CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
●各種災害支援に関する情報
・全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
・東京ボランティア・市民活動センター ボラ市民ウェブ
被災地の状況は日々変化しています。行動を起こす前に必ず被災地の各自治体や社会福祉協議会、災害ボランティアセンターなどの公式ウェブサイトをご確認いただくようお願いいたします。
【5/3(金)〜5(日)】「みえないをみる」美術体験 [2019年04月21日(Sun)]
おはようございます。スタッフの小橋です。
今日は、GWにたがさぽで開催されるイベントのご紹介です!


宮城野高校美術科23回生グループ展
狐の窓
〜みえないをみる〜


狐の窓チラシ.jpg

日 時:2019年53日(金・祝)〜5日(日)
    AM11:00〜PM5:00 ※最終日はPM4:00まで
場 所:たがさぽ 3階交流サロン 入場無料
内 容:絵画の展示、ワークショップ


ワークショップは、カラーセロハンを使った工作で、ステンドグラスのようにきらきらとした作品が出来上がります。参加費は100円と、お子さんも参加しやすいです。日の光に透かして遊びたいですね。

IMG_9668.JPG

IMG_9667.JPG

このイベントは宮城野高校美術科に通う生徒さんたちのグループ展です。普段美術にあまり触れない方にも、美術の楽しさを知ってほしいと絵画の展示だけでなく、ワークショップを企画するなど楽しめるイベントになっています!期間中、ワークショップは毎日開催しています。

GWはぜひ、たがさぽへお越しください〜!


今年もNPOが参加します"ARABAKI ROCK FEST.19″ [2019年04月20日(Sat)]

こんばんは。スタッフの浅野です。毎週土曜日は、多賀城周辺のイベント情報をお届けしておりますが、今回はARABAKI ROCK FEST.19のご案内です。


2001年から年に一度、仙台の郊外、川崎町で行われている東北最大級の音楽フェスで、毎年数万人の来場者で賑わうイベントです。




さまざまなアーティストの音楽はもちろん、会場の空気や飲食店、ワークショップもまるごと楽しめるのがフェスの醍醐味ですね!



アラバキ2018day1-01.jpg







今年も主に宮城県内で活動するNPOのみなさんが「ZAO View Village」にてブース出展し、参加型のワークショップを開きます。






✽..:*・゜ ✽..:*・゜ ✽..:*・゜ ✽..:*・゜ ✽..:*




●NPO法人仙台スラックライン・・・スラックラインの体験




森のようちえん虹の森・・・パラコードキーホルダー、バードコールづくり、ゴッドアイ など





NPO法人煌(かがやき)の会・・・さをり織り体験、さをり製品の販売




カワラバン・・・おさかなに関する手芸ワークショップ、絵本・手ぬぐい販売 など




ペンギンズアート工房・・・クラフトバンドを使ったアート体験、はんこづくり、ミサンガづくり など




1日目の4/27()1325頃からは、ステージで上記5団体の紹介がありますカワラバンさんの「川のがっこう」のお話しやクイズもありますよ。ぜひZAOステージを観に来てください。





アラバキ2018day1-54.jpg




「アート、福祉、環境」などのテーマで活動する団体のブースで体を動かしたり、小物づくりなどが体験できます


両日、特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターもお手伝いさせていただきます。




野外フェスの解放感の中で、自然との共生や地域課題を考えてみたり、さまざまな出会いと発見を楽しんでみませんか。





アラバキ2018day2-03.jpg










概要



開催日時:427日(土)・28日(日)2日間開催


延べ50,000人動員予定




427日(土)開場1000/終演予定2100


428日(日)開場1000/終演予定2100


※427日(土)2200以降、花笠ミッドナイトショー開催予定




開催場所:みちのく公園北地区エコキャンプみちのく


         〒989-1503宮城県柴田郡川崎町大字川内向原254番地




企 画:ARABAKI PROJECT


制 作:GIP




ワークショップエリア


エリア名称:ZAO View Village


実施時間:1000−1800


エリア概要:キャンプサイトに隣接し、BAN-ETSUステージ近くのワークショップエリア。ステージコンテンツも実施しており、ARABAKI ROCK FEST.で憩いの場として、人気のエリアです。




詳しくはこちらもご覧ください。


ZAO View Village」(ARABAKI ROKU FEST.19ホームページより)


https://arabaki.com/area/zao/






続きを読む・・・
お寺が貧困問題に取り組む おてらおやつクラブ [2019年04月18日(Thu)]

こんにちは。


スタッフの川口です。


毎週木曜日は市内外の団体や活動をご紹介しています。



こどもが一人でも安心して来ることができ、


みんなでご飯を食べられる「こども食堂」。


もともとは、貧困や孤食などさまざまな家庭の事情を抱えたこどもを対象とすること


かったのですが、近は学習支援の場や居場所づくり、地域住民同士の交流の場


とあわせて運営されることも多くなっています。




  現在多賀城では、5つのこども食堂が活動しています。





・高崎こども食堂らっこ広場 http://mamaracco.tagajou.com/


・多賀城こども食堂(NPO法人アスイク) https://asuiku.org/


・みんなで食べよう会(山王) https://blog.goo.ne.jp/minnade2017


・こども食堂 多賀城ワード(八幡) 


・おおしろこども食堂 http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/2484




 今回ご紹介するのは、お寺が貧困家庭への支援へ取り組んでいる




特定非営利活動法人



おてらおやつクラブ 


https://otera-oyatsu.club/


logo.png


「おてらおやつクラブ」は、お寺にお供えされるいろいろなお供えを、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、子どもをサポートする支援団体の協力のもと、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動を行う奈良県のNPOです。全国のお寺が登録でき、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげて、お菓子や果物、食品や日用品を届ける活動をしています。

 この活動は、お仏飯を「おすそわけ」する食糧支援の側面のほか、仏さまのお慈悲をお届けすることと、困っている人々が助けを求めることができる、孤立しない状況を作っていくことを大切にしています。


 「日本の子どもの7人に1人が貧困」と言われています。 


 この活動がきっかけとなり、貧困問題が遠く貧しい国々での話ではなく、自分たちの生活する地域の身近なところで起きている問題であると気づき、行動する人々が増えていくことを期待して活動しています。



◎そこで、お寺のみなさん!


賛同いただけましたら、ぜひご登録ください!


→ https://otera-oyatsu.club/temple/regist/


おやつの発送先となる支援団体とのマッチングが行われます。


その後は、お寺のペースでおやつを発送してください。



◎支援団体のみなさん!


お寺からのおすそ分けを通じて、活動を後押しします。団体の情報を登録ください。


https://otera-oyatsu.club/support/regist/


Posted by 川口 at 09:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
活動中のリスクに備えて ボランティア活動保険 [2019年04月16日(Tue)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。

毎週火曜日はお役立ち情報お届けしています。


4月になり、いつの間にかすっかり春らしい陽気となりました。たがさぽの桜も見ごろを迎えています。平成も残り2週間となり、まもなく令和元年スタートですね。
団体の活動も新事業が始まったり、新しいメンバーが加入したりと様々な変化が起きているのではないでしょうか。
活動中、他人にケガさせてしまったり、本人がケガをしたり、他人の物を壊してしまうなんていうことが起こることもあります。本日は、そんな時に適用できる「ボランティア保険」をご紹介します。



2019年度版
ボランティア保険(ボランティア活動保険)のご案内

(宮城県社会福祉協議会)


◆ボランティア活動保険とは
ボランティアの方々が、日本国内において、ボランティア活動中に他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊させたことにより損害賠償問題が生じた場合や、ボランティア活動中の事故によりボランティア本人がケガをした場合の損害を補償する保険です。


◆保険期間
2019年4月1日0時〜2020年3月31日24時までの1年間
※中途加入の方:加入手続き完了日の翌日0時〜平成31年3月31日まで


◆対象となるボランティア活動
@所属ボランティア活動団体等の会則(名称は問いません)に則り企画、立案された活動
Aボランティア活動推進法人(社会福祉協議会等)の委嘱を受けた、またはボランティア活動推進法人に届け出た活動
の@Aのいずれかに該当する活動で、以下のすべてに該当する活動をいいます。
・日本国内での活動
・無償の活動
(交通費・食事代等、費用弁償程度の支給は有償とはみなしません)
・個人の自発的な意志により他人や社会に貢献することを目的とする活動
※お申し込みには、宮城県社会福祉協議会への登録が必要です。
※ボランティア活動を行う目的を持って、通常の経路により住居(住居以外の施設を起点とする場合、または住居以外の施設に帰る場合は、その施設とします)を出発してから住居に帰着するまでの間を含みます。
※宿泊を伴う活動(宿泊施設内等、活動を行っていない時間は除く)、活動のための学習会、または会議等を含む。


◆補償内容
※詳細は下記にリンクするホームページよりご確認ください。
●傷害賠償
日本国内において、被保険者がボランティア活動中(往復途上を含みます)に被った急激かつ偶然な外来の事故によるケガに対し、死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金および通院保険金等をお支払いします。
●賠償責任補償
被保険者(保険契約により補償を受けられる方)が日本国内において次のいずれかに該当する偶然な事故によって他人の生命や身体を害したり、他人の財物を滅失、破損または汚損した場合に、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(損害賠償金や争訟費用等)に対して保険金をお支払いします。
●特定非営利活動法人補償特約(すべてのプランにセット)
特定非営利活動促進法に規定する「特定非営利活動」をこの保険の対象となるボランティア活動に含めます。また、NPO法人を被保険者に含め、ボランティアがNPO法人の活動に従事している際に、この保険の対象となる事故により、NPO法人が賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いします。


◆お問い合わせ先
社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0014 仙台市青葉区本町3丁目7-4 宮城県社会福祉会館3F
TEL:022-266-3951 FAX:022-266-2953
(取扱代理店)株式会社オンワード・マエノ
(引受保険会社)三井住友海上火災保険株式会社 仙台支店 法人営業課


◆詳しくはこちらをご覧ください
★宮城県ボランティア活動総合補償制度
Posted by 齋藤 at 01:00 | この記事のURL | トラックバック(0)
5/11・26開催!「魅力発見ミーティング in tagajo」 [2019年04月13日(Sat)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!
毎週土曜日は、多賀城周辺のイベント情報をご紹介しています。

ひととまちの「みらい」をかたる
魅力発見ミーティング in tagajo
20190511.jpg


多賀城市では今年度、これからの多賀城について語り合うワークショップを数回開催します。そして、ここで話し合われた内容は、今後10年間の多賀城市のまちづくりに活かされることになっています。
その第一弾として、「魅力発見ミーティング in tagajo」が5月に開催されます。多賀城のひととまちの未来について、多賀城を愛するみなさんで語り合うとともに、新しい多賀城の魅力や多賀城らしいライフスタイルに触れる絶好の機会にもなります。
多賀城を愛している方、多賀城に関わりのある方であればどなたでもご参加できます。「こうだったらいいな〜」という想いを持っている方、自分はあまり思いつかないけど他の人の考えを聞いてみたい方などなど、ぜひご参加ください!


【魅力発見ミーティング in tagajo 概要】
○日時と主な内容:
●1回目:5月11日(土) 9:30〜12:00
 ・ミニゲーム「マネジメントゲーム〜未来の多賀城を考えよう」
 ・話し合い「まちのみらい」
●2回目:5月26日(日)13:30〜16:30
 ・話し合い「多賀城らしいライフスタイル」
      「みらいのためにできること」〜わたしが、みんなが〜
●ファシリテーター:菊池広人氏(東北学院大学地域共生推進機構 特任准教授)

○会場:東北学院大学多賀城キャンパス内

○対象:多賀城を愛してくれている方、多賀城に関わりのある方
○予定定員:80名程度(申込先着順)
○参加費:無料

◎お申込み方法
@チラシ裏面の申込書を、下記まで郵送、FAXまたは持参してください。
 ・住所:〒985-8531 多賀城市中央2-1-1 多賀城市役所 市長公室あて
 ・FAX:022-368-8104
AEメールにて
 ・送付先:kikaku★city.tagajo.miyagi.jp(★を半角の@にして送付)
 ・メールタイトルを「魅力発見ミーティング」とし、
  氏名・住所・電話番号・性別・年齢をご記入の上送付してください。

◎募集締切:4月19日(金)

●その他詳細は、こちらをご覧ください。
 多賀城市ホームページ「魅力発見ミーティングin tagajo」
●また、今後のワークショップの予定については、こちらをご覧ください。
 多賀城市ホームページ「第六次多賀城市総合計画」

○主催:多賀城市 ○協力:東北学院大学
○お問い合わせ:多賀城市市長公室(368-1141 内線213)
Posted by わたなべ at 10:08 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
食卓から考えよう!食と人のむすびつき [2019年04月11日(Thu)]
こんにちは。スタッフの浅野です。
毎週木曜日は市内外の取り組みをご紹介しています。



みなさんの食卓には毎日どんな「食べもの」が並んでいますか?

食べものには生産・流通・加工から調理して食べるまでの間にたくさんの物語があるそうです。


takuhai_yasai_box[1].png




本日ご紹介する団体は
「食育NPOおむすび」です。
みやぎ生協の産直活動で出会ったメンバーが食べる楽しさ、大切さを広げていきたいと活動をスタートさせました。


収穫された食べものには農家の方の思いが込められていて、地産地消を意識して、地元で取れた食材を選ぶことは生産者を応援することにつながります。

スーパーマーケットに買い物に行けば、季節を問わずいろいろな食材が容易に手に入るようになった現代、生産から流通、食卓への流れが見えづらくなり生産者と消費者の距離は広がるばかりです。




食育NPOおむすびでは、この生産者と消費者の分断をなくそうと料理教室卸売市場を見学するツアーを定期的に開催しています。食文化のお話、競り市の体験を通して食べものがどこからきているのか家庭で意識するようになる参加者も多いそうです。

cooking_ryouri_oyako[1].png




毎回好評の「お魚がきっと好きになる料理教室」では水揚げされた魚のおろし方のレクチャーがあり、親子で魚の手開きから料理(つみれ汁やのり巻き等)、食事までを体験できます。

命をいただくことに感謝して、心をこめて料理することで苦手意識をもっていた食べものを好きになるきっかけになるかもしれませんね!




cooking_line[1].png

食べものを生産する過程の体験、伝統食づくり、食の安全性、環境保全などを取り上げた企画を通して「食」の大切さを伝え続けている食育NPOおむすびのブログはこちらをご覧ください。
Posted by 浅野 at 10:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
会話が見える!「UDトークレジスタードマーク[2019年04月09日(Tue)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週火曜は、市民活動お役立ち情報や、スタッフブックレビューをお届けしています。

新年度に突入しましたね!新しい1年にどんな事業を立てて進めていくか、会議の機会も増えてくるのではないでしょうか。

今回はそういった会議や、普段の会話でも使えるアプリをご紹介します。


UDトークレジスタードマーク
HP


スマートフォンやパソコンで使えるこのアプリは、音声を文字化する機能があり、聴覚障がいがある人との会話をサポートしてくれます。普段の会話での利用はもちろん、字幕としてプロジェクターなどでスクリーンに映すこともできるので、イベントや講座でも活躍します。


2018年のクリスマス雑貨市では、てんでん宮城UDトーク部のみなさんのご協力のもと、トーク・体験イベントの情報保障を行いました。
IMG_8884.JPG


このアプリ内で文字化された文章は、使い方によっては、少し整理することで議事録としても使えるので、会議をもっと有意義なものにできる便利なツールになります。
※利用が有料になる場合があります。詳しくはホームページをご確認ください。


こうしたツールを活用することで、さまざまな人が参加できる機会が増えますし、意見やアイディアも膨らんでくるかもしれませんね。


【イベントレポート】まなびのひろば&おおしろ子ども食堂 [2019年04月08日(Mon)]
おはようございます。スタッフの阿部です。

4月4日(木)、5日(金)に、大代地区公民館主催で、「まなびのひろば」が開催されました。
「まなびのひろば」は、学校の長期休暇に安心・安全に過ごせる場所を提供しながら学習支援を行うイベントです。5日には、「おおしろ子ども食堂」と題して、昼食も提供しました。5日の「おおしろ子ども食堂」に、調理ボランティアとして参加してきましたので、レポートいたします。

イベントの対象者は、東小学校の児童です。この日は定員を超える18名の参加がありました。

春休み期間は宿題が出ないということで、「まなびのひろば」では、大代公民館で準備した教材を使用して、復習を行いました。学生ボランティアや地域に住む元教員の方などの協力を得ながら、少人数に分かれて丁寧に勉強を教えました。中には、子ども同士教え合う姿も見られたようです。

子ども食堂のメニューは、カレー、フランクフルト、杏仁豆腐でした。住民の方を中心に、7名で調理を行いました。(フランクフルトは、館長さんが焼いてくださいました!)

「時間内に作り終わるかな」「こんなにたくさんの人数分作るのは初めて!」と、色々な不安はありましたが、フォローし合いながら、1時間ちょっとで完成しました!子どもたちにも、机を拭いてもらいました。

DSC00291.JPG


kodomo1.png


DSC00315.JPG


ちょうどお昼が過ぎた頃、全員揃って「いただきます」をしました。ボランティアのみなさんも一緒に食べました。あちこちから、楽しそうにお話する声や「おいしい!」の声が聞こえてきました。中にはおかわりをする人もいて、調理ボランティアもにっこり。

差し入れでいただいたアップルパイをみんなに配り、全員で「ごちそうさまでした」をしました。「次もまた来たい!」という感想がたくさん寄せられたそうです。

子どもたちに、地域の中で元気に育ってほしいという想いが伝わってくる時間となりました。次回の開催は夏休みを予定しています。大代公民館では、こうした取り組みが他の地域にも広がっていくきっかけになればうれしいとのことでした。
「tag」76号発行しました! [2019年04月07日(Sun)]
こんにちは。スタッフの小橋です。

tag76号発行のお知らせです。

tag_76.jpg

PDFファイルのダウンロードは画像をクリック!


【表】
いきいきとした音楽を!
市民参加型の歌謡祭!

オーディションで選ばれた多賀城市民が、5回のワークショップを通してプロの指導を体験し、その成果を披露する『輝け!第一回「多賀城市民の!歌謡祭!」』が開催されました。主催の実行委員会を引っ張る宗久さんに、その熱い想いを伺いました。


【裏】

「自分らしく」生きるあなたに
そっと寄り添う 非営利団体 虹の橋

暮らしの中の「ふつう」に向き合い続けている「非営利団体 虹の橋」。発達障がいがある人や二次障がい、グレーゾーンによって生きづらさを感じている人やその家族を支援する団体です。代表の岡崎さんにお話を伺いました。



「tag」は、たがさぽや多賀城市内の公共施設・店舗などに配架しています。また、周辺市町にも配架していますので、ぜひご覧ください。

【「tag」アンケートのお願い】
今後のtagの誌面作成や配架先の参考にするために、アンケートを実施します。ぜひご協力ください。
こちらからお願いします →→ アンケート


【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】
現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会に貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
「みなとのまち100km徒歩の旅」学生スタッフ募集!! [2019年04月06日(Sat)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!
毎週土曜日は、多賀城周辺のイベント情報をご紹介していますが、今回は夏のイベントの学生スタッフ募集のご案内です。

第14回
みなとのまち100km徒歩の旅
学生スタッフ募集!!

20190512.jpg
チラシのダウンロード(PDF形式)はこちらから


毎年夏、地域の子どもたちが、多賀城を含めた二市三町の100kmの道のりを4泊5日で歩きぬく「みなとのまち100km徒歩の旅」。子どもたちが仲間と助けあいながらぐんぐん成長していく5日間の旅、今年も8月に開催します。
参加者(小学校4〜6年生)の募集はこれからですが、それに先立ちまして学生スタッフ(大学生・専門学校生・高校生)の募集が始まっています。

これまで学生スタッフとして参加した方からは、事前のスタッフ研修や、子どもたちとともに過ごしサポートする5日間の旅を通して、支える側でありながら大きく成長できたとの声も多くあります。
「夏休みに何か取り組んでみたいけど、何をしたらいいのだろう…」という皆さん、ぜひご参加ください。貴重な経験、そして成長にもつながるこの機会を活かしませんか。

【第14回 みなとのまち100km徒歩の旅
 学生スタッフ募集 概要】

○日 程:8月7日(水)〜8月11日(日) ※4泊5日
○場 所:塩竈市・多賀城市・松島町・七ヶ浜町・利府町
○対 象:大学生・専門学校生・高校生
○参加費:5,000円(食費・飲み物代・保険料・研修代など)
○募集締切:5月12日(日) ※第1回スタッフ研修終了時まで

●お申込方法や事業説明会の日程など、その他詳細は、チラシか下記のページをご覧ください。
 みなとのまち100km徒歩の旅
 学生スタッフ募集ページ
 ブログ
 Facebookページ
 twitter

○主催:NPO法人みやぎみなとまちづくり市民会議
○お問い合わせ:
 メール:minato100km★gmail.com
  ※★を半角の@に変えて送信してください
Posted by わたなべ at 10:17 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ