CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年02月17日

東京で行われた会議へ、日帰りでヘルパーと共に外出!

先日、東京で行われる「特定非営利活動法人日本子ども養育研究会」の会議へ
出席したいというご依頼を受け、81歳のI様と弊社の男性ヘルパーが
日帰りで東京まで行って参りました。

出発前々日、前日と新幹線も立ち往生するくらいの
大雪でしたので、とても心配ではありましたが、 当日はお天気も晴れ、
前日から家の前の雪かきをし、ご自宅の出発も早めにしたことで、
介護タクシーも無事に予定通り仙台駅に到着することができました。
(たけのこ介護タクシー様、雪道の安全運転ありがとうございます。)

02-17@08-53-50-831.jpg

駅では駅員さんが乗車まで案内してくださるので、
安心です。手に持っているのはスロープです。
東京駅とも連携を取ってくださり、同じようにスロープを
持って待っていてくれます。

IMG_3134.JPG


新幹線内にて会議の準備のため資料を熱心に読みこむI様。
児童福祉に広く携わってこられたそうです。

東京駅からはまた介護タクシーへ乗り込み、
会議の会場である国立オリンピック記念青少年総合
センターへ向かいます。

会場ではたくさんの方々から挨拶をされており、
I様の人柄が感じられたそうです。

会議が終わった後もたくさんの方々とお話をし、
名残を惜しみながら帰路へつきます。

仙台に着いてからは直接帰宅せず夕食に専門店で
焼肉を召し上がるなど、とてもパワフルなI様です。
(美味しいものを食べるのも元気の秘訣かもしれませんね!)

旅行、観光だけではなくこのような外出にも対応できます。
ぜひ旅日記をご利用くださいませ!

2013年06月28日

鴬宿温泉でゆったりと・・・

6月19日〜21日の3日間
仙台市内の施設にて暮らしているI様から
「気分転換に出かけてみたい!」という要望を受け、
ホテル森の風鴬宿へといってきました。

こちらのホテル、4月にリニューアルしたフロアがございまして

IMG_2816.jpg

とても広く綺麗です。

ただ広くて綺麗なだけではありません!

IMG_2812.jpg

入口は引き戸になっており、車椅子の方でも鍵の開け閉めがしやすいよう
低めの位置に鍵穴が設置されております。

そして更に

IMG_2821.jpg

かけ流しの温泉にリフト浴で入浴することができるのです!

打ち合わせの際に写真を見ながらご提案させて頂いたところ
「こんな素敵なホテルに泊まれて、温泉にも入れるなんですぐにでも行きたい!」
と、とても目を輝かせておられました。

ホテルでは現地のヘルパー2名を追加し3名体制で入浴をしました。
湯船につかった時のお客様のとびきりの笑顔が忘れられません。

お風呂上りのビールも美味しそうに飲まれていました。

かわいい浴衣に着替えて豪華なお食事に舌鼓みをうったあとはカラオケです。

DSC02010.JPG

次の日は小岩井農場まで足を伸ばしまして、
大自然の中でチーズケーキを食べてきました。

この日も、もちろん温泉へと入浴です。
現地のヘルパーとも仲良くお話をし、
楽しい温泉の時間となりました。

I様は両足が全く動かなく、車椅子も自分で動かすことができないため
ご旅行は久しぶりとのことでした。

初めてお会いした時から
「行けると分かったら明日にでも行きたいの!」
と嬉しそうにお話ししてくれたのがとても印象的でした。

旅行中だけではなく旅行に行くまでの期間もとても楽しい時間ですよね。

「どこに行こうかな あれをしてみたいな」

梅雨に入り雨でじめじめした日も多くなってきますので
こんなことを考えて過ごすのも楽しいかもしれませんね。

2013年06月05日

桜満開の弘前城へ

4月初めに、「ゴールデン・ウィークに父親を弘前の桜を見せに連れて行きたい。
自分たちだけでは不安なのでヘルパーさんに同行してほしい」と娘さんから依頼がありました。
高齢で車椅子のため、仙台から弘前の日帰りは疲れるので避けたいと、1泊のご希望でした。
弘前城の桜はあまりにも有名で1ヶ月前ではどこの宿泊施設も空いていません。
それでも手当たり次第に当ってみたところ幸いにも「JALシティ青森」の
バリアフリータイプの部屋を確保することができました。
当日、仙台駅で新幹線に乗って新青森駅へ、そこから介護タクシーに乗換え、弘前に向かいました。
案の定お城が近くなるにつれ渋滞が激しく、さすがに車椅子で長時間の旅行はお疲れです。
でも、その疲れも弘前城の満開の桜を見上げたらどこかに吹き飛んだようです。
やはり、旅は心のリフレッシュを手助けしてくれるありがたいお友達です。


弘前.jpg

2013年04月16日

5泊6日でゆったり韓国旅行

4月10日〜15日の5泊6日、
目と足が少し不自由なお客様と韓国に行ってきました!

DSC01841.JPG

韓国の大スター、イ・ビョンホンさんが大好きでいらっしゃいます。

韓国を代表する古宮のひとつである景福宮や、光化門広場(アイリスの撮影地です!)、
東京でいうと原宿のような明洞や、工芸品が多く売られている仁寺洞など・・・
5泊6日ですので無理のないペースでゆったり観光して参りました。

DSC01859.JPG
景福宮内の桜の木の下でのんびりと


DSC01894.JPG
光化門広場、李舜臣(イ・スンシン)将軍銅像の前で


食事も旅行の楽しみの一つですよね。
スンドゥブチゲ(豆腐鍋)やキムチといった辛いものや
焼き肉、チヂミ、カンジャンケジャン(蟹の醤油漬け)など
普段はあまり多くは召し上がらないというお客様も
美味しい食事に舌鼓を打っていました。

今回のメインは、イ・ビョンホンさんの事務所等に行けるツアーです!
よく行くパン屋さん、事務所、韓国ドラマの美しき日々のロケ地・・・
ご自宅にも行くことができます(もちろん中には入れませんよ)
なんと、イ・ビョンホンさんのお母さんにお会いすることができました!
ツアーのガイドさんも「とても珍しいことです!」と言っていました。

DSC01933.JPG
イ・ビョンホンさんのご自宅の前にて(とても大きいです!)

憧れのイ・ビョンホンさんが住む韓国・ソウルに来られて良かったと
満足して頂くことができたようです。


思い切って日本を飛び出して、異国の文化を楽しんでみるのも
いかがでしょうか??
できる限りのお手伝いをさせて頂きます。

2012年04月13日

難病指定のための陳情に同行してきました。

居宅支援事業所を通して「ギッテルマン症候群」の
闘病生活をしている菅原真由美様からのご依頼をうけ、
難病指定と研究促進について陳情をするために7707名分の署名を持ち、
厚生労働省のある東京へ向かいました。

「ギッテルマン症候群」とは、
腎臓の尿細管が正常に機能しない遺伝性の病気で慢性化します。
体に必要なミネラルのカリウムやマグネシウム、
カルシウムが体外に出てしまうのです。
まだ治療法もなく、点滴で定期的に流失したミネラルを
補充する治療しかありません。
点滴の遅れや量を誤ると死にいたることもあるそうです。
18歳までは「難病指定」されているのですが、
現在日本では18歳以上は難病指定からはずされています。

上記の通りミネラルが体外に流出してしまうので、
汗をかくことはとても危険です。
よって気温の差があまりない
4月の上旬に行程を組むことを考えました。
実は昨年の4月に決行するはずだったのですが、
東日本大震災が起こり残念ながら行くことができなくなってしまいました。

署名をしてくれた人の中には震災で命を落とした人もいる。
その人たちのためにも、ぜひ署名を届けたい。

菅原様の強い想いもあり、今回の旅行が行われました。

菅原さん上京 (H24.4.4) 002.jpg
この日は日本列島を襲った強風のため、
一ノ関〜花巻間で停電が起こり乗車予定のはやぶさが八戸でストップ。
JRの職員が復旧作業に向かうものの、
いつ仙台駅に来るか分からないということで、
急遽仙台始発のやまびこに乗ることを決め、東京へ向かいました。


菅原さん上京 (H24.4.4) 007.jpg
東京駅日本橋口で介護タクシーに乗り込みます。
今現在は丸の内南口が工事中となっており、
新幹線ホームから遠い日本橋口にしか介護タクシーを停車できる
広いロータリーがないのが難点です。


菅原さん上京 (H24.4.4) 010.jpg
約束をしていた時間より遅れてしまいましたが、
無事に厚生労働副大臣の辻泰弘氏にお会いすることができ、
7107名分の署名を渡すことができました。
1年越しの思いを届けます。



菅原さん上京 (H24.4.4) 026.jpg
厚生労働省を後にし、東京をプチ観光です。
両国にて5月22日開業のスカイツリーを見ました。



菅原さん上京 (H24.4.4) 029.jpg
帰る時刻になっても強風の影響で新幹線は動きませんでした。
座位のままでは辛いので東京駅近くのホテルを探し、休憩して頂くことに。
東京駅も大混乱でしたが、なんとか帰路につくことができました。
行きには乗ることのできなかったはやぶさです。
菅原様も喜んでおられました。

DSC_0093.JPG
今回グランクラス車を選択したのは座席が
フラットになるという理由からでしたが…



DSC_0095.JPG
思ったほどフラットにはならず…。
また通路幅が狭く車椅子で通ることはできません。少し残念です。
車内ではアテンドさんが1名付いてくれ、
飲み物や軽食のサービスを行ってくれます。
仙台−東京間は約1時間半と、行きがやまびこだったせいか
あっという間に感じられました。

強風のせいで朝からハプニング続きでしたが、
こうして無事に1年越しのお客様の願いを叶えることができ、
本当に良かったです。
難病指定となることをお祈りしております。

2012年04月12日

石巻へ付き添い

先月、お客様の旦那様が入院されている石巻の病院までの
付き添いをしてきました。

お問い合わせをして下さったご家族様は男性のため、
外では女性であるお客様のトイレ介助が難しい、
とのご相談を受けたのがはじまりです。

前日に顔合わせもさせて頂き、当日いざ石巻へ!

高速道路では矢本PAにて1度の休憩を挟み、
まだ震災の爪痕が残る石巻へ。

旦那様とは久しぶりにお会いされたようで、
帰る時は名残惜しそうにしていらっしゃいました。

帰路は渋滞に巻き込まれ時間がかかり、お疲れの様子でしたが、
旦那様のお顔を見ることができて良かったとお話されていました。



**************************

旅日記では旅行だけではなく、
このようなお出かけのお手伝いもしています。

病院へのお見舞い、野球観戦、同窓会、冠婚葬祭、日帰り温泉…

今の時期でしたらお花見などなど!

遠慮なさらずお気軽にご相談くださいね☆

皆さまが楽しくお出かけできるよう、力を尽くしていきます。

旅日記 F


2011年12月26日

東京旅行♪

去る11月24日〜25日、普段車椅子を利用しているお客様と三鷹の森・ジブリ美術館横浜に行ってきました顔1(うれしいカオ)



1日目に訪れたジブリ美術館では、大きなトトロがお出迎えしてくれました。ハート(トランプ)

ジブリ作品が大好きだというお客様、館内の展示を見逃しがないよう一つ一つじっくりご覧になっていました。

2012年5月までの期間限定展示「ねこバスから見た風景展」では、なんと大人もねこバスに乗ることができました!
もちろん車椅子でも乗車可能ですよ猫OK!

お昼は「カフェ麦わらぼうし」にて帽子
とーっても混んでいてお昼というより夜ご飯に近くなってしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
美味しいご飯と見た目も可愛いケーキで、お腹と心が満たされましたほえー




2日目は横浜です船

DSC00861.JPG

朝は山下公園で爽やかな海風を浴びながら散歩です太陽
2012年5月22日開業予定のスカイツリーも臨むことができました拍手

その後はおしゃれな元町商店街へ婦人服
たくさんあるお店に目移りしてしまいますぴかぴか(新しい)

そしてやってきました横浜中華街
肉まんやフカヒレまん、甘栗など美味しそうなものがたくさんありましたメロディ

カフェで一休みをして、昼食は美味しくてボリュームたっぷり!なチャーハンや中華そばを頂きましたよ鍋

最後には有名な赤レンガ倉庫電球
お店を見たり、さきほど中華街で買ったフカヒレまんを海が見えるバルコニーで食べたり、旅の終わりをゆっくり過ごしました拍手

あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、
お客様が楽しんでいる姿を見て、こちらも嬉しい気持ちになった2日間でした。

旅日記 F




2011年10月13日

サッカー観戦

このたび(株)旅日記のブログを開設することとなりました音符

ヘルパー付きの旅行の様子などをお届けしていきたいと思っています星



今年の8月28日、グループ会社である(有)ハーデイズが経営する『愛真館 夢ぷらざ』(盛岡つなぎ温泉・介護施設/デイサービス)のご利用者様のご依頼で、盛岡南球技場にサッカーの試合を観戦に行きました。
 

グルージャ盛岡 VS アンソメット岩手八幡平の試合を楽しみましたサッカー


応援のおかげで・・・

ごひいきのグルージャ盛岡勝利〓〓〓


因みにご利用者の荒井様は『盛岡アマチュア・マジシャンズクラブ』の会長さんでもあります。いつもは周りの人を煙に巻いていますがサッカーの試合にマジックは使えないそうです。