CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«たがさぽのクリスマス雑貨市を開催しました! | Main | 12月13日(金)開催!はじめる広場トークタイムのご案内»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「いのち」と「くらし」の再生、応援します! [2013年12月10日(Tue)]
こんにちは、スタッフのわたなべです。
毎週火曜日は、隔週で資金調達に関する情報をお送りしています。

東日本大震災より1000日が経ちました。多賀城市では、災害公営住宅の建設が始まった所もありますが、すべて完成、入居まで約3年かかる予定となっています。また、暮らしの基盤の面でまだまだサポートが必要な点はたくさんあり、何とかしようと多くの団体が活動しています。今回は、そのような活動をしている団体向けのご案内です。

タケダ
いのちとくらし再生プログラム

―被災地にNPOの知恵と力を―
助成事業(第5回募集)
takeda.bmp

☆応募資格☆
「いのち」と「くらし」の再生に関わる社会的課題を発掘し、その課題を解決するために被災3県において活動する非営利の組織。
※法人格の有無は問いません。 
※政治的・宗教的な組織は対象としません。 
※医療関係者等の団体による応募については、別に注意事項があります。詳しくは募集要項をご覧ください。

★助成内容★
○対象経費
 活動に関わる必要経費(支出項目は特に設けません。運営費や人件費も含むことができます)
○助成限度額
 助成1件につき500万円〜1,000万円(総額3,000万円を予定)
○対象となる活動
 「いのち」と「くらし」の再生に関わる下記の活動
・「いのちの再生」
人道支援の視点から、社会的に弱い立場にある被災者(子ども、高齢者、病人、障がい者等)が尊厳をもって生きていけるよう、その人権を尊重し、日常生活を支援し、保健・医療・福祉の充実を図る活動。
・「くらしの再生」
復興に向けた基盤整備支援の視点から、被災した人々が生きがいのある暮らしを回復できるよう、生活の場・仕事の場を再建し、生活基盤を整備する活動。なお、これらの活動に関わる調査研究や政策提言活動も対象となります。
○助成期間
 2014年4月1日から1年間(この期間の終了時、継続助成の可能性があります)

☆応募手続き☆
○応募書類
・当プログラム指定の応募書類
 ※こちらからダウンロードできます
・定款(法人の場合)または会則(任意団体の場合)
・役員名簿
・団体の前年度事業報告書及び決算書(前年度事業が終了していない場合は不要)
・団体の当年度事業報告書及び予算書
※その他、選考過程で必要となった場合に追加資料の提出をお願いすることがあります。
○応募期間
 2013年12月12日(木)〜12月18日(水)※当日消印有効

★応募・問い合わせ先★
○応募は必ず消印の分かる方法で下記事務局に郵送ください(持参提出は不可)。

認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局(担当:三本・坂口・西口)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
TEL:03-3510-0855 FAX:03-3510-0856
E-Mail:info@inochi-kurashi.jp
HP:http://www.inochi-kurashi.jp/
こちらで、これまで助成を受けた団体の活動の様子を見ることもできます。
Posted by 櫛田 at 20:08 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました