CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
TAGAJO Future Labo 2nd seasonがスタートしました! [2016年07月24日(Sun)]
こんにちは、スタッフの佐藤(加)です。

7月16日(土)、当センター事業のTAGAJO Future Labo 2nd season第1回目が開催されたのでご報告です。

《TAGAJO Future Labo》とは
●例えば、『何かをしたい!』
と思っているけど、その“何か”が見つからない…
●例えば、『自分の特技を地域に活かしたい!』
けど、どうやれば活かせるんだろう…
●例えば、『したいことはある』
でも、なかなか行動までたどり着けない…

そんなちょっとモヤモヤした想いを取り払い、一歩踏出す・動き始めるキッカケを、様々なプログラムや仲間とのディスカッションを通し整理する場です。

7月16日(土)をスタートに、約半年間、全5回の講座プログラムを実施していきます。

第1回目は、「想いを描くワークショップとディスカッション」
まずは、プログラムアドバイザー久保田靖朗さんより、久保田さんが七ヶ浜で取り組む活動をご紹介いただきました。

DSCN5189.JPG

久保田さんが取り組むSEVEN BEACH PROJECTは、
・SEVEN BEACH FESTIVAL(イベントの実施)
・UMIHAMA@SHICHGAHAMA(海浜・海中清掃による環境保全活動)
・BEACH HOUSE(人が集まる拠点の運営)

3つのプロジェクトが連動することによって、七ヶ浜町菖蒲田浜の活性化・七ヶ浜町全体の活性化を目指して活動しています。

久保田さんが地域で活動するとき、「「興味」×「特別感」×「社会性」でモチベーションの渦を生む」ことを意識して企画を考えているそうです。こうした仕組みづくりの観点からのお話しもいただき、受講者のみなさんが熱心に学びとる姿がみられました。

お話を聞いた後はワークショップ。
自分自身をふりかえり、自己紹介ややりたいことを含めて整理していきました。

DSCN5254.JPG
自分自身をふりかえる個人ワーク。
ワークシートの設問に沿って書き出してみます。

DSCN5313.JPG
グループワークで、自己紹介を含めて書き出したことを共有。

DSCN5386.JPG
今度は互いに聞き合いながら、相手の話しを引き出していきます。

DSCN5415.JPG
聞き合ったことをもとに、残りのワークシートも記入。

そして、ワークショップのあとは全員でディスカッション。

DSCN5421.JPG
昨年度受講者であるOBOGも駆けつけてくれました!

DSCN5452.JPG
シートに記入したことや自分がやってみたいと考えていることを発表。
プログラムアドバイザーからも、ひとりひとりにコメントをいただきました。

今回実施した第1回目は、
真剣に自分を見つめ直しつつ、笑い合いながら和気あいあいとした雰囲気での会となりました!

今後の受講者のみなさんの動きにも注目です!!
多賀城の「夏まつり」シーズン到来! [2016年07月23日(Sat)]
毎日、暑くなってきましたね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?スタッフの川口です。
毎週土曜日は市内外のイベントを掲載します。

晴れ夏まつりの季節晴れがやって来しました。
子どものころは行っていたけど、最近全然いっていないとか、結婚や就職、進学して地元を離れているという方も多いと思います。みなさんは夏祭りにどんな思い出がありますか?

子どもの頃はお祭りをする理由なんて考えたこともなかったですよね。それは、地域のコミュニティのため、そう、みなさんの交流のためだったのです!地域のつながりを深める大切な行事なんですね。

地域のみなさんが試行錯誤をしながら思いをこめて準備しています。地区によって工夫があり、特色があるのも楽しいですね。
「多賀城踊り」「多賀城あやめ音頭」もずっと変わらず多賀城で愛されているのもいいですね。多賀城のソウルミュージック!

さぁ、今年の夏は久しぶりに子どもの頃大好きだった「夏まつり」にでかけてみませんか?変わらずにみなさんを迎えてくれますよ!!


ちょっとだけ昨年の様子もご紹介。

旭ヶ丘9.jpg
こちら旭ヶ丘区の様子。音楽の演奏などもありました。

高橋1.JPG
高橋区です。4区連合で行なうのでたくさんの住民が来ます。

桜木南.JPG
桜木南区は太鼓を披露。いろんな名人が活躍するのも夏祭りの特徴。

鶴ヶ谷13.jpg
鶴ヶ谷区の盆踊りの様子。夏祭りといえば盆踊り。


ちなみに、7月23日(土)・30日(土)・31日(日)・8月6日(土)・20日(土)に実施するところが多いようです。みなさんもぜひお住まいの地域の夏祭りに参加してみてください。
【参加者募集】7月28日(木)は本の交流会 [2016年07月22日(Fri)]
こんにちは。スタッフの阿部です。

本日は7月28日(木)に開催される、本の交流会のご案内です。

本の交流会は、本好きな方が集まり自分の好きな本を紹介したり、本にまつわることでやってみたいことなどを話し合っています。
2014年10月に開催した「読むだけじゃない!?見つかる本の楽しみ方」の参加者が、講座参加後も月に1度、本好き同士がつながれる機会を設けています。

本の交流会 画像.jpg


6月の交流会には新しく2名の方が参加され、本の紹介を通して交流を楽しみました。今月の交流会でも本の紹介をし合います。本の感想を話し合ったり、意見を交換することで、いろいろな世代・職業の方と楽しみながら新しい学びや気づきが得られる時間です。

本が好きな方はもちろん「これから本を読んでみたいと思っている」という方もぜひご参加ください。
「突然参加するのが不安…」という方は、当センターの窓口までお声掛けください。スタッフがご案内いたします!


本の交流会

日 時:728日(木)19:00〜21:00 
内 容:好きな本の紹介をし合います。
場 所:多賀城市市民活動サポートセンター 2Fギャラリー
参加費:無 料
持ち物:自分の好きな本1冊
※お持ちいただく本はジャンルを問いません。また、購入したものでなく、図書館で借りた本でもOKです。
申 込:不 要
※途中参加・途中退席・見学OK

当事者のリアルなニーズを叶える「ひきこもり女子会」 [2016年07月21日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

今回はひきこもり女子会のご紹介です。
みなさんは「ひきこもり」と聞いてイメージすることはなんですか?テレビや漫画では、そうした「ひきこもり=男性が多い、部屋にずっと閉じこもっている」というイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか。

ひきこもり当事者が、お互いに生きづらさや悩みを共有し合う集まる場は、全国各地にあるといいます。しかし、そこへ参加するのは男性が多く、居づらさなどを感じる女性にはハードルが高い場となっています。そこで、女性だけで集まれる場をつくろうと「ひきこもり女子会」は生まれました。

ひきこもりの人は外出しないのでは、と思う方もいるかもしれません。実際には、一切外出ができない方もいれば、買い物には行けるという方もいます。この女子会は少しずつ外出できるようになった方や過去にひきこもりの経験をした方など、さまざまな状況の方が参加できます。

参加者からは
「女子会じゃないと、来られなかったです」
「男性が苦手で。女性同士で話せるのは安心します」
「当事者会に行ってみたけど、私しか女性がいなくて、居づらくて」

という声があったそうです。

この女子会を運営しているのは「ひきこもりUX会議」という団体です。UXというのは「ユーザー・エクスペリエンス」の略で、サービスや製品を利用した際の経験・体験のこと。「ひきこもりUX会議」は、実際の当事者や過去にひきこもりを経験した元当事者のUX(経験)を生かし、生きづらさを抱えながらも誰かとつながり、生きていく方法を提案する当事者団体です。
過去には「ひきこもりUXフェス」や「ひきこもり×おしゃれカフェ」を開催しています。

8月23日に次回のひきこもり女子会が東京で開催されます。
詳細はこちら ⇒ ☆★


今回ご紹介した団体の他にも、いくつかこうした取り組みはあるそうです。ひきこもりとなってしまう理由は人それぞれですが、生きづらさや悩みを抱える同じような立場の人同士だと、本当に必要だと感じる支援や理解は得やすいのではないでしょうか。よくあるイメージにとらわれずにそれぞれの当事者に寄り添った支援ができるのは当事者団体のいいところだと言えます。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
NPO法人を英語で言うと? [2016年07月19日(Tue)]
こんにちは、スタッフの佐藤(加)です!

ここ数年になって「NPO」という言葉を耳にする機会も増えてきたように感じます。

「NPO」は、「Non-Profit Organization」または「Not-for-Profit Organization」の略称で、法人格の有無を問わず「民間非営利組織」の総称を指す言葉です。

営利を追求することを目的とせず、地域や社会をよりよくしようと活動する団体のうち、
任意団体は「NPO」
法人格を取得した団体は「NPO法人」
NPO法人のうち一定の基準を満たすものとして認定されたNPO法人は「認定NPO法人」
と呼ばれています。

現在、所轄庁で認証されているNPO法人は、日本全国で50,965 件(5月31日時点)にのぼります。

そんな広がりをみせるNPOのまめ知識として、本日は、先日たがさぽにもお問い合わせがありました「NPO法人の英訳表記」についてご紹介します!

「NPO法人」「認定NPO法人」の英訳を検索すると、さまざまな表記がでてきます。
これらの英語表記に定訳はなく、「法人」であると表現したいときには

特定非営利活動法人(NPO法人)
Specified Nonprofit Corporation
認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)
Approved Specified Nonprofit Corporation
と訳されることが多いようです。


今回の記事は、下記のホームページを参考にしています。
NPOについて何か疑問に思ったりしたときなど、みなさまも参考にしてはいかがでしょうか。

内閣府NPOホームページ/内閣府
https://www.npo-homepage.go.jp/

NPOWEB/NPO 法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
http://www.npoweb.jp/modules/faq/index.php?content_id=6
高橋地区をみんなで盛り上げる会のお知らせ [2016年07月17日(Sun)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。
今回は高橋地区で開かれる懇談会のお知らせです。
高橋地区以外の方も、ぜひ「こんなことやってるんだ〜」と参考にしていただければと思います。

高橋地区をみんなで盛り上げる会
takahashi.jpg
チラシのダウンロードはこちら

日にち:2016年7月21日(木)
時 間:午後7時〜8時30分
会 場:高橋地区生活センター(2号公園隣)
問合せ:高橋地区の各区長へ

高橋地区では、平成26年度、27年度と定期的に懇談会を開き、高橋地区に必要なことを話し合ってきました。町内会や子ども会の方ももちろんですが、高橋地区に住む方、高橋地区でお店をやっている方、高橋地区の学校に通っている方ならどなたでも参加可能で、さまざまな視点で意見を交わしてきました。

懇談会の様子
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1370

懇談会を行なう中で
「子どもたちにできることを考えたい」
「世代間の交流をもっと増やしたい」
「懇談会以外にも住民が気軽に集まる場がほしい」

といった意見が出ました。

そんな意見をふまえて実施したのがこちら。サンデーモーニングカフェは今も継続して行なわれています。

昔遊びの会の様子
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1693

サンデーモーニングカフェの様子
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/1784


高橋地区のみなさん、ぜひ地域への想いを語ったり、想いを実現する場として懇談会に参加してみてはいかがでしょうか。
多賀城駅前でカンパーイ!多賀城ビアサミット [2016年07月16日(Sat)]
こんにちは、櫛田です。
毎週土曜日は市内外のイベント、または宮城県内・多賀城市内のNPO法人数を掲載します。

さて、今回ご紹介するのは今まさに開催中のイベント

TAGAJO BEER SUMMIT
多賀城 ビアサミット

日時:
2016年7月15日(金)終了
7月16日(土)午前11時〜午後8時
7月17日(日)午前11時〜午後8時

※雨天決行 ※キッズスペースは午後4時まで

会場:JR多賀城駅前(図書館側です)
入場料:無料

内容:ビールを飲みながら多賀城を愛する仲間の輪を広げよう!というイベント。ビールだけでなく、音楽ステージ、青空ライブラリー、子どもも楽しめるキッズスペースなど企画がもりだくさん!ビールだけでなくソフトドリンクやフードメニューも揃っています。

チラシ:チラシのダウンロードはこちら


先ほど少し覗いてきたのでその模様をご紹介。

IMG_5833 (640x480).jpg

キリンビールマーケティング株式会社の協力で、たくさんのビールが揃っています。
IMG_5824 (640x480).jpg

IMG_5823 (640x480).jpg


ビアサミットですが子どもも楽しめるキッズスペース。クルクルまわるヘビ凧づくりや絵本の読み聞かせ、おもちゃコーナーなどが用意してあります。
NPO法人MIYAGI子どもネットワークが管理運営する多賀城市西部児童センターのコーナーです。
IMG_5819 (640x480).jpg

IMG_5818 (480x640).jpg

IMG_5817 (640x480).jpg


お手洗いの表示をよ〜く見てみると・・・
IMG_5820 (480x640).jpg
地域盛り上げ隊!タガレンジャー!?細かいところも凝ってますね。


司会は宮城県が誇るタレント ワッキー貝山さん!
TSUKASA-YA探検隊やJ-SIDE STATIONでおなじみですね!
ワッキー貝山さん.gif

カプセリスト(ビンテージ ガチャガチャを研究する人)としても有名なワッキー貝山さんのコレクションコーナーもありました!ガチャガチャマニアレトロおもちゃマニアの方も楽しめますね!
IMG_5821 (640x480).jpg


主催は多賀城駅前を盛り上げようと活動するT・A・P多賀城。ただビールを飲むだけでなく、本、音楽といった要素も交えながら、地域の人たちをつなぎ、それぞれの多賀城への想いをシェアし合う企画となっています。
ビアサミットは本日は夜8時まで、明日は午前11時〜午後8時の開催です。ぜひ足を運んでみてください。
「そばに居る大切な人を支えたい人」を支援する NPO法人Light Ring. [2016年07月14日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

本日は東京都を中心に「そばに居る大切な人を支えたい」と考える若者を支援している「NPO法人Light Ring.」のご紹介です。悩みごとを抱える本人だけでなく、悩みごとを抱えている人を支えている人へ、自分自身の心のケアとサポートスキル、心の病を予防するためのコミュニケーション作りに取り組んでいます。

NPO法人Light Ring.


「NPO法人Light Ring.」が課題として挙げているのが、心の病の「予防」です。

内閣府の平成26年度版自殺対策白書によると、20代の死因の約50%が自殺によるものです。そして自殺者のうち、6〜9割の人々が何らかの心の不調を抱えていたと言われています。

現在の日本では、心の健康に対する「予防」の意識が低く、病気・不調が生じてからの対策に重点を置きがちです。今健康な方が、心の健康を保つための対応がされていないという課題を解決するために、健康な方・こころの病予備軍の人に対して、心の病の予防を行っています。

「NPO法人Light Ring.」が予防に最も必要だと考えているのが、「身近な人の支え」です。心の健康は、自分自身だけの問題ではなく、良好な人間関係を作ることと関係していること、そして自らの意識や行動によって心の健康を保つことができると言われています。身近で悩んでいる人を支える人をサポートすることが、心の健康につながると考え活動しています。

事業として行っている「若者支え手支援事業」では、悩んでいる友人・恋人・家族への支えになりたいけど、どうすれば分からない若者への支援を行っています。

〈支え方を相談する〉聴くトモカフェ
養成講座に合格した聴くトモが、不安や悩み、悩み相談への対応に関する話を60分間丁寧に聴きます。

〈他の支え手に出会う〉Light Ring Time
大切な人、身近な人を支えたい人を支えたい人同士が、支える悩みや経験を共有するコミュニティです。

〈支え方を学ぶ〉ソーシャルサポート力養成講座
身近な人を支える力を磨く、20代のための講座です。

〈学んだ支えを社会に〉聴くトモ養成講座支え手をサポートする聴くトモスタッフになるための養成講座です。

受講者からは、
「以前までは『元気がない』などの発言から元気がなかったり落ち込んだりしている様子に気付いていたが、相手の普段と違う様子に雰囲気や表情から気付くことができるようになった」
などの声が寄せられているとのことです。

一人ひとりが身近な人を支えたいと思い、その方法を学んだり広めたりすることが、心の健康を守ることにつながります。「身近の人の心の健康を守りたい」「悩みの聴き方を相談し合える場をつくりたい」と考える方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。
Posted by 櫛田 at 17:50 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
【ブックレビュー】認知症カフェハンドブック [2016年07月12日(Tue)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回のたがさぽPress火曜日版でお届けするのはブックレビューです。
ご案内する本は2016年度のたがさぽ文庫新着図書の中からコチラの一冊

nch2016-07-12.jpg

認知症カフェハンドブック
〜きょうからはじめる認知症カフェ〜

編集・監訳:武地 一
協力:京都認知症カフェ連絡会、NPO法人オレンジコモンズ

本書でも示されていますが、高齢化率の上昇に伴い「高齢者の3〜4人に1は認知症または予備軍」といわれています。昨年(2015年)には公共放送NHKで認知症キャンペーンも行われていました。
また、認知症は日本だけでなく世界、取り分け先進国と呼ばれる国々で様々な施策が打ち出され、対策が求められています。
ちなみに、本書によると認知症は英語で“everyone’s business(誰もがかかわること)”とも言われているそうです。

そうした中、認知症に対し、地域での支援・ケア向上を目指す取り組みとして注目されているのが『認知症カフェ』です。言葉自体は様々なメディア(前述のNHKなど)で大きく取り上げられたこともあり、聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

でも実際に
・どのような場所なの?
・誰が運営しているの?
・どんなことをやっているの?

などの実態まではまだまだ伝わりきれていないかと思います。

本書では、認知症カフェのはじめ方について具体的な手引きのほか、実際に認知症カフェを利用した人の声(当事者や関わっている家族)、運営者側の声(実体験から導き出された教訓)なども掲載されています。

認知症カフェをやってみたいという方だけでなく、「認知症カフェってどんなところ?」という思いを持っている方の疑問を解消できる内容にもなっています。
ちなみに、本書の初版発行は2015年2月ですが、2015年12月には第4刷となっていることから、認知症や認知症カフェについての関心の高さがうかがえます。

認知症は先ほど本の記載から引用させていただいたように、英語では“everyone’s business(誰もがかかわること)”とも言われます。ですので、まずは本書を通して知ることからかかわってみてはどうでしょうか?


【参考記事】
多賀城市で認知症に関する市民の取り組み『あやめカフェ』の記事
★★★

『あやめカフェ』の取り組みを紹介した たがさぽの情報誌tag42号
tag42号(PDF形式)

【たがさぽ文庫の収蔵図書について】
■「たがサポ文庫」平成28年度の新着図書はコチラ→☆(PDF形式)

■「たがサポ文庫」(平成28年7月現在)の一覧はコチラ →☆(PDF形式)
「TAGAJO Future Labo」事前説明会を行いました! [2016年07月10日(Sun)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

7月7日は七夕でした。あまり天気がよくなかったのですが、何か願いごとはしましたか?
ちなみにたがさぽちゃんは……

1.JPG
いっぱい願いごとをしていました。



TAGAJO Future Labo
事 前 説 明 会


さて、2nd seasonを迎える「TAGAJO Future Labo」では、6月25日(土)と7月8日(金)に事前説明会を行いました。すでに参加申し込みをした方、申し込む前にまずは説明を聞いてみたい方など、2回合わせて計5名が参加しました。

まず、「TAGAJO Future Labo」をはじめることになったきっかけや背景をお話しし、そのあとで5回連続講座の回別の内容を、昨年度の様子をふりかえりながら説明しました。また、昨年度の参加者の方がまとめたプランや講座後の動きなども簡単に紹介しました。

2.JPG
説明会の様子@


3.JPG
説明会の様子A


いよいよ今週の土曜日、7月16日にはじまる「TAGAJO Future Labo 2nd season」
まだ席に少し余裕がありますので、地域のため・自分のために「何かしたい!」という方のお申し込みをお待ちしています!(事前説明会に参加していなくともお申し込みできます)

詳しくは、こちらをご覧ください。
「TAGAJO Future Labo 2nd season」開催のお知らせ
| 次へ