CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自分にあったボランティアを見つけよう! | Main | 盛況御礼!*たがさぽのクリスマス雑貨市»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
つながることで大きな力に! [2017年12月14日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

たがさぽでは去る12月10日(日)に「たがさぽのクリスマス雑貨市」を開催しました。当日はたくさんの来場者でとてもにぎわいました!!販売ブースで商品を売っていたり、来場者にアンケートの記入を呼びかけたり、ワークショップを来場者と一緒に楽しんだり・・・。雑貨市を支えているさまざまなボランティアが活躍していましたがみなさんお気づきでしたか?


そこで今日紹介するのは
「東北学院大学災害ボランティアステーション」
です

画像@.png


どんなことをしているところなのでしょうか?
震災直後の2011年3月29日の立ち上げ当初から、ボランティアマッチングをベースとして中間組織・後方支援組織としての役割を担ってきました。ホームページ、SNS、メール配信などを使用して震災復興関連情報を発信しています。

東北学院大学自体も被災地にある学校として首都圏や関西圏の多くの大学から支援の申し出を受けました。その際、一つの大学では対応が無理な問題も、他の大学と連携することで対応可能となることもあると気づきました。現在は宮城県内だけではなく、全国の大学87校(2013年1月25日現在、団体のHPより)とネットワークを構築し、学生ならではの知恵と企画力を発揮する場をつくりました。

団体のこれまでの活動内容はこちらから→★★★

今回たがさぽもボランティア募集をお願いしたところ、このネットワークからも多くの申込みをいただき、雑貨市を支えてくれました。ありがたいことです。

来たる12月16日(土)、東北学院大学土樋キャンパスでシンポジウムが開催されます。
事前申込不要で入場無料です。被災地の現状と課題を知ることにより、現地での学生ボランティアに期待される役割を再認識できます。震災から6年が過ぎました。もう一度支援について考えてみませんか?

被災地支援に期待される学生ボランティアを考える


無題.png


チラシPDFはこちら

■日 時:平成29年12月16日(土)11:00〜16:30(予定)
■会 場:東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館ホール(地階)
■参加費:無料

問い合わせはこちら
大学間連携災害ボランティアネットワーク事務局
(東北学院大学災害ボランティアステーション事務局内)
〒 980-8511仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL:022-264-6521  FAX:022-264-6522
メール:mailto:tgvolu@staff.tohoku-gakuin.ac.jp 平日 (11:00〜16:30)
HP:http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/volunteer/

Posted by 小林 at 21:12 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました