CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
●ゴールデンウィーク中の開館状況について
多賀城市市民活動サポートセンターは、毎週水曜日を休館日としています。ただし、水曜日が祝日の場合は開館日とし、その翌日が休館日となります。

したがって、
4月29日(水)・5月6日(水)は開館日
4月30日(木)・5月7日(木)は休館日

となっております。

また、
月〜土曜日の開館時間は9:00〜21:30
日曜・祝日の開館時間は9:00〜17:00

となっております。
みんなで使おう!NPO法人会計基準のご案内 [2015年04月28日(Tue)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

暑い日が続きますね晴れ
多賀城も、今日は25度近くまで上昇するようです。
気温差が激しいので体調管理には、十分気を付けてくださいわーい(嬉しい顔)

さて、今週の火曜ブログは「市民活動に役立つ情報」をご紹介します。

みんなで使おう!

NPO法人会計基準


みんなで使おう!.jpg


本日、ご紹介するのはNPO法人会計基準です。
これはNPO法人のことだから、任意団体には全く関係ないということではなく、会計基準に沿った「活動計算書」「貸借対照表」「注記」「財産目録」を作成することによって、正確で比較可能な会計報告書を外部に示すことができます。

ここでいう「外部」というのは、地域の人であったり、自分たちの活動を支えてくれる協力者、理解者、あるいは一緒に仕事をする行政や企業などのパートナーを指します。

もちろん、会計基準は法律に定められているものではないので、各々の団体が自由に会計報告書を作成しても良いのですが、計算書類が正確に作成されていなかったり、記載内容に不備が見られたり、会計処理がまちまちでNPO法人間の比較が難しいなどの問題点がありました。

会計基準は、NPOの活動を多くの地域の人たちに知ってもらい、より多くの共感と支援を得るために、会計報告書を作る統一ルールとです。会計基準を導入することによって、NPOの信頼性の向上を図るために、ぜひこの会計基準に沿った会計報告書の作成をオススメします。

●みんなで使おう!NPO法人会計基準
http://www.npokaikeikijun.jp/
休館日・開館日のお知らせ [2015年04月28日(Tue)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。

多賀城市市民活動サポートセンターは、毎週水曜日を休館日としています。
ただし、水曜日が祝日の場合は開館日とし、その翌日が休館日となります。

そのため、
4月29日(水)
5月6日(水)
は開館日

4月30日(木)
5月7日(木)
は休館日
となります。

ご不便をおかけいたしますが、お間違えのないようお願いいたします。
tag28号発行しました! [2015年04月27日(Mon)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。
「tag」28号発行のお知らせです。

tag28.JPG

表紙は、「Love tagajo 太宰府へ行く」。
多賀城市の友好都市でもある福岡県太宰府市の復興支援団体の活動報告会が3月に開催され、Love tagajo プロジェクトのメンバーが震災のこと、そしてその後の多賀城のことをお話しました。
↓記事で書ききれなかった部分はこちらから
たがさぽPress「Love tagajoプロジェクト太宰府へ」

裏面は、多言語防災マップづくりです。
多賀城市国際交流協会では、ジュニア部(小学4年生以上)と外国人の皆さんとで防災マップを作りました。子どもたちならではの視点を取り入れたり、外国人の皆さんに分かりやすいように工夫しています。
現在は、多賀城市のホームページで英語版のみ見ることができます。
多賀城市ホームページ 国際交流協会のページ(ページの中ほどにハザードマップへのリンクがあります)


「tag」28号はこちらからダウンロードできます。
↓↓↓
tag28.pdf

「tag」はたがさぽや市内公共施設に配架しているほか、市内スーパーマーケット、コンビニなどにも配架しています。ぜひご覧ください。
多賀城高校のボランティア説明会に行きました! [2015年04月26日(Sun)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。
毎週日曜日は、たがさぽの日常風景や市内イベントの様子などをお届けしています。

以前より多賀城市内外のボランティア活動に多くの生徒が参加している多賀城高校。昨年度は、tagでも取り上げさせていただきました。 
【tag2014年8月号】
今年度から、ボランティア活動が単位として認められることになり、そのための説明会が4月21日(火)に開催されました。

前半は、多賀城高校の先生からボランティア活動の単位取得について、その目的や手続きなどのお話がありました。単位を取得するには以下の2つの方法があります。
・多賀城高校にボランティア派遣依頼のあった活動に参加し、活動時間が一定以上に達する。
NPO法人ボランティアインフォが企画する「ボランティアセミナー」に参加する。

volu_1.JPG

後半は、たがさぽの紹介と、NPO法人ボランティアインフォの担当の方よりボランティアをするにあたっての心構え10箇条や「ボランティアセミナー」についての説明がありました。

○「高校生ボランティアウルトラクイズ」
心構えの説明の前には、ボランティア○×クイズを行い、生徒の皆さんにボランティアへの参加について考えてもらいました。ちなみに、問題はこちら。○×どちらだと思いますか?
・ボランティア活動は友だちと参加してもよい?
・得意なことがないとボランティアはしてはいけない?
・ボランティアは大変だ。
volu_2.JPG

○「ボランティアセミナー」
今回ボランティアインフォで企画したこのセミナーは、ボランティアに参加して終わりではなく、その感想や経験を参加者で共有し、話し合いを通して地域の課題を発見します。その上で、どのように行動していくかを考え、実際に活動に移して課題の解決をめざします。
セミナーを通して、地域や社会の課題を発見して自身で解決できる人材の育成を図っていきます。
volu_3.JPG

これまでもボランティアに参加する生徒が多く、その経験からいろんなことを学んできたと思います。今回の新しい取り組みを通して、より多くの生徒の皆さんがボランティアに参加して、その経験から多くのことを学んでほしいと思います。

なお、ボランティアインフォのブログにも説明会の様子が報告されておりますので、そちらもご覧ください。

★おまけ☆
多賀城高校には何度か行ったことがありますが、そのたびに感心するのが生徒の皆さんの元気なあいさつです。今回はそれに加えて、説明会の準備や片付けを担当した生徒の皆さんがテキパキと動いているのも印象に残りました。
鶴ヶ谷児童館でこどもまつり開催! [2015年04月25日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
毎週土曜日は市内外のイベント(第3土曜日のみ宮城県内・多賀城市内のNPO法人数)を掲載しています。

今回ご紹介するのは、毎年恒例、地域のボランティアの人たちの協力で開催される子どものイベントです。

41

日時:2015年5月9日(土)9:30〜11:30(雨でも行います)
会場:多賀城市鶴ヶ谷児童館
対象:多賀城市民(幼児は保護者同伴)
問い合わせ:022-362-0763(鶴ヶ谷児童館)

チラシはこちら
主催:鶴ヶ谷児童館
協力団体:
ありんこクラブ、鶴ヶ谷老人クラブ「鶴寿会」、おはなしの会くれよん、ジュニアリーダー「エステバン」、鶴ヶ谷サッカースポーツ少年団、多賀城高等学校、宮城大学、多賀城市ゲートボール協会、地域盛り上げ隊タガレンジャー、つくし学級保護者会、鶴ヶ谷保育所父母の会、多賀城市ボランティア協会

●わくわく♪お楽しみコーナー
たべもの/ポップコーン、わたあめ、だがし、やきそば、おにぎりファーストフード
のみもの/ジュース、ラムネなどビール
おもちゃ/水ヨーヨー霧
そのほか/街頭紙芝居、しゃぼん玉あそびiモード
※一部有料

●つくって遊ぼう!作るコーナー
スライム台風
アートバルーンひらめき
びっくりんexclamation&question
※1人2種類まで。なくなり次第、終了です。

●ドキドキ!チャレンジコーナー
キックオフサッカー
射的どんっ(衝撃)
ストラックアウト野球
ビンゴボード演劇
トランポリン(幼児のみ)足
アンパンマンとジャンケンあそび手(グー)手(チョキ)手(パー)

ぴかぴか(新しい)多賀城を盛り上げるために活躍するヒーローぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)タガレンジャーもやってくるぴかぴか(新しい)


高校生や大学生、老人クラブ、サークル・・・地域のさまざまな人たちがボランティアとして協力し、毎年開催されるこどもまつり。子どもたちが楽しむことはもちろんですが、「こんな人たちがいるんだ」「こんな団体があるんだ」といったように地域を知るチャンスになりますし、いろんな世代が交流することができます。ぜひ、ご家族でご参加ください。
新しい地域づくりの4つのステップ「地域づくりお役立ちガイド」ができました [2015年04月24日(Fri)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
この頃は総会の時期ということで、町内会の方が資料作成のために、たくさん当センターに来館されます。

さて、今日はそんな町内会をはじめとした地域をもっとよくしていこうと活動する方々に役立つリーフレットのご紹介です。
このリーフレットは、多賀城市高橋地区で実施された、地域づくり学習会、地域づくり懇談会、そしてそれをもとに開催されたふれあい卓球フェスティバルをモデルにしながら、たがさぽで作成したものです。
学習会の様子(たがさぽPress)
懇談会の様子(たがさぽPress)
ふれあい卓球フェスティバル@(高橋東二区町内会ブログ)
ふれあい卓球フェスティバルの様子A(高橋東二区町内会ブログ)


とびだす!町内会
地域づくりお役立ちガイド
表紙.jpg
とびだす!町内会地域づくりガイド完成版.pdf

「地域に孤立してしまっている方がいる」
「子育てに悩むお母さん・お父さんたちがいる」
「高齢者の世帯の雪かきが大変」
「人と人とのつながりが薄い」


「地域のみんなが協力してお祭りを企画している」
「みんなあいさつをしっかりしている」
「自然豊かな場所がある」
「通学時間は地域の人が見守り活動をしている」


地域には解決しなければならない困りごと、あるいは大切にしたい魅力や価値がたくさんあります。今後、こうしたものに対応していくためには、地域に住んでいるみなさんが力を合わせることが必要になっていきます。

町内会、子ども会、学校、企業、サークル・・・それぞれが地域のためにできることがあります。
女性、男性、年配の方、若い方、子ども、障がいのある方、外国の方・・・それぞれの視点だからこそ見えてくるものがあります。

このリーフレットは、より暮らしやすい地域をつくっていくためにはどうしていけばよいのかを考えていくため4つのステップを紹介しています。

1.jpg
たくさんの人の視点で意見を出し合い、地域の魅力や困りごとを明らかにします。

2.jpg
特定の人だけではなく、みんなが意見を出せる話し合いを重ねることが大切です。

3.jpg
話し合いをもとについに実践。たくさんの地域の力を結集させましょう。

4.jpg
やったら終わりではなく、きちんと良かったこと、改善することを話し合います。

リーフレットには、4つのステップについての解説とポイントがかかれています。町内会、子ども会をはじめとした地域づくりを進めている方に特に参考になるかと思いますのでぜひご活用ください。
とびだす!町内会地域づくりガイド完成版.pdf
Love tagajoプロジェクト太宰府へ [2015年04月23日(Thu)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
毎週木曜日は、市内外で活躍する団体、おもしろい取り組みを紹介します。

今回ご紹介するのは、震災直後に多賀城に元気を取り戻すために活動し、先日、友好都市太宰府市で講演を行ったLove tagajoプロジェクトです。

ママたちの底力!小さな復興が街を変えた

IMG_20150322_125942 (640x480).jpg

3月22日、多賀城市の友好都市である太宰府市で、多賀城のママたちが中心となり立ち上がったLove tagajoプロジェクトのメンバーが、活動の様子やそれぞれの被災体験を語りに行きました。企画したのは、太宰府の復興ボランティア団体CLOVER MUSICです。

Love tagajoプロジェクト
多賀城在住のママたちを中心に立ち上がった団体。震災後、イベントが次々と自粛されていく中で、まちが賑わいを失っていく様子を目の当たりにしたメンバーたちは、「自分たち自身も楽しめるイベントをつくれば、多賀城の人たちにも元気を届けることができるのではないか」との想いから、多賀城駅前でのみんなのマルシェや市内の避難所、お店、文化センターでのサックスライブを開催しました。

◇第1回目みんなのマルシェの様子
◇第2回目みんなのマルシェの様子
◇サックスライブの様子


CLOVERS MUSIC
太宰府市を拠点に活動する復興ボランティア団体。避難所や仮設住宅等でコンサートを開催し、被災地を元気づけてくれています。
多賀城での開催は、代表の坂井氏が震災直後に多賀城の被災状況を検索したところ、Love tagajoプロジェクトメンバーのブログを見つけ、応援のメールを送ったことがきっかけとなりました。


今回の太宰府での講演は、震災直後にできたつながりが現在もつづいており、実現しました。

表:太宰府での講演の様子.jpg

リーダーの佐藤真紀子さんは、Love tagajoプロジェクトの活動や、主婦として被災時に生活を守ることについての体験談を語りました。
被災地では、お店やガソリンスタントなど閉まっているところも多かったのですが、日頃のご近所付き合いを生かして、営業しているお店の情報交換を行ったそうです。こうした地域の中のネットワークが震災時も生活を支え、さらにLove tagajoプロジェクトに発展していきました。

中心メンバーである庄司美穂さんは、パン・お菓子工房をやっており、生活のことの他にも、お店を開いている人の視点での体験談を語りました。
「どこに行っても米やパンが買えない」といった声が多くお店を緊急OPEN、わずかにある残った材料を使い来た方にパンを提供できたそうです」「スーパーやコンビニで買えなくて諦めてたから、ここで買えて嬉しい!」と感謝され、庄司さん自身も温かいに気持ちになったそうです。


主婦、お店を開いている人、若い人、年配の人、立場によって経験したことは少しずつ違います。そして、それぞれの視点はどれも貴重です。その人だからこそ語れる体験もあると思います。今回は、多賀城を代表してLove tagajoプロジェクトのメンバーが体験を語りに行きましたが、もし機会があれば自分自身の経験を次の世代や被災外へ伝えてみてはどうでしょうか。

いろいろな形で伝えることが出来ます。
○ブログなどで経験を発信する
○震災を語るイベントに参加してみる
○多賀城民話の会では、民話の他に被災体験を語る活動も行っています。
たがさぽホームページ 団体紹介
Posted by 櫛田 at 15:30 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
【助成金情報】みやぎの居場所づくり助成 [2015年04月21日(Tue)]
こんにちは、スタッフの齋藤です。

本日は、宮城県内で居場所づくり活動を行っている団体を対象とした助成金の情報をお届けします。

みやぎの居場所づくり助成は、地域の高齢者や障がい者、児童、女性、青年などが抱える問題を発見し、その課題を解決するための支援活動を行うことにより、地域で人のつながりが深まりより暮らしやすい地域を創り出すことを目指しています。

真 如 苑
みやぎの居場所づくり助成


20150421.jpg


■助成概要
今回、助成を行う真如苑は、東日本大震災の被災地であり市民活動が盛んな宮城県において、「高齢者」「障がい者」「児童」「女性」「青年」など、誰もがその人らしく過ごせ、様々な課題を支援するための「みやぎの居場所づくり助成」を創設しました。
身近な地域で人のつながりが深まり、地域において支え合いの地盤が醸成されることを目的に、宮城県内で行われている居場所づくりの活動を対象としています。

■助成の対象となる事業
高齢者、障がい者、児童、女性、青年など、その人らしく過ごせ、様々な課題を支援するための居場所づくりをする民間団体およびボランティアグループによる活動に助成をします。

■助成対象団体
宮城県内で活動し、概ね1年以上の活動実績がある民間団体。
法人格の有無は問いませんが、組織や事業の運営についての重要事項が定められており、活動を実施するための体制が整っていると認められ、非営利及び公益的な活動をする団体およびグループを対象とします。
※政治または宗教布教を目的とする活動およびそれらの活動と連動性、一体性を持つ活動は対象としません。

■助成金額
助成額は原則として1件当たり30万円を上限、10万円を下限とし、助成金総額は150万円です。

■助成基準
公的な補助を受けている場合や他の機関の助成を受けている場合でも、その事業の必要性によって助成の対象となりますが、助成申請の際、他機関からの助成の有無を明記してください。単年度、同一団体・同一グループへの助成事業は一事業とします。

■助成期間
平成27年5月1日から平成28年3月31日までの事業を対象とします。
過去の事業に対しての助成は行いません。

■応募締め切り
平成27年4月30日(木)消印有効

■応募の方法
申請書に必要事項を記入し、送付先に提出してください。
提出された書類はお返しできませんので、提出前に必ずコピーを取ってください。

■提出書類
・ 助成金申請書
・ 団体情報
・ 定款または規約・会則の写し
・ 団体の活動の活動内容を表すパンフレットまたはニューズレター
・ 前年度事業報告及び決算書類または総会資料



■審査基準
・営利を目的とせず、市民の自主的・主体的に行われている活動で、社会性の高いもの。
・市民のネットワークづくりを促進するもの。
・市民の福祉に関する意識向上に役立つもの。
・助成金の必要性が高いもの。



■問い合わせ・書類送付先
真如苑 公募助成事務局
〒190-0015 東京都立川市泉町935-27(真如苑・社会交流課内)
Tel :042-538-3892(直通)
Fax :042-538-3841
E-mail:koubo-miyagi@ibasyo-josei.jp
URL :http://www.ibasyo-josei.jp

Posted by こんどう at 21:18 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽ探検隊★チラシラックは情報の宝庫! [2015年04月19日(Sun)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。
毎週日曜日は、たがさぽの日常風景や市内イベントの様子などをお届けしています。

本日は、たがさぽ探検隊がチラシラックのご紹介をします。
たがさぽの入り口を入ってすぐに、チラシラックがあります。NPOなどの市民活動団体、町内会、生涯学習団体や多賀城市内外の公共施設などからお預かりした講座やイベントのチラシ、ニューズレターや団体紹介のパンフレットなどを設置し、自由にお持ちいただけるようになっています。

ぴかぴか(新しい)入って右側
chirashi_1.JPG


イベントや講座のチラシ、ニューズレターを設置しています。
分野ごとにまとまっており、また開催日のあるものについてはチラシの上に日付をつけて調べやすくしています。
chirashi_2.JPG


ぴかぴか(新しい)入って左側
団体のパンフレットや小冊子類がまとまっています。
chirashi_3.JPG


ぴかぴか(新しい)エレベーター〜階段の間
小さいサイズ(最も小さいのは名刺サイズ!)のチラシやニューズレターなどを置いています。
先日河北新報で紹介された「季刊ぷるぷる」もここにあります。
chirashi_4.JPG


現在は、年度替りの時期ということでチラシ類の数は少なめですが、夏から秋にかけてイベントなどの多い時期には400種類以上、ラックに置けないほどのチラシ類が並び、まさに有料情報の宝庫有料。入り口すぐにあって気楽に入って見ることができますので、多賀城やその周辺で活動する団体やイベントについて知りたい方は、ぜひご来館ください。

◎チラシ、ニューズレター、パンフレット類の設置を希望される団体の皆さまへ
・設置したいものをお持ちの上窓口までお越しいただくか、郵送してください。
・対象は、NPOなどの市民活動団体、町内会、生涯学習団体、多賀城市内外の公共施設などで、多賀城市及び周辺市町で活動している団体を優先します。
・団体の概要や記載内容を確認の上、設置の可否を決定させていただきます。 

★おまけ★
入り口ではいつも、たがさぽちゃんがお出迎え。
最近、たがさぽちゃんは季節に合わせたコーディネートを考えているようです。

【2月】
tagasapo_2.jpg

【3月】
tagasapo_3.jpg

【4月】
tagasapo_4.JPG

さて、5月はどうなるでしょうか?乞うご期待!
2015年4月 宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2015年04月18日(Sat)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。

毎週土曜日は市内外のイベント、第3土曜日は宮城県内・多賀城市内のNPO法人数を掲載します。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。したがって、ここで紹介する法人数はあくまで法人格を持っている団体の数であり、法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります。

たがさぽには、多賀城市内だけでなく全国のNPO(法人格の有無に限らず)の情報も収集しています。「まちを盛り上げたい」「地域の困りごとを解決したい」「社会を変えたい」・・・さまざまな思いを持った活動がありますので、興味がありましたらぜひたがさぽで情報収集してみてください。

2015年3月末現在
宮城県内法人数 789法人(前月比+3)
*上記の内、仙台市法人数 416法人(前月比±0)

多賀城市法人数 5法人(前月比±0)


ちなみに多賀城市内のNPO法人は以下の通り
多賀城市民スポーツクラブ
地球の楽好
season
愛護福祉環境対策研究所
日本防災ネットワーク協会


宮城県のウェブサイトには、県内で活動するNPO法人の一覧や報告書などが閲覧できるページがあります。「どんな活動があるんだろう」という方や「団体の立ち上げを考えている」という方に参考になります。


☆参考
宮城県公式ウェブサイト
【まちづくり・地域振興】→【NPO法人全般】→【関連サイト:NPOのページ】
でご覧になれます。
| 次へ