CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
東京芸術劇場「三人姉妹」関連企画に協力しました [2019年10月03日(Thu)]
東京芸術劇場で、この10月18日から20日まで、
4時間ずっと「ロシア手話だけで」チェーホフの名作「三人姉妹」を上演する企画があります。

t221.jpg
http://ta-net.org/event/921

関連企画として10月1日(火)に、東京芸術劇場にて
『三人姉妹』公演関連レクチャー「21世紀ロシア演劇の挑戦〜手話言語が拓く新たなる地平〜」
が行われ、
http://ta-net.org/event/920

TA-netが企画協力しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d5f.jpg

当日は定員70名のところ、なんと80名が来場。
さらに、そのうち25名がろう者・難聴者。

この手の企画にはあまり、ろう者、難聴者はいらっしゃらないのですが
「ロシア手話」に興味を持った方々が多かったようです。
東京芸術劇場にきたのも初めて、という方もいらっしゃいました。

関心を持ってもらうために相談されたのですが、大成功!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d5e.jpg

ーーー引用
レッドトーチ・シアターによるチェーホフの『三人姉妹』公演関連レクチャー「21世紀ロシア演劇の挑戦〜手話言語が拓く新たなる地平〜」
『手話言語白書』を書かれた大杉豊氏が、日向寺康雄氏と手話言語について、手話演劇について、そしてロシアと日本のろう者演劇について、熱く語り合います。
ーーーー

ロシア生活30年を経て本帰国したのが今年の春という
日向寺さんが、まずロシア演劇事情、シベリアの街事情、
さらにロシアのろう者事情などを語りました。

ロシアろう者劇団を生で見た初の日本人ろう者である
大杉さんが
日本のろう者演劇の成り立ちなどについて語りました。

冒頭に大杉さんが「手話での講演をはじめて見る方?」と問いかけたところ
10名以上の方々が挙手。
そういった方もきてくださったことが嬉しかったですね!

特に、1980年に実施した2週間ものサマーセミナーのプログラム紹介は
聞こえる人はもちろん、ろう者に驚かれました。
演劇関係者以外はあまり知られていないことなので、良い機会となりました。

ロシア冒険記も含め、かなり
インパクトを与えられたのではないでしょうか。

なぜ聞こえる俳優が声を出さず、「ロシア手話」だけで演じるのか・・・。
その答えは、劇場で!
と締めくくられました。

薪能を字幕で鑑賞! [2019年09月30日(Mon)]
芸術の秋、風が気持ちいい季節ですね。
9月28日、29日は薪能2件続けて字幕サポートを行いました。
 
9月28日(土) 増上寺薪能
http://ta-net.org/event/899
20190928_165837.jpg
 
「橘の会」が主になって字幕サポートを行っており、これで5回目となります
(TA-netは第1回目より共催として協力)。
当日は4名の聞こえない方にご鑑賞いただきました。
20190928_171921.jpg
20190928_170714.jpg
 
アプリ席には聴導犬を連れた聞こえない方のほかに、
手話サークルで誘われたという4人組(うち2人が聞こえない方)もいらっしゃって
知名度が上がってきていることを感じました。

今年は会場に2匹も聴導犬が来ました。
鐘楼の近くの席だったので、鐘の音が心配だったのですが大人しく一緒に鑑賞しました。
 
 
そして翌29日は練馬薪能。
こちらも聞こえない方が2人いらっしゃるとのことで字幕サポートを行いました。
20190929_165836872.jpg
 
昼は暑かったのですが、夜になると風も出てきて少し涼しくなり、
屋外で鑑賞するには絶好の気候でした。
20190929_192829882.jpg
 
 
鑑賞サポートのご相談はお気軽にお問い合わせフォームからどうぞ!
【日本財団・2019年度助成事業】TA-net舞台手話通訳養成講座・豊橋会場も無事終了しました [2019年09月25日(Wed)]
日本財団の助成により開催しております舞台手話通訳養成講座。
豊橋会場では公益財団法人豊橋文化振興財団との共催という形です。
 
1日目「演劇に慣れる日」
柏木陽講師のもと、自分の身体と向き合いどのように使えるかを見つめます。
最初はかたかった皆さん。
豊橋1日目2.jpeg
 
次第にこんな感じで弾けはじめます。
豊橋1日目1.jpeg
 
人間と人間との繋がりとは……?!
豊橋1日目3.jpeg
 
2日目は「手話で演じる日」 午前中は米内山陽子講師のレクチャー
豊橋2日目2.jpeg
 
午後は台本を読み、手話で演じます。
2組に分かれ、米内山陽子講師、佐沢静枝講師の2人体制で進めます。
豊橋2日目1.jpeg
豊橋2日目3.jpeg
 
3日目は「俳優と一緒に作業する日」。
俳優3名が稽古をし、米内山陽子講師が演出指導をする様子を見学したのちに舞台手話通訳として稽古に混じっていきます。
豊橋3日目1.jpeg
豊橋3日目2.jpeg
 
そして4日目、いよいよ「発表会」!
地元の聴覚障害者協会、演劇関係者、劇場スタッフ、福祉関係者、さまざまな立場の方のべ20名にお越しいただきました。上演後は意見交換会を行い、舞台手話通訳の可能性についてお話しました。
豊橋4日目1.jpeg
豊橋4日目2.jpeg
 
ほぼ半数が聞こえる人、聞こえない人とバランスの良い組み合わせでした。
ほぼ全員がA,B両方に参加してくださったので、。深堀りできた時間となりました。
toyohasi_talk.JPG

そして、俳優を含めて講座全体の振り返り会。俳優がどう感じているかを率直に語っていただきました。
toyohasi_end.JPG

記念撮影を行い、全日程無事終了。
豊橋4日目3.jpeg

見よ、この素晴らしい笑顔!

toyohasi_all.JPG
 
 
残すは10月の福岡会場のみとなりました(申し込みは締め切っております)
また、実践の場を求めておりますので協働していただける劇団劇場関係者の方、右側のお問い合わせフォームからのご連絡をお待ちしております。
【日本財団・2019年度助成事業】TA-net舞台手話通訳養成講座・仙台会場が終了しました! [2019年07月22日(Mon)]
日本財団の助成により、今年も開催することとなりました
舞台手話通訳養成講座。
まずは仙台会場で7月に開催し、6名の受講生が発表会で披露することができました。

1日目「演劇に慣れる日」
柏木陽講師のもと、演劇で思い切り遊びました。
講師やスタッフも一緒になって。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3ba1.jpg

午後は、「脚本の読み方」。
身体の動き方、間の取り方ひとつとっても意味がかわってくるということを学びました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3b6b.jpg


2日目「手話で演じる日」
午前中は座学として、通訳の歴史、海外事例、国内の事例、稽古の進め方、などを、映像と画像を駆使してたっぷり2時間紹介しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3b50.jpg

午後は、手話で演じました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3b5c.jpg

ここで2週間あき、
3日目は「俳優と一緒に作業する日」。
俳優3名が合流して、稽古をする横で通訳をします。
まずは俳優たちの芝居を見学。

IMG_0010.JPG

手を動かした後は細かくチェック。
IMG_0057.JPG

そして4日目、「発表会」
地元の演劇関係者、福祉関係者、ろう者、難聴者、さまざまな方、のべ23名にお越しいただきました。
IMG_0077.JPG

終了後は意見交換会。ひとりずつ貴重かつ、率直な意見と質問をいただきました。

IMG_0072.JPG

講座の振り返りを行なった後は、笑顔で!
IMG_0137.jpg

この時の模様は、8月6日放送のNHK Eテレ「ハートネットTV」で紹介される予定です。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/610

9月は豊橋会場です。
8月26日締め切り。奮ってご応募ください!
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/577

TA-net6月定例会「盲ろう支援チーム報告会&フランス視察壮行会」 [2019年06月22日(Sat)]
TA-net 2019年度第1回定例会は

「盲ろう支援チーム報告会&フランス視察壮行会」

として、6月21日(金)に東京都障害者福祉会館で行いました!

昨年度に行った国内調査の結果は、3月のシンポジウムで報告しましたが
さらに、丁寧に、盲ろう者にもわかるようにと
チームリーダーの高橋えりかが、当事者として工夫して報告しました。



そしてフランス視察についても事業計画を発表。

たくさんの質問と意見、励ましをいただきました。

応援料として1000円以上を頂戴しましたが、
壮行会終了後に、追加で・・・と多くのご支援金をいただきました!!!!

本当にありがとうございます。

【アーツカウンシル東京助成】東京芸術文化創造発信助成[長期助成プログラム]活動報告会を行いました [2019年05月23日(Thu)]
アーツカウンシル東京
平成 27 年度 東京芸術文化創造発信助成 第T期対象事業
「演劇・舞台などにおける観劇サポート推進事業」(平成27年度採択事業:3年間)
 
 
上記の報告会を昨年(2018年)9月に行いました。
その際の様子がアーツカウンシル東京のブログにて紹介されていますので、ぜひご覧ください。
第6回「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」―当事者とともにすすめる観劇サポートの研究と実践
 
音声ガイド、舞台手話通訳、字幕を参加者の皆様に体験していただき、当事者自身の思いなどを発信する機会を設けていただいたことに深く感謝申し上げます。
ご参加いただいた皆様、アーツカウンシル東京の皆様、ありがとうございました。
 
アーツカウンシル東京には平成 30 年度 東京芸術文化創造発信助成(3年間)にて引き続きお世話になっております。
 
来る6月21日(金)19時〜20時30分にはこの助成の事業である「盲ろう支援調査報告および壮行会」というテーマでお話させていただきます。
ーーー
2019年6月21日(金)19時〜20時30分
テーマ:「盲ろう支援調査報告および壮行会」
会場:東京都障害者福祉会館(JR田町駅・都営地下鉄三田駅) 2階教室
(無線LANのご用意はありません、ご了承ください)
参加費:応援料として1000円以上でお願いいたします。

※手話通訳、UDトークによる文字支援があります。
※会場には定員があります。資料印刷の都合もありますので、できる限り事前にお申し込みください。
 
<<申し込み用フォーム>>
https://forms.gle/boysdA1SvUVTKHbBA
お問い合わせは「info@ta-net.org」まで
ーーー
 
ぜひお越しください。お待ちしております!
5月定例会では字幕談義で盛り上がりました [2019年05月13日(Mon)]
TA-net の年度は6月1日はじまり、5月31日おわりです。
ということで、5月10日の定例会は2018年度最終回となりました。

この日は2018年度を振り返って、各自がコメント。

・バリアフリー演劇の会議にかかわり、最初から公演本番まで立ち会うことができて興味深かった。
・シンポジウムで展示を担当し、勉強になった。
・舞台手話通訳養成講座を受講し、さまざまな実践に参加できた。
・シンポジウムにたくさんの人が参加してうれしかった。

などなど、それぞれに思うところが多かったようです。

そして、ある映画館で起きた出来事から、話題が広がりました。
音声ガイドがつく日とつかない日で上映している作品があり、
映画館のミスで、つかない日に音声ガイドが流れてしまったとき、
ひとりの観客がクレームをつけて上映を止め、やり直させた、という事例から
アクセシビリティをどこまで受け入れるか、対応は、など、議論が盛り上がりました。

2A91D884-5D5F-4DAD-9B58-612CA96A2BC7.jpeg
このように、定例会では、テーマを決めてゲストから話してもらうこともありますが、
会員や集まった人たちで、さまざまな話題をとりあげてざっくばらんに話し合うこともあります。

手話通訳、UDトークを必ずつけていますので、どなたでもお越しいただければと思います!

原則、第2金曜日の19時から20時半まで。
東京都障害者福祉会館にて行っています。
事前予約不要です。
会員は無料、非会員は100円いただいています。

お気軽にお越しください!

次回6月は、21日(金)となります。
「盲ろう者支援」をテーマにします。
詳細は次の記事をご覧ください。

6月30日(日)午後「アートにおける境界を考える〜当事者研究を手がかりに〜」開催します! [2019年04月19日(Fri)]
ついこの間まで寒さに震えていたのが嘘のような、とんでもない陽気が続きますね。
さて、東大先端研 当事者研究Lab.主催、TA-net共催で以下のイベントを開催いたします。
無料ですので奮ってご参加ください(情報交換会もありますよ!)
 
 
●障害者の芸術文化への鑑賞機会の参加を考えるためのフォーラム●
アートにおける境界を考える
〜当事者研究を手がかりに〜

日時:2019年6月30日(日) 14時〜16時 (開場は13時30分より)
 
場所:東京大学先端科学技術研究センター内 ENEOSホール
 (東京都目黒区駒場4−6−1 3号館南棟1階) 道順はこちら
 
登壇者:長津結一郎・熊谷晋一郎
 
お申込みフォームはこちら(Googleフォームが開きます)
 
お申込み・お問い合わせはメール、FAXでも承ります
メール:artniokerukyokaiwokangaeru@gmail.com
FAX:03-5452-5123
件名を「アートにおける境界 フォーラム申し込みとし、以下についてお知らせください。
(1)氏名 (2)ご連絡先 (3)ご所属
 
主催:東京大学先端科学技術研究センター 当事者研究Lab.
共催:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)
 
皆様のお越しをお待ちしております。
 
チラシ:表
0001.jpg
 
チラシ:裏
0002.jpg
ありがとう6周年! [2018年12月15日(Sat)]
20181214_192503.jpg

12月14日(金)定例会での様子。
6周年生誕祭ということで食べ物を持ち寄って、思い出話などを。
 
2012年12月に産声を上げたTA-net。
その日、集まったメンバーはここまでの道のりを思い浮かべてはいたものの、
いざ6年目となると、こんなえらいことやったんだなあ、と感慨深いものがあります。
いろんなものが、少しずつ実現化してきています。
 
皆様に支えられてきたことに感謝しつつ、
これからも、さらに「みんなで一緒に舞台を楽しむ」社会に向けて
一歩ずつ着実に歩んでまいります。
 
どうぞよろしくお願いいたします!

TA-net
練馬薪能にて字幕表示を行いました [2018年10月17日(Wed)]
昨年は雨でホールでの開催になった、「みどりの風 練馬薪能」。
 
20181014_165912456.jpg
今年は雨も降らず、予定通り10月14日(日)に開催となりました。
この練馬薪能では2016年からTA-netが業務受託しております、今年もUDトーク🄬を利用して字幕配信を行いました。
 
20181014_165701511.jpg
 
各地での薪能でも字幕配信が行われているという情報が入りつつあります。
もっともっと広まるとよいですね。
なお、狂言においては笑って楽しんでいただきたいという思いから、絵文字も取り入れてよりくだけた内容にしています。
 
「字幕とはこうでなければならない」ということはないと思います。
演者の伝えたいことを文字でも伝えられるように、また文字以外の手段で補うということも工夫していけたらと思っております。
 
この大画面でも字幕が出せるようになると便利だと思うのですが〜。今後の課題です。
20181014_161613980.jpg
 
協力:Shamrock Records株式会社
こちらの「運用レポート」も是非ご覧ください。
| 次へ