CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
【寄稿】劇評・ふじのくに演劇祭2019「マイレフト ライトフット」 本田栄子さん [2019年09月15日(Sun)]
5月に紹介しましたスコットランド発の演劇公演について、
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/578
劇評をお寄せいただきましたので、ご紹介します!
このように、観劇後に感想を語り合うのも観劇の大きな楽しみの一つです。
ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーー

ふじのくに演劇祭2019 劇評                                 
手話通訳士      本田栄子

マイ・レフトライトフットの劇評の前に関連イベントシンポジウムの感想を少し述べさせていただく。

パネリストは演出家のロバートゲイル氏と浜松の障害者施設クリエイティブサポートゲッツの代表理事久保田翠氏。ロバートはCP(脳性まひ)だが自身を表現し、周りを巻き込んで自ら社会提言する力を持っている。
一方久保田氏は「私の息子は最重度の知的障害者,劇場に足を運ぶのは難しい、演劇を静かに鑑賞するのは至難の業、障害者と言ってもロバートとは違いすぎて何を話せばいいのか」と腕を組んでいた。

それでも話を聞いていると二人の共通点が見えてきた。
「障害を発信すること、ベクトルを外へ向けて活動していること」だ。
シンポジウムのテーマは「クリエイティブアクセシビリティについて考える。」
アクセシビリティは一方通行では成り立たない。
社会も、障害当事者も、その関係者も多方面から中心へ、中心から多方面にお互いが手を伸ばす時が来た。障害者は福祉の中だけで生きているわけではないということがやっと日本社会でも叫ばれ始めたのだと思った。
この企画を持ってきたふじのくに世界演劇祭に拍手を送りたい。

私は3人の聴覚障害者と一緒に参加した。
UDトークの情報保障があり音声は同時翻訳されて各自のスマホで見ることができた。画期的だった。

さて本論の劇評である。

日本でもTV番組の障害者の扱いには数年前から「感動ポルノだ」と反発の声もある。
劇の序盤に「人の内面は同じ」というセリフがあり、
私は「さっきのシンポジウムで久保田さんは排泄物を口にしてしまうような重度障害者は普通の人とは違う、私たちにわからない心を持っている、内面はわからない」と言ってたぞ…と少しモヤモヤしながら観ていたのだが、
だんだん劇に惹きこまれてこの「ミュージカルコメディ」をめいっぱい楽しむことができた。

日本語字幕を読むと一歩間違えば放送禁止が心配されそうな性的表現も含め
この潔い障害者描写のセリフの数々は当時者発信ならではのもの。
CP本人のロバートの力、イギリスの障害者アーティストが日本の30年先の自由があることが想像できる。
そしてさらに手話通訳者のすばらしさを特筆したい。
この舞台にはイギリス手話ディレクターとしてナタリー・マクドナルド氏が演者の中に一体化して手話通訳をしていた。
通常手話通訳者舞台袖、講演会など動きの無いものは演者の隣に立つ。
ナタリーはさりげなく、けれど客席から全体の様子が見やすいように右に左に動きながら時には一緒に踊って手話通訳をした。
それは美しく強く逞しく魅力的な手話だった。

日本では手話通訳のニーズは病院、学校、行政など、聴覚障害者が困った場合に依頼されるのがほとんどで、今回の様にクリエイティブな現場、エンターテイメントの現場、聴覚障害者が人生を充実させ楽しみ考える時間のための通訳は殆ど無い。
しかし「殆ど」と述べたのは『0ではない』こともうれしい事実だ。
このふじのくに世界演劇祭の様にクリエイティブな場面にも障害者の小さな一歩は確かに踏み出している。

昨年大ヒットした映画「ボヘミアンラプソディ」にも主人公の彼女の親が聴覚障害者で手話で会話しているシーンがあったのに気づいた方も多いだろう。
日本でも障害者は20人に一人。特別な存在ではないのである。
障害者やLGBTについての議論は会議室や福祉センターの中だけか?
いや、劇場で、カフェで、ステーキハウスで、どこでもいつでも季節の話題の様に誰もがもっと語り合ってゆけるものだとこの舞台が思わせてくれた。
障害者の役は障害当事者のみがキャスティングされるべきか,否か…。
投げかけられたテーマをもっと深く語り合うためには、もっとたくさん劇場に足を運ばなくてはと思いながら帰路についた。

IMG_5969.jpg
丸山正樹さんの新著「慟哭は聴こえない」のあとがきにTA-net登場! [2019年08月26日(Mon)]
「デフヴォイス」で話題の小説家・丸山正樹さんの新著「慟哭は聴こえない」のあとがきに、TA-netの名前が登場しています。

いわゆる福祉色が全くなく、
ここまで、ろう者と手話をスリリングに描くことができるのかと驚かされます。

純粋に文学作品として楽しむことができますので、ぜひご一読ください!


アマゾンでも購入できます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4488027970/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_1XcvDbNVDENVJ

2797.PT01.jpg

バリアフリー演劇第1弾「ヘレン・ケラー」東京再演!(8月30日・31日・9月1日) [2019年07月12日(Fri)]
こちらの舞台手話通訳は
2018年度TA-net舞台手話通訳養成講座受講生の小島祐美です!

今年2月、5月と9ステージ経験しました。見逃した方ももう一度ご覧になりたい方も、ぜひ!

以下、主催者のサイトより転載。
ーーーー

バリアフリー演劇『ヘレン・ケラー〜ひびき合うものたち〜』再演決定!
https://palabra-i.co.jp/2019/07/heren201908/

バリアフリー演劇『ヘレン・ケラー〜ひびき合うものたち〜』が、2019年8月30日(金)・31日(土)・9月1日(日)の3日間に東京中野で再演されます。
パラブラでは字幕・音声ガイド・舞台手話通訳などバリアフリー版の提供をしています。
この機会にぜひお楽しみください。

===
『ヘレン・ケラー〜ひびき合うものたち〜』
1995年初演 作:松兼功

自分らしい明日を探している全ての人へ―
互いに「生きている幸せをともに味わいたい」と求めあうヘレン・ケラーとアニー・サリバンの出会いの物語。
人と人とのつながり、その可能性を願い、上演を続ける東京演劇集団風の代表作に、字幕・音声ガイド、舞台手話通訳を付し、あらゆる人がともに楽しめるバリアフリー演劇として上演します。

会場:レパートリーシアターKAZE(〒164-0003 東京都中野区東中野1-2-4 3F)
最寄駅 JR総武線「東中野」駅東口 徒歩8分/地下鉄「中野坂上」駅A1出口 徒歩8分

日時:
2019年8月30日 金曜日
17:30開場 18:00舞台説明 18:30公演開始 20:30公演終了 20:40バックステージツアー21:00終了
2019年8月31日 土曜日・9月1日 日曜日
12:30開場 13:00舞台説明 13:30公演開始 15:30公演終了 15:40バックステージツアー16:30終了

入場料:
当日一般4000円/前売一般3800円/学生3300円/小中高生2000円 
*介助者は無料となります。申し込みの際にお伝えください。
*未就学児は無料となります。座席が必要な場合はお伝えください。
*その他ご希望があれば、申し込みの際にお知らせください。

お申し込み先:
東京演劇集団風(〒164-0003 東京都中野区東中野1-2-4)
TEL: 03-3363-3261(受付時間:月曜日から金曜日の10時から18時まで 祝日除く)
FAX: 03-3363-3265
E-mail: info@kaze-net.org
URL: http://www.kaze-net.org

heren.jpg
keller.jpg
バリアフリー演劇第2弾「星の王子さま」(8月17日・18日)上演します! [2019年07月11日(Thu)]
バリアフリー演劇、第2弾のお知らせです!


手話通訳は
2018年度TA-net舞台手話通訳養成講座の受講生の
小島祐美、立石聡子、加藤真紀子が務めます!

ご期待ください!


バリアフリー演劇『星の王子さま』
https://palabra-i.co.jp/2019/06/hoshi2019/

以下、今回の主催であり、映画の字幕と音声ガイドを多数つけておられるパラブラ株式会社さんのご案内。


今年2月に好評を博したバリアフリー演劇第2弾の開催が決定いたしました。
2019年8月17日(土)18日(日)に東京演劇集団風『星の王子さま』を上演いたします。
本公演は入場無料で、お申し込みが必要となります。
どなたさまもお早めにご予約ください。

*バリアフリー字幕の表示、舞台上での手話通訳、音声ガイド、舞台説明あり

『星の王子さま』 作:サン=テグジュペリ 訳:内藤濯


会場:レパートリーシアターKAZE(〒164-0003 東京都中野区東中野1-2-4 3F)
最寄駅 JR総武線「東中野」駅東口 徒歩8分/地下鉄「中野坂上」駅A1出口 徒歩8分

日時:2019年8月17日(土)18日(日)

12:30開場 13:00舞台説明 13:30公演開始(途中休憩を挟んで2時間)
15:30公演終了 15:40バックステージツアー 16:30終了(両日とも)

入場無料
*年齢を問わずお申し込みいただけます。事前の申し込みが必要です。
メール、FAX、電話にてお申し込み下さい。1回定員80席先着順となりますが、申込が多いときは障害のある方を優先させていただく場合があります。その他ご希望があればお知らせください。

お申し込み先:
東京演劇集団風(〒164-0003 東京都中野区東中野1-2-4)
TEL: 03-3363-3261(受付時間:月曜日から金曜日の10時から18時まで)
FAX: 03-3363-3265
E-mail: info@kaze-net.org
URL: http://www.kaze-net.org

=====
バリアフリー演劇について
私たちがここで使っている『バリアフリー演劇』という名称は新しい造語です。これまでの演劇の舞台を、目が見えない人たちや耳が聞こえない人たちと一緒にみんなで楽しめるように、セリフなど音の情報を字幕で表示し、舞台美術や俳優の動き、表情などを音声ガイドで解説します。また舞台上に“舞台手話通訳者”が登場し、舞台の進行に合わせて手話でストーリーを表現します。
常に進化をやめない東京演劇集団風の舞台をお楽しみください。

hoshi.jpg

ouji.jpg
「アートにおける境界を考える〜当事者研究を手がかりに〜」開催しました!(6月30日) [2019年07月01日(Mon)]
梅雨真っ盛りの6月の最後の日曜日である6月30日の午後、
TA-netが共同研究契約を結んでいる
東京大学 先端科学技術研究センター 当事者研究分野 熊谷研究室
http://touken.org/

が主催、
TA-netが共催として

障害者の芸術文化へ鑑賞機会参加を考えるためフォーラム
「アートにおける境界を考える〜当事者研究を手がかりに〜」

を開催しました。

DSC_0643.JPG

主催である
熊谷晋一郎准教授による当事者研究の紹介、

DSC_0646.JPG

九州大学から
長津結一郎助教から
舞台の上の障害者について
お話ししました。
DSC_0653.JPG

それを受け、TA-net理事長の廣川の進行により
3人で「アートの境界」を考えました。
DSC_0657.JPG

当事者研究と、いわゆる障害者アートは繋がっている、ということで一致しました。

昨今の障害者芸術に関わる国の文化政策情勢や
オリパラのチケット予約問題にも話題が広がり、大いに盛り上がりました!


当日はスタッフ含めて、70名もの方々がおいでくださいました。

終了後は情報交換会を開催、
あちらこちらで話し込む姿がありました!
あらたな出会いもたくさんあったようです。

ちなみにTA-netでは、情報交換会にも手話通訳3名を配置、
聞こえない人も聞こえる人も自由に話し合えるように配慮しております。

IMG_5134.jpeg
「東京都『心のバリアフリー』サポート企業」に登録しました [2019年03月27日(Wed)]
特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークは、このたび東京都が推進する「『心のバリアフリー』サポート企業連携事業」に賛同し、登録いたしました。

以下、東京都のウェブサイトより転載
ーーー
高齢の人や障害のある人、乳幼児を連れた人など、誰もが円滑に移動し、さまざまな活動を楽しめるまちづくりを進めるためには、全ての人に配慮できるよう社会や環境のバリアを取り除くため積極的に行動する「心のバリアフリー」が重要です。
そこで、都は、東京2020大会を見据え、企業等とも連携し、心のバリアフリーに対する社会的気運の醸成を図るため、意識啓発等に取り組む企業等を、「東京都『心のバリアフリー』サポート企業」として150社登録しました。
ーーー
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/machizukuri/kokoro_support.html

tourokusyou.jpg
ぶんきょう演戯塾「海の見えるベンチで君は」手話通訳つき公演です!(2月3日) [2019年01月21日(Mon)]

文京アカデミーが主催する、ぶんきょう演戯塾の卒業生公演に、今年も手話通訳がつくことになりました!

昨年に引き続き、三澤かがりさんが担当します。ご本人からのメッセージをご覧ください。
ーーーー
昨年の"Letters"に引き続き、手話通訳を担当させていただきます。
今回の作品は、昨年とは若干テイストは違っていますが、根底に流れる人間への暖かく優しい目線は、同じです。
金田作品の何気ない生活の中にあるこの「愛」を如何に自分の中に取り込み、演出家の意図に沿った通訳で、聞こえない人たちに伝えていくか、自分へのチャレンジです。
「舞台通訳を楽しみましょう!」という米内山さんの言葉通りに、劇を、通訳を、演じることを(今回は少し役者のような側面もやらせていただきます。)思い切り楽しみたいと思います。

三澤かがり
ーーー

インクルーシブ・アーツ・フェスティバル2019に協力しております! [2019年01月07日(Mon)]
2019年1月14日〜20日に渋谷・オリンピックセンターで行われるインクルーシブ・アーツ・フェスティバル2019では、「すべての人が鑑賞可能な芸術」をテーマに掲げています。
今回は中でも「障がいと芸術」にスポットを当て、障がい者による、もしくは障がい児のための児童青少年舞台芸術作品を世界から、そして日本から集めます。
様々な興味に合わせたシンポジウム、ワークショップなどを開催しております。

以下は、手話通訳がつく演目です。
チラシと合わせてご覧き、ご来場をご検討頂ければ幸いです。


◆1月14日(月祝)
・13時〜17時 映画上映・パネルディスカッション:日本のインクルーシブ教育の現状と課題 センター棟101
・19時〜21時 講演:みんなで一緒に舞台を楽しもう センター棟101

◆1月15日(火)
・15時〜17時 シンポジウム:インクルーシブ・シアターは何をめざすのか センター棟101

◆1月16日(水)
・13時〜15時 ワークショップ:多様なニーズを必要とする子どもたちとの作品創造プロセス センター棟107
・16時〜18時 シンポジウム:芸術と包括性 センター棟106
・19時〜21時 講演:ろう児は目の子ども〜日本唯一のバイリンガルろう教育:明晴学園〜 センター棟101

◆1月17日(木)
・13時〜16時 ワークショップ:インクルーシブ作品創造のためのダンス・ワークショップ センター棟107
・14時〜17時 シンポジウム:ジャッキー・e・チャン氏に学ぶ「広汎性発達障害と家族へのまなざし」センター棟101
・17時30分〜18時15分 ワークショップ:モノを使って表現する 中練習室43
・19時〜20時 公演:office風の器『UKIYOE 北斎』(人形劇・舞踊・生演奏 10歳以上60分間)カルチャー棟小ホール(※公演中は手話通訳はつきません。)

◆1月18日(金)
・13時〜15時 ワークショップ:わたしのコトバじゃない センター棟107
・14時〜17時 ジャッキー・e・チャン氏に学ぶ「感覚・知覚と身体調整能力の関係性」センター棟101
・16時30分〜17時15分 ワークショップ:モノを使って表現する 中練習室43

◆1月19日(土)
・10時〜12時 ワークショップ:インクルーシブな演劇の作り方 センター棟107
・10時30分〜12時30分 ワークショップ:モノと遊ぶ〜生活の中のモノになって動いて遊んでみよう!〜親子のための演劇ワークショップ センター棟106
・15時〜/18時〜 公演:FTH:K「あがったりさがったり」南アフリカ(舞台劇 3歳以上 40分間) カルチャー棟B1Fリハーサル室

◆1月20日(日)
・10時〜12時30分 ワークショップ:演劇実践者のための哲学対話ワークショップ 中練習室41
・11時〜/15時〜  公演:FTH:K「あがったりさがったり」南アフリカ(舞台劇 3歳以上 40分間) カルチャー棟B1Fリハーサル室
・13時〜14時30分 公演:デフ・パペットシアター・ひとみ「はこ/BOXES じいちゃんのオルゴール♪」カルチャー棟小ホール(※公演中は手話通訳はつきません。セリフのない作品です。)


参加費の詳細はこちらから
子供のためのフェスティバル?
いえいえ、すべての子供たち、そしてかつて子供だったすべての人のためのものです!
ぜひご参加ください。
【新国立劇場】観劇サポートを体験してきました! [2018年12月14日(Fri)]
12月に入ってもまだまだ暖かいな〜と思っていたら、
今週に入ってぐっと冷え込みました。
皆さん、身体は追いついていますでしょうか……!
 
さて、昨日は初台駅直結の新国立劇場にて『スカイライト』を鑑賞してまいりました。
 
写真 2018-12-13 13 22 35.jpg
 
駅から小劇場のほうに向かうと、入口でこんな看板が出迎えてくれました。
入口だけでなく、場内あちこちに同様の看板が立てられていました。
 
こちらも場内モニターに映し出されていたようです。
【手話付】稽古場&コメント映像
※字幕もついています
 
受付のところで手持ち型ポータブル字幕機をお借りしました。
ここで事前予約したチケットも同時に受け取れます。
20181213_133550.jpg
 
受付、案内スタッフの皆さんの腰になにやら……。
お願いして撮らせてもらいました。
手に持っている方は指差しで簡単な会話ができます。
下の方に見えるのは場内アナウンスの内容です。
休憩時間もわかるのでばっちりですね!
20181213_164831.jpg
 
これは良いですね。
というのは、ポータブル字幕機を常に見ているわけではないのと、
アナウンスの内容は流れて行ってしまうので、気づかないことも多いのです。
 
理事長の廣川が休憩時間にホワイエに出ていたら、休憩時間が終わる頃にホワイエの照明が点滅したそうです。
ろう者(聴こえない人)が主催する集会では声のアナウンスをしても伝わりませんので場内の照明を点滅して開始の合図をすることが多いのですが、
ホワイエで照明点滅させるとは思っていなかったので、終演後に担当の方にお尋ねしたところ、
「外国のオペラハウスでは点滅して合図することが多い。新国立劇場のオペラの時も点滅で合図している」ということでした。
こういう配慮はありがたいですね!おかげで遅れずに席に戻れました。
 
この日は同時に舞台説明会の時間も設けられていて、白杖をついた方も多くいらっしゃいました。
 
12月15日(土) 13:00開演の回でもポータブル字幕機をお借りして観劇ができます。
今日までインターネットならびにFAXで申込可能です。
ぜひ!

新国立劇場としては観劇サポートに初めて取り組むということで、
TA-netも相談・助言させていただいておりました。
 
「観劇サポートガイドブック」はこちらで無料でダウンロード可能です。
また、ご相談や受付対応研修も承っております、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
 
20181213_182648.jpg
ツリーも綺麗でした☆
【アーツサポ東京助成】劇団山の手事情社「うリアしまたろ王」手話通訳のサポートをします [2018年10月08日(Mon)]
劇団山の手事情社さんはこの度、はじめて
「舞台手話通訳」を導入することとなりました。

アーツサポ東京(社会福祉法人トット基金が運営する、障害者芸術文化活動支援センター)から
「舞台手話通訳養成」事業をTA-netが受託しました。

この度、養成の一環として米内山陽子が手話通訳を担います。

劇団山の手事情社
「うリアしまたろ王」
東京芸術劇場シアターウエスト

10月20日(土)19時30分の回

公演情報・予約
http://ta-net.org/event/791


手話による告知動画を作成しましたのでぜひご覧ください。
字幕設定」をオン(右下のテレビマークをクリック)にしますと、手話部分に字幕が表示されます。

告知動画
https://youtu.be/Qbjm9k3u8Cc
*前半部分に音が出ますのでご注意ください*

「うリアしまたろ王」チラシ1.jpg
| 次へ