CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
【新国立劇場】観劇サポートを体験してきました! [2018年12月14日(Fri)]
12月に入ってもまだまだ暖かいな〜と思っていたら、
今週に入ってぐっと冷え込みました。
皆さん、身体は追いついていますでしょうか……!
 
さて、昨日は初台駅直結の新国立劇場にて『スカイライト』を鑑賞してまいりました。
 
写真 2018-12-13 13 22 35.jpg
 
駅から小劇場のほうに向かうと、入口でこんな看板が出迎えてくれました。
入口だけでなく、場内あちこちに同様の看板が立てられていました。
 
こちらも場内モニターに映し出されていたようです。
【手話付】稽古場&コメント映像
※字幕もついています
 
受付のところで手持ち型ポータブル字幕機をお借りしました。
ここで事前予約したチケットも同時に受け取れます。
20181213_133550.jpg
 
受付、案内スタッフの皆さんの腰になにやら……。
お願いして撮らせてもらいました。
手に持っている方は指差しで簡単な会話ができます。
下の方に見えるのは場内アナウンスの内容です。
休憩時間もわかるのでばっちりですね!
20181213_164831.jpg
 
これは良いですね。
というのは、ポータブル字幕機を常に見ているわけではないのと、
アナウンスの内容は流れて行ってしまうので、気づかないことも多いのです。
 
理事長の廣川が休憩時間にホワイエに出ていたら、休憩時間が終わる頃にホワイエの照明が点滅したそうです。
ろう者(聴こえない人)が主催する集会では声のアナウンスをしても伝わりませんので場内の照明を点滅して開始の合図をすることが多いのですが、
ホワイエで照明点滅させるとは思っていなかったので、終演後に担当の方にお尋ねしたところ、
「外国のオペラハウスでは点滅して合図することが多い。新国立劇場のオペラの時も点滅で合図している」ということでした。
こういう配慮はありがたいですね!おかげで遅れずに席に戻れました。
 
この日は同時に舞台説明会の時間も設けられていて、白杖をついた方も多くいらっしゃいました。
 
12月15日(土) 13:00開演の回でもポータブル字幕機をお借りして観劇ができます。
今日までインターネットならびにFAXで申込可能です。
ぜひ!

新国立劇場としては観劇サポートに初めて取り組むということで、
TA-netも相談・助言させていただいておりました。
 
「観劇サポートガイドブック」はこちらで無料でダウンロード可能です。
また、ご相談や受付対応研修も承っております、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
 
20181213_182648.jpg
ツリーも綺麗でした☆
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント