CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

http://blog.canpan.info/tabumane/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tabumane/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
プロフィール

多文化共生マネージャー全国協議会さんの画像
「未来をひらくことばの教育とは」シンポジウム 2016年1月23日(土) [2015年11月05日(Thu)]


 いろはにっぽんを作った株式会社ラーンズの主催で下記シンポジウムが
開催されます。お近くの方、ぜひご参加ください。

日時:2016年1月23日(土)
場所:東京大学
内容:
13:30〜 本日の趣旨と演者のご紹介 株式会社ペンと鍬
      コピーライター 黒須治氏

13:35〜 基調講演
「ことばの教育のあるべき姿」
大津由紀雄氏( 明海大学副学長)

14:15〜 課題提起
「未来を志向したことばの教育とは(仮)」
出口汪氏( 水王舎代表)
     春原憲一郎氏( 日本語教育研究所理事)

15:55〜 ディスカッション
     パネリスト:大津由紀雄氏、出口汪氏、春原憲一郎氏

16:25〜 まとめ、閉会

 *詳しくはこちら↓↓↓をご覧ください。
  http://www.learn-s.co.jp/shop/irohanippon/symposium_1601.aspx
Posted by NPOタブマネ at 20:25 | 広報協力 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
堺市の多言語防災パンフレット(ご紹介) [2015年08月05日(Wed)]


 堺市が外国人市民のため、多言語の防災パンフレットを作成しました。

 やさしい日本語版は現在作業中ですが、日本語、中国語、英語、ポル
トガル語版の確定PDFを共有させていただきます。
 
 このパンフレットは、当協議会もお手伝いさせていただき、全体構成や
文章表現はもちろん、外国人住民のバックグランド、多言語翻訳作業へ
の配慮など、たくさんの工夫をしていますハートたち(複数ハート)

 参考にしていただければ幸いです。
 もちろん、ご指摘・ご提案もよろこんで聞かせていただきます目


 【外国人市民向けの防災パンフレット(堺市作成)】↓↓↓
 ひらめき防災ハンドブック(日本語 最終版).pdf

 ひらめき防災ハンドブック(中国語 最終版).pdf

 ひらめき防災ハンドブック(英語 最終版).pdf

 ひらめき防災ハンドブック(ポルトガル語 最終版).pdf
Posted by NPOタブマネ at 11:43 | 広報協力 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
連携事業 IN 鹿児島 (実施報告) [2015年08月04日(Tue)]


 8月2日、鹿児島市国際交流財団所属のタブマネのご尽力によって、
災害時多言語支援に関する研修会が大盛況で終りました。

 事業内容はちらしをご覧ください。
 チラシ2 申込書付.pdf

 IMG_6956.jpg

 猛暑日だったにも関わらず、100名近くの方が参加されました。
 (それを集めた地域のタブマネがすご過ぎます!)

 社会福祉協議会をはじめ、国際課、県の国際交流協会、大学関係者、
消防職員等もご出席いただき、台風や火山の情報をどのように在住外
国人、観光客に伝えるかなどの翻訳体験をしていただきました。今後
の地域連携に向けて大きな一歩を踏み出せたように感じました。
 
多文化共生推進ワークショップIN富山 [2015年07月09日(Thu)]

多文化共生推進ワークショップ「全国開催中」

     晴れ多文化共生推進ワークショップIN富山晴れ

【日 時】 2015年8月7日(金) 13時30分 ー 16時30分 

【会 場】サンシップとやま602(富山市安住町5-21)

【内 容】
 ◆事例発表「異なる視点で眺めたときに」  
  富山県  木口 実氏(日伯交流友の会代表)
       ダルマ ラマ氏(仏画師)
  石川県  セガーツ ジョシュア氏(珠洲市国際交流員)
  福井県  呉 淑敏氏 (ふくい市民国際交流協会 通訳ボランティア)
       高野 アドリアナ エイコ氏 (越前市市民課ポルトガ語相談員)

 ◆ワークショップ「私たちが描く地域の未来図」
  進行:NPO法人多文化共生マネージャー全国協議会 柴垣 禎

  *申し込み方法等詳細についてはちらし↓↓↓をご覧ください。
   目チラシ(北陸).pdf

 ホームページ:http://tabumane.jimdo.com/
27年度総会実施 [2015年07月06日(Mon)]


 6月21日(日)、十三事務所にて新年度会員総会を実施しました晴れ

 27年度は引き続き、地域の多文化共生マネージャー等との連携を
 しながら、地域の多文化共生を推進していきます。

 主な事業
 ・講演活動
   災害時多言語支援や多文化共生、国際交流等に関する講演

 ・地域の多文化共生マネージャーとの連携
   担い手連携推進事業
   多文化共生推進ワークショップ(日本財団助成事業)

   IMG_1999.JPG
    懐かしいおじさんたち(?)がたくさんいます。 

    27年度もどうぞよろしくお願いします!
 
   
Posted by NPOタブマネ at 16:43 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
留学生等のための総合防災訓練の開催(27年7月4日) [2015年06月03日(Wed)]


 大阪府国際交流財団主催の「留学生等のための総合防災訓練〜避難所
体験・災害時多言語支援センター設置訓練〜」が7月4日(土)にオリオン寮
(堺市)で開催される予定です。

 大阪府内の留学生等やボランティアを対象に、避難所体験・災害時多言
語支援センター設置訓練を開催し、現在参加者を募集しています。

 職員が自ら訓練当日の進行役を務め、コーディネート力の向上に励みま
わーい(嬉しい顔)。お近くの方、ぜひご参加ください。

 詳しくは下記↓↓↓ホームページをご覧ください。
 ひらめきhttp://www.ofix.or.jp/news.html#20150518-2
Posted by NPOタブマネ at 10:07 | 広報協力 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
多文化ワークショップ IN 名古屋 ー 5月19日開催 [2015年05月07日(Thu)]


 NPOタブマネは、今年度、日本財団の助成を得て、全国各地の多文化共
生を盛り上げるとともに、次期多文化共生推進プランの策定に向けた政策
提言を行います。4/24に東京でキックオフフォーラムを開催し(実施報告は
下記記事の通り)、その後全国10数カ所でのワークショップを通じて様々な
声を拾い上げ、新たな視点から提言書をまとめますひらめき

 全国ワークショップのトップバターは、5月19日(火)に名古屋で開催します。
愛知県を中心に、東海地域でこれまで多文化共生施策がどのように実施さ
れてきたのか、今後どのように展開すべきなのかを、自治体・国際交流協会
等の皆様と共に考え、国への政策提言につなげていきます。
 
 この機会にぜひともご参加ください。

=================================

日 時:5月19日(火)14:00〜16:45 *13:30〜受付

場 所:YWCAビル2階 多目的ホール

内 容:基調講演、事例紹介、全体ディスカッション

定 員:100名(先着順)

参加費:無料

申 込:@お名前、Aご所属、B連絡先Emailを下記まで。
    Email: mrc-t@nifty.com Fax: 052-228-8236

*詳しくは、チラシ↓↓↓をご覧ください。
 5月19日名古屋ワークショップちらし(最終).pdf

 =================================
多文化共生推進フォーラムを開催しました [2015年05月01日(Fri)]

 
 地域のタブ マネ、多文化共生の活動を応援しく、27年度は日本財団の助成金を
受け、日本全国 で多文化共生のワークショップ(10数か所)、キックオフとまとめの
フォーラムを(2箇 所で)開催し、今までの取組みを振り返ったうえ、担い手としての
外国人住民や観光、地域創生などの新しい考え方、手法を視野に入れながら、これ
からの多文化共生施策の方向性を探っていきます。

 27年4月25日(金)、キックオフの多文化共生フォーラムを東京で開催しました。
 プログラムの詳細は当協議会HPをご覧ください。
 http://tabumane.jimdo.com/

 P1060865.JPG
 会場の様子

 P1060873.JPG 
 パネルディスカッションの様子

 参加者から次のようなお声が寄せられました。
 ・外国人を取り巻く状況、国の施策の展開がよくわかり、地域の課題解決とともに
  多文化共生に取り組む必要を感じた。
 ・インバウンドや地域創生など、多文化共生を取り組む新しいヒントを得られた。
 ・今後外国人住民が担い手となって地域を支える新たなステージに突入していく
  と感じた。

  全国で開催するワーク ショップについて、後日、随時皆さんに情報提供させて
 いただきます。(一回目は5月19日、名古屋です。ご期待ください。)
 
春の多文化ボランティア・セミナー IN 箕面 [2015年04月27日(Mon)]

チラシ、詳細はこちら 2015春セミナー
        ↓↓↓
http://mafga.or.jp/voluteerseminar2015spring/

箕面市では、誰にとっても暮らしやすい、多文化なまちづくりのために、たくさんの市民ボランティアが活躍しています。国際交流協会では、こうしたボランティア活動への入口として、春と秋の年2回、多文化ボランティア・セミナーを開催しています。
ボランティア活動の心得や、外国人市民を取り巻く状況について学び、多様性あふれる地域をいっしょに作っていきましょう!

対象:国際交流協会のボランティア活動に参加を希望する方、地域の国際化・多文化共生に関心をお持ちの方

場所:箕面市立多文化交流センター (住所:箕面市小野原西5-2-36)
参加費:一般…全回1,000円/各回500円 協会賛助会員…無料

5月16日(土)13:30〜16:00
●国際交流協会の紹介
●ワークショップ「言葉を超えて語り合う ボランティアのやりがいや期待」
講師:松田裕樹(身体で思いを形にするワークショップ主宰)
※16:00〜17:00 各ボランティアグループの活動紹介(自由参加)

5月23日(土)13:30〜16:00
●講演「多文化社会二ホンの今 〜ともに生きるために〜」
講師:時光(特活 多文化共生マネージャー全国協議会事務局長)

●外国人市民によるパネルトーク「私は日本で生きています」
パネリスト:チーム・モイ(在住外国人市民グループ)の皆さん

<テーマ別セミナー>

日本語ボランティアに参加希望の方は、下記の講座も受講ください。
5月29日(金)13:30〜15:30
●日本語教室がつなぐ地域の輪 〜日本語ボランティアの役割〜
講師:伊東和子(大阪YWCA日本語教師会講師)

外国にルーツを持つ子どもサポート・ボランティアに参加希望の方は、下記の講座も
受講ください。
6月6日(土)13:30〜15:30
●できるを増やす!〜外国にルーツを持つ子ども達とともに学ぶボランティア活動のために〜
講師:鵜飼聖子(「こどもひろば」事務局長・「Minamiこども教室」実行委員)

国際交流協会では、外国人市民がシェフとなるコミュニティ・カフェのサポートや、日本語を学ぶ外国人市民のお手伝い、多文化交流センター等で開催されるイベントのお手伝いなど、いろいろな場面で市民ボランティアが活躍しています! 5月16日(土)にボランティア活動の内容について紹介します。

定員:各回40名(申込順)
一時保育:1歳6ヶ月以上、就学前までを対象(100円/人、定員各回5名、申込順・受付締め切りは各開催日の10日前まで)
※4月7日(火)から受付開始
駐車場に限りがあります。混雑が予想されますので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

<申し込み・お問い合せ>
主催:箕面市立多文化交流センター(指定管理者:公益財団法人箕面市国際交流協会)
住所:箕面市小野原西5-2-36
TEL:072-727-6912 FAX:072-727-6920
info@mafga.or.jp  http://www.mafga.or.jp
外国人スタッフのための研修 IN 大津市JIAM [2015年04月14日(Tue)]


◆日本の職場で働く際に、知っておくべきことってどんなこと?
◆日本の国際化にはどんな歴史があるの?また、多文化共生とは関係があるの?
◆国際協会と自治体の仕事はどう違うの?
◆相談員の役割は何?
◆職場の日本人職員に相談できない悩みがあるけど…。
 
 こんな疑問・悩み・考えを持っている外国人スタッフの皆様、ぜひこの研修に
参加して、全国の仲間たちと一緒に学びましょう!晴れ

 この研修では、地域における国際化の現状、自治体や国際交流協会を取り巻く
状況や課題への理解を深め、外国人スタッフが求められる役割について考えます。
更に、外国人スタッフが職場や地域で一層活躍できるよう、すぐに実行できる新
しいチャンスを見つけていただきます。

 日 時:平成27年6月23日(火)〜6月24日(水) (2日間)
 場 所:全国市町村国際文化研修所 

     JR京都駅より湖西線約15分 唐崎駅下車徒

 詳しくはJIAMホームページへ
 http://www.jiam.jp/workshop/seminar/27/tr15213.html
Posted by NPOタブマネ at 16:05 | 広報協力 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ