CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小規模多機能自治という考え方 〜番外編〜(全国の中の宮城、宮城の中の多賀城の状況) | Main | 子どもたちによい本とお話を届ける»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
心の車で、社会が良くなる。 「ソーシャル・カーリース」を知っていますか? [2018年01月11日(Thu)]

こんにちは。スタッフの川口です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。私の今年の抱負は、ボルダリングに挑戦することです!


  さて、毎週木曜は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。


「ソーシャル・カーリース」を行っている一般社団法人日本カーシェアリング協会は、カーシェアリングを通して被災地支援を行いながら、新しい車文化を目指す非営利の組織です。


震災後、全国から寄付された約65台の車を利用し、被災した人たちを対象としたカーシェアリングによるサポートを石巻市中心にはじめました。


 カーシェアリングとは、一般には一般に利用者として登録した会員の間で特定の自動車を共同で使用するサービスやシステムのことを言います。


“地域で譲っていただいた車を活用して、地域の困っている人を助け、地域に貢献する人を応援する”そんな想いから活動がはじまりました。


 車を有料で貸し出すことにより、車の車検代や維持費を捻出し、車を必要としている人や団体に届けています。


※対象者

  1)年金生活者(対象外も有り) 

      2)非営利活動を行う法人・個人

  3)移住者(移住後3年以内の方)

      4)起業家(起業から3年以内の方)

  5)生活困窮者

 また、被災地で活動を続けている支援団体の支援者にはメンバー価格(半額)で利用できるという支援も行っています。


 何度も被災地を訪れて、支援団体を通して被災地と関りを持ち続けてほしい、そんな思いが詰まったレンタカーです。


 被災地にもう一度足を運ぶ、そして支援活動を維持させるための活動です。

ぜひ、応援したいですね。



*詳しくはHPをご覧ください

HPhttp://www.japan-csa.org/index.html


Posted by 川口 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1330324