CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
知立市でバリアフリー演劇「ヘレンケラー」上演しました [2019年05月30日(Thu)]
愛知県は知立市にて、バリアフリー演劇「ヘレン・ケラー〜ひびきあうものたち〜」を上演しました。
バリアフリー演劇、初の地方公演!

実はこちら、バリアフリー演劇の予定はなかったのです。
しかし劇場担当者が、2月の公演をご覧になり、ぜひバリアフリー版で!と熱望し
急遽、バリアフリーということになりました。

ちょうど、知立市で手話言語条例制定され、その記念も兼ねた形となりました。
当日は知立市長、知立市聴覚障害者協会会長がお越しになり、開演の前にご挨拶がありました。
知立市長は、なんと最後まで自らの手話でご挨拶。名前だけ手話という方も多い中、素晴らしいです!
終演後はご挨拶させていただきました。

劇場前の看板。
IMG_0049.jpeg

こちらでも、しっかりと事前説明からプログラム化。
IMG_0050.jpeg


思った以上に多くの方々にお越しいただきました。
IMG_0060.jpeg

音声ガイド、当初は個別で聞く形でしたが、
機材不良のため、オープン形式となりました。本来の形で上演することができました。

お客様にお伺いしたところ、全然違和感がないとのこと。
むしろ感動!とのお言葉をいただきました。

開演前や終演後は舞台の上に上がって交流。
中野より広い舞台なので、のびのびと見ることができました。
IMG_0057.jpeg

盲ろうの方、視覚障害の方も多くいらしてくださり、良き交流の時間となりました。

東京演劇集団風さんのブログで当日の様子が記事に。
https://blog.goo.ne.jp/kaze-blog


また、この日の前日は高校の鑑賞会があったのですが、
急遽、一部をバリアフリー仕様で披露し、高校生に違いを理解していただけたとのこと。
若い人に見ていただくことで、意識が変わるといいですね!
https://blog.goo.ne.jp/kaze-blog/e/c1df6ef2a8f89f452bc10ca81e52af17


次は東京は東中野・レパートリーシアターKAZEで再演です!
お楽しみに。
「安倍総理と障害者との集い」に参加しました [2019年05月30日(Thu)]

「安倍総理と障害者との集い」が5月21日に首相官邸で行われ、バリアフリー演劇研究会のメンバーとしてTA-net理事長の廣川が参加してきました。

その模様が、政府インターネットテレビで紹介されているのですが
字幕がありません。
そこで一緒に参加したパラブラ株式会社さんが、説明している部分を書き起こししてくださいました。

以下サイトからご覧ください。
https://palabra-i.co.jp/2019/05/21/


なお、この集いでは、日本ろう者劇団の手話狂言も披露したほか、さまざまな障害関係が来場、交流を深めていました。
オリンピック・パラリンピックに向け、一層の機運醸成の場となったかと思います。

首相官邸サイト
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201905/21tsudoi.html
愛知県手話通訳士協会でお話ししました [2019年05月27日(Mon)]
愛知県手話通訳士協会にお招きを受けて、定期総会にともなう記念講演としてお話ししをしてきました。

場所は品川駅から新幹線で1時間25分と近い、豊橋駅。
そこから車で10分の「あいとぴあ」という立派な福祉複合施設にて、
30余名の方々の前でお話ししました。

豊橋市には、穂の国とよはし芸術劇場があります。
4月21日に「おでかけ支援講座」でお邪魔して1ヶ月後、再びこの地に来られることの嬉しさを語りました。
さらに9月は「舞台手話通訳養成講座」があることを紹介。
ぜひご参加を、と呼びかけました。
また、バリアフリー演劇「ヘレンケラー」のDVDも披露し、明日の知立市公演へのお誘いもしました。結果、複数の方がおいでくださいました!

質疑応答でもいくつか上がり、盛り上がりました。
終了後は総会を膨張させていただき、勉強になりました。

交流会も開いてくださり、いろいろと意見交換することができました。
ありがとうございました!

IMG_0039.jpg
【アーツカウンシル東京助成】東京芸術文化創造発信助成[長期助成プログラム]活動報告会を行いました [2019年05月23日(Thu)]
アーツカウンシル東京
平成 27 年度 東京芸術文化創造発信助成 第T期対象事業
「演劇・舞台などにおける観劇サポート推進事業」(平成27年度採択事業:3年間)
 
 
上記の報告会を昨年(2018年)9月に行いました。
その際の様子がアーツカウンシル東京のブログにて紹介されていますので、ぜひご覧ください。
第6回「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」―当事者とともにすすめる観劇サポートの研究と実践
 
音声ガイド、舞台手話通訳、字幕を参加者の皆様に体験していただき、当事者自身の思いなどを発信する機会を設けていただいたことに深く感謝申し上げます。
ご参加いただいた皆様、アーツカウンシル東京の皆様、ありがとうございました。
 
アーツカウンシル東京には平成 30 年度 東京芸術文化創造発信助成(3年間)にて引き続きお世話になっております。
 
来る6月21日(金)19時〜20時30分にはこの助成の事業である「盲ろう支援調査報告および壮行会」というテーマでお話させていただきます。
ーーー
2019年6月21日(金)19時〜20時30分
テーマ:「盲ろう支援調査報告および壮行会」
会場:東京都障害者福祉会館(JR田町駅・都営地下鉄三田駅) 2階教室
(無線LANのご用意はありません、ご了承ください)
参加費:応援料として1000円以上でお願いいたします。

※手話通訳、UDトークによる文字支援があります。
※会場には定員があります。資料印刷の都合もありますので、できる限り事前にお申し込みください。
 
<<申し込み用フォーム>>
https://forms.gle/boysdA1SvUVTKHbBA
お問い合わせは「info@ta-net.org」まで
ーーー
 
ぜひお越しください。お待ちしております!
第5回シンポジウム報告集ができました! [2019年05月18日(Sat)]
3月17日に開催しました、第5回TA-netシンポジウムの報告集が完成しました。

TA-net第5回シンポジウム_表紙1A.jpg

A4判、本文モノクロ、表紙フルカラー、72ページ

TA-net活動報告、盲ろう支援の国内調査報告、
国内外における舞台手話通訳の現状、ぶんきょう演戯塾の取り組み、
舞夢サポーターズの取り組み、舞台手話通訳養成講座の取り組み
ディスカッション
観劇サポート最新機材紹介の協力企業・団体
TA-netのあゆみ

盛りだくさんの内容と自負しております。

無料で頒布しています。
送料のみ、ご負担ください。
冊数や送り方により、料金が変わりますのでひとまずは以下のフォームからお申し込みください。

https://mailform.mface.jp/frms/tanet/eb50p9wp3mej

文京アカデミー主催「舞台手話通訳養成講座」に協力します!(10月〜2月) [2019年05月17日(Fri)]
TA-netでは、この度、文京アカデミー主催の「舞台手話通訳養成講座」に協力することとなりました。

2018年2がつ、2019年2月と連続して「文京アカデミー演戯塾・卒業生公演」に手話通訳をつける取り組みを行い、その監修をTA-netが協力しておりました。
この度、文京アカデミーさん自ら、舞台手話通訳を養成する事業に取り組むことになりました。

通訳の基本講座(4日間)のほかにも、実践に向けた稽古(全10回)に参加することができます。
そして卒業公演(2020年2月2日)に手話通訳者として立つことになります。

講師陣はTA-netの講座でおなじみの
米内山陽子氏、河合祐三子氏に加え、
演義塾の講師である金田誠一郎氏、2年間連続して通訳を担当した三澤かがり氏が担当します。

みっちりと演劇と通訳実践を学ぶことができる豪華な講座、お見逃しなく!

https://www.b-academy.jp/news/2019/05/-ok.html

応募締め切りは7月2日!

演戯塾_舞台手話通訳要項P1-2.jpg

PDF版チラシは以下からダウンロードしてください。
演戯塾_舞台手話通訳要項P1-2.pdf
【日本財団助成】舞台手話通訳養成講座 2019年度も開講します! [2019年05月16日(Thu)]
2019年度の舞台手話通訳養成講座を以下の通り、開催します。

今年は仙台、豊橋、福岡です。

演劇と手話が好きな方、ふるってご応募ください。


会場ごとに締め切りが異なります。ご注意ください。

<参加費無料・各会場の定員6名>
いずれも時間は10:00〜17:00(予定)

・仙台会場
 日程:7月6日(土)・7日(日)・20日(土)・21日(日)
 会場:せんだい演劇工房10-BOX
 締切:6月23日(日)18時

・豊橋会場
 日程:9月14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)
 会場:穂の国とよはし芸術劇場プラット
 締切:8月25日(日)18時

・福岡会場
 日程:10月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)
 会場:福岡市内(7月に決定します)
 締切:9月22日(日)18時

講師陣は2018年度同様の強力なメンバーです!
・米内山陽子(演出家・劇作家・舞台手話通訳家)
・河合祐三子(俳優・手話講師・手話ニュースキャスター)→仙台、福岡会場
・佐沢静枝(俳優・手話講師・NPO法人しゅわえもん)→豊橋会場
・柏木陽(演劇百貨店代表・演劇家)


お申し込みは以下フォームからどうぞ。

http://bit.ly/2E7Cjkr
選考は、書類と映像審査で行います。上記フォームからお申し込み後、折り返し映像課題について連絡します。映像データはメールなどの方法でお送りいただきます。

主催:特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク
助成:公益財団法人日本財団
後援:一般社団法人日本手話通訳士協会、一般財団法人全日本ろうあ連盟、一般社団法人全国手話通訳問題研究会

豊橋会場の共催:公益財団法人豊橋文化振興財団
福岡会場の共催:福岡ろう劇団博多

養成講座チラシA4オモテ_20190605.jpg
 
2019_養成チラシA4ウラ_all.jpg

PDF版は以下からダウンロードできます。
養成講座チラシA4両面_20190605.pdf
【アーツカウンシル東京助成】6月定例会のご案内 [2019年05月14日(Tue)]
6月第2金曜日は第67回全国ろうあ者大会inみやぎでの出展準備のため東京にはおりませんので、
6月定例会は第3金曜日の開催とさせていただいております、ご注意ください。

2019年6月21日(金)19時〜20時30分
テーマ:「盲ろう支援調査報告および壮行会」
会場:東京都障害者福祉会館(JR田町駅・都営地下鉄三田駅) 2階教室
(無線LANのご用意はありません、ご了承ください)
参加費:応援料として1000円以上でお願いいたします。

※手話通訳、UDトークによる文字支援があります。
※会場には定員があります。資料印刷の都合もありますので、できる限り事前にお申し込みください。
申し込み用フォーム
https://forms.gle/boysdA1SvUVTKHbBA
お問い合わせは「info@ta-net.org」まで
5月定例会では字幕談義で盛り上がりました [2019年05月13日(Mon)]
TA-net の年度は6月1日はじまり、5月31日おわりです。
ということで、5月10日の定例会は2018年度最終回となりました。

この日は2018年度を振り返って、各自がコメント。

・バリアフリー演劇の会議にかかわり、最初から公演本番まで立ち会うことができて興味深かった。
・シンポジウムで展示を担当し、勉強になった。
・舞台手話通訳養成講座を受講し、さまざまな実践に参加できた。
・シンポジウムにたくさんの人が参加してうれしかった。

などなど、それぞれに思うところが多かったようです。

そして、ある映画館で起きた出来事から、話題が広がりました。
音声ガイドがつく日とつかない日で上映している作品があり、
映画館のミスで、つかない日に音声ガイドが流れてしまったとき、
ひとりの観客がクレームをつけて上映を止め、やり直させた、という事例から
アクセシビリティをどこまで受け入れるか、対応は、など、議論が盛り上がりました。

2A91D884-5D5F-4DAD-9B58-612CA96A2BC7.jpeg
このように、定例会では、テーマを決めてゲストから話してもらうこともありますが、
会員や集まった人たちで、さまざまな話題をとりあげてざっくばらんに話し合うこともあります。

手話通訳、UDトークを必ずつけていますので、どなたでもお越しいただければと思います!

原則、第2金曜日の19時から20時半まで。
東京都障害者福祉会館にて行っています。
事前予約不要です。
会員は無料、非会員は100円いただいています。

お気軽にお越しください!

次回6月は、21日(金)となります。
「盲ろう者支援」をテーマにします。
詳細は次の記事をご覧ください。

SPAC『マイ・( レフト)ライトフット』観劇しました [2019年05月10日(Fri)]
静岡芸術劇場(SPAC)
「マイ・レフトライトフット」
スコットランドからやってきた公演がわずか2日間だけ、ということで静岡までやってきました。
1.jpg
脳性まひで車椅子ユーザーの演出・脚本による作品で、アマチュア劇団が障害者を使えば優勝できる!と思って応募するも、、というコメディミュージカル。
英国らしいユーモアに溢れた内容でした。
日本語字幕でストレスフリー!
しかも、字幕の表現が舞台美術と一体化して、フォントを工夫していたり、揺れたり(!)、と素敵でした。
英国手話通訳者も俳優の一人として動いていました。

143分は長かったのですが〜もう一度観たい作品でした。
手話通訳のナタリーさんと、終演後お話ししていろいろ聞けたのが良かったです!
英国の事情や舞台の作り方など。

カフェや受付に印刷した案内を置いていたり、
2.jpg
午前中のシンポジウムではUDトークの用意があったり、と配慮があって素敵でした。
クールダウンルームを設置していたのが印象的でした。
4.jpg
3.jpg

詳しくは、SPACさんのスタッフが書いた以下ブログを!
http://spac.or.jp/blog/?p=26762