CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
資金の基礎を学ぶ講座【開催ご報告】 [2014年10月25日(Sat)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

本日、たがさぽの大会議室を会場に

安定した活動を目指したNPOのための

資金の基礎を学ぶ講座

を開催しました。


今回のテーマは「資金」


・NPOのにはどんな資金源があるの?
・自分の団体に適した資金調達方法って?
・資金調達と事業計画の立て方が不安…


など、地域で活動を活発にすすめていくには、「資金調達」が悩みの1つになっています。
今回、講師である徳永洋子さん(NPO法人日本ファンドレイジング協会)から、NPOの資金の基礎知識をはじめ、寄付の事例についてご紹介いただきました。


DSC_3190.JPG


■NPOの資金源
NPOには主に「寄付」「会費」「事業収入」「助成金・補助金」と4つの資金がありますが、それぞれ性格が異なります。

たとえば、団体の活動に共感し資金を提供してくれる「寄付」、あるいは団体の会員からいただく「会費」は、使用用途の幅も広く「自由度」は高いです。しかし、「調達効率」でみると、1口1,000円の「寄付」や年間3,000円の会費を調達するのに、それなりの労力が必要です。スタッフ総出で寄付を募ったり、会員になってくれる方を探さなければなりません。
それに比べ、「助成金・補助金」については採択されると、1度で大きい金額が入ってきます。しかし、来年も同じ「助成金・補助金」を得られるとは限らないので、「安定性」という視点で見ると、やはり不安定です。
継続的で安定した資金源を獲得し、団体の活動を広めていくには、「寄付」という方法が適しているのかもしれません。


■ユニークな寄付の事例
DSC_3207.JPG


たとえば熊本城では、復元整備基金に積み立て、熊本城復元整備事業の財源を集めるため、「一口城主」といったユニークな寄付を募っています。1万円以上の寄付された方を「一口城主」とし、「城主証」「城主手形」を寄付者に渡し、天守閣に「芳名板」といった名前を掲示しています。
ただの寄付とは違い、寄付することで楽しみや満足感を得ることができるユニークな取り組みです。

このように、寄付する側へ訴えるわかりやすいアプローチが必要です。

DSCN1563.JPG
熱心に聴き入る受講者の方たち


今回は主に寄付の事例に特化した講座でした。
受講者の方たちからは、「寄付への考え方が変わりました」「これを機に挑戦しようと思います」など、新たな資金調達に「寄付」に取り組もうとする方も見受けられました。

自宅が地域の本棚に!?本や人と出会える場、塩釜「うみべの文庫」 [2014年10月23日(Thu)]
こんばんは。スタッフの阿部です。
毎週木曜日は、地域のイベント、市外の取り組み、市民活動・町内会活動に関するノウハウをご紹介します。

本日は、おとなり塩釜市で「絵本」を活用し、本と人、人と人との出会いの場をつくっている「うみべの文庫」さんのご紹介です。

運営を行う長谷川さんは、自宅の一室を開放し、地域の子どもたちへ、絵本の貸し出しや読みきかせなどを行っています。

写真1.jpg
「うみべの文庫」ブログより。入り口の様子。すてきな看板が目印です。

長谷川さんが活動をはじめきっかけは、「もっと日常生活に絵本を!」という想いからでした。10年ほど絵本の読み聞かせの活動を行っていましたが、読み聞かせがイベントの時だけ行われる特別なもののようになってしまうことを残念に感じていました。そこで、もっと絵本を身近に感じられる場所として2012年11月に「うみべの文庫」を始めました。

「うみべの文庫」にある絵本は、約2000冊。これらの本は、全国からの寄付で集まりました。元々長谷川さんは、30年ほど前からコツコツと集めた絵本約800冊を、文庫に置く予定でしたが、東日本大震災で津波に遭い、2冊を残し流されてしまいました。避難所で出会った方が、活動に賛同してくれたことから、全国に呼びかけ行い、たくさんの絵本が集まりました。

週に2回オープンする文庫には、地域の子どもや親子連れが訪れます。「うみべの文庫を、みんなのお家の本棚のように想ってもらえたら嬉しい」と長谷川さん。
家庭の一部を地域に開放したことで、子ども達にとって、絵本を身近に感じられる場、地域の大人や他の子どもと出会える場が生まれました。

最近は、大人の女性がいらっしゃることもあるとのことです。親子で本を楽しみたい方はもちろん、本を通じて人と人とがつながる活動に関心がある方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

うみべの文庫
住所:塩釜市港町2−6−16 JR仙石線 本塩釜駅から徒歩10分
開館時間:毎週火・土曜日 午後1時〜5時
入館料:無料
※はじめに簡単な登録が必要です。
ブログ:http://ameblo.jp/umibenobunko/

多賀城市にも、家庭文庫「ちいさなおうち」があります。
情報誌tagで取り上げました!
tagのダウンロードはこちらから

ちなみに、10月31日(金)には、本の「気になる取り組み」を紹介する【「読む」だけじゃない!?みつかる本の楽しみ方】を開催します。残席わずかです!本に関する活動に関心のある方は、お気軽にお申込みください。
くわしくはこちら
Posted by 櫛田 at 21:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
寄付10兆円時代の実現を目指して!! [2014年10月21日(Tue)]

こんにちは、スタッフのわたなべです。
本日2回目の更新です。

毎週火曜日は、隔週で資金調達に関する情報をお送りしています。

資金調達といえば…
10月25日(土)にたがさぽで開催される
『安定した活動を目指したいNPOのための資金の基礎を学ぶ講座』

E8B387E98791E381AEE59FBAE7A48EE38292E5ADA6E381B6E8AC9BE5BAA701.jpg


まだ席に余裕がありますので、NPOの資金やその調達方法、事業計画の立て方などについて知りたい方はぜひどうぞ!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1318


さて、この講座の講師をお願いしている徳永洋子さんは特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会の事務局長を務められています。
「ファンドレイジング」という言葉、最近よく聞くようになりましたが、そもそもどんな意味なのでしょうか?

☆「ファンドレイジング」とは
民間の非営利団体(NPOなど)が、活動のための資金を個人、法人(会社など)、政府(県や市町村を含む)などから集めることで、その手法としては、
・街頭募金や募金箱
・団体の会員からの会費
・マンスリーサポーター(月々の引き落としによる寄付)
・オンラインサイトを通じた寄付(最近はクラウドファンディングも)
・書き損じ葉書などの物品寄付
・商品の売り上げの一部の寄付
・クレジットカードなどのポイント寄付
・チャリティイベントを通じた寄付
・助成金、補助金
などがあります。そして、資金を必要とする団体と、寄付をしようとする人のために活動しているのが日本ファンドレイジング協会です。

☆特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会とは
2009年に、全国の580人の発起人の賛同を受け、寄付10兆円時代の実現を目指して設立されました。
そのミッションは「民間非営利団体に対する寄付という行為が高く評価され、民間非営利団体において資金開拓を行うファンドレイジング(資金調達)担当者が、誇りと自信をもって仕事を遂行し、また、寄付者が幸せと満足を実現できる新しい寄付社会を創造する」。
民間非営利団体のファンドレイジングに関わる人々と、寄付など社会貢献に関心のある人々のためのNPOとして、認定ファンドレイザー資格制度や「ファンドレイジング・日本」、寄付の教室の運営、寄付白書の発行などに取り組んでいます。

NPOや市民活動団体の活動に携わっていて、資金の調達について関心のある方、もっと知りたい方は、ぜひホームページをご覧ください。

特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会

楽しい「場づくり」で、ココロときめく! [2014年10月21日(Tue)]

こんにちは、スタッフのわたなべです。
さて現在、参加のお申し込みを受付中の

ココロときめく!
人の集まる「場」のつくりかた
 

場づくり.jpg


ですが……、
1回目の「場づくり達人トーク」ゲストの平間拓也さんが関わっている「蔵王時間」が10月4日(土)放送の仙台放送「あらあらかしこ」で紹介されました!
ホームページにバックナンバーもあります。

「最新『芋煮』トレンド☆」


平間さんのお話を聞いて、楽しい場づくりについて考えてみませんか。
まだ席に余裕がありますので、ぜひお申し込み、ご参加をお待ちしております!

☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜
 
ココロときめく! 
人の集まる「場」のつくりかた


☆11月7日(金)19:00〜20:30「場づくり達人トーク」
☆11月8日(土)13:00〜16:00「フリースペース活用!作戦会議」

★詳しい内容については、こちらをご覧ください。
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1316

◎お申し込み方法
申込フォームでのお申し込み(下のURLよりお入りください)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fdd3569a319008
 
・電話でのお申し込み(022-368-7745)
・参加申込書を当センター窓口に持参されるか、FAX(022-309-3706)でもお申込できます。

○お申し込み・お問い合わせ先
多賀城市市民活動サポートセンター
TEL:022-368-7745
FAX:022-309-3706

まちあるきで地域の見方を学ぶ「多賀城を知りつくそう!たがさんぽ」 [2014年10月19日(Sun)]
こんにちは、スタッフの佐藤(加)です。
毎週日曜日は、たがさぽの日常風景や市内イベントの様子などをお届けしています。

今週は、10月16日(木)におこなわれた、たがさぽ主催講座「多賀城を知りつくそう!たがさんぽ」第1回目の様子をご紹介します。

「地域を元気にしたい!けど、うちの地域の魅力ってなんだろう、、?」
「まちづくりをしたいけど、なにからはじめればいいんだろう、、?」
という悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まちづくりにつながる一歩として、「地域を知る」があります。
まちの中には、歴史文化場所出来事であふれていますが、自分の暮らす地域でも意外と知らないことが多かったりします。

今回の講座は、「まちあるき」を通して地域の見方を学び、地域の魅力や課題に気づく力を身につけることで、まちづくりの第一歩を踏み出していただけたらという想いのもと実施しました。

講師には、仙台や日光を中心にまちづくりコーディネーター・環境デザイナーとしてご活躍する岡井健さん(特定非営利活動法人都市デザインワークス技術スタッフ・特定非営利活動法人日光門前まちづくり理事長)をお招きしました。

DSCN1479.JPG
講師の岡井健さん

10月16日(木)の1回目は、座学でまちあるきについて学びました。


まちあるきといっても、散歩のように個人的に楽しむものから、調査のため・観光のため、といったはっきりとした目的を持って実施するものなど、目的に応じてさまざまだそうです。
岡井さんが理事長を務めるNPO法人日光門前まちづくりが実施しているまちあるきや、長崎で実施されている「長崎さるく」という観光系まちあるきなど、さまざまな地域の事例を紹介していただきながら、「まちあるきとは?」を丁寧に講義していただきました。

まちを楽しむコツとしては、
1 鳥の目・虫の目の視点で見る
2 時間軸で見る
3 空間軸で見る
の3つがあるそうです。
具体的には、航空地図を時間が経つにつれてどう変わったかを見比べてみたり(時間軸)、まちで見つけた気になる看板(虫の目)もまちをみるときのポイントだと教えていただきました。

DSCN1506.JPG
高いところからまち全体をみる「鳥の目」について話す様子

さらに、まちあるきの計画づくりのヒントとして、
・ポイントになる場所に行ってみる
(駅、神社、お寺、公園、公民館・・・)
・時間を探る
(古くからある家、大きな木、石碑、神社、ヒアリング・・・)
・空間を探る
(古い道路、窪地や台地などの地形、水路、高いところから眺める・・・)

など、まちあるきをするときの視点を教えていただいて、18日(土)に実際にまちあるきするときのルートを決めていきました。


DSCN1548.JPG
まちあるきは、
『“まち”を知り、今よりちょっとだけ好きになる第一歩』
まちあるきをするときは、
「なんで?」を大切にすること、イメージすることが大事
ということでした!

16日(木)に学んだ視点を持って、18日(土)には実際に下馬を歩きました。
18日(土)に実施した、たがさんぽ2回目の様子は後日ブログでご報告させていただきます。


みなさんも気軽にできるまちづくりの一歩めとして、「なんで?」やまちのストーリーを「イメージ」しながら歩いてみてはいかがでしょうか?
たがフェスイメージキャラクター「多賀さん」青空に舞う [2014年10月18日(Sat)]

こんにちは。
スタッフの佐藤(順)です。

今日の土曜日ブログは、先週に引き続き「たがフェス」(多賀城フェスティバル実行委員会)の活動についてをお届けします。

10月12日(日)、第一回多賀城フェスティバル『秋のグルメ祭だョ!全員集合』が天気に恵まれて盛大に開催されました。
主催はたがフェス、多賀城市や観光協会から後援を受けています。

イベント内容はこちらのお知らせから▼
http://blog.canpan.info/tagasapo/daily/201410/11

活発に活動しているたがフェスの情報はこちらに▼
https://www.facebook.com/taga.fes

多賀城月の市実行委員会の後を継ぐ組織として発足した当団体では、市内の飲食店やお店の方など有志が集まって、地域イベントへの協力やたがフェス女子部の開催などまちの賑わいづくりに取り組んでいます。団体ではFacebookでこれまでの活動やお祭りの企画、準備の情報も発信しています。お楽しみ頂くとともに次回団体イベントへの参加とご協力もよろしくお願いしますネ。

当センタースタッフがキャッチしたお祭りのようすです。


01.JPG
祭りを楽しむ親子連れ。奈良・平安時代の昔人?!

多賀城出身で現在は仙台にお住いのご家族、化粧顔の男性は「ボランティアで参加しています。」とのことでした。


02.JPG
冷たいアイスバーはいかが〜と店主さん


03.JPG
売店も万葉衣装で盛り上げます。
当時はジュース、コーラ類はなかったはずですが・・。


04.JPG
サンマの無料配布500匹を用意しました。「サンマ苦いか、しょっぱいか」


05.JPG
うまいに決まっているよ!と団扇でバタバタ焼き上げます。


06.JPG
ベリーダンスのあでやかな舞い姿。


07.JPG
たがフェスのイメージキャラクター「土器の隣人 多賀さん」が青空に舞う。

行動力のある若いスタッフのパワーと市民の賑わいで駅前が熱い一日でした。今後も市内外の団体の協力と連携の力で多賀城のビッグな祭りとして定着するといいですね。


『悠久の詩都(まち)の灯』ライト取付け体験〜まちを楽しく明るくするボランティア活動〜開催のお知らせ [2014年10月17日(Fri)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回はたがさぽが主催する講座のご案内です。

『悠久の詩都(まち)の灯』
ライト取付け体験

〜まちを楽しく明るくするボランティア活動〜


画像1.png


※ 悠久の詩都の灯については、以下のリンク先をご参照ください。
★たがさぽPress 2011年11月25日の記事  
★たがさぽPress 2013年11月25日の記事
★tag vol.11

誰かのために何かをしたい!
もしくは
地域のために何かをしたい!
と思っているけど
何をすればいいのか分からない…
という人や
多賀城で何かをしたい!
と思っている人へ

地域活動の最前線に立ち活躍する人達と一緒に、イベント作りのボランティア体験をしてみませんか?
多賀城のイベントを知りたいという方も大歓迎です!

きっと、あなたのやりたいことが見えてきます!!

今回の体験にご協力いただく団体のご紹介です

●T・A・P多賀城
2006年に結成したT・A・P多賀城、この名前はTown(まち)、Activation(活性化)、Project(計画)から成立ち、「自分たちの手で多賀城を元気にしよう」という想いが込められています。多賀城が仙台や松島などに行く通過場所ではなく、多賀城に住む人や多賀城市外の人も多賀城に来て、楽しく過ごせる場を作ることを目指しています。そうした想いから始めた『悠久の詩都(まち)の灯』は2014年で9回目を迎えます。最初は1万3000個から始まったイルミネーションは、年々数を増やし3万個を数えましたが、震災により半数を津波で失います。しかし、市民から募った寄付などにより4万5000個に数を増やし、現在もその数を伸ばしています。


現在、参加者を募集しています!



開催日時:2014年11月1日(土) 9:00〜13:00
集合場所:JR仙石線 多賀城駅南口
参 加 費:無 料
持 ち 物:汚れてもよい服装・靴、軍手、タオル、飲み物
参加方法:可能であれば事前申込をお願いします。
     (※当日参加も受付けています。その場合は
       集合場所に時間を守ってお越しください)
申込方法:電話または下記URLからお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6b18bb4f317778 

問い合わせ先:多賀城市市民活動サポートセンター
TEL/022-368-7745  
メール/tagajo@sapo-sen.jp

こちらのチラシデータもご覧ください。

『悠久の詩都の灯』ライト取付け体験
〜まちを楽しく明るくするボランティア活動〜 案内チラシ


ご参加・お申込みをお待ちしています。
わーい(嬉しい顔)

NPOの活動を応援する140の施策まとめ「NPO法人のための施策ガイドブック」 [2014年10月16日(Thu)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。
毎週木曜日は、地域のイベントや市民活動・NPOに役立つ情報をお届けしています。

NPOが復興、あるいは地域や社会の課題解決に取り組むにあたり、資金、ノウハウ、情報、人材、活動の場など、さまざまな資源が必要です。そこで、今回はNPOに対して行われる政府の施策(助成・補助・相談・情報提供など)がまとまったガイドブックをご紹介します。

2014〜2015年度版
NPO法人のための施策ガイドブック

pdf_main.jpg

ダウンロードはコチラ

たとえば、

「被災者の孤立防止のための巡回訪問や交流の場が必要だ」
という団体は
厚生労働省の『社会的包容力構築・「絆」再生事業』を活用できます。

「地域の中心市街地を活性化させたい!」
という団体は
経済産業省の『中心市街地商業活性化アドバイザー派遣事業』『中心市街地活性化協議会運営支援事業』などを活用できます。

こうした政府の事業、約140が1冊にまとまっています。各省のHPを探したり、問い合わせたりしなくても見ることができるので便利ですね。

このガイドブックは、シーズ・市民活動を支える制度をつくる会認定特定非営利活動法人日本NPOセンターが作成しました。
「活動する中で困りごとがある」「活動を広げたい」といったNPOのみなさん、ぜひこのガイドブックを活用してみてください。
たがさぽ文庫 平成26年度(2014年度) 新着図書のご紹介 そのG [2014年10月14日(Tue)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

台風19号も過ぎ去り、今日はきれいな青空が空一面に広がっていました。
たがさぽの敷地には、落ち葉が多く広がっていて、台風の脅威を感じます。
        
さて、火曜ブログはブックレビューをお届けします。

いま、ブックレビューではたがサポ文庫の新着図書を各分野に分け、シリーズで紹介しています。本日ご案内するのは分野F1の『子ども』に加わった4冊です。

●震災からの教育復興-過去、現在から未来へ
監 修:国立教育制作研究所
発 行:悠光堂


●子ども芸術の家
編 集:柴牟田伸子+TRSO(東北芸術工科大学東北復興支援機構)
発 行:東北芸術工科大学+京都造形芸術大学


●踏み出す勇気
著 者:阿蘭ヒサコ、富部志保子
発 行:NTT出版


●十年後の東松島を描こう!
主 催:認定NPO法人アジア日本相互交流センター
助 成:赤い羽根共同募金、潟宴bシュジャパン



平成26年度(2014年度)新着図書のタイトル一覧は
コチラ →

次回のブックレビューでも、たがサポ文庫の新着図書をご案内する予定です。
お楽しみに。
台風19号に関する情報について [2014年10月13日(Mon)]
スタッフの近藤です。

現在、台風19号が九州に上陸し、猛威をふるっています。
その後、10/14(火)にかけて速度を上げ、日本列島を縦断するおそれがあります。
多賀城には、本日深夜から明朝にかけ接近するようですので、ご注意ください。

■多賀城市ホームページから
※平成26年10月13日 8時30分現在


●多賀城市災害警戒本部を設置しました。

●台風19号は14日の午前3時に最接近し、午前2時〜3時の間に1時間当たり25ミリメートルの激しい雨が降る見込みです。今後の気象情報に注意願います。

●土のうステーションを市内3箇所に設置しました。(大代地区公民館、山王地区公民館、市役所西側駐車場資機材倉庫)


・多賀城市ホームページ
http://www.city.tagajo.miyagi.jp/

Posted by こんどう at 13:06 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ