CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
【ブックレビュー】「福井人」とは何もの [2015年06月30日(Tue)]
こんにちは、スタッフの佐藤(順)です。
今週の火曜日ブログはたがさぽ文庫内で見つけたお薦めの一冊のブックレビューです。

タイトルはCOMMUNITY TRAVEL GUIDE VOL.2 「福井人」
副題は「福井県嶺北地方 人々に出会う旅」として、福井県内で活躍する人392人を紹介した本です。


01.JPG

編 者 COMMUNITY TRAVEL GUIDE 編集委員会
出版社 英治出版株式会社
(2013年4月15日発刊 B5版135P)



写真のとおり表紙に「福井人」と大書された割にはやや控え目に、福井県名産越前ガニやおろし蕎麦、帽子に木製風車をつけた奇抜ないでたちの指物職人の切り抜き写真が貼りつけられています。
その訳は、本書を開いて数ページ、福井人78人が考える福井人の気質・特徴の1位〜3位が「謙虚」「頑固」「義理人情」の記事を見て納得しました。

よく食べ(焼き鳥やカツ)、よく働き、神社やお寺によく行く人々が仕事や地域活動に夢をもって取り組んでいる姿が、写真と1人分200〜300字の記事にぎゅっとまとめ上げられていました。

「人をしあわせにするカニ剥き日本一の名女将」
「自殺の名所、東尋坊を巡回する『ちょっと待て!』おじさん」

の話などユーモラスな見出しの中に取材して得た深い話が込められていて、思わず引き込まれてしまいます。


さて、お薦めするもう一つの理由は、この本が”地域のために何かしたい”という人たちを募ったプロジェクト方式で刊行されたという点です。

2012年9月に開始され翌年4月に発刊という短い制作期間でしたが、クラウドファンディングで資金を募り、一般公募した参加者による3回のワークショップで情報発掘や記事執筆を精力的に行っています。
その奮闘の様子も巻末に一枚差し込まれています。



本書のコンセプトとして
「史跡、自然、宿、土産物などを見学・消費するだけではなく、地域の人との出会いや交流を楽しむ、新しい旅のスタイルを提案します。」
と掲げてあるとおり、既刊の旅行雑誌に物足りなさを感じていた方にはお薦めの一冊です。

(なおVOL.3として「三陸人」も出版されていますので関心のある方はそちらも併せて手に取ってみてはいかがでしょうか。)
『TAGAJO Future Labo』説明会開催のお知らせ [2015年06月29日(Mon)]
こんにちは!スタッフの武内です。

今年度、たがさぽがお届けする新企画の講座
その名も
TAGAJO Future Labo
多 賀 城 未 来 実 験 室


通称=TFL。以前、当ブログでも開催についてのご案内しましたが、
今回は、事前説明会についてのお知らせです。

☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜 ★〜 ☆〜

TFL画像.jpg
TFLチラシ ⇐ クリックすると案内チラシをダウンロードできます


TAGAJO Future Labo 〜多賀城未来実験室〜は、

【あなたの想いで地域の未来を描く】をスローガンに

何かをしたい!と思っているけど、その何かが見つからない。

自分の特技を地域に活かしたい!けど、どうやって活かせばいいかがわからない。

したいことはあるけど、なかなか行動までたどりつけない。

こうした想いを抱えている方に、一歩前に進む・行動に移すキッカケを掴んでいただくための地域づくりと学びの講座です。

DSCN0792.JPG
他の受講者と学び合うことで、一人では思いつかないアイデアや
活動の仲間も見つかるかもしれません。



◆事前説明会について◆
TAGAJO Future Labo の開催に先立ち、講座内容やプログラムなどを説明する会を行います。
本講座へのご参加をお考えの方は、ぜひご出席ください!!
日 時:711日(土)14:00〜15:30
会 場:多賀城市市民活動サポートセンター
参加費:無 料
※参加自由ですが、可能な限り事前のお申込みをお願いします。
※説明会に出席しなくても、本講座に参加することは可能です。



◎お申し込み方法
・申込フォームでのお申し込み → ★★★
・電話でのお申し込み(022-368-7745)
・参加申込書を当センター窓口に持参されるか、FAX(022-309-3706)でもお申込できます。 
 ※たがさぽHPのTFL案内ページ → ☆★☆

○お問い合わせ先
 多賀城市市民活動サポートセンター
  TEL:022-368-7745 

お申込み・ご参加をお待ちしています!!
福祉ボランティアがグループホームで大正琴を演奏 [2015年06月28日(Sun)]
こんにちは、スタッフの佐藤(順)です。
多賀城市内の福祉施設で行われたボランティアさんの取り組みを取材してきました。

6月9日(火)午後2時から、多賀城市内のグループホーム「市川桜の家」(社会福祉法人功寿会)で、大正琴「響きの輪」(鈴木きよ代表)のメンバー8名が施設入居者の誕生月イベントに出演して、日ごろ稽古を重ねた大正琴の腕前を披露しました。 

1.JPG
響きの輪代表鈴木さんから挨拶


参加したのは入居者、スタッフ、入居者のご家族など20数名。演目の「祝い船」「富士の山」など懐かしのアルバムを楽しみました。

2.JPG
大正琴


大正琴は、名前のとおり大正時代に日本で発明された弦楽器で、タイプライターのような鍵盤を左手で押さえながら右手に持ったピックで金属弦を弾いて音を出すというもの。
団体では、平成22年から福祉施設に入居しているお年よりなどの心の癒しのために大正琴の演奏活動をしています。
メンバーのお一人は「譜面を見ながら頭を働かせて両手の指を使うので、老化防止に役立ちますよ。」と笑いながら仰っていました。

3.JPG
呼吸を合わせて演奏 


4.JPG
演奏の状況


5.JPG
歌詞を手にとって


会場には車椅子で点滴を受けながら、参加している人や家族の介助で歌詞の頁を開きながら、じっと聞き入る方がいました。アンコール曲「釜山港へ帰れ」を含め約30分の短い時間でしたが、唱歌や昔ラジオで聞いた流行歌を耳にして若い時代を思い出していたのかもしれませんね。

市内の福祉施設では、入居者や通所者の楽しみの場として定期的に音楽の演奏や演芸会を開いているそうです。サークル活動などで習ったお得意の技芸、演芸の技をお持ちの方でボランティア活動に関心がある方は、お仲間とも誘い合わせて一声申し出てみてはいかがでしょうか。
Posted by こんどう at 09:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
あなたにもできる!パソコン要約筆記体験講座 [2015年06月27日(Sat)]
こんにちは!スタッフの小橋です。
毎週土曜日は市内外のイベント(第3土曜日のみ宮城県内・多賀城市内のNPO法人数)を掲載しています。

6/7(日)に仙台で「とっておきの音楽祭」が開催されました。
イベントのフィナーレでは、耳の聞こえない方へ向けて
「要約筆記」と呼ばれる、話している内容をリアルタイムで要約し、
通訳をするということがされていました。

そのパソコン要約筆記を行っていた、
「特定非営利活動法人パソコン要約筆記文字の都仙台」
7/5(日)に体験講座を開催します!


あなたにもできる!
パソコン要約筆記体験講座

youyakuhikki.jpg

●日にち:7月5日(日)
     @10:30〜11:30
     A13:00〜14:00
     B15:00〜16:00

●会 場:仙台市太白障害者福祉センター 2階会議室
     仙台市太白区長町南1-6-10 TEL 022-308-8801
     (地下鉄長町南駅から徒歩6分、JR長町駅から徒歩8分)

●定 員:先着10名 (@〜Bそれぞれ)
     当日飛び込み参加OK!

●参加費:無料 (パソコンの持ち込みは不要)

●申込・問い合わせ
TEL:022-290-7159 (午後8時以降)
E-mail:mojimi@plusvoice.net (担当:福元智美)

●主 催:特定非営利活動法人パソコン要約筆記文字の都仙台

●チラシ:チラシのダウンロードはコチラから


要約筆記は話している内容をリアルタイムで要約し、通訳することだと
言いましたが、それをパソコンでするのが「パソコン要約筆記」です。
パソコンで打った文章を、随時スクリーンなどに映して、
耳の聞こえない方向けに情報を伝えます。

「パソコン要約筆記文字の都仙台」は過去に多賀城で開催された
「史都多賀城 万灯会(まんどうえ) 3.11復興の灯(ともしび)」
でもパソコン要約筆記をするなど仙台市外への活動の幅も広げています。
ちなみに、以前たがさぽの事務用ブースも利用されていましたね。

興味はあるけれど、なかなか踏み出せなかったという方にも
気軽に参加できる講座なのではないでしょうか。

この機会に是非参加されてみては?
【ご報告】6/20(土)「今からできる防災」開催しました! [2015年06月26日(Fri)]
こんにちは!スタッフの小橋です。
本日は、6/20(土)に開催しました、

今からできる防災
〜災害を乗り越える力が身につく!〜
のご報告です。

この講座は自分や家族などを守るための「自助」の方法、
また、近所の方や地域を守るのため「共助」について、
一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV) 防災・減災教育プログラム担当の笹田優さんを講師にお招きし、ご講演いただきました。

1枚目_DSCN1632 (640x480).jpg

講座には20代〜70代の14名が参加されました。


ステップ1 わが家の災害対応ワークショップ

自分の家に潜む危険や家族の行動把握、
災害が起きてしまったときの対応などを
ワークショップ形式で学びました。

2枚目_DSCN1609 (640x480).jpg

熱心に冊子に書き込む参加者の皆さん

3枚目_DSCN1608 (640x480).jpg

自分の住んでいる地域のハザードマップを持っている方!

参加した方からは
「改めて考えてみて、初めて家の中の危険な場所について知った」
「災害時のイメージがつかめて、備え不足だと気づいた」

とのご意見をいただきました。
皆さんそれぞれ気づきがあったようです。


ステップ2 災害対策を疑似体験「クロスロードゲーム」

4枚目_DSCN1640 (640x480).jpg

5枚目_DSCN1641 (640x480).jpg

「クロスロードゲーム」とは、難しい決断に迫られる災害対応を
疑似体験することができるカードゲームです。
この問題に正解はなく、みんなで考えます。

たとえば以下のような問題が講座内で出ました。

「あなたは避難所の食糧配布担当です。
3000人いる避難所で2000食の食糧を確保しました。
しかし、これ以降の食糧調達の目処はたっていません。
2000食の食糧をすべて配る?」


YES? or NO?

さて、あなたならどうしますか?

実際の参加者さんの中でも、YES派とNO派がいて、
それぞれの意見がありました。
YES「子供やお年寄、女性など、優先順位を考えて配るべき」
NO「以降の食糧調達の目処がない中で、すべて配りきってしまうのは危険」

他にも阪神・淡路大震災や東日本大震災で実際にあった事例に
市民視点、行政職員視点、災害ボランティア視点など
さまざまな立場の視点に立って向き合いました。
災害時には状況に応じて、みんなで最善の対応を考える必要があることを学びました。


ステップ3 防災活動のご紹介

多賀城市では、地域や地元の学生が主体となって
防災活動をしている団体が複数あります。
そうした団体の活動の体験ができたり、あるいは新しく作ったり。
「自助」から、地域を守ろうという「共助」
ステップアップするきっかけとなるような防災活動のご紹介をしました。

参加された方の中には防災活動を希望される方もいました。
ピースボート災害ボランティアセンターが主催する、
「災害ボランティア入門」講座に出席を希望した方
自主防災組織に関心が出たので参加したいという方
防災を考える勉強会に参加したいという方……など
次のステップに興味を持った方が多かったです。

「災害時の判断は必ずしも良い、悪いというものがなく、状況に応じた判断が必要だと感じた」
「とてもわかりやすかった!今後の防災活動に活かしたい」
「グループ内で意見交換ができ、多くの考え方、捉え方を見いだせた」
など、今後に活かそうとする方が多く、
クロスロードゲームでいろいろな考えを聞けたのがよかったと答える方が多かったですね。
今回気づいた点について、是非備えていただきたいです!

防災において、「自助」は大前提。
そこで一歩踏み出して、「共助」、自分の住む地域を
守るために活動してみませんか?

たがさぽは、地域をよくしようという
市民の方々を応援しています。
ヒントを得に、お気軽にご来館くださいませ。
ホームレスの自立を目指す「ビッグイシュー」 [2015年06月25日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。毎週木曜日は市内外の取り組みや団体を紹介しています。

みなさんは、仙台のアーケード入り口で赤い帽子を被り、冊子を販売している方を見かけたことはありませんか?
販売員さんが売っているのは、「ビックイシュー」という冊子です。(有)ビッグイシュー日本が、ホームレスの方に仕事を提供し、自立を応援することを目的として行っている事業です。1冊350円で販売しており、180円が販売の収入になります。


ホームレスになる原因は様々ですが、その多くの方が失業、病気、障害、破産など、色々な条件が重なった上に、友人や家族などの身近な絆を失い、孤独な状況に置かれています。ビックイシューを購入することは、一度失敗しても再チャレンジできる社会をつくることの貢献につながります。
さて、そんな冊子「ビックイシュー」ですが、どんな中身なのでしょうか?誌面は、以下の4つをコンセプトに掲げています。

@世界のストリートペーパー・ネットワークで日本と世界をつなぐ国際雑誌
A 時代のマイナス条件をプラスに転換し、若い世代が生きやすい社会をつくる社会変革雑誌
B セレブからホームレスまで、誌面で多様な人生が展開する人間雑誌
C 意外性を楽しむポストエンターテインメント雑誌


誌面は、国際記事、国内特集、バックビート(音楽、映画など)、販売者ストーリー、人生相談などの4部構成です。どれも読みやすいのに読み応えがあり、考えさせられる記事ばかりです。私が好きな記事は、ビッグイシュー販売員による人気連載「人生相談」。人間関係の悩みに対して、いいところを褒めてくれたり、明るく励ましてくれたりと、全国の販売員さんが寄り添いながら優しく答えてくれます。また、通常の会話はほとんどできないという重度の自閉症者である東田直樹さんが綴る連載「自閉症の僕が生きていく風景」は、読んだときにとても衝撃を受けました。会話は出来ないけれど、自閉症の方から見える世界や気持ちを、分かりやすく教えてくれています。
ホームレスの人の自立を応援できるだけでなく、読み物としてもおもしろい「ビックイシュー」、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

7/25(土)には、仙台市弁護士会館にて、ビックイシュー日本版・仙台販売満10周年記念イベントが開催されます!代表の佐野章二さんのお話や、バックナンバーの展示・販売もあります。詳しくはこちらをご覧ください。
【ブックレビュー】新版 いまあなたにできる、50のこと [2015年06月23日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回の火曜ブログはブックレビューをお届けします。
ご紹介するのは、今年度、新しくたがさぽ文庫に加わった本の一つです。

●新版 いまあなたにできる、50のこと

〜社会貢献、はじめの一歩〜

  
編者:WAVE出版


本書は「何かをしたい」という気持ちをカタチにするために「できること」が紹介されています。

第1部では、ちょっと世界規模のお話になりますが、世界にどんなことに困っている人がいるか、その人達がどんな状況になっているのかを写真と、短い文章でとても分かり易くお伝えしています。
続く第2部では、少額のお金(30円から)で困っている人たちに、どんな支援ができるのかを紹介しています。
そして、第3章で実際の行動(寄付や購入、お手伝いなどのボランティア活動)が地域や社会に対してどのような貢献になるかを説明しています。

出版が2008年ですので、情報については2015年現在と状況が変化したものもあるかと思いますが『思い立ったら行動に移す』という点については普遍的な所ですので、ボランティアや社会貢献活動に気持ちを向ける、よいキッカケになる本かと思います。
本のサイズ、文字の量なども読みやすい構成になっていますので、たがさぽに来館された際はぜひ手にとってみてください。

■「たがサポ文庫」平成27年度の新着図書はコチラ→(.pdfファイル)

■「たがサポ文庫」(平成27年4月現在)の一覧はコチラ →(.pdfファイル)
「tag」30号発行しました! [2015年06月22日(Mon)]
こんにちは!スタッフのわたなべです。
「tag」30号発行のお知らせです。

tag30.JPG

表紙は、昨年10月に完成した桜木地区災害公営住宅から届いた話題。
住民のみなさんが散歩サークルを立ち上げ、月1回の活動を通して住民同士の交流も生まれてきています。この取り組み、他の地区でも生かせそうですね。

裏面は、T・A・P多賀城の事務局長・三浦さんの市民活動ヒストリー。
どのようないきさつで活動をはじめることになったか、T・A・P多賀城のイベント運営を通して三浦さんが考えていることとは…?
7月に開催する「多賀城ビアサミット」の告知もありますよ〜。

「tag」30号はこちらからダウンロードできます。

「tag」はたがさぽや市内公共施設に配架しているほか、市内スーパーマーケット、コンビニなどにも配架しています。ぜひご覧ください。

【「tag」を置いていただける施設・店舗を募集中!】
現在たがさぽでは、多賀城市内およびその周辺で「tag」を置いていただける施設・店舗を募集しています。枚数は5〜20枚程度。市民活動情報の発信をお手伝いすることで、地域や社会へ貢献しませんか。お問合せは、022-368-7745までお願いします。
NPOいちから塾開催します [2015年06月21日(Sun)]
こんにちは!はじめまして。
4月からたがさぽで働いているスタッフの小橋(こばし)です。
これからどうぞよろしくお願いします!

本日は、来月にたがさぽが主催する講座のご案内です。

NPOいちから

NPOいちから塾.jpg
下記をクリックするとチラシ&申込書がDLできます


●と き:2015年710日(金)
       19:00〜20:30(受付 / 18:30〜)
●ところ:多賀城市市民活動サポートセンター(たがさぽ)
      3F 301会議室
●講 師:たがさぽスタッフ
●定 員:限定 10
    (先着順・要事前申込)
●参加費無 料

●申込み・お問い合わせ
下記申込みフォームからお申込みいただけます。
他にもお電話・ファックス・メール・当センター窓口でもお申込み可能です。

●お申込みフォーム
こちらからお申込ください。(★をクリック)
   ↓ ↓ ↓
    

●多賀城市市民活動サポートセンター
TEL:022-368-7745
FAX:022-309-3706
メ−ル:tagajo@sapo-sen.jp


「NPOってなに?」
「どんな活動をしているの?」
「たがさぽってどんなところ?」

そんな疑問が解消できる講座で、NPOがグッと身近に感じられます。
NPOの基本を学んであなたも何か始めてみませんか?
NPOに興味がある・参加してみたい人はもちろん、
今さら人に聞けないという人にもおすすめの講座ですのでぜひご参加ください!

【講座内容】
●NPOの成り立ちや仕組みがわかる!

 NPOはどうやって生まれるの?なぜ活動しているの?
 お金を稼いでもいいの?そんな素朴な疑問が解消できます。

●NPOの活動をのぞいてみよう!
 あなたの身近なところで様々な取り組みをしている
 NPOの活動の様子をご紹介します。

●たがさぽを上手に活用しよう!
 たがさぽには活動を始めるためのヒントがいっぱいあります。
 今すぐ使えるたがさぽの活用の仕方をご紹介します。



前回のNPOいちから塾より▼


DSC08212.JPG
講義形式で基礎知識を学ぶ参加者さんたち


DSC08249.JPG
グループに分かれて交流の時間
興味のあること、多賀城についての情報交換などを行いました。


DSC08235.JPG
たがさぽ館内ミニ案内ツアー
こちらのチラシラックにはたくさんの情報がございます。


DSC08237.JPG
たがさぽ館内ミニ案内ツアーA
市民活動団体情報の引き出しをご紹介!


DSC08242.JPG
疑問は解消されたでしょうか
再び交流タイム


過去の参加者さんからは
「講座の内容がとても分かりやすくて良かった。NPOについて理解を深められた」
「今後たがさぽを利用して地域活動に参加していきたい」
「これからもっと勉強しようと思えた」

などの感想がありました。

わかりやすくNPOを知ることができる、と人気の講座です。

開講は7月10日(金)!
「NPOいちから塾」に参加して、あなたも何かはじめるきっかけにしてみませんか?
ご参加お待ちしております。
2015年6月 宮城県内・多賀城市内のNPO法人数 [2015年06月20日(Sat)]
こんばんは。スタッフの櫛田です。

毎週土曜日は市内外のイベント、第3土曜日は宮城県内・多賀城市内のNPO法人数を掲載します。

NPO法人とは特定非営利活動促進法に基づいて設立された法人です。したがって、ここで紹介する法人数はあくまで法人格を持っている団体の数であり、法人格を持たない団体も含めますとさらに数は多くなります。

ちなみに、7月10日(金)19:00〜20:30にたがさぽでNPOについて学ぶ講座を実施します。「NPOってどんな活動しているの?」「NPOはお金を稼いでいいの?」「NPOってどんな人たちなの?」といった疑問にお答えする講座です。明日のブログで詳しく告知いたしますのでぜひご覧ください。

2015年5月末現在
宮城県内法人数 787法人(前月比+2)
*上記の内、仙台市法人数 412法人(前月比−4)

多賀城市法人数 5法人(前月比±0)


ちなみに多賀城市内のNPO法人は以下の通り
多賀城市民スポーツクラブ
地球の楽好
season
愛護福祉環境対策研究所
日本防災ネットワーク協会


宮城県のウェブサイトには、県内で活動するNPO法人の一覧や報告書などが閲覧できるページがあります。「どんな活動があるんだろう」という方や「団体の立ち上げを考えている」という方に参考になります。


☆参考
宮城県公式ウェブサイト
【まちづくり・地域振興】→【NPOの法人全般】→【関連サイト:NPOのページ】
でご覧になれます。
| 次へ