えてみるのもいいかもしれません。


団体が主催する歴史ビギナーの市民向けの勉強会なども開催されています。


多賀城ヒストリア 第2


1300年前の歴史への旅立ち 多賀城のパワースポットを探そう〜


SKM_C45818050717290.jpg


1回 政庁コース

東門跡、北辺築地跡・櫓跡、陸奥総社宮、貴船神社など

1人では行きにくい城の奥までめぐります。

日時:平成30520日(日)10:0015:009:30受付)

集合場所:国府多賀城駅 北口

締切り:515日(火)


2回 大路コース

多賀城廃寺跡、館前遺跡、南北大路跡・漏刻モニュメントなど

古代都市・多賀城の城外から城内をめぐります。

日時:平成30526日(土)10:0015:009:30受付)

集合場所:東北歴史博物館 駐車場

締切り:521日(月)


両回とも

参加費:各回11000円(保険料、資料代、弁当代含む)

定 員:各回50人(先着順)

ガイド:倉敏明さん(観光ボランティアガイド、史跡案内サークルガイド)

申込み方法:電話・FAX・インターネットのお申込みフォームにて


※詳しくはチラシをご覧ください!

SKM_C45818050717280.pdf



主催 多賀城南門復元の実現を目指す市民の会

協力 多賀城・七ヶ浜まちづくり推進協議会

Posted by 川口 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1357320