CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
日本劇作家大会2019in大分にて「シンポジウム」登壇します(1月25日) [2019年01月22日(Tue)]
日本劇作家大会2019in大分
シンポジウム「みんなで劇場へいこう〜アクセシビリティの可能性」の告知映像です!
手話と字幕でお知らせしていますのでぜひご覧ください。

1月25日(金)15時〜17時 大分J:コムホルトホール

劇作家協会で、アクセシビリティについて考える企画は今回が初めて!
「作り手」さんと考える貴重な機会をお見逃しなく!

日本劇作家協会2019公式サイト
https://jpac2019-oita.org/

シンポジウム「みんなで劇場へいこう〜アクセシビリティの可能性」詳細ページ
https://jpac2019-oita.org/program/18accessibility/
字幕や手話通訳、音声ガイド付の短編演劇を鑑賞し、アクセシビリティ(誰でも情報にアクセスできること)について考えるシンポジウム。

短編出演:赤澤涼太 田中千佳子 森尾繁弘
シンポジウム出演:廣川麻子(シアターアクセシビリティネットワーク) 檀鼓太郎(音声ガイド) はしぐちしん 米内山陽子(舞台手話通訳者、劇作家) わかぎゑふ 
司会:瀬戸山美咲

そもそもアクセシビリティってなに?
【年齢や性別、国籍、障害の有無に関係なく、誰でも必要とする情報にたどり着け、利用できことを言います】
あらゆる人が劇場を訪れ、演劇を楽しむために実際にどういった取り組みが行われているのか? また、今後どのような工夫が必要なのか?
短編劇『メゾン』 (作・演出 米内山陽子/字幕、手話通訳、音声ガイド付き)をご鑑賞ののち、様々な視点からアクセシビリティの未来について語るシンポジウム。
会場では実際に手で触れられる舞台模型や最新サポート機器の展示も行います。
(八鍬健之介)


https://youtu.be/amRG-K93GiY
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント