CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
JATDT60周年 日本舞台美術家協会展に行ってきました! [2019年03月29日(Fri)]
TA-net事務局の石川です。
つい先ほど、東京芸術劇場へ行ってきました!

29945A76-519E-4174-A0F8-70B4D2953FB5.jpeg
ーーー
JATDT60周年 日本舞台美術家協会展
会場は地下1階と5階の2カ所です。
東京芸術劇場 5階ギャラリー1・2
地下1階アトリエウエスト

〜2019年03月31日
10:00~20:00(最終日15:00終了)
http://ta-net.org/event/862
ーーー
今日の仕事帰りにいかがでしょうか?

これまで制作していただいた歴代の「触れる舞台模型」がずらり!
EE6A13CC-69AD-4B04-B172-4E7BC2A1204C.jpeg

思えば、理事長の廣川と一緒に2014年3月「pの間」日本舞台美術家協会 舞台美術展2014を見に行って
様々な舞台模型に興奮し「これを制作する時点でもうすこししっかり作れば触れるんじゃない?」と言って
その後に演劇研究室◉万有引力『身毒丸』で作っていただいたなあ、と懐かしく思い出したことでした。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/189

83710B90-774E-477B-B25F-4C18417D5B4C.jpeg

能楽堂の模型にも触れます!
特に屋根が気持ちいいので触りすぎにご注意ください…指紋が取れちゃうそうです(笑)

7F2CC192-A876-4423-8F6B-49618484EAB8.jpeg

67AFE557-E789-4EF4-B68E-D0989D1614BA.jpeg

写真撮影:日本舞台美術家協会
国立能楽堂の「触る舞台模型」お披露目会を開催! [2018年10月13日(Sat)]
社会福祉法人トット基金では、毎年1月に「手話狂言 初春の会」を開催していますが、
この度、文化庁戦略的芸術文化創造推進事業(共生社会実現のための芸術文化活動推進事業)として観劇サポートを行うこととなり、TA-netが受託しました。

その一環として、この度、「触る舞台模型」を製作。

日本一の能楽堂として名高い国立能楽堂が、1/40の舞台模型になりました!
TA-netとともに協力関係にあります、
日本舞台美術家協会さまに制作いただきました。

6CC21249-F455-4316-99B1-05BED081146E.jpeg

そのお披露目会を10月9日にトット文化館にて開催。
制作モニターにご協力いただいた全盲女優・美月めぐみさんをはじめ演劇関係者にお集まりいただきました。
舞台の様子を説明をすることで、その場にいる全員が、より深く、能楽の世界を味わうことができました。
727FA166-88D9-4AF5-9C50-BC7F3C302BE4.jpeg

本事業は視覚障害のお客様、盲ろうのお客様にもっと楽しんでいただこうという趣旨ですが、
晴眼者(見える人のこと)にとっても新たな発見のあるものとなりました。

32D3D529-A526-44F3-A1ED-7C3BE199653C.jpeg

持ち運びができるように(160cmで宅配送付できるサイズです)組み立て式となっています。
能楽普及のためにも、さまざまな場所で活用されることを願っています。

D0C5711A-0F04-4303-A8FD-1FB142A1374E.jpeg

なお、来年1月26、27日の「手話狂言・初春の会」で展示をします。
ぜひご来場の上、ご覧とともにお触りください。

公演についてのお問い合わせは社会福祉法人トット基金へ
http://www.totto.or.jp/

文化庁戦略的芸術文化創造推進事業(共生社会実現のための芸術文化活動推進事業)
製作:日本舞台美術家協会
協力:国立能楽堂
NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)
mizhen『溶けない世界と』公演の日本語字幕監修をしました! [2018年05月01日(Tue)]
GWですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

mizhen『溶けない世界と』
ーーー
チェーホフ 『かもめ』 から着想を得て描く
生きる、 寂しさにまつわる群像劇。
ーーー

手話での会話シーンもあるため、それに対応した舞台上での字幕と、
聴こえない・聴こえづらい方のための日本語字幕サポートとがあり、
TA-netは日本語字幕サポートの字幕監修を担当しました。

画期的なのは「全日程で字幕サポートを行います」ということ。
公演期間中の、1〜2ステージだけにつくのではありません!
全ステージです!ぜぇんぶ!!!!(つい興奮)

20180427_192032152.jpg
研究熱心な字幕制作さんのおかげで、座席で見る日本語字幕はこんなにカラフルになりました。

20180427_213241381.jpg
受付ではこーんな素敵な方が手話で「こんにちは(こんばんは)」とお出迎え。

20180427_213236967.jpg
接遇研修の成果です!

「全日程字幕サポート」が広がりますように。
conSept LLC「In This House〜最後の夜、最初の朝〜」公演に日本語字幕監修をしました! [2018年04月13日(Fri)]
TA-netの応援メッセージをよせてくださっている演出家・板垣恭一さん
「In This House〜最後の夜、最初の朝〜」公演が東京芸術劇場にて行われましたが、
なんと、公演期間中「ずっと」日本語字幕を提供。

E30AFB93-CE99-4C3D-B0F4-28075E7AD9A0.jpeg
「おもてなしガイド」アプリを使っての取り組みでした。
さらに、お客様ご自身のスマホにあらかじめダウンロードをして見る、というもの。

スマホホルダーを主催者が用意、必要な人は椅子に設置し、手に持たずに字幕をみることができるようにしました。

さらに会場ではこんなふうにご案内。
6973FA09-13DE-4F4C-A515-B101BE563FB6.jpeg

さらにさらに、手話動画を作成。
今回、TA-netは日本語字幕監修および、手話動画の製作協力を担当しました。
https://www.consept-s.com/omotenashi-guide

また受付周りのアドバイスも行いました。
F24473B0-4F70-44B4-A9BF-354555A0C475.jpeg

「公演期間中、いつでも字幕付きで観られる」というのは聴覚障害者にとっての
大きな夢のひとつです。

それだけにもっともっと、広まって欲しいものでした。
また、「おもてなしガイド」アプリを運用してみての課題も見つかりました。
今後のさらなる改善に期待です!
ミナモザ「Ten Commandments」日本語字幕監修しました [2018年04月07日(Sat)]
2016年度に観劇サポート提言作成委員会に、日本劇作家協会からの委員としてお願いした瀬戸山美咲さんがこの度、ご自身の公演で全編日本語字幕を舞台美術の一環として実施しました。

字幕にはお客さまの手元で端末を見る方式と、舞台上に設置して誰でも見ることができる方式がありますが
今回は後者!

ということで、TA-netは日本語字幕監修を担当いたしました。

http://ta-net.org/event/726

今回は駒場アゴラ劇場にて3月27日の2回、広島公演にて4月6日の1回、字幕投影を実施。

舞台美術の一環として字幕の出し方にも工夫が見られた作品となりました!
また広島でも日本語字幕が行われたことは画期的でした。

さまざまな取り組みが広がりますように。

1ABA05AD-B545-42DF-BE2D-ED9F43B7E661.jpeg
手話動画の製作協力をしました In This House〜最後の夜、最初の朝〜 [2018年03月08日(Thu)]

字幕での観劇をサポートするアプリ「おもてなしガイド」を活用しての
字幕導入を行う演劇公演「In This House 〜最後の夜、最初の朝〜」では

アプリの説明および、作品のあらすじの手話動画を提供しています!

https://www.consept-s.com/omotenashi-guide

出演は大橋ひろえさん(サインアートプロジェクト.アジアン代表)、
手話動画製作監修はNPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)!

実は大橋さんは、この公演の演出である
板垣恭一さんの作品に出演しています。そのご縁から、今回のご協力となりました。

「小さき神の、つくりし子ら」
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2008/0215023953.html

「女子高生チヨ」
https://natalie.mu/comic/news/74462



そして、、板垣恭一さんは、設立当初から
TA-net公式サイトに応援メッセージを寄せてくださっています。

http://ta-net.org/

「TA-netとは?」をクリックしてください。

今回、このような形でお手伝いができて嬉しく思います!
ぜひ、毎日字幕を付けて見ることができるというこの機会をお見逃しなく!

舞台手話通訳にチャレンジしました【助成:アーツカウンシル東京・アーツサポ東京】 [2018年02月15日(Thu)]
TA-netで2月4日(日)に文京アカデミー演戯塾卒業生公演において
舞台手話通訳への監修を行いました。
(アーツサポ東京・助成事業)

詳細→http://blog.canpan.info/ta-net/archive/445

このたび、無事に終了し、手話通訳を担当した三澤かがりさんから感想をいただきました。


**********
5年前、ニューヨークのセントラルパーク野外劇場で観た手話通訳付きのシェークスピア劇に魅せられ、いつかは舞台通訳をやってみたいと思い続けていました。
2015年8月にTA-netの英国視察に同行させていただいた際には、Theatresignの舞台手話通訳者Donnaの“ボディーガード”の舞台の手話通訳を観ることができ、役者のセリフや動きを余すことなく表現しているその技術の高さに感服し憧れながらも、やはり自分には到底できないことだと半ば諦めていました。
そんな折、昨年3月、知り合いの演出家から

「僕が脚本を書いた劇を障害の有無に関係なく、みんなに観てほしい。手始めに手話通訳を付けたい。協力してもらえないか?」

との打診があり、諦めていた想いが再び頭をもたげてきました。
舞台手話通訳の経験豊富な米内山陽子さんに相談すると
「協力するからやってみるとよい。楽しいよ。」
と言ってもらえ、少し気持ちが動きました。
その後、廣川理事長に相談すると、
「いいチャンスだから、やりなさい。」
とさらに背中を押され、気持ちが固まりました。

講演会などの手話通訳はしてきましたが、
舞台手話通訳の全くの素人があまりにも大胆なことだったと、今考えても冷や汗が出ます。


文京区の文京アカデミー主催で区民参加型演劇に手話通訳が付くには21年の歴史の中で初めて。
演出家どころか、手話通訳者本人も舞台手話通訳は初めて。
「初めて」だらけの中、いつからどのように始めてよいのかわからず、
手話通訳の指導をしてくださるという米内山さんに連絡を取ることも躊躇していました。

その時、廣川理事長から
アーツサポ東京からの助成を手話通訳指導に使ったらどうかというお話があり、
すぐに演出家と文京アカデミーの担当者との会合を持つことができました。

米内山さんにはお忙しい中、
数回の舞台手話通訳者としての注意点や手話指導、
廣川さん、ろうモニターを務めてくださった小林さん、石川さんからも多くのアドバイスをいただき、なんとか本番を迎えることができました。

「手話通訳者は舞台中央の台の上で」という演出家の一声で立ち位置が決まりしたが、
役者たちの動きと手話を同時に視野に入れられる最も目立つこの位置に手話通訳者がいることにろう者たちが喜んでくれたのはもとより、手話を知らない観客からも驚きと感激の感想が多くありました。

矢継ぎ早に出てくるセリフをどのような手話に簡潔に置き換えていけばよいかを考えて、
舞台の役者の動きに合わせたロールシフトの練習にはかなりの時間を要しましたが、
演劇を見たことがないというろう者からの「楽しかった!」という一言ですべてが報われました。

手話の表現力、美しさを十分に伝えられたとは全く思っていませんが、
手話が音声日本語と同じように、否、それ以上に人の営みや心情を伝えきれる言語であることを観客に知ってもらうよい機会になったと思います。

改めて、「手話は言語だ!」と実感した貴重な体験となりました。
来年も「ぶんきょう演戯塾」として舞台に手話通訳が付くと決定しました。

文京アカデミーの人たちも
「わからないことばかりで始めた試みだったがとても勉強になった。これから広げていきたい。」
と意気込みを話しています。
TA-netのご支援とご協力に心から感謝申し上げます。

********

当日の様子はシビックホールのフェイスブックページからご確認いただけます。
https://www.facebook.com/bunkyocivichall/


TA-netでは、字幕だけでなく、手話による観劇サポートも重要と考えています。
今後は手話による観劇サポートの研究から養成に取り組みます。

ご期待ください!


助成:アーツカウンシル東京・アーツサポ東京
舞台手話通訳つき公演「Letters」モニター会を行いました!【助成:アーツカウンシル東京・アーツサポ東京】 [2018年01月30日(Tue)]
文京アカデミー主催ぶんきょう演戯塾・卒業生公演
「Letters」手話通訳つき。


アーツサポ東京の企画として手話通訳監修をTA-netが担当、
米内山陽子さんが担っています。

2/4(日) 13:00/16:00 開演
文京シビック小ホール
800円(指定席)

公演詳細
http://ta-net.org/event/709

稽古のたびに手話監修がアドバイスを行いました。
それを踏まえて
本日モニター会を行い、
ろう者2名に見ていただきました!

DD38E0FF-AB6E-4268-B790-9B549373507C.jpeg

終演後は意見交換を行い、ブラッシュアップ。

A00A70A5-92B3-42F0-868B-EB31F0CCF7C6.jpeg

以下は告知映像です!ぜひご覧ください!


助成:アーツカウンシル東京・アーツサポ東京
字幕サポートしました!トリコ・A「私の家族」!【助成:アーツカウンシル東京】 [2018年01月20日(Sat)]
今回TA-netが支援したトリコA「私の家族」(シアター風姿花伝)では、



公演期間中すべてに字幕サポートを実施!

8995C78B-AA95-41B3-BE57-448DB7038430.jpeg


さらに、今回あたらしい試みをしました!

トリコA「私の家族」(シアター風姿花伝)では、
本編中の字幕提供だけでなく、
アフタートークでもUDトークを使って文字支援!

B003CFC9-7915-4550-A98B-005D724DA2C1.jpeg

いつでも字幕が用意されているという素晴らしい環境となりました。


登壇者にマイクを持ってもらい、それを端末に繋げ、客席の端末に飛ばしています。

B31958F0-2E30-4DE8-AA15-6D3736E988E5.jpeg


実は今回、TA-netは最初の利用方法のみレクチャーしまして、
そのあとの運用は全て劇団さんがご自身で!

素晴らしいです!






87CB3278-E58E-4341-B367-6088EDF31BEC.jpeg

【助成:アーツカウンシル東京】
wonder x works公演「アカメ」で字幕サポートしました! [2017年12月23日(Sat)]
12月15日金曜日、演劇製作集団wonder x worksさん新作舞台「アカメ」の字幕付き公演をお手伝いさせていただきました。

北海道帯広市出身の劇作家・八鍬 健之介(やくわ けんのすけ)さん作の「アカメ」は、人間と自然を巡る葛藤や苦悩を、畳み掛けるような台詞の応酬で描いた見応えのある作品です。

今回は、TA-netの字幕制作講座を受講してくださった役者さんが、自ら字幕を制作してくださるとのことでしたが、正直なところ、期待半分・不安半分!

ところがいざ、ふたを開けてみると…出来てる〜〜〜!順調すぎるプロセスに「もしかしてTA-netの出番なし!?」という感じでした。

高橋花衣さんと廣川理事長
[字幕制作を担当された高橋花衣さん(右)と廣川理事長]

字幕データの完成後は、通し稽古の機会を利用させていただき、聴覚障害者の方による2度の字幕モニターを行いました。検討会では、台詞の表示されるタイミングや「間」の表現などについて、細かなご指摘をいただきました。

検討会の様子
[検討会の様子]

それらを字幕データに反映させて(あ、これも役者さんが作業しました)、ブラッシュアップしたものを本番で配信。字幕利用者からは「字幕がなければストーリーを追えなかったのでとても楽しめた」「より多くの作品が字幕付きで上演されたらうれしい」などの声をいただきました。

端末はアームフレームで固定します
[上演開始前の様子。端末はアームフレームで固定]
スタッフによるポン出しの様子
[ポン出しもスタッフの中澤さんが担当しました]

本番直前の忙しい最中、稽古場におじゃましたり、細かい修正をお願いしたりしましたが、そのたびに軽やかで迅速な対応を見せてくださったスタッフの皆さま、本当にありがとうございました!

これからの活動にますます期待しています!!
| 次へ