CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
大学生が商店街の買い物をエスコート [2015年05月21日(Thu)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。
毎週木曜日は、市内外の団体や面白い取り組みをご紹介します。

今回は、たくさんの人が楽しく快適に商店街で買い物できるよう活動する大学生たちです。

エスコーターズ
エスコーターズ日記

高知女子大学の学生たちによって平成13年に結成された高知市中心商店街のマスコット的チーム。商店街の清掃やガイド、駐輪自転車の整理、高齢者・障がい者の買い物介助、イベント企画、あいさつ運動など、商店街に関わるさまざまな取り組みを行っています。

「エスコーターズ」という名前の通り、商店街を盛り上げることだけが仕事ではありません。誰もが買い物しやすいようにエスコートすることも大事な役割、「安心安全な買い物」という視点にも気を配っています。たとえば、ブログを見てみると「車イスの方はおびさんロードの石畳が通りにくそうてした。人がいっぱいで自転車もたくさん停めてあったので全体的に通りにくそうでした。」といった気付きも書かれています。商店街の魅力を高めていくと同時に、いかに課題に気づくかが大事なポイントです。

そんな彼女たちの活動は無償ではなく、いわゆる有償ボランティアとして商工会議所からお金(時給800円)をもらっています。有償ボランティアとしている理由は、
学生たちは学業と同時に生活費を稼ぐ必要があること
組織として個人の都合に左右されず責任を持った活動する必要があること
単なる人手としてではなく地域活性化に参画する意識を高めてもらうこと

からだそうです。もちろん、メンバーもお金を得るためではなく、よりよい商店街をつくっていくためにはどうしたらよいか、を大事にして活動しています。

商店街のお店やお客さんの理解と協力もあり、その活動は14年続いています。地域の人たちと真摯に向き合い地道に活動していく「エスコーターズ」の活動は、地域にとって若い人たちをいかに取り組んでいくかのヒントになりますし、若い人たちにとっても社会を学び、自分たちの気づきを反映させるきっかけになりますね。

参考:エスコーターズを企画した「こうちTMO」
【6/13開催】プロから学べるチラシ・ポスター作成講座のご案内 [2015年05月19日(Tue)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

今回は、たがさぽで開催する町内会・自治会や地域活動に役立つ講座をご案内します。


プロから学べる
チラシ・ポスター
作 成 講 座

チラシ/プロから学べるチラシ・ポスター作成講座.jpg



講 師 紹 介

DSC_3652.jpg大 泉 浩 一 さん
編集者・ライター/一般社団法人メディアデザイン所属
1960年岩手県生まれ。宮城教育大学教育学部卒業。出版社、編集プロダクション勤務を経て、1986年よりフリーの編集者・ライター。「一般社団法人メディアデザイン」出版事業担当理事。大学・専門学校で、作文や印刷メディア作成の指導にもあたっている。著書に『教育の冒険−林竹二と宮城教育大学の 1970年代』『杜の都のボールパーク』など。

一般社団法人メディアデザインHP






こんな方に超オススメ

★夏の行事・イベントにもっと人をよびたい!
★はじめてチラシをつくることになった!
★手軽で効果的なチラシ作製の方法を知りたい!

など、チラシ・ポスターの作製に悩む町内会・NPOの担当者



講座時間内にチラシが完成!

@チラシに載せる情報整理
A整理した情報を紙面に配置
Bチラシ作りのポイント解説

講師からのアドバイスをもとに、実際に手を動かしながら、チラシ・ポスターの完成を目指します。


*****************************



日 時:2015年613日(土)13:30-16:00
場 所:多賀城市市民活動サポートセンター 3階 大会議室
対 象:町内会・自治会、子ども会、NPO、街づくり活動をする団体など
定 員:15名(要事前申込/先着順)
参加費:500円(当日お持ちください)

※申込締切:6月11日(木)まで

○申込・問合せ:多賀城市市民活動サポートセンター
○T E L   :022-368-7745
○F A X   :022-309-3706


◆詳しくは、チラシをご覧ください
上段のチラシ画像下のPDFをクリックすると見ることができます

◆昨年の講座の様子はコチラ
2014年11月29日(土)開催「プロが教えるチラシづくり実習講座」


ぜひ、お申し込みください!わーい(嬉しい顔)
たがさぽでWi-Fiが利用できるようになりました! [2015年05月17日(Sun)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。
たがさぽにWi-Fiアクセスポイントを設置しました。お手持ちのパソコン、スマートフォンなどにSSIDとパスワードを入れていただければどなたでも使うことが出来ます。

2階のギャラリー、共同事務室でご利用いただけます。
利用を希望される方は、まずは1階受付にお申し出ください。SSIDとパスワードをお伝えします。

また、2階のギャラリー、共同事務室を利用された方は設置された利用票をご提出ください。

DSCN1074 (640x480).jpg

DSCN1076 (640x480).jpg

アクセスポイントは2ヶ所に設置してあります。さて、どこにあるでしょう?
ぜひ探してみてください。
2015年5月 宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2015年05月16日(Sat)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。

毎週土曜日は市内外のイベント、第3土曜日は宮城県内・多賀城市内のNPO法人数を掲載します。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。したがって、ここで紹介する法人数はあくまで法人格を持っている団体の数であり、法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります。

みなさんの身近にもNPO法人が活躍しています。たとえば、多賀城市総合体育館は多賀城市が設置した施設ですが、運営はNPO法人多賀城市民スポーツクラブが行っています。
そして、たがさぽを運営しているのもせんだい・みやぎNPOセンターというNPO法人です。なので私たち たがさぽスタッフはNPO法人の職員ですね。

2015年4月末現在
宮城県内法人数 785法人(前月比−4)
*上記の内、仙台市法人数 416法人(前月比±0)

多賀城市法人数 5法人(前月比±0)


ちなみに多賀城市内のNPO法人は以下の通り
多賀城市民スポーツクラブ
地球の楽好
season
愛護福祉環境対策研究所
日本防災ネットワーク協会


宮城県のウェブサイトには、県内で活動するNPO法人の一覧や報告書などが閲覧できるページがあります。「どんな活動があるんだろう」という方や「団体の立ち上げを考えている」という方に参考になります。


☆参考
宮城県公式ウェブサイト
【まちづくり・地域振興】→【NPOの法人全般】→【関連サイト:NPOのページ】
でご覧になれます。
【再募集】多賀城市防犯カメラの設置および運用に関する条例制定に係る意見 [2015年05月15日(Fri)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。


先日このブログでもご紹介した「多賀城市防犯カメラの設置および運用に関する条例制定に係る意見募集」ですが、提出方法のEメールアドレスに誤りがあったため、再度募集するとのことです。


◎多賀城市防犯カメラの設置および運用に関する条例制定に係る意見募集(再募集)

意見募集は5月22日(金)まで。
郵便・FAX・窓口・ホームページ上の入力フォームで受け付けているそうです。
条例案の閲覧、意見の出し方について詳しくは、多賀城市ホームページをご確認ください。
http://www.city.tagajo.miyagi.jp/bohan/bouhannkamerajoureiann.html


前回は出せなかったという方も、今回はじめて知ったという方も、私たちの声を届けてみませんか。
前にこのブログに載せたパブリックコメントについての記事も再度掲載しておきます。


◆私たちの声を届けるパブリックコメント◆

私たちは、行政、企業、そして市民(自治会・町内会による地域活動や、NPOによる市民活動)のそれぞれの活動のもとに暮らしています。

国や県、市の取り組みや制度が「いつの間にか知らないうちに決まっている」と思うことはありませんか?
例えば、介護、子育て、まち並み、将来のまちの姿…
私たちの暮らしに直接関わることに、自分の思いや考えを伝える方法のひとつに「パブリックコメント」があります。

パブリックコメントとは、行政が制度などを決めるときに、ひろく意見を聞き、その結果を反映させることで、よりよい取り組みをめざすものです。


多賀城市では現在、「防犯カメラの設置および運用に関する条例」を決めるにあたっての意見を募集しているそうです。

防犯カメラは犯罪の発生を抑える効果が見込まれる一方で、プライバシーを侵害するおそれもあると言われています。

*2012年日本弁護士連合会(日弁連)が「監視カメラに対する法的規制に関する意見書」でプライバシーの保障に関する提言を出していたりします。
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2012/120119_3.html


今回の条例では、道路や公園などの公共空間に設置する防犯カメラについてルールを決めるというもの。
普段通る道路や、子どもたちが遊ぶ公園は私たちにとって身近な場所です。

また、PTAや町内会などで防犯パトロールに携わる方にとっても「防犯」という点で関連してくるのではないでしょうか。


条例の文章は少し難しく感じるかもしれませんが、
「この言葉は何を指すの?」「こんなことは決めておかなくていいの?」「こんな心配事が考えられる」
など、普段の暮らしや活動と照らし合わせながら考えてみるといいかもしれません。
Posted by nakatsu at 17:09 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
アレルギーっ子にやさしい防災 [2015年05月14日(Thu)]
こんばんは。スタッフの阿部です。
毎週木曜日は、市内外で活躍する団体、おもしろい取り組みを紹介します。

昨日5月13日(水)には宮城県沖を震源とする地震が発生しました。今回も3.11東北地方太平洋沖地震の余震とみられています。

さて、本日ご紹介するのは、冊子「地域のみんなで考えよう!アレルギーっ子にやさしい防災」です。過去の災害から学んだ教訓を活かし、災害に強いまちづくりのお手伝いを行う団体、NPO法人レスキューストックヤードが発行しています。

地域のみんなで考えよう!
アレルギーっ子にやさしい防災

ダウンロードはこちら

災害発生時、お年寄りや障がいを持つ方など、周囲からの支援を必要とする方がいます。その中で、まだあまり目を向けられていないのが、アレルギーを持つ方です。避難所での非常食や炊き出しは、成分が分からないものも多く、子どもが自分で判断が出来ずに口にすることで、命に関わる危険性もあります。

こちらの冊子では、アレルギーを持つ子どもがどのような状況に置かれているかを、子どもの目線で分かりやすく説明しています。子どもや親の不安を知ることで、配慮をしたり助け合えるきっかけになります。

また、避難所を運営する町内会のみなさんにも役立つ「アレルギーっ子に優しい避難所づくり」のページもあり、どんなところに気をつけるとよいか、そのポイントが分かります。冊子を用いて、アレルギーを持つ子どもも安心して過ごせる避難所にするための話し合いを行うこともおすすめです。実際に災害時に困った経験を持つお母さんなどを交えて話し合いをすれば、より一層不安な気持ちに寄り添った、優しい避難所運営につながります。

これからの災害をみんなで乗り越えるために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
「ふるさとの彩り写真展」開催中 [2015年05月12日(Tue)]
こんにちは、スタッフの佐藤(順)です。

今日は当センター3F交流サロンで開催中の

ふるさと彩り写真展
(開催期間:5月10日(日)〜24日(日)15:00まで)

の話題です。


カメラ  カメラ  カメラ  カメラ  カメラ  カメラ  カメラ  カメラ  カメラ  カメラ    



1.JPG
案内のポストカード


2.JPG
展示会場の3F交流サロン


展示会を開いたのは、当センターで講座を開いているデジタルフォトセミナー(代表:宮城武雄さん)のメンバー10人。カメラ目線で捉えた多賀城市や宮城の自然・風景の魅力を紹介しています。会の活動は、講師を務める宮城武雄さんが昨年7月27日(日)に開いた初心者向けの講座に始まります。

活動の状況などは、下記ブログをご参照ください。
●写真の力を地域に生かす/2014年09月28日(日)更新

以来、毎月2回のセミナーで学んだ成果の発表として、また習得した技術を生かして地域の魅力を写真で発信するため展示会を開いたものです。
主な作品はセミナー参加者が、4月19日(日)に市内で撮影した桜の写真のほか、会員が撮りためた季節の花や加瀬沼に飛来した白鳥の姿などで、2L版約50点の作品が会場一杯に展示されています。彩り満載、カメラに関心のある方は新たな撮影スポット探しの参考に、町あるきに興味のあるかた方は散策コースのチェックポイントとして役立つかも知れません。

ぜひお誘い合わせてご来場を!わーい(嬉しい顔)


4追加.JPG
展示風景


3.JPG
来場者鑑賞風景


5.JPG
展示作品(多賀城址の桜の古木)


6.JPG
展示作品(加瀬沼の白鳥)


7.JPG
会場案内のお仕事中(たがさぽちゃん) 


展示会を見てのご感想やご提案、多賀城地域のこんな場所が撮影に最適!などの情報をお持ちでしたら、団体までお知らせ下さい。
Posted by こんどう at 18:42 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
災害ボランティアを応援する助成金情報 [2015年05月12日(Tue)]
こんにちは、スタッフの齋藤です。

本日は被災者を支援するために継続的なボランティア活動を行っている団体・グループのための助成金情報をご案内します。

東日本大震災では多くの方々が被災されましたが、震災から4年が経ち、目に見えるニーズは少なくなりつつあり、それに伴い活動するボランティアも減少傾向にあります。
しかし、現在もまだ仮設住宅や災害公営住宅などで生活を続けている方もいらっしゃいます。被災者への支援活動は長期化しており、現地のニーズや状況も変化しています。その被災地では今も継続してボランティア活動を続けている方たちがいます。この助成金を活用して被災地域での支援活動を続けていただければと思います。

平成27年度 災害時ボランティア活動助成

■応募課題
災害時に対するボランティア活動(東日本大震災)

■応募資格
東日本大震災の被災者支援のため、継続的なボランティア活動を行っている団体・グループ(5名以上)。
特に、学生及び専門性を必要とするサポート活動を行っている団体・グループ
(参考例)
1. 被災地域の被災者に対する生活支援を主たる目的に活動しているボランティア団体
2. 仮設住宅地域等でコミュニティづくりの支援をしているボランティア団体
3. 被災者に対する精神的ケアのための活動を継続して行っているボランティア団体
4. 被災地域からの避難者に対し、継続的な支援を行っているボランティア団体
5. 被災地域のボランティア団体と密接な連携を取り、支援活動を行っている団体

■助成金
上限額 一団体につき50万円
総額 1,000万円

■助成対象経費
1. 支援活動上必要な備品・器具・機材の購入
2. 被災地域での支援活動を続ける上での現地(被災地内)での交通費
※被災地に入るまでの交通費は助成の対象外です。
3. 企画・イベント等の実施に必要な経費
4. その他継続的な支援活動の目的に合致するもの
(注)上記の対象となる経費は複数選択可

■応募期間
平成27年5月1日〜平成27年5月31日(当日消印有効)

■助成対象期間
平成27年6月〜平成28年3月末日までの活動に対して助成(期間厳守)

■応募方法
所定の申込書を財団事務局宛にご郵送ください。

■申込書請求
下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
必要な場合には、財団事務局までご請求ください。
災害時ボランティア活動助成申込書(PDF形式/全2ページ)
災害時ボランティア活動助成申込書(WORD形式/全2ページ)

■助成決定
平成27年7月中旬

■発表方法
代表者宛に文書にて通知します。
なお、不採択にかかわる理由等についてはお伝えできません。

■助成金贈呈
平成27年7月下旬から8月末日までに贈呈します。

■報告書の提出
平成28年4月末日までに「活動助成報告書」を提出していただきます。

■申込書提出にあたっての注意事項
1.募集要領
申込みに際しては、必ず助成要領をお読みください。
2.申込書の記入
(1) 当財団所定の申込書を使用し、全て記入してください。記入不備がある場合には、助成の対象外とさせていただくこともありますのでご注意ください。
(2) 申込書の作成は、黒インクまたは黒のボールペンによる記入、あるいはパソコン等による黒字印字でお願いします。
(3) 申込書NO1は、団体・グループの全体像に関して、申込書NO2は、主として、今回の申込みに関することの記入欄です。
3.代表者と連絡責任者は必ずご記入ください。 代表者と連絡責任者は相互に兼ねないようにお願いします。
4.申込後の「助成対象となる経費」の変更は出来ません。
5.申込期限(平成27年5月31日:消印有効)を過ぎたものは受付できませんのでご注意ください。

■申込書送付先
〒104-0031
東京都中央区京橋1-2-1 大和八重洲ビル
公益財団法人 大和証券福祉財団 事務局
TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014


助成金の申請を考えている中で、「私の活動は助成の対象となるの?」「〜の購入に助成金を使ってもいいの?」といった疑問を持つ方もいらっしゃいます。直接問い合わせていいのか分からない、審査に影響するかもしれない、と心配されるかもしれません。しかし、分からないことがあるときは、ぜひ思い切って担当の方に問い合わせてみてください。疑問に答えてくれますし、お話の中で、どういった取り組みが求められているのかも分かってくる場合があります。もちろん、問い合わせる前に要項はしっかりと読んでくださいね。

また、「申請書の書き方が分からない」「他にも資金調達の仕方はあるの?」という方がいればたがさぽにご相談ください。
Posted by 櫛田 at 15:28 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
元気に、自由に遊ぶ子どもたち(と大人たち)〜「多賀城プレーパーク」に行ってきました! [2015年05月10日(Sun)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。
皆さん、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしたか〜?

さて毎週日曜日は、たがさぽの日常風景や市内イベントの様子などをお届けしています。


4月26日(日)多賀城緩衝緑地公園で2回目の
「多賀城プレーパーク」
がオープンしました。

playpark.jpg


公園の中で道に迷いつつも、何とか到着。
虫めがねでマシュマロを焼いているのがまず目について、「これは面白そうな場所だ!」と思いました。

子どもたちは木登りしたり、木や竹で何かを作ったり、ダンボールで家を作ったりなどなど、思い思いに遊びを見つけて楽しんでいます。

スタッフを含め大人たちは、それを見守る…だけでなく、一緒に遊んでいました。

中でも1番人気だったのは「水」。
4月にしては暑い日だったこともあり、竹で作った水鉄砲が威力を発揮し、子どももスタッフもずぶぬれに。
ついにはバケツも登場して少し早い夏気分を味わっていました。

かくいう私も、「竹ぼっくり」を作ろうとしたり(竹が細くて途中で断念)、けん玉のようなものを作ったり、ベーゴマで遊んだりと短い時間でしたが楽しんでしまいました。


今回は、子どもと大人あわせて約70名が遊んでいったとのこと。
スタッフの方は、「今回は、はじめて来た人も多くて、楽しんでもらえて良かったです」とお話していました。

今回は行けなかったという方も、次の開催があるようですので関心のある方はぜひどうぞ。


「多賀城プレーパークの会」のフェイスブックページにも、報告などが載っていますのでこちらもご覧ください。
多賀城プレーパークの会



★おまけ☆
5月のたがさぽちゃん。

tagasapochan.JPG
ヒーローショーで子どもたちに笑顔を届ける! [2015年05月09日(Sat)]
こんにちは、スタッフの佐藤(加)です。

毎週土曜日は市内外のイベント(第3土曜日のみ宮城県内・多賀城市内のNPO法人数)を掲載しています。

小さいころヒーローに憧れた方は多いのではないでしょうか!
今回は、宮城県を中心に活躍するヒーロー破牙神(ばきしん)ライザー龍のスーパーライブをご紹介します。


破牙神ライザー
スーパーライブ2015


ヒーロー.jpg


日にち:2015年711日(土)、12日(日)
時 間:1st STAGE/開演10:30(開場9:30〜)
    2st STAGE/開演14:00(開場13:00〜)
    ※1日2回の公演です。
会 場:宮城県石巻市河北総合センタービッグバン文化交流ホール
入場料:無料(事前申込みの整理券が必要となります)

【申込みについて】
6月5日(金)までに、ハガキに記入事項をご記入の上、特定非営利活動法人HEROまでお申込みください。
※応募者多数の場合は抽選となります。

【記入事項】
・観覧希望者全員のお名前、年齢、居住地(市町村のみ)
・観覧希望日と時間(第1希望、第2希望までお書きください)
・代表者のお名前、住所、郵便番号、電話番号、Eメールアドレス
※詳しいお申込み方法はホームページをご確認ください。


このスーパーライブを手がけるのは特定非営利活動法人HERO
震災後、ヒーローを通して被災地に住む子どもたちに再び笑顔になってほしい、子どもたちの支えになりたい、そんな想いからNPO法人HERO、オリジナルヒーロー「破牙神ライザー龍」は誕生しました。
そして、2011年10月より子どもたちの「笑顔」を取り戻し「勇気」を届ける事を目的に、宮城県を中心に幼稚園や保育園、被災地域などでショーを行っています。


HEROが行うヒーローショーは、子どもたちに笑顔になってもらいたいなら半端なものではなく、「本物」をとクオリティにこだわっており、仕事でヒーローショーに携わってきたスタッフがNPOとして技術や経験を生かし、本格的なショーをつくりあげているのです。

「被災地の子どもたちに笑顔になってもらう」という共通の想いのもと、その道のプロたちがつくりあげるヒーローショー。

ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。
Posted by こんどう at 18:58 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ