CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
よそ者・若者がきっかけに [2014年08月21日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週木曜日は、地域のイベント、市外の取り組み、市民活動・町内会活動に関するノウハウをご紹介します。


多賀城と同じようにベッドタウンという性質を持つ東京都八王子市の取り組みを紹介します。

八王子を拠点に活動するデザイン会社TRICKY(トリッキー)
八王子の魅力をデザインの力で発信したいと、チラシ、ショップカード、名刺、看板、会社案内、ホームページなどのデザインを手がけています。

TRICKYはデザインだけでなく、事務所周辺の飲食店に声をかけ、まちを盛り上げるイベントも行っているところが普通のデザイン会社とはちょっとちがうところ。

その日は、通りを通行止めに。
路上でアーティストがパフォーマンスをしていたり、参加するお店をハシゴしたりと、訪れる人たちは八王子の知らなかった魅力に触れる機会になっているようです。
参加店舗やアーティストの数、来場者数も年々増えているとか。
Honey's Garden
http://honeysgarden.trickyweb.jp/

織物が盛んだったこと、花街があったことという八王子の歴史を体感できる着物でまちを歩く企画では学生も巻き込んで
http://tricky-weblog.blogspot.jp/2013/05/blog-post.html


代表の方が美術大学を卒業後すぐに会社を立ち上げたのが2009年。
地元の方から見ると、よそ者・若者であるTRICKYがデザインの仕事でも、地域を盛り上げる活動でも八王子で活躍しているのは、TRICKYと地元の方とをつなぐキーパーソンの存在が大きかったようです。
キーパーソンとなったのは地元で代々商店を営む方。
イベントを始める際にあいさつまわりに同行して顔をつないでくれたり、ときには経営者の視点から会社経営のアドバイスをしてくれたりもするそう。

そして、TRICKY側も「あいさつは自分たちからする」といった当たり前のことだけれど、もしかしたらおろそかにされそうなことを実践しているそうです。


地元の人脈と経営のノウハウを持つ方と、アート関係の人脈と若い視点の豊富なアイデア、お互いの力を合わせ、地域を盛り上げようというこの取り組み。

よそ者・若者を受け入れる風土。
地元との橋渡しをしてくれるキーパーソンの存在。
そして、よそ者・若者も地域に自分たちから入っていこうという姿勢が、うまくいく秘訣のようです。


TRICKY
http://trickyweb.jp/
デザインTシャツ展&トークイベント開催のお知らせ [2014年08月19日(Tue)]
こんにちは、佐藤(加)です。
今回は、たがさぽ主催イベントのお知らせです。

支 援 に つ な が る
T



デザインTシャツ展.jpg



みなさんはどんな基準でTシャツを選びますか?

「価格?」
「素材?」
「機能性?」
「デザイン?」
「メッセージ性?」


●Tシャツの起源
アメリカ海軍たちの間で下着として愛用されたことが始まりといわれています。動きやすく、すぐに乾き、着替えも簡単、ときにはタオルとしても使える、そんな機能性のよさが船乗りたちの心をつかみ、その後、大衆でも人気の商品となったそうです。

そして今やTシャツは機能性の面だけではなく、アートや自分の主張を発信するツール、企業や商品の広告、ファッションなどさまざまな側面をもつものとして生活の身近にあります。

さまざまな側面をもつTシャツですが、今回たがさぽで展示するのは、選んで着ることで社会の課題解決に取り組む団体の支援につながるデザインTシャツです。

デザインや品質が良いだけではなく、このTシャツを買うことで課題解決に取り組む団体の寄付になり、着ることで団体の想いを理解し応援のメッセージを発信することになる、そんなチャリティーデザインTシャツを約30点展示いたします。

また展示期間中に、このデザインTシャツを手掛ける仙台のNPO法人GIFTHOPE代表の舘内亨太さんをゲストに迎え、トークイベントも開催します!


----------------------------------

■デザインTシャツ展
日にち:2014年96日(土)〜20日(土)
時 間:9:00〜21:30(日・祝・展示最終日は17:00まで)
会 場:多賀城市市民活動サポートセンター 2Fギャラリー
入場料:無料

■トークイベント
 「私がTシャツをつくる理由」

日にち:2014年913日(土)
時 間:13:00〜14:30
ゲスト:舘内亨太さん(特定非営利活動法人GIHT HOPE/代表) 
会 場:多賀城市市民活動サポートセンター 2Fギャラリー
参加費:500円(1ドリンク付)
定 員:20名(先着順・要事前申込)

チラシ :デザインTシャツ展/DM.pdf
申込締切:9/12(金)まで
申込方法:電話または下記URLからお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/865f2149315846 
※定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。

問い合わせ先:多賀城市市民活動サポートセンター
TEL/022-368-7745  
メール/tagajo@sapo-sen.jp

●ゲスト
舘内亨太さん(特定非営利活動法人GIFTHOPE/代表)
1973年生まれ。10年間仙台放送でディレクター、編集業務に携わる。その後、東京の映画製作会社でプロデュース業を行う。東日本大地震をきっかけに地元仙台に戻り、内閣府 社会雇用創造事業 社会起業インキュベーション事業で株式会社ラッキーオレンジボックスを創業。特定非営利活動法人GIFT HOPEの代表を務める。

●特定非営利活動法人GIFTHOPE
世界を良くするために懸命に活動している人たちをデザインの力を使って支援することをミッションに掲げ活動を展開する。
webサイトを通して、社会の課題解決や被災地復興に取り組む団体の活動イメージのデザインを世界中のデザイナーに投稿してもらい、Tシャツに商品化。1ヵ月限定のチャリティ販売を行い、販売価格の30%をデザインされた団体へ寄付、10%をデザイナーに還元するという、新しい寄付のカタチで団体支援を行う。
HP:http://gifthope.jp/


----------------------------------

Tシャツからはじめる社会貢献のことを、見て・聞いて・知っていただけたらと思います!
Tシャツが好きな方はもちろん、デザインやデザインに込められたメッセージに興味がある方も、ぜひ気軽に足をお運びください!

みなさまのご来場、心よりお待ちしております!
スタッフ同士のノウハウを活かして [2014年08月17日(Sun)]
こんにちは、スタッフの佐藤(加)です。
毎週日曜日は、たがさぽの日常や市内イベントのようすなどをお届けしています。

本日は、たがさぽの日常ということで、たがさぽを管理運営しているNPO法人せんだい・みやぎNPOセンターのスタッフ内でおこなったイラストレーター自主勉強会のようすをお送りします。

「イラストレーターを使えるようになりたい!」というスタッフの声から、当法人事務局・仙台市市民活動サポートセンター・たがさぽのスタッフが集まり、イラストレーターでチラシを作成しながら使い方を勉強しよう!ということになりました。


イラストレーターの操作を学ぶ前に、まずチラシに載せる情報を整理しました。

1.JPG


掲載情報の整理は「5W2H」がポイント。
@ いつ?(when)
A なにを?(what)
B どこで?(where)
C いくらで?(how much)
D だれが?(who)
E なぜ?(why)
F どのように?(how)

の7つの視点で情報整理をしました。
※昨年たがさぽで実施した「プロが教えるチラシづくり実践講座」を参考にしました。

見る人に対してどんなことを伝えたいのかをきちんと整理しておくことで、情報が煩雑になるのを防ぎます。読み手にも読んでもらいやすくするだけでなく、いざパソコンを使って作業するときも効率よく作業が進みます。

これはイラストレーターに限らず、ワード、パワーポイント、手書きなど、チラシをつくるというときにはとても有効な方法です!



それから紙面に、どこにどんな情報を配置すると良さそうか、レイアウトを簡単に書いてみました。

「相手にとくに伝えたいものはチラシ上部に配置し、文字を大きくすると目を引く」
「人が文章を読むときには目の動きの法則があって、Zの文字(左から右、上から下)の動きで読むから、それを意識して配置すると読みやすくなる」

など、仙サポ・たがさぽでチラシづくりをよく担当するスタッフからアドバイスを受けながら、チラシづくりのポイントを学び合いました。

そして、いよいよイラストレーターの操作。
余白の設定、図形の作り方、レイヤーの概念などを学びました。

2.JPG


今回は、チラシづくりのポイントを重点的に勉強したため、イラストレーターの操作はあまりできませんでしたが、お互いの知識に「なるほどー」「うんうん」という声が飛び交いました。

勤務地が違うため普段はなかなか会えないスタッフと交流する機会ともなり、とても有意義な勉強会となりました。

このような勉強会を通しながら、スタッフ同士でノウハウをシェアし、チラシづくりで悩む団体さん、自治会町内会さんのご相談に応じています。

チラシづくりで困ったら、たがさぽまでご来館ください。
Posted by こんどう at 09:00 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
多賀城を元気にする若い力 [2014年08月16日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
毎週土曜日は市内外の団体や多賀城のおもしろい人を紹介しています。

今回紹介するのは、多賀城で活躍する学生たち復興応援団エステバンの2団体。この2団体はtag20号でも特集していますのでぜひご覧ください。

まずは多賀城市や南三陸町などで住民主役の復興を進める

一般社団法人
logo.jpg

南三陸町では農業による被災者雇用やブルーツーリズムでの漁業再興の支援を行っています。
多賀城では主に「復興応援団だより」の発行・配布と地域のイベント支援を行っています。

メンバーは主に大学生たち。東北学院工学部の学生さんも参加しています。
2.jpg
:2年生の馬場康平さん。大学で、復興応援団について掲載したtagを見て参加!イベントの運営や他の大学の学生との交流など、普段とは違う経験ができることが魅力だそうです。

:今年秋田県から来た1年生の品川裕大さん。入学式のときに馬場さんが復興応援団のチラシを配っており、それを見て参加!今後、活動の中でコミュニケーション力や協調性を身につけていきたいそうです。
被災地はもっと元気を失っているイメージだったそうですが、活動をしていくうちに、被災地の住民のパワーを目の当たりにして驚いたとのことです。


復興応援団だより
3.jpg
住民や復興応援団の復興に向かっていく様子、地域のイベント、お店などが紹介されている情報誌。取材や編集はメンバーの学生たちが行っています。そしてなんと掲載されたお店で使えるお得なクーポン付!毎月1回2000部発行、多賀城市内の公共施設(もちろんたがさぽにも!)に配架しています。また、仮設住宅は全世帯に直接配布し、地域に出て行くきっかけとしてほしいそうです。


地域のイベントでも活躍!
4.JPG
地元の人とイベントを盛り上げていくことで、地域の復興を目指しています。

URL:http://www.fukkou-ouendan.com/



次は地域の子どもたちのお兄さん・お姉さん
ジュニアリーダー
エステバン
6.jpg
7.jpg

ジュニアリーダーとは、子ども会や児童館などを中心に子どもたちの面倒をみるお兄さん・お姉さん。多賀城では「エステバン(太陽の子晴れという意味)」と名づけられ、地域のイベントで活躍しています。

8月には新しいメンバーを迎えるしょきゅうけんしゅうを実施。未来のジュニアリーダーたちがゲームを学んだり、子どもを遊ばせるにあたっての危険予知トレーニングを行いました。
8.jpg
9.jpg
10.jpg


新しく隊長となった高校2年生 鈴木佑奈さん
11.jpg
先代の隊長からは「とにかく楽しむこと!自分が楽しくなければ他のメンバーや子どもたちも楽しめない。」と教わったそう。
教えの通り、楽しみながらもまとめるところはまとめる姿はまさに子どもたちのリーダーでした。



tag20号では、復興応援団やエステバン、そして多賀城ボランティア同好会など、将来地域づくりを担っていく学生たちを取り上げています。発行した際はぜひご覧ください!
Posted by 櫛田 at 17:47 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
町内会が立ち上げたNPO [2014年08月14日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週木曜日は、地域のイベント、市外の取り組み、市民活動・町内会活動に関するノウハウをご紹介します。


多賀城と同じようにベッドタウンという性質を持つ東京都八王子市にある唐松町会
八王子の西部に位置し、約880世帯が暮らしています。

「地域の子どもは地域で育てる」という方針のもと、子育て世代からの声を受け、昭和62年町内会の事業として放課後の子どもたちの居場所となる「学童保育」を始めました。

あるとき、市内の学童保育を市の事業として実施することになり、続けていくためには法人格が必要となったため、平成18年にNPO法人からまつを設立。
市から委託を受けるかたちで学童保育を継続しています。

その後も子育て支援施設の運営や、高齢者世帯などのちょっとした家事のお手伝い事業、そして今年の春には、地域で暮らす障がい者の働く場が必要だと施設の立ち上げも行いました。

子ども、子育て世代、障がい者、高齢者、だれもが暮らしやすい地域をつくろうと、必要な活動を自分たちでつくり出してきました。
また、各事業では地域の人が働いており、雇用も生み出しています。


自治会・町内会のような地縁型の活動と、NPO・市民活動団体のようなテーマ型の活動との連携が必要だと言われていますが、町内会がNPOを立ち上げた唐松地区の取り組みは、地域の課題を解決するモデルになるのではないでしょうか。


NPO法人からまつ
http://www9.ocn.ne.jp/~karamatu/
たがじょうしき壁新聞部 新入部員募集! [2014年08月12日(Tue)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。


本日(8/12)、河北新報にたがじょうしき壁新聞部の活動を取り上げていただきました!

詳しくは以下をご覧ください。

壁新聞で多賀城の魅力を再発見
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140812_15006.html

DSCN0093.JPG

新入部員募集中!


紙面にも掲載されていますが、たがじょうしき壁新聞部はただいま新入部員を募集しています。

文章を書くことやイラストを描くのに関心がある方、地域の魅力を発信したい方、壁新聞づくりに関心のある方、いっしょに活動してみませんか?

ご連絡お待ちしております。

●問い合せ先
多賀城市市民活動サポートセンター
TEL:022-368-7745

たがじょうしきかべ新聞部
mail:tagajyoshiki★gmail.com(★を@に代えて)




緑を守り育てる活動への助成金情報 [2014年08月12日(Tue)]

こんにちは、スタッフの齋藤です。

火曜日は隔週で助成金情報をご案内しています。

先日の台風は東北地方を直撃することはなく、宮城県も大きな被害はありませんでしたが、最近は台風や落雷などの自然災害が多くなっているような気がします。その原因として、森林伐採などの環境破壊や二酸化炭素の増加による地球温暖化の影響があると考えられています。身近にある花や緑を育てる小さな活動をきっかけにして、自然環境を守るという意識を持つことが大切です。本日ご案内するのはそんな活動を支援する助成金情報です。



花王・みんなの森づくり活動助成
 

kao.jpg

 
●助成概要●
緑や自然とのふれあいは、都市に生活する人々に安らぎや潤いを与えるだけでなく、子供たちにとっては、豊かな心を育成する貴重な体験となります。
都市緑化機構では、花王株式会社の支援を受け、生活の身近な場所に緑豊かな環境を創造することを目的として、緑を守り育てる活動に取組む住民団体等の支援を行っています。
身近にある自然をいっしょに育てていきましょう。


●花王の思い●
花王株式会社は、「よきモノづくり」を通じて、豊かな生活文化の実現に貢献することを企業使命に掲げ、この“よきモノ”をお届けする事業活動とともに、よき企業市民として社会へ貢献するため、「次世代を育む環境づくりと人づくり」をテーマに、「環境」「教育」「芸術・文化」を重点分野に社会貢献活動に取り組んでいます。
花王株式会社は未来の子どもたちへ緑豊かな環境を引継いでいくために、財団法人都市緑化基金の協力を得て、オリジナル緑化プログラムを開発し、2000年に「花王・みんなの森づくり活動」を開始しました。


●対象団体●
国内で身近な緑を守り、育てる活動(以下、「森づくり活動」)に取り組んでいる団体と身近
な緑を活用し、子どもたちに緑との触れ合いの機会を創出する活動(以下、「環境教育活動」)に取り組んでいる団体が対象となります。平成26年度から3年間にわたりNPO や市民活動団体を支援してまいります。

●助成内容●
私たちが生活する身近な場所での市民による「森づくり活動」と「環境教育活動」に要する費用として、初年度50万円、2年目50万円、3年目25万円を上限に助成します。

●募集期間●
平成26年8月1日(金)〜平成26年10月19日(日)まで

●審  査●
平成27年1月中旬〜下旬

●助成決定●
平成27年2月下旬

●過去の助成先●
東北地区の過去の助成先⇒★こちら★

●応募方法●
・所定の申請用紙に必要事項を記入し、活動場所位置図及び活動場所現況写真の他、必要な資料を添えて、下記宛にご送付下さい。
・応募要項及び各申請書は、こちらからダウンロードしていただくか、下記へご請求下さい。

●応募及び応募要項等請求先●
公益財団法人 都市緑化機構 花王・みんなの森づくり事務局
〒101-0051
千代田区神田神保町3−2−4田村ビル2階
電話:03-5216-7191 FAX:03-5216-7195
e-mail:midori.info@urbangreen.or.jp (@を半角にしてください)
URL:http://www. http://urbangreen.or.jp/


たがさぽスタッフと話そう vol.1 世界に一つだけのおもしろ寄付ん箱をつくろう [2014年08月12日(Tue)]

こんにちは。

朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。

秋に匂いも感じるようになってきましたが、日中の暑さはまだまだ続きそうです。

そんな暑い日は涼しいたがさぽで寄付ん箱をつくりましょう。

たがさぽスタッフと話そう vol.1
世界に一つだけのおもしろ寄付ん箱をつくろう

※寄付ん箱・・・「寄付」と「貯金箱」を掛け合わせた造語。

IMG_8615.jpg

IMG_9202.jpg


主催イベントやブース出店時の団体PRの際にあると便利な手づくり寄付ん箱をつくりましょう。廃材や段ボールを有効活用。思わずお金を入れたくなる寄付ん箱をつくって活動費をGETしよう!ついで活動の悩みをスタッフに相談しちゃいましょう。


日 時:2014年8月23日(土)14:00〜16:00
場 所:多賀城市市民活動サポートセンター2階交流サロン
定 員:5名程度(事前申込不要/出入り自由)
参加費:無料
担当スタッフ:櫛田洋一
協 力:やましたさんとみんなの工作教室
問合せ:022-368-7745(櫛田)
主 催:多賀城市市民活動サポートセンター スタッフ

※寄付ん箱に活用できそうな材料があれば各自お持ちください。

多賀城市市民活動サポートセンター スタッフ
櫛田洋一 Kushida Youichi
1986年東京都生まれ、宮城県育ち。北海道教育大学教育学部卒業。小学校の臨時教員を経て2010年10月より多賀城市市民活動サポートセンターに勤務。震災後は、被災者への情報提供や市外からの支援の現地コーディネートを行う。また、仮設住宅にて子どもの居場所づくりと住民間の交流を目的とした工作教室を実施。


【シリーズ】たがさぽスタッフと話そう
たがさぽスタッフが、毎回テーマを設けて参加者のみなさんとワイワイお話します。時にはいっしょにワークをしたり、アイディア出しをしたりします。

おまつり巡り 2014夏 [2014年08月11日(Mon)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

この週末は雨がちで、各地でのまつりも中止、もしくは内容を変更した所もあったようです。

雨 雨 雨 雨 雨 雨 雨 雨


そんな中でしたが10日(日)、たがさぽで夏まつり運営の相談を受けていた町内会に行ってきました。


桜木中区町内会

開始時間直前に会場に行くと、すでに食べ物のテントからはいいニオイがします。そして集会所ではたくさんの子どもたちが、始まるのを今か今かと待ち構えていました。

オープニングを飾ったのは、いきいきマジシャンさん。

ikiiki_magician.JPG


次から次へと繰り出されるマジックに、子どもたちはおどろき連発!
そのあとに登場は、飯田風船さん。

iida_baloon.JPG


長くふくらませたバルーンが、またたく間に剣、ウサギ、クマ、花などになっていきます。「やってみたい!」と作り方を習う子どももいました。
その他、地区のお母さん方による水ヨーヨーやスーパーボール取り、的当てなどもあり、子どもたちが歓声を上げたり元気に遊び回っている様子がほほえましかったです。



桜木南区町内会

着いてみると、名物の流しそうめんはすでに終わっていて(残念!)、スイカ割りの準備をしていました。
集会所の中では、フリースタイルバスケのもりもりくん登場。

morimori.JPG



今年もボール2個を自在に取り回し、観客とのコラボレーションも含めて場を大いに盛り上げてくれました。
その他、マジックやビンゴ、ジュニアリーダーエステバンのゲームなどのあと、最後は「エイサー」。ちょうどこの時間には雨もあがり、外で演じてもらうことができました。勇壮な太鼓とかけ声、とても格好良かったです。

eisar_1.JPG


数曲演じてもらったあと、最後は地区の皆さんも巻き込んで一緒に踊りました。

eisar_2.JPG


一緒に踊ったことも含めて、出演者の方々と地区の方々との交流も随所であり、皆さん楽しまれている様子でした。

今回は雨ということで、計画から変更を強いられた部分も多かったと思いますが、それぞれ町内会の力を結集して対応されていて、素晴らしいと思いました。準備、運営にあたられた町内会、子供会の皆さん、たいへんおつかれさまでした。

これから夏まつり、という地区の皆さんはぜひまつりに顔を出して、いろいろ楽しんでほしいな〜と思います。
たがさぽブログ日曜版−まもなく完成「たがさぽちゃんアート」 [2014年08月10日(Sun)]
こんにちは、日曜ブログ担当の佐藤(順)です。
毎週日曜日は、たがさぽの日常やイベントのレポートなどをお届けしています。
今週は、1F交流サロンで開いている「ドット絵」ワークのようすです。下絵は、みんなのマルシェ2014のワークショップで制作途中だった「たがさぽちゃんパネル」。引き続いて館内に展示しました。

6月21日(土)多賀城駅前半円公園で開かれたマルシェのようすはこちらから

マルシェ当日は、のべ140人の子どもたちが、得意なイラスト描いた小さな色紙を貼り付けてくれましたが、絵がくっきりと浮かび上がるまでには少し時間が足りませんでした。
そこで完成まで、来館した方に協力をお願いしながら当センター内で展示を続けることにしたものです。

1.JPG
ワークショップ用のパネル。さて何が?

2.JPG
色鉛筆、サインペン、色紙(約2cm四方)をそろえて、来館者を待ちます。

国際交流協会ジュニア部、生涯学習100年構想実践委員会「あすなろ教室」の子どもたちなどが、得意なイラストを色紙に描いて次々と貼り付けてくれました。

3.jpg
親子で「何を描こうかな?」

4.jpg
大好きなピンク色のペンでカキカキ

「ドット絵」を辞書で引くと、「コンピュータ画面上における出力最小単位の小さなマス目に色を置き、 それを並べ合わせて表現した絵」とやや味気ない説明ですが、旧時代、東ローマ帝国で宮殿や教会の壁を飾るため盛んになったモザイク画技法に通じるところがあり、筆で描いた滑らかな絵とは違った味わいが楽しめます。

5.JPG
☆印のある場所に貼り付けていきます。

一人ひとりの市民の小さな思い(いわばドット)が集まって、地域の変化に富んだ姿を形づくっていくプロセスとよく似ていますが、それはまた別のお話。子どもたちは、友だちの絵と見比べながら、自分で描いた小さな絵が大きな絵の一部になっていく不思議さ、面白さを感じていたようです。

約540ピースのカラフルな背景で縁取られた「たがさぽちゃんアート」が間もなく完成。一つずつの絵に込められたみんなの元気を貰って街に飛び出すかも!

6.jpg
今後の活動について、たがさぽちゃん1号と相談中
完成したパネルは館内に展示します。
ご来館の際には、どこにあるか探してくださいネ。
| 次へ